スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どすんどちょこっとメモG 宴の終わりに

「1月28日に全てが終了する予定です」って全然終わってねェェェェ!!orz
レポートが1本に?テストがあと1つで?ゼミの課題が2月16日までで?履歴書書いてエントリーシート書いて・・・って俄然増えちゃってっていうか、充実しすぎて、授業2つ捨てちゃったものヽ(´ー`)ノ
こんにちは、黒猫です。

とはいえ?とりあえずは落ち着いた感じです。残りは持ち込みなんで勉強する必要ないですしね。ここいらで更新をぼちぼち再開をしていこうかなってな感じです。
開始したってことは、もうモーハンもやっております。完全にやっております。勉強の息抜きっていうか、モーハンの息抜きに勉強してたくらいの頻度でモーハンやってましたってくらいやってましたからね。もうどうにでもなればいいと思います。
まぁ今回はどすちょこってことで、ちょこっとだけなんですが、なんというか、姉さん、事件です!!

09013001.jpg
やっちまったァァァァ!!(ノД`)・゜・。
いや、まさかクリアできるなんて思わなくてここまでに至るSSとか全然撮ってませんからね。SSだけでなんとか体を取り繕ってるブログとしてはかなり致命的なんですが、どうしたら良いんですか!んもう!
という訳で、なんだかこんな感じですが、もうおいらの腕じゃ絶対クリアできないと思われていた「武神闘宴」をクリアして無事に還ることが出来ました。なんかね、この安心感はもはやどこかへ還った感じですよね。ていうかこれ1回でも死んでたらクリアできなかったわけですから?まさに強運です。うん、これは実力じゃないんです。もう。
ナルガのステップからの飛び掛り的な?なのが少なくて、ティガはその場でコマ状態、グラビはまぁ速射水冷弾でとっととお帰りいただいて、ディアは突進厨ってことでクリアできたようなもんです。むしろほとんど攻撃チャンスがなくなるような攻撃を仕掛けられてないにも関わらず、このタイムってのがどうやねんってな感じですが、まぁクリアしたんだから良いじゃないってことで、1人祝酒に酔いしれるわけです。いやぁ、勝利の美酒の美味い事美味い事。まぁクリアしたのはちょっと前なので、今日飲む酒は100歩譲ってもただの酒なんですけどね。うん。

09013005.jpg
とりあえず装備を晒すとこんな感じで御座います。ガノプレGのチョイスは属性弾が滅龍弾以外全部撃てる、そしてスロットが空いてるというベストすぎる条件を併せ持つ、「武神闘宴」用対アルテマウエポンといっても過言ではなかったわけです。ありがとうガノスプレッシャー!
スキルについては、まぁ言わずもがなですね。どんな戦法を取ったのか、アイテムの構成とか色々とこのスキルだけで分かっちゃうのが凄いですよね。うんうん。

しかしながら、これだけで「ハイ、終わり!」なんて無責任なことは言いません。これではどう考えても不十分。クリアまでの過程を克明に綴ってこそプレイ日記としての意味が出てくるというものです。果たしてこのブログに〝意味のある〟プレイ日記が綴られたかどうかは甚だ疑問ですけども。でもきっと綴ることに意味があると思うんだよ。
という訳でもう1回クリアして、それをちゃんとした形で綴ればいいんですよね。まぁ1回クリアできたわけですから、感じというか、イメージというか、大体そういうのも分かってますしね。いわば5匹はすでにおいらの掌で踊っているようなものですよ、既に。
こうなっちゃえばもうこっちのもんですからね。サクサクやっちゃいますかね。おほほほ。

09013003.jpg

09013004.jpg
できるわけねぇよ( ゚д゚ )ボケェ

・・・ ・・・ ・・・ もう いいか 。
という訳で、「武神闘宴無事クリアってことで良いね!いやぁ、更新開始早々から良い感じの流れじゃないですか?
これからね、さんじゅうななこの方を覚えてるうちに終わらせてしまった後は、なんとなく惰性を滲ませつつもなんとか更新したいと思います。うん。いや、なんとか更新できるようなプレイが出来ればいいんですけども、それもなかなか叶わないってなものです。
しかもこれから春休み突入ってことで、まーたPTプレイができないですからね。悩みどころっていうか、むしろ潮時感が否めないんですけども、じんわりと頑張っていきたいと思います。

あと超余談ですが、FFCC買っちゃいましたヽ(´ー`*)ノ
無印以来全然やってないんですが、あの世界観が懐かしすぎて、Wiiで出るって言うんで買ったんですが、画質?まんまDSじゃねぇかァァァァ!!orz
まぁでも慣れってのは恐ろしいもので、ものの1時間程度で普通になっちゃいましたね。ていうかあのシステムだとテレビ小さいと涙目じゃないだろうか・・・。ていうか実際今涙目なんですけどね。30くらいは欲しいなぁ・・・。高いよなぁ・・・。2011年までは買わないんだもの!!
誰かとPTプレイをチョイスした時に「みすた」ってなリルティや、「あんじゅ」ってなセルキーや、「おてもと」ってなユークや、「もちゃこ」ってなクラヴァットがいたら割りと良い確率で黒猫の可能性が高いです。見かけたら優しくしてあげてください・・・。ていうか見事にみんな平仮名だな。剣と魔法の世界なのに!
スポンサーサイト

雑記 雑記ばっかじゃね・・・?

大学に入って初めてかもしれません。ここまでテストに向けて勉強してるのは・・・!!
なにこのテストの数。理系ッ!?みたいな・・・。いや、理系がどんなんかは分かりませんけどね。うん。
こんにちは、黒猫です。

といった理由で、1月いっぱいまでは更新できないと思われます。息抜きでちょろっと起こす可能性はありますが、とりあえずはそういう体で。
先週の第一次テスト週間をなんとか終えて、今は今週の火曜日から始まる第二次テス週に備えて勉強中なんですが、なんだってこう範囲が広いと言いますか、今まで勉強しなかった分辛いのなんのって・・・。
とはいえ、第一次の結果・・・はまだ出てませんが、1冊の教科書から出るという事で、ぶっちゃけ1冊満遍なく勉強してる暇はありません。そもそも授業でもカバーしてねーじゃねーかというツッコミは置いておきまして、3日そこらで勉強し終える量じゃなかったわけです。まぁ勉強してなかったのが悪いんですが。
そこで大事になるのが、山です。予想です。
山を張るー、なんて漫画とかドラマの世界だけと思っていた時期もありました(山張るくらいなら勉強しなry)
しかしそうも言ってられない中、テストが始まると・・・!!


