モンハン

hqdefault.jpg

クロスですね。

ということで、いつの間にか配信されておりましたMHX体験版。遅ればせながら、ようやくプレイできる時間がございまして、少しだけ触って参りました。
その所見といいますか、28日に向けた多少の戯言などをここに置いておく所存でございます。ま、いつか答え合わせしたら楽しいかなって・・・。
とはいえ、触ったといっても全ての武器は流石にやってません。お気に入りでございますガンランスと4Gの時にサブ武器にしたいと凄い頑張ろうと思って光の速さで挫折したスラッシュアックス。そしてスタイリッシュになってから暫くご無沙汰だった双剣を触って参りました。
あとは今作で最も力が入っているんじゃなかろうかと思うオトモアイルー操作。いやー、後述しますけれども、なかなかに楽しいです。完全にマルチプレイ向けではありますが!

今回の体験版では、所謂ドスランポスやドスジャギィポジションにあたる「ドスマッカォ」。暫くしたらその発音し辛い名前も相まってどうせドストカゲと呼ばれます
尻尾で立って、そこから飛び掛る攻撃が特徴的でしょうか。個人的にはドスジャギィと初めて戦った時よりはやりやすいのと、怒りのドスゲネポスよりは遥かに戦いやすいかと思います。
思ったより取り巻きも大人しい感じっぽいので(体験版だからかもしれない)、範囲攻撃の少ない武器でもわりと労せず倒すことができそうな相手かなと。
そんな、たかが最初の大型モンスターで・・・と思うかもしれませんが、ドスゲネポスとかドスイーオスとかをランスでやれば分かる。下手な槍捌きでは最早攻撃がロクに当たらんのです!そういうイライラからは解放されることでしょうね。少なくともガンスでそんなことにはならなかった。

そしてクルペッコ的な感じなのか、「ホロロホルル」。新しい状態異常で方向指定が上下左右逆さまになる「混乱」と、睡眠を操る相手です。クロロホルムか、なるほど、安直か。クルペッコ感が凄いのはホバリングとか翼の先端固いとか、その辺なんですかね。とはいえ、翼が下がってこないのでクルペッコよりは遥かに戦いやすい印象があります。
特徴的なのは・・・なんだろう、なんかこれと言って特になかったですね。新モンスターならではの戦いにくさみたいなのはなかったように思います。混乱のやつを風で飛ばしてくるくらい?
とりあえずモンスターそのものがとてつもなくカワイイのと、闘技場の音楽がやたらカッコイイとだけ言っておくに留めます。

そして、最後にお待ちかねでございます。まさか体験版に登場するとは夢にも思わなかったでございます「ナルガクルガ」。もう、これは言わずもがなって感じです。散々2Gで苦しい思いをしてきただけに、流石にもう苦手意識はそこまでないですからね。得意にはちっともなってないですけどね。
攻撃パターンは相変わらずといった感じです。過去作を体験されたハンターの諸姉諸兄の皆々様であれば、恐らくホロロホルルの方が苦戦されるのではないかと思います。適当に戦っても10分程度なので、何時ぞやのボルボロス亜種と比べたらどれだけ楽になったことか・・・。まぁ、あれはマルチだったからという説もありますが。

まぁ、正直モンスターはどうでもいいんですよ
肝心なのは武器です。今作では武器が大幅にパワーアップです。武器種を増やさずに、それぞれに4つのスタイルを振り分けることで同じ武器でも異なる戦い方ができるようになりました。
更に狩技と呼ばれる、攻撃することでたまるスパコンゲージみたいなのを吐き出して使える特殊な技が狩りを盛り上げます。ちなみに「神喰いのようになってまう・・・」と思ったんですが、やってみるとちゃんとモンハンしてました。良かった。
今までと同一の操作感と狩技2つのギルドスタイル。
今までと同一の操作感でできる事が少し減ったかわりに狩技を3つセットできるストライカースタイル。
全武器かは分かりませんが、前後ステップ・回避が踏みつけ動作に変化し、とにかく飛びまわれるエリアルスタイル。
ジャストガード・ジャスト回避で更なる攻撃に繋げられるブシドースタイル。
の4スタイルですね。

ギルドは分かりやすいのでおいておいて、ストライカーは攻撃手段は減りますが、操作の感じは全く変わらないのと、簡単に言えばできることがドスくらいまでのモーションだと思えば分かりやすいかもしれません。ガンスだと叩きつけがないとか、そういう感じです。
スパコンゲージも溜まり易いっぽいので、なんかメッチャ強い狩技をバンバンお見舞いしていきたい時や、古株で久々に復帰したした人なんかが入りやすいスタイルかもしれません。単純に迷ったらどっちか使っとけばOKみたいな感じです。結局この2強のような気もするんですが、どうなっていくことやら。ガンスやスラックスはこれでいいかな・・・ってうか、これ以外に選択肢が見出せなかった。