09011801.jpg
くらいの出来でしたからね。おいらの山勘スゲェェェェエ!(;´艸`)
満塁じゃないのは・・・察していただければと思いますが、この調子でなんとか月末まで頑張りたいものです。
そして4年生になったら、レポート評価中心の時間割にするんだ・・・俺・・・。

とにかく、1月28日で全てが終了予定です。良い意味でも悪い意味でも。それまでは色々と我慢の日々であって、学校でちょろっとモーハンするくらいしか、現在娯楽がない状況です。いやね、マジで超ストイックだからね!
ドラマも見たいし、モーハンもやりたいし・・・。あぁー、なんでテストの授業取っちゃったんだァァァァァ!!(ノД`)・゜・。

どすんどちょこっとメモG 狩りのテーマ

そういえば忘れてました。成人式を迎えましたハンター諸姉・諸兄の皆様おめでとうございます。そして今週だっけ?にセンター試験を受験のハンター諸兄・諸姉の皆々様、是非とも自分の道を掴むために頑張って追い込みの勉強に勤しんでいただきたいと思います。頑張れ若人!もうおっさんはお先真っ暗ヽ(´ー`)ノ
こんにちは、黒猫です。

何気に本日2つめでございますけれども、こちらの方はモーハン絡みとなっております。
今日は待ちに待ったリアル集会所の日ということで、いつものメンバーはほとんど揃い踏みでしたね。結構ようやくPTプレイだーっていう人もいて、いや良かったですよ。まぁ半数は別ゲーでしたけれども(笑)
さて、狩りに赴くとして、今更になっても狩りたいモンスターはいる訳です。パッと出てこなかったりもするんですけどね、素材が欲しいからガチで狩りたいという気持ちがありますよね。
でも、ここにきて〝普通に狩っても面白くない。かといって、戦力駄々下がりでダラダラ狩るのも、限られた時間の中でちょっと微妙な感じ。
こういった中で、面白いことをできるのかどうかっていうのを一生懸命考えました。おいらは!
そう!ここで今宵のテーマでもある『テーマ』を逐一狩りに決めるのです。テーマというと色々決められると思うんですが、今回は装備に対して軽~くテーマで縛って行こうってな趣向です。


09011301.jpg
こんな感じ。これはおおまかに赤で縛ってみた図。それぞれが思い思いに赤で決めてるんですが、どうですか、このユルさ!(笑)
とりあえず腰にカイザー着てきたとかナメてんのかァァッ!かっこいかりー!
おいらくらいですよ?忠実にを守りつつ戦力になってるのは。火竜弩とかキンテスだかデルソルだか知りませんけども、こうなっちゃもうネタ武器ですよ・・・。もはや赤かどうかも微妙ですよ。
これから、白い武器とか青い防具とかって各人思い思いにテーマを吐き出して、一応目安としてそれで遊んでました。どうですか、この試み。
・・・アレですね。所謂色とり忍者的な・・・。バラエティ番組からも狩りを少しでも楽しくする要素を見つけようとする貪欲な心構えですよ!
滑ってたとしても気にしない。何事も新しいものを試したり発掘したりする人は、古来より良い目をされず冷たい目で見られていたものです。

色なんかを続けていると、次第に意味不明なテーマも出始めます。別段色で縛ってたわけでもないですからね。謎のお題にも頑張って応えていくのがプロってもんです。素人もクソもない気がしますが、言いだしっぺが一番頑張るべきだろうみたいな。


09011302.jpg
テーマは!・・・海ってお前みたいな(笑)
結局巡り巡って、示し合わせたようにみんなアメザリ装備で種類もバラバラだったんですよ!凄くね!?この以心伝心っぷり怖くね!?
ちなみにおいらがパピメルなのは「海を蝶のように華麗に舞うトビウオ~あと伊勢志摩・海の蝶で調べてみてね~ 」と題して、かなりこじつけでパピメルを着ております。
ただ、このこじつけなんかより遥かに上を行くツワモノは、ディアブロZ装備で頭にナマコ乗っけてるだろ?とか言ってるヤツですよ!その発想はなかったわ( ゚д゚ )

雑記 ただのひとりごと

今日から学校ー!!日、月と死ぬ気で課題やらテスト勉強やらをやってなんとか今日に間に合いました。まぁ若干遅刻しましたが…、結局テストできなかったから意味ないねorz
こんにちは、黒猫です。

現在学校より携帯でぽちぽちやっとります。今日は待ちに待った、リアル集会所。テストより課題提出が多いと思うので、人も沢山いるでしょうね。まぁ持ってきてれば、ですけども。
37Kも書いて、とっとと終わらせたいところなんですが、如何せん時期が時期になっちゃったもんで、ゲームの余裕も、ましてや37Kみたいな長文ダラダラ書けるような余裕もないんですよね…(;´Д`)
レポートなら今のうちにやってしまえば良いですし、最悪前日夜から開始すれば朝までにはできます。
が、テストとなるとそうはいかない。特に今期は単位が喉から手が出るほど欲しいので、早いうちから手を打っておきたいんですよ。量も多いし、更新もこんな雑記を垂れ流すブログでもないので、亀更新へと変貌するのではと思います。最悪2月中旬までですかね。
だだ、少ないチャンスを生かして、その間には37Kを終わらせてはおきたいところです。
心残りをなくして就活に挑むのが、正しい姿勢ってもんですよね。

…就活かorz

どすんどちょこっとメモG 不意打ち

イェア!!課題が終わらないYO!あぁ、そういえば年賀状もこのご時勢に珍しく来てたんだよなぁ・・・。返さないとと思いつつもう既に1月10日。月日の流れは速いですね。とくに休みだと。
こんにちは、黒猫です。

さて、今日は久々に37Kの呪縛からも解放されて、どすちょこをお送りするわけですけども、実際37Kが終わりを迎えたら何をネタに更新していいのやらって感じなんですよね。だからって37Kを続けるのは精神衛生上よろしくないじゃないですか。
まぁそれは追々考えるとして、ちょっとしたアクシデントが発生いたしました。いや、アクシデントではないんですけれども、姉さん事件です!

09011001.jpg
約1ヶ月も前に新しい特典が出ていただとォォ!?
なんたる不意打ち、なんたる不定期さ加減・・・。恐るべしカプンコ・・・!!
しかし今更ながらの特典とははて・・・?クエストであればなんとなく分からんでもないんですが(とはいえ例のアレ以上のもんが出てこようもんなら以下略)
そして中身を見てビックリ。な・・・こんな事があっても良いのでしょうか。我々のアイドルが更なるパワーアップを遂げて帰ってくるそうではありませんか!
満天の星空に浮かぶ一際輝く星君ならば、今回の特典で君は太陽になるのだろう。そのくらい衝撃的。まぁぶっちゃけ今更感が強いんだけどもヽ(´ー`)ノ
まぁ1ヶ月も前に配信されてるのに気がつかないってどんだけお茶目さんなんだってな感じですけども、いや気がつかなかったね。最後のラージャン配信からクエスト落としたりしてたんだけどなぁ。
さて、それでは・・・。その全貌を、我らがアイドルをご覧に入れましょう!


09011002.jpg
これがプーギーの新衣装、マフモフウォーマーDA☆
もうね遅ればせながらって感じですよ。このクソ寒い雪山の村でやれ裸の王様だの、スイカ柄だの、あまつさえピチピチのレオタード姿って・・・。動物虐待もいいところですよ
動物だって寒いに決まってるでしょ!いくら部屋の中に囲炉裏があったって、窓全開じゃねーか!どんだけ換気するんだよ!風受けるくらいなら火ィ消して窓閉めろ!
などと突っ込みたくなってしまう環境下です。プーギーも今までいと寒しだったことでしょう。それを救済するべく、ようやく武器屋が重い腰を上げたってな感じですかね。豚用の服なんて・・・と思いつつも、住民の声が日増しに強くなる中作らざるを得なかったのかもしれません。
これで外を出歩いても寒さに震えることもないでしょう。これはGJ!カプンコGJ!


09011003.jpg
正面の画はなんかひょっとこに見えるよね。

さんじゅうななこの日記 25頁目

今年は飛躍の年にしたい。こんにちは、黒猫です。

さぁさぁ、今宵も懲りずにさんじゅうななこ日記ですが、もうこの日記も物語としてはラストスパートをかけるべき場所にあり、なおかつフィナーレはもうすぐそこです。ここまで来たからには、間に何も挟まず一気に終わりまで走り続けたいと思います。・・・まぁ絶対に叶わないと思いますが。
さて、もうすでに☆6と言うことで、☆7が存在しない以上「次の☆に進むには、その前の☆のクエストを全てクリアしてから」という暗黙のルールはもはや適用されないことになります。あくまで緊急クエストを受けるには、にしてないところがポイントですよね。ていうかそれを☆6でやったら100年待っても緊急クエストが出来ないわけですが。なので、最後なので出来ることからどんどんやりたいと思いますよ。
まぁ途中で無駄な動きをもそもそとやっておりますが、見ない見ない。

今宵1狩り目は「鎌将軍の包囲陣」。モノがモノだけに合流の可能性も視野に入れて、ハンマーでのゴリ押しでなく、片手剣の機動力でのかく乱作戦に出たいと思います。まぁかく乱なんて高度?な作戦がモーハン上で展開できるかどうかはともかく、片手剣であれば将軍に対してこちらがかく乱される事はないだるという見解です。懐かしい出たり入ったり作戦は使わないんだからッ!
実際合流したのはもう1匹目が瀕死の時ではありましたが、なんというかG級の将軍を覚えてしまうと下位将軍の素直さに感涙ですね・・・。なかなか天井にしがみつかない、しがみついてもすぐ降りてきてくれる。こうでなくてはいけませんよ。将軍という名を冠にしている以上は、武士のように実直に生きていかねばなるまいでしょう。そして戦いの世界においても同じことです。常に相手と向き合ってこその将軍ですよ。
そこを片手剣でかく乱しようとかけしからんことを考えるハンター、そういった悪賢さこそが今日までハンターが生き残ってきた理由でもありますからね。
しかし悪賢い作戦以前に2匹クエでの体力補正のおかげで、1匹よりも楽ってのが如何ともしがたいところではないでしょうか。個々の能力は、P用に抑えられて作られてるってのは分かるんですが、それを更に低くして2匹クエとして出すってのはどーなのってちょっと思っちゃうんですよね。
どうせなら同じ体力をぶつけてきても・・・まぁそうなると上位・G級に苦しくなりますが、それでこそ上位じゃないの。G級じゃないのっていう。まぁ売りのお手軽さはどこへやらではありますが、キーじゃなかったらそれもまたって感じじゃないですか。
という訳で、無事クリアです。もしかしたらもう1回、2回は来ることになるかもしれません。そう、ギザミ装備が必要になる時が必ず訪れるからです。しかし今はその時でない・・・。その時が訪れたら、また彼らにお世話になるとしましょう。うん、そうしよう。

その時が訪れるように頑張って狩ろうじゃないの「双魚竜」!
まぁこちとらカホウを持ってすれば余裕ですよ。特に語られるべきこともないんですが、なんだろうね。ガノトトスはさして強くは無いんです。っていうか、カホウが強いってな話なんですが。
2頭クエは確かに雑魚敵が湧かないという何の力か分かりませんが、何かあって雑魚敵が湧かないわけです。
ですが何故だろう、ランゴスタだけは湧いてくる訳ですよ。こやつらに危機感とか、本能とか、そういったのは無いんだろうか。それともこのハンターだけは倒してやるぜとかいう吐き気がするような使命感にでも燃えてるんでしょうか。その使命はもうすでに果たされていると思うんですが、良いタイミングで接近し、具合良く離脱・・・。これほどまでのハンターの動きを予見するような行動パタンは他に類を見ませんもの。
ランゴスタが嫌らしいなんてのは、周知の事実であり、何より双魚竜に限った話ではありませんがガノトなんて当たったらヤバイ敵じゃないですか。そんな敵の時に限ってランゴ達は襲い掛かってきますからね。しかも巧みに。本当に嫌らしいよ・・・。

双魚竜が終わって、☆6の目玉クエストと言っても過言ではなかろう「4本の角」で御座います。4本といえばもうお馴染みのクエストですよね。
得物はブレイドスティンガーから更にパワーアップさせまして、ギザミスティンガー。ギザミ装備がいるってのにな・・・。まぁ良いや。
よくよく考えると、ランスでディアでそれほど相性は良くないですよね・・・。弱点もそこまではりつける訳ではないし。まぁそれを裏付けるように、びったんびったん尻尾で弄ばれちゃいましたからね。しかも途中で合流するし、前から突進で後ろから突き上げって鬼畜過ぎる!!(ノД`)・゜・。
こう、一生懸命原種と戦ってて、遠くの方でズバーンと砂の中から出てくるクローディアとかってちょっと恐怖を覚えますよね(笑)そして何故か勇敢に新しく出てきたのに立ち向かう猫・・・。意図的なんだろうか。やっぱり。
そんな風に苦労しつつも、部位破壊も終わらせての討伐でした。これで一応シェンガオレンが登場となりますが、まぁ一応テオも出ているので、そちらを先に片付けておくとしましょう。気分的に。
上手い事火山クリアして砂漠がすぐ出てくれるとありがたいんですけどね・・・。

そんな訳でやってまいりました「煉獄の主、怒れる炎帝」ってことで、テオ・テスカトルですね!弥が上にも盛り上がってまいりますね!もう盛り上がんないとやっていけないってのはありますが。
ナナと同じような、ていうか全く同じっちゃあ同じなんですが、個人的には最近若干の違いを感じる気がします。
なんとなく、なんですがナナの方が苦戦しないんですよ。G級がないとかそういうのではなくてですね。立ち回り的にというか、単位時間当たりの被弾回数と言いますか、とにかくテオの方が圧倒的に攻撃を喰らう回数が多い気がするんですよ!
それがノーモーションの多さにあるんでは無いかと考えたわけです。ナナの方がその辺素直っぽくないですか?テオはかなり捻くれてそうっていうか。まぁウチの猫がテオに関してはそう仕組んでるのかもしれませんけどね。その辺りどうなってるかはもう定かではありません。
ですが、下位ではありますが、やはりその傾向は強く出ているのです。ナナに関してはもうほとんど美しい状態で華麗にクリア(超主観)したのにも関わらず、テオではノーモーションタックルをドカドカ喰らう。喰らうったら喰らう・・・。これは異常に腹立たしい。溜め3を振りかざして、もう当たるって時にドカーンと走り込んでくるテオをもう許す事ができません。ティタルニアの錆にしてくれ・・・古龍は傷つき逃げ去っていきました』(うろ覚え)
・・・は?( ゚д゚ )
野郎・・・、砂漠で決着をつけてやろうじゃないか。お望み通り砂の中に埋めてやるよォォォ!!