エリアルは回避行動が踏みつけモーションになり、この踏み付けモーション空振りがなかなかの隙なので使い勝手は慣れないと厳しそうです。特に抜刀時の機動力のない武器は転がり移動や大ステップができません。ガンス、おわた
オトモや仲間も踏みつけられるらしいので、上手く使えば相手の攻撃をかわしながら空中で攻撃もできることでしょう。少なくともナルガの尻尾くるーんはこれでよけてました。とはいえ、少なくともガンスとスラックスで選ぶスタイルではないかと思いますが、どうせなら新しいスタイルを使いたいのでスラックス使うときはエリアルを中心にチョイスしたらいいかなーと。3種類の中では一番エリアル向きだと思ったんですが、まぁ・・・そもそもスラックスを使うかどうかも微妙なところではありますけども。
ただ4Gの頃と変わって乗り中も攻撃OKみたいな仕様になっているようなので、マルチプレイの時に一人いると楽になるのかもしれません。操虫棍いると敵がポトポト落ちてきて恐ろしく楽になってたので、その辺の乗り強いみたいなのが変わってなければですけれども。ちなみに乗り攻撃時のモーションがキラキラしたものに変わってました。なんでそういうところだけCEROを意識するんだ!逃げるんじゃない!

ブシドーはとりあえずガンスでガードちょい押しすると変な動きになってました。そしてジャストガードするとちょっと光ってその場でガンスをぶんぶん振り回して装填。しかもその場にモンスターがいることがあんまりなかったのと、モーションが長すぎて隙だらけなのとで、少なくとも体験版の中では使い物になりませんでした合掌
スラックスだと回避後にちょっとだけ走りこんで攻撃ボタンでぶんぶん振り回す感じです。走行することも攻撃することも正直まったく不要なんですが、多分ブシドーにすると回避性能が上がるっぽい?ジャスト回避の判定から暫く無敵?よく分かりませんが、突進と同じ方向に避けても光ってたのでそういうことかと。相手の攻撃に合わせてする・しないを考えないといけないのと、ガードはともかく回避はその後走り出してしまうのをとめられない上に、何もしなくても攻撃ボタンを押しても隙だらけなのがってのがあるので、スラックスでは微妙・・・?走ってる最中が無敵とかなら文句はないですけどね!
ただ双剣だとジャスト回避モーション?そのものが攻撃になっているので相手に突っ込んで回避が取れるのでなかなか強そうです。そもそも双剣自体が弱いという専らな噂ですが、いやいや双剣カッコイイじゃないですか。アイテム縛りでも、強走薬飲んでいいんですよ?(ローカルルール)

そんなこんな、ギルドガンスとブシドー双剣が安定してるから使っていってみよかなーなどと画策しておるところなのですが、そんなことより気になりますよね。どうしても気になりますよね、オトモアイルー操作が
もしかしたらソロオトモ操作で全クエストクリアする、とかいう猛者が現れてもおかしくないだろうなと思うとともに、思った以上にハンターアクションができて、メインと思うと微妙ですが、サブとして面白おかしく遊ぶなら色々とできそうな予感がします。
何せ攻撃力が低いです。攻撃は最大の防御となり得るこのゲームにおいて攻撃力が低いのではメインとして運用していくのは少し厳しいでしょう。もしかしたら最初の村★3くらいまでならなんとかなるかもしれませんが、後半はクリアできても無駄に時間がかかるだけ、みたいな感じになりそう。まだ初期武器のハンターさんのほうが役に立つよ!みたいな。
ハンターと異なり、何回かその場で復活できる・スタミナなし・アイテムなし・連続攻撃時の位置修正不可なんかが分かりやすいところですかね。というか、細かいところまでは良く分かりません。位置修正ができないのは結構辛いものがあって、ひとつひとつの動作も決して機敏ではないので無闇にボタン連打はしない方がいいっぽいです。まぁ、抜刀時でも納刀時と全く同じ機動力を持っているのと、どんぐり食べて復活というコンティニューあり仕様なので、オトモアイルーも武器種としてカウントするのであれば、最も乙りにくい武器といえるでしょう。これで粉塵ばら撒けたらメイン確定なんですがね!
ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない


Twitter

…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

発売後すぐ買取500円 MHW 聖剣伝説 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う 終焉の終焉 MHX ジンオウガ滅せよ ていうか獣竜種滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ 辛酸2リットルの刑 いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 2016年最初はシャガル 白いし、なんとなく縁起良さそう ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 幻の素材、溶岩塊  とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい ハンタと巨象 そこはかとなく感じるワンダと巨像感 猿と象の絶望的なダイヤグラム エリアルで跳ぶ。相手はしぬ でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア ガルルガさんの地位向上に祝杯 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 壊れかけの双剣リプレイ 双剣+ウサミミ=最強 アオアシラ系統の扱いの雑さ カメラさんの受難は今作も続く 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる 永遠の練習生 己を責めぬスタイル 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ 通常弾強化妃竜砲は浪漫 これっきりスタイル あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 古株を嘲笑うエリア9湧き 1乙あたりの単価の安さ 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 ゲリョスの存在感 ナバルデウスの一本釣り 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た タマミツネの凄いヌルヌル感 ポポの親玉=ポポ玉 悲哀の双剣 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 ボタン押しっぱ式採取 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 円盤石発掘 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 モンスターでもそっから出てきたらいい 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ハチミツがないと明日が見えない 過去作品連動システム モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 重銃強いよ重銃! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い 双剣強いよ双剣!