・・・出てないorz

という訳で今宵はこれまでです。えっと、もうちょっと真面目に課題をやらんといけないって事で、また更新頻度が駄々下がりする可能性があります。できれば冬休み中に37K終わらせたかったんですけど、ちょっと微妙な感じなんですよね。うん。
まぁそんな訳で、ちょいちょいやって終わらせられるようなんとなく頑張っていくという方向でいきたいと思っております。


←最終頁
●目次
→24頁目

+ Read More

さんじゅうななこの日記 24頁目

そろそろSS使いたい症候群が抑えられない。あぁ、使ってしまいたい・・・!もう使わない事に意味が無いもなぁヽ(´ー`)ノ
そういえば、ちょっと前に「なんかハードが欲しいなぁ」なんて話をしておりましたが、ついにXboxを購入しちゃいました。うひょうひょ。何故か友達と一緒に買いに出て、そいつはXboxのスタンダードとWiiを同時に買ってました。殴ってもいいよね。絶対いいよね。とりあえず、塊魂を買ってその美しさに愕然としています。これならバラ100万本も苦じゃないんじゃなかろうか(笑)
こんにちは、黒猫です。

完全に塊を転がしたり、世界の果てを目指してたりしてました。ていうかもうそんなことする前に、課題とか始まった途端のテストとかを勉強したり片付けておかないといけないんですが、どうしても出来ないのはこう、誘惑が沢山あるせいですかね。違うな、バイトばっかのせいだよな・・・。うん。
さて、転がしたり目指したりするのは勝手にやるとしまして、今宵もさんじゅうななこ日記。こちらももう佳境っちゃあ佳境ですので、とりあえず終わらせて、SSを使っていきたいと思っております。まぁた使い始めたら始めたで、大変なんですけどね。多分今の状況が楽なんだろうなぁとかね・・・。
前回はアレですね、☆5のクエストが全て終わったところで終了という形でしたかね。あまりにもキリが悪いですが、凄い眠かった。眠かったんだ・・・(;´Д`)
睡眠には絶対に抗えない生命体である黒猫にとって、かなり頑張った方なんですが、読み返すといつも以上にヒドイ。どこで意識が飛んだかなんとなく伝わっちゃう出来だったもの。
そんな訳で、今日は帰ってきて一息つく前に書いてしまおうという事ではっじまるよー。

お待たせしましたレウスとレイア。「一対の巨影」です。これぞモーハンという、モーハンを象徴するモンスターであり、全てのハンターが目指すべき相手でもあります。まぁ今でこそそんな感じではなくなってしまいましたけれども、当時はって事で、その威厳を何時までも保って欲しいものであり、未だ彼らを意味〝超える〟モンスターはいないのではないでしょうかね。そう思ってます。うん。
まぁ慣れたから言えてしまうのかもしれませんが、実際☆5のティガレックスの方が全然強いと思うんですよ。ていうかこれ何回言ったか分からないくらい言ってますけれども。
薄目で見れば、クック先生の延長上にレウス・レイアがいるじゃないですか。ちゃんと見ても共通点は多いし、ちゃんと踏み台ってな言い方悪いですが、そういう仕組みが伺えるわけですよ。
でもティガレックス。これはもう全然違うわけですよ。もう既に飛竜でも無いわけですよ。おいらに言わせれば。凄いジャンプして滑空してるだけじゃない・・・。んもう。
まぁティガレックスはともかく、レウスとレイア。バランスが凄く良い飛竜であると思います。そして、いつまで経っても変わらずにある、いわば悠久の飛竜ですよ。悠久の地との合わせ技で。
飽きるほど狩ってるんですけどね。それでもまだ狩ってて楽しいと思わせてくれる数少ないモンスターだと思うんです。まぁレウスは空の王者っぷりがアレですけれども。やっぱ完成度が高いモンスターであることには間違いなく、未だ個人的には超えるモンスターは現れていないんですよね。
そんなある種崇めているようなモンスターに挑むわけですが、もう集会所で戦っちゃってるので感動もすぐに薄らいでいくんですけどね。
一緒にいたとしても、個々の体力は低いですしね。合流さえなければ安心続きなクエストだと、そう感じるのです。いや、もうそれこそ楽しいとかそういうのを含めてですよ。場所も森丘ですからね。特産キノコを探し回ったり、生肉焼いて売ったり、ランポス素材ですら金策に回したりとか、懐かしくも思い返すと苦い思い出が沸々とわきあがる地ですからね。・・・ん?楽しいか?(笑)
なんだかんだ、無事に2匹とも成敗いたしまして、これで☆6へと足を踏み入れることが出来ます。☆6ともなれば、猫ばあさんの評価も鰻上り。ハンターの腕前とキッチンに置いておける猫の数の関係性がそこまで納得がいかないんですが、まぁこれで5匹になったことで、馴染み深い食材が並ぶことになりますね。酒乳か肉野菜かってところですが、まぁ肉野菜現地で肉って感じですよねヽ(´ー`*)ノ

☆6までくるとクエストも見えているのはもう数少ないです。レウスレイアのそれぞれの亜種、4本、双魚竜、4本鎌。後はテオが出てくるんですが、実際テオはやらなくても良いってのを考えれば、かなり早く次のステップへと行けることでしょう。まぁあの時はそこで詰まったりもしましたが・・・。
しかーし!!今は何も知らないあの頃とは違うんです。ひと皮もふた皮も新しく被ったりむけたりを繰り返している黒猫はそんなところでむざむざ詰まったりはしてやらない!よし!その前にそこまで辿り着かなければ!
という訳で、まずは単体のクエストにという訳で「桜舞う密林」へ。得物はティタルニアですから?まぁまぁ無難な戦い方ができましたよ。サマーソルトに合わせて溜め3を頭にかましたりするわけですよ。ね、もう常套手段ですよね。もうそんな2連続サマーソルトの餌食になんてならないんだから・・・ならないん・・・なら・・・(ノД`)・゜・。
2連続とかさぁ、もうそんなん超必の域じゃないですか。もうなんかゲージ2本くらい使っちゃうような感じですよ。それをポンポン出されちゃうんじゃハンターだってそりゃ苦戦を強いられても仕方が無いと思うんですよ。それこそあんだけデカイ飛竜も流石に敵って言ったら人間くらいなもんですからね。それらを蹴散らさんために日々修行を行うとか、人間を倒した個体だけが生き残っていくといいますか、そういった日々が闘いを生き残ってきたモンスターと相対する事は、言ってしまえばその地の主を倒すことであり(もう収集がつかないので以下は省略されました)

レイアの流れをそのまま利用するが如く「激闘!蒼の火竜」で御座います。蒼火竜こそが真の空の王者といわんばかりのチキンっぷり、怒り時のステUPのバランスなどなど、蒼火竜の強さといったら無いわけですが、そこはレイアに続くティタルニアと森丘というフィールド効果も相まって有利に戦いを・・・あ、ここ9番は戦いにく・・・ぎゃあァァァァァアア!!(;´Д`)
なんて事は無かったですからね。ちょびっとしか無かったですからね。
しかし高級耳栓をつけるためにリオソウル装備を整えるか、ティガ装備を整えるかは結構迷うところですよね。まぁスキルだけで見たらティガ装備かもなぁ。リオソウルは体力マイナスとかがちょっと面倒くさいかもしれません。あと素材も面倒くさい。翼とかでねーよみたいな。
そう考えれば見た目で若干っていうか結構なマイナスを喰らうティガ装備だよなぁ。古の時代もティガとザザミだけで乗り切ってたもんな、うんうん。
まぁでも現状で高級耳栓が必要な相手には、防御できる武器で行けるし、ガンナーにはタロス装備がありますからね。ここでつまづく必要性は全くありません。なので、安心して次へ進んでいきます。☆5は随分とダラダラやってしまったので、☆6くらいはサクサク進めたいものです。

そしてたった3クエで物凄い長さになってしまったので、とりあえずここで今宵は終了です。
いよいよ☆6という名の激戦区へと踏み込んだ37K。この先の運命や如何に!そして世界の果てにあるそれは見られるのか!1万Kmを超える塊を作り出せるのか!様々な運命が交錯しあう全く新しいモンスターハンターを是非あなたの目で!!
・・・嘘ッ!!ヽ(´ー`)ノ


←25頁目
●目次
→23頁目

+ Read More

さんじゅうななこの日記 23頁目

迫り来る後期後半開始の足音。ていうか飲み会の席で、エントリーまだ3社くらいだわーとか、みんなもう就活進めてるんだな・・・。どうしよう、まだ何も手ェつけてない。マジで心入れ替えないとダメだ!きっとダメんなるそうな気がする!
こんにちは、黒猫です。

学校に行かないと全くソロプレイの機会しかない訳ですが、こうも長くPTプレイ日照りが続くとどうもモーハンから離れてしまう時間が多くなる気がします。別に飽きたとか、そういうのとはまた違うんですが、別にやりたいゲームがあるってだけなんですけどね。うん。パタポン的な。
まぁまぁ、世界の果てでそれを見るのはじっくりとやるとして、今宵もさんじゅうななこ日記で御座います。
前回は古龍祭と言っても差し支えないくらいだったんですけども、あとひとつ、しじまが出ないために緊急クエストに挑めないと言う状況です。「旧き時代の守護者」をクリアした今でも出ていないので、まぁ適当に、且つ欲しい素材のクエストに赴くといたしましょう。

まずは「幻獣、キリン現る!」ってことでキリン素材を求めて。前回はライトボウガンで行ったんでしたっけね。まぁ今回は更に上を行き、相性の良い武器が手元にあるのでそれを使って行きたいと。そうだね、ストライプストライクだね。
下位キリンはGキリンを体験しちゃうともうかわいくてしょうがないくらい小柄で、ハンマーが猛威を振るうわけです。ていうかGキリンは100歩譲ってもデカ過ぎると思うのは気のせいですか。ハンマーなんかで行ったって角にあたりゃしないもの・・・。
それに比べたら下位なんかは振り向きに合わせて溜め3をぶつけていくだけですからね。なんとも楽でしょうがないですもの。これの練習は訓練所キリンがオススメです。早いと3分くらいで終わりますからね。これぞ訓練って感じで、個人的には一番楽しい訓練ですヽ(´ー`*)ノ
実際このクエストでも6分くらいだったので、うん、もうちょっと被弾を恐れず見極めて特攻できれば5分切れてたかなと思います。そうなってくると、ある程度のPSが重要になってきちゃうんで、もうおいらには無理ですけどね。

しじま出てない(´・ω・`)

キリンも出ていないようなので、水竜のヒレが全く無いので「砂漠の水竜」へと。もうすでにこちらにはカホウという相棒がいるので、ガノトトスなぞ水に潜る攻撃力のやたら高い的にしか過ぎません。まぁ若干厄介ではありますが、下位はなぎ払いもないですからね。これはグラビと一緒で非常に戦いやすい相手です。
ついでにマンドラゴラを採取しておいたり、若干採掘したりと余裕も生まれます。カホウを担ぐだけでこの安心感。最早なにか精神に訴え掛けるオーラみたいなのを放ってるに違いない。
こう、なんていうか心の拠り所といいますか。戦場で頼れるのは己の腕と言うよりは武器になるんじゃないかなと。思うわけです。実際おいらは武器防具性能でゴリ押しですからね。それが一番楽だしね。怠惰ですけどもorz
しかし目線が違うからか、レンジが違うからか、近接武器とガン・弓だとガノトトスは全然見方が違うと思うんですよ。もう近接だとひたすらでかくて怖い。真空波が怖い。まぁ近づかれたりしたらボウガンも危ないんですけどね、でもやっぱりボウガンだと攻撃のバリエーションも少なくなるし、やっぱり相性が良いじゃないですか。確かにガノトは厄介で嫌いな人が大勢いると思います。おいらもあのぬめぬめした感じが大嫌いです。つぶらな瞳だからって騙されないもの。
結果ヒレ2枚・・・。うーん。微妙な戦果です。尾びれ背びれ辺りですかね。

し じ ま 出 て な い( ゚д゚ )

なんかもう何でも良いので、なんとなく「黒き角竜の猛攻」にブレイドスティンガー担いで、もうしじま出なくても良いよくらいの気持ちでですね(意味不明)
まぁこのクローディアさんはどーでも良いんですが、これでやっとしじまの向こうが出現いたしました。いやはや、ここまで長かったもの。しじまをクリアするまででなく、出すまでが。もっとこう、楽に回せるような方法は無いものか。確かリタイアとか素材ツアーは回らなかったと記憶してるんですが、どうなんですかね。
まぁそりゃどうでもいいとして、ようやくやって参りました「しじまの向こう」。ナズチとの最終決戦。先の大戦では大打撃を与えながら、何故か見えない25分の壁に憚られ、ヤツの逃げ帰る様を黙って見ているしかなかったのでした。
そして時は流れ、誰もが忘れてしまった頃にナズチはまた人々の前に姿を現すのでした。まぁクエストが出るってのはそんな感じだべ。
さてさて、前回は撃退で終わったとはいえ、角も折れで尻尾も切っています。なので、まぁ体力はもう2000であると考えて良いでしょう。といっても体力が分かったところで、別段何が変わるとかそんな事も全く無いんですけどね。気持ちの問題ですよね。姿が見えてる分戦いやすいっていうのはありますけど、実際あんまり変わんないですよね。いや、おいらの大剣スキルだともう変わんないですからね。残念すぎることに。
見えててもあんまり変わらない被弾率に自分の事ながらガッカリです。ホントガッカリです。秘薬返せよ!!(ノД`)・゜・。
ていうかなんで盗むんだアイツ・・・。ていうかモンスターにあっさり盗まれてしまうほどの、隙だらけのポーチを持って行ってるハンターの気が知れませんね。ていうかそんなんだったら途中ボロボロ落っことすぞ!
何はともあれ、しじまをクリアしたことで☆5のクエストは全て制覇したことになります。これでようやく次のステップ、そして最後の舞台でもある☆6へと歩を進めることとなります。
ですが、緊急クエストである「一対の巨影」はまた次回に持ち越しと言う方向とさせていただきます。うん。もうこれ書いてる時点ですげぇ眠いってのが理由なんですがヽ(´ー`)ノオールだったからね、昨日ね。


←24頁目
●目次
→22頁目

+ Read More

さんじゅうななこの日記 22頁目

今日は新年会だァァ!ベロンベロンになること請け合い。今日から仕事とか学校って人、多いんじゃないでしょうか。おいらは残念ですが来週の火曜日からです。発表とかレポートとか卒論テーマとかもう色々山積みなんですが、一切手をつけてません。誰かこの馬鹿をどうにかしてくださいorz
こんにちは、黒猫です。

さて早速さんじゅうななこ日記なわけですが、もし前回ご覧になった方いらっしゃったら、お気づきでしょうか。そうですね。このさんじゅうななこ日記にも目次がつきました。更に次のページ、前のページに飛べるようになっております。まぁまだ全てに施してないのでイマイチではありますけれども。なるべくね、早いうちに全部やてときたいんですけれども、これでちょっとは見やすくなればと思います。ていうかカテゴリー分けすれば話は早いんですけどね。まぁね。
さぁて、前回のななこ日記は、嫌いなものを先に片付けようってことで、黒グラビとティガレックスを比較した結果っていうか、比較するまでも無くティガレックスを討伐しに行ったところで御座います。
さて、では好きなものって訳ではないですが「湿地帯の黒鎧竜」へと向かいましょう。正直下位のグラビモスはボウガンで行けば的ですよ、的。なぎ払いが無いだけでこの戦いやすさですからね。
そんな訳で得物はカホウ。製作してからかなりの大活躍っぷりですけれども。うんうん、やっぱりカホウは通常弾を撃たせても貫通弾を撃たせても強いですね。雑魚掃除もお手の物ですからね。やっぱりなんといってもこの紫色のフォルムですよ。流石といわざるを得ない洗練された紫色。見事なまでのパープル。ガルルガカラーですよ。
・・・うん、まぁだからって訳でもないけども。

さぁて、これにて☆5の普通のクエストと言いますか。まぁ普通のクエストで良いでしょうよ。普通のクエストが終了いたしました。残りは4クエストです。そうですね、お察しの通り古龍クエストで御座います。
☆4で登場したクシャルダオラに引き続いて、☆5ではナナ・テスカトリ・オオナズチの古龍が出てきます。分かってる。キリンのことも忘れてないよ。大丈夫だよ。今思い出したなんてこと無いから。
まぁどっちが良いかって言ったら、オオナズチなんですが、現状の戦力を考えるとオオナズチはキツイと言わざるを得ません。
普段オオナズチを倒す時って、ソロの時は双剣でガンガン殴るだけなんですよね。その戦法はそれなりの攻撃力と弱点属性を兼ね備えているが前提条件。
しかし下位ではそのような双剣はまず無いし、切れ味も悪いときてますから、この戦法は使いにくいことこの上ないわけです。
古龍に対して有効な武器は現在はティタルニア1本。大剣ですよ。これ担いでソロったことなんて一度も無いですからね。どうすんだよ・・・。
と、とりあえずナナ・テスカトリへ行っておきましょうかね。対ナナであれば大剣は非常に使いやすいですからね。
皇妃座すは炎の宮殿」ってメッチャカッコイイクエスト名ですよね、これね。ただの火山じゃねーか!なんて突っ込まないであげてくださいね。なんだかんだ頂上湧きですからね、彼女は。
基本的にはクシャとあんまり戦い方が変わりません。振り向きに抜刀を当てたりしつつ、ダウンの起き上がりに合わせて溜め3を頭に入れる→頭を叩いてダウンを取るってな戦い方ですね。この気楽さがなんとも下位は安心させてくれます。G級とかじゃこうはいかないもんなぁ・・・。
まぁナナであればティタルニアを持ってして1発討伐できるでしょう。ちょっと翼破壊に戸惑って、かなり暗礁に乗り上げた感じはしましたが、無事何とか討伐できました。
でもよくよく考えてみれば、次のクエストを簡単に攻略するためには撃退の方が良いんですよね。・・・あぁ、そんなじゃダメだ!そんな根性でハンターなんてやっていけないもの!

という訳で「古の霞龍、オオナズチ」へとコマを進めましょう。もうここで言っちゃうと1発討伐は無理ですね。もう大剣で立ち回りとか全然わかんないもん。だって。
実際戦ってみても、なんかよくわかんない。
頭には確かに当たるんですが、他の古龍と違って、ダウンは頭じゃ取れないじゃないですか。後ろ足なんだっけ?でも後ろ足はダメージ期待値はイマイチだし、翼とか尻尾に邪魔されてなかなか通らないしっていう・・・。
そうなると必然的に刃が通る頭に集中打を浴びせるわけですが、そうすると奴の舌攻撃の餌食になりやすくなってしまいます。
ていうかホント良く喰らうんだアレ。なんか喰らったら100%で盗まれてたんですけど、なに?アイツ何時からスリの銀次みたいになったんですか?100%っておかしくねぇか?マジで。久々にゲームに対して本気でむかっ腹立ちましたからね(;´Д`)PSPぶん投げようかとry
まぁまぁ喰らわなければ盗まれないわけですからね?自分のPSの無さにむかっ腹を立ててるわけですし、精進が足りないからこうなってる訳ですよ。楽しいはずのゲームがただただフラストレーションを溜めていくツールになっちゃうっていう残酷な現状です。
PSが無いことは素直に認めて、精進することに違いは無いですが、でも全然納得できん(ノД`)・゜・。
結果的に、舌の妙技にビクビクンしながら盗まれ続けて、撃退で終わるという無様な結果です。

オオナズチ…お前は俺を怒らせた・・・!!出てこいやァァァ!!テメーに明日を生きる資格はねェェェ!!
出てない(´・ω・`)
この冷めやまぬ興奮と苛立ちをどこにぶつけてくれようか。もう行くか。☆5緊急行くかァァ!と思ったら、「旧き時代の守護者」が出てました。よかったよかった。今のテンションでどっちもいなかったら間違いなく夫婦行ってましたからね。間違いないですからね。
守護者の方は舞台が古塔。あの資源が豊富で恐怖の物語が眠っている古塔です。ギアノスが出てきたり、ガブラスがいたりする以外は火山でのナナと変わりません。いたって普通。閃光さえ使わなければこっちの方が戦いやすいです。うん、ていうか一度塔のてっぺんまで行くとどうした事か出口が岩で塞がれたりとやっぱり古塔は不思議な出来事で満ち溢れてますよね。絶対不可視のエネルギーとかで満ちてますよね。カメラのシャッターおりなかったりしますもんね。よかった霊感無くて。
肝心の戦闘ですけどね、しっかりと採掘をしつつ、普通に倒してきました。ちゃんと翼も壊して、今度は順調に戦闘が進んで、かなり早く倒せたような気がしたんですがそうでも無かったですヽ(´ー`)ノ

ここまでくれば後はしじまをクリアでようやく☆6へと足を踏み入れることが出来るのですが、なんと肝心のしじまが出ていない・・・。まさか討伐じゃないととかっていう仕様変更も考えてみたんですが、まさかそんなことはないか。
という訳で、今宵はしじまが出てこないのでこれまでです。しじまが出るまでは、適当にクエを回すとしましょうかね。うん。


←23頁目
●目次
→21頁目

+ Read More

さんじゅうななこの日記 21頁目

残り一週間の冬休みにバイト詰めちゃったもの・・・。そういえば昨日HEROの映画のヤツやってましたね。っていうか、ドラマとかSPドラマとか全部一挙放送してませんでした?HEROは良いドラマだったな・・・。うん。遠藤カッコイイよ、遠藤。
こんにちは、黒猫です。

バイトのお陰で更新時間がもう日付変更線間近なんですけれども、果たして4日以内に書き終わるかどうか!そんな試練も兼ねまして、今日も今日とてさんじゅうななこ日記でございます!
うーん、あんじゅの方も何かあればお伝えしていきたいんですけども、どうにも何も無いヽ(´ー`)ノ37KはSS使わないって言っちゃったもなぁ。いやきっと後悔はしていない。多分・・・。
さぁさぁ前回は古塔の調査に向かったまま、消息を絶ったハンターのお話があれば楽しいなぁとかそんな話をした記憶しかございません。なんて無責任なんでしょうか。
強敵の待つ☆6まで駆け足で進みたいところなので、どんどんクエストを消化して行きましょうか。
まずは今日の一発目は「奇面族を探し出せ」ということで、一発目から地味目なチャチャブー討伐クエストです。雑魚扱いとはいえ、チャチャブーの機動力と攻撃力、トリッキーな動きや攻撃方法から、かなり嫌われる敵ではなかろうか。
何気に体力も多いし、チャチャブーだけであるならともかく、飛竜戦で出てくるとこれほど厄介なものはないよってなくらい厄介。まぁガレオスとかアプケロスも並ぶほどにウザイけれども、チャチャブーはどこにでもいるという点でそのウザさは異常ですよね。もう。
前回の古塔調査の際のドラグライト鉱石でようやく鬼斬破、通称おにぎりを作ることが出来ました。一応下位ではかなりの火力と汎用性、さらに将来性を兼ね備えたスーパールーキー的存在ですからね。縛りプレイでもない限り作っておくのが賢い選択というものです。活躍の場が沢山あるかどうかはともかく・・・。
そのおにぎりをこのクエストに初投入です。しかしまぁ強いのなんのそのってチャチャブーなんぞ敵ではないわァァ!ウハハハハ!

さてお次は「黒き角竜の猛攻」ってことで一気にド派手にクローディアさん。クローディア戦に限らず砂漠の戦いには必ず付き物であるガレオス。前項でも述べたように、ガレオスは非常に厄介な生き物です。そうです。もう腹が立つくらい厄介な訳ですよ。ていうかそんなもんモーハンをやっている人であれば、砂漠のボスモンスターを狩った人であれば、奴らの性格をよくご存知でしょう。
ほんとにボスが出てくるとアグレッシブになるけどさぁ。やっぱり納得できないじゃない。なんでそんな連携してハンター襲えるんだよ・・・。普通に考えて自分より強いのが来たら逃げるぜ?モーハンの漫画でも魔王が来たらガレオスの群れが逃げてたじゃない。あんな感じだよ、あんな。実際いつしかどっかで「まぁ自然は厳しいってことで(笑)」なーんてカプンコが言ってましたけどね。厳しいんじゃなくてただただ理不尽なんですけどね。腹の立つこと立つこと・・・。
さてさて、実際の戦いですけれども、得物は鬼斬破をまだまだ使っていく方向で。以前、訓練所のチャレンジクエストでディアブロス戦で太刀の可能性を見出したってのもあってのチョイスですが実際どう転ぶか・・・。ぶっちゃけもうあんまり覚えてなry
尻尾を切断し、角も無事叩き折っての討伐と相成りましたが、まぁ結構被弾した割には限りなく10分の5分針討伐なので、このポテンシャルの高さを如何なく発揮した結果ではないでしょうかね。ちなみにこの時点で残り30秒で1月5日だけどもヽ(´ー`)ノ

ココまで来るとなかなか☆5の残りクエスト数も少なくなってまいりました。最後に取っておく古龍系を除けばティガレックスと黒グラビの2匹です。
突然ですが、食事の時に嫌いなものと好きなものが2つあるときどちらを先に食べますか?え?嫌いなものは食べないって?おい、このご時勢に食べのこすとかどんだけエコの敵なんだ!食えよ!アレルギーとかトラウマじゃない限りは腹に詰め込め!
って事でですね、最後にお口直しで好きなものを食べるのか。最初に口の中を幸せな状況にしておいて、最後のスパートで嫌いなものを食べてしまうのか・・・。
実際結構分かれると思うんですけども、おいらは嫌いなものを先に片付けたいタイプなんですね。
ティガレックスとグラビモス・・・。果たしてどっちが嫌だってったらもうティガレックスに決まってます。もう二度と見たくないくらい嫌いです。大嫌い。

なので先に「轟竜ティガレックス」から先に片付けるといたしましょう。もう1回倒したんだから良いじゃない…ってかなんで雪山と対照的な環境である砂漠にいるんだお前ってな話ですよ。
確かに人間もいろんな環境に適応しますけども、実際は殆ど知恵で賄っているだけで、裸で飛び出したら大体のとこで暮らせませんからね。人間なんて。
じゃあもうどれだけ環境適応能力が凄いの?って話になるじゃないですか。激しくそうなるじゃないですか。
HUNTER's LOG ON PORTABLE」様のところでも語られておりますけれども、そのモンスターのイメージ。どういう環境でどういうモンスターが生き延びて、みたいな、簡単に言うとっていうか簡単になんて言えない様な難しくも興味深くてかなりの時間をかけて考えてみたいテーマと言いますか。まぁもうとりあえず行って読んで来い、それで全てが分かるからってな話なんですけれども、ともかく環境ありきの生き物の形態を考えれば、真逆の環境下で全く同一の生き物や植物が生きているのはまず考えにくい事だとは思いませんか。中にはそういった動植物もいるんでしょうけどね?実際そんなに多くないじゃない?
雪山にいるティガレックス。砂漠にいるティガレックス。同じティガレックスだとしてもそれには必ず違いが生まれるはずなんです。食ってるものも違うだろうし、気候なんかもっての外でしょ?
そういったとこがね、甘いんだよぉ。・・・まぁそこを妄想で補っていくのがきっと楽しいに違いない!まぁどう違うかなんてのは全く思いつかないわけなんですがヽ(´ー`)ノ
砂漠は広大なフィールドです。雪山みたいに狭くないし、壁に刺せないしで戦いにくいという印象があるかもしれません。まぁ敵によっては腹立つんですけども、ティガの場合は別の戦い方が出来て、楽になる感じなんですよね。個人的にはですが。
雪山みたいにガードで亀戦法をとるにはガード性能がないとスタミナも足りないしーみたいなアレで、薬とかスキルにがないとちょこっと厳しかったりするわけです。でも砂漠はどうだろうかと。そんなガードで固める必要が無いわけです。だって相手が勝手に距離を離してくれるわけですよ。
そうなれば今度はこまめな抜刀と納刀とマラソンが勝負の行方を決す要因になります。確かに時間は掛かりますけど、避けやすくてガードもできるという条件で、被弾はグッと減ります。
同じガンランス、同じティガレックスでの戦闘であっても、フィールドで大きく戦い方が変わるといっても過言ではないのです。まぁ完全に〝おいらの場合〟っていう前提がつくわけなんですけどね。うん。

まぁそんな訳で無事ティガレックスも討伐できまして、今宵はコレまでとさせていただきます。いやぁ、完全に日付変わったな。完全に明日になってましたからね。試練、大失敗ヽ(´ー`)ノ



←22頁目
●目次
→20頁目

+ Read More

さんじゅうななこの日記 20頁目

自分へのお年玉兼2009年も頑張ろうアイテムとして何か買いたいです。考えてみるとXbox360とかPS3とか、その辺りのビックリハードが欲しいですよね。まぁパタポン2も買っちゃったので、これ以上は贅沢かなーとかとも思うんですけれども(笑)つかパタポン面白いよね。リズム感0なのが残念過ぎるんですけども。
PS3はアホみたいに高いので、誰かが買ってくれるまで待ちたいと思うんですが、Xbox買っちゃおうかなーというけしから計画を立てています。
買うなら一番安いアーケードモデルを買いたいんですが、あれってHDDが無いだけであの安さなんだろうか。それともHDD付けられないんだろうか。他に機能に差はないんだろうか。そもそもアーケードはお得なんだろうかとかもう色々グルグル回ってるんですが、詳しい人是非ご連絡を!!(笑)
こんにちは、黒猫です。

さぁ2009年、新たなる旅立ちとはいえ別段特に変わらず37Kさんを進めて行くわけですけれども、前回までのあらすじといたしましては、ストライプストライクを製作して「究極の蟹料理」を5分未満で討伐イェア!みたいな感じでしたね。うん。
これからはまたクエスト消化が始まります。もう特に作るべきものも少なくなってきたので、先行投資じゃなくて、壁にぶつかり次第作っていくってな方向性で良いね。
さて、20頁一発目は「鎧竜グラビモスの脅威」へと行ってまいります。その名の通りグラビモスですね。得物はアイルーラグドール。カホウで行けば良いじゃないとお思いかもしれませんが、ただボウガンで討伐したんじゃ芸がないじゃない。アイルラグドールの機能を活かし、睡眠弾を発射。眠ったところを大タル爆弾で爆破して大ダメージを与えんとするのが今回の作戦です。この作戦を「寝起きドッキリ爆弾作戦G」と名づけることにしましょう。この誰も思いつかない様な斬新且つ強力な作戦の前に勝負は始まる前からついてると言っても過言じゃありません。
とりあえず、大タル爆弾Gは調合分含め6個ほど持って行きました。ていうかカクサンデメキンが6匹しかいなかった訳なんですけれども。弾も一応調合分も含めて。前に釣った眠魚が役に立っておりますヽ(´ー`*)ノ
しかし予想以上に眠らないなぁ・・・っていう。もっとポンポン眠るのかなーって思ったらそうでもないのがちょっと焦りを生じさせます。グラビ→双璧→闘技場の双璧の流れで、眠らせるのが常套手段だったりしてたので、眠りには全然耐性が無いくらいに思ってたんですが、そうでもないと。そういう訳ですなぁ。
そんな訳で、睡眠中に全ての爆弾を設置することが出来ず、なんかイマイチ中途半端な結果で、結局貫通弾を運用して終わったという感じだったんですけれども・・・。
なんかこんなモヤモヤした感じで終わるなら爆弾とか使わなかったよ。普通にカホウで終わらせたよ。大体何が斬新な戦い方だよ・・・。途中で常套手段とかバラしちゃってさぁ。何もかもが中途半端じゃねぇかよッ!!(ノД`)・゜・。

お次は元イベントクエストからレギュラークエストへと昇格なのか降格なのか分かりませんけども「電撃祭 2nd!」です。1stはどこへやった。
内容は小さいフルフルが1体。やたら小さいんですけども、カホウを担げば最早ただの的。山本先生もビックリ。どれだけ小さくたって、意地でも貫通弾Lv2を使っておきます。ちょっと余ってたから。
流石にここまでフルフルとは結構な数を戦ってますからね。なんだか語ることも少なくあまりに順調に終わってしまったんですが、今一度考えると、もう既に最初からってのは4回目ですよ。下位ってなこうなると流石になかなか慣れてくるっていうか、もう波乱が滅多に起きない!書き手としてコレほど苦労する要素も無く、読み手としても面白くもなんとも無いのが惜しいところです。
最もそれは書き方やらどこをフィーチャーするかにもよるとは思いますけどね。ただ単にプレイ日記ーなんかやってるとなかなか難しくなってくるこの村クエスト佳境でございます。さぁさぁ次へ参りましょう。

電撃祭に続いて、またイベントクエストからレギュラークエストになった「ファミ通 桃毛獣 2頭狩猟」です。一応ストライプストライクでトサカを壊したりで何事も無く平和に終了いたしました。そうですね特筆するとしたらババコ素材がいっぱい手に入る・・よ!!(;´Д`)

なんかもう完全に窄んできてますが続きまして「古塔調査も楽じゃない」な訳ですけども、ババコよりも盛り上がりそうですからね。なんと行っても初めてのフィールドですからね。
古塔といえばモーハンらしからぬ雰囲気を持つ場所でもあります。そんな空に向かって聳え立つような場所がなんで見つからなかったり、人の手が入ってないのんみたいな疑問も残ると言えば残る場所ではありますが、なんといっても見た目とは裏腹に資源が豊富です
虫も取れるし、鉱石も掘れる。肉もあるし薬草やらハチミツやら・・・。ただの古の建造物なんてことで片付けられるような場所なのでしょうか。否、そんな訳は無い!古龍や滅多に見れない(らしい)希少種が巣くう場所でもあります。そこには何か人智を超えた何か、こう、太古のパワーを感じさせるものがあるに違いありません。
ていうか、金銀と戦ったりするあの秘境、落ちたら戻ってこられなくない?特に戻ろうとする準備もせずに自信満々に飛び込んでいくハンター達ですけれども。なに?それってオープン・ウォーター2みたいな。
コレ多分お話できあがりますね。必ず生還できるような設備を整えてから秘境へと降り立つはずじゃないですか。それを忘れちゃって、ギルドからのお迎えに出会えず、忘れ去られてしまう・・・。
はしゃいで降りちゃった4人のハンターの末路とは。全国のハンター達が恐怖した実話を基に作られた、現実のお話・・・。あなたも恐怖せずにはいられない「Open Trackless region」。・・・あなたは、この恐怖に耐えられますか?
みたいな!み・た・い・な!違うか!ヽ(´ー`)ノ

そんな訳で今宵はこれまで!きっと誰かが「開かれし秘境」の台本を書いてくれることでしょう。ていうかもう製作はどっかで始まってると思います(*´Д`)


←21頁目
●目次
→19頁目

+ Read More

2009年、始動

09010101.jpg
あけましておめでとうございます。今年こそ頭良くなります。こんにちは、黒猫です。

という訳で、現在旅行先にいると思われる黒猫ですが、一応年賀チックな画像をこしらえたので予約投稿で記事にしておきます。
また帰ってきてから、改めて新年のご挨拶をしたいと思っております。それでは皆様良いお正月をヽ(´ー`*)ノ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

そんな訳で帰ってまいりました。いやぁ、騒ぎましたよ、飲みましたよ、食いましたよ!楽しんでまいりましたけれども、改めまして明けましておめでとうございます。
どうですか。お年玉貰いましたか?早速ゲームやらなんやらで散財しましたか?羨ましい限りですなぁ
新年になって、親戚でもなんでもないおガキ様共にお年玉で散財しちまいましたよ!!orz ちくしょう・・・いくらガキの頃からお世話になった人のお子とはいえ・・・!!コレは痛い・・・!!ていうか俺まだ学生でバイトしてる身なのに・・・!!なんでDSi持ってるおガキ様に年玉なんぞォォ。でも前使ってたっていうDSライト貰っちゃったぁヽ(´ー`*)ノ ダメ人間ッ!!
てな事を経まして、2009年をついに迎えたわけですけども、おいら含めハンターの諸兄・諸姉の皆様には2009年も激動の年になるのではないかと思います。WiiでのMHGの展開。多分3の発売などなど。大型タイトルといっても過言ではない訳ですから、これは楽しみにせざるを得ないでしょう。
まぁゲームもアレですけれども、このブログも数え年で3年目、もういい加減頭が良くなっても良い頃合ですが、まだまだ頭の悪いブログで2009年もぶっちぎって行きたい所でございます。

急ですが、お正月と言えばやっぱりですよね。まだまだ味覚がお子ちゃまなので、おせち料理は伊達巻くらいしか食えません。ていうか何が美味いんだよ、そんなもん食うならすき屋でねぎたま牛丼でも貪り食いたい訳なんですが(;´Д`)
餅ね、正月太りの原因No1の呼び声高い食材ですが、しかし美味しいですよね。おいらも31日と1日にとり憑かれたように食ってましたからね。お子ちゃまの頃はきな粉ばっかり食ってましたけど、今は悲しいかな辛味餅がヤバイ美味いもの。個人的にはこれに焼き海苔を入れるのがたまらん・・・。餅超うめぇ・・・よ・・・!!
なーんて調子こいて食っちゃ寝食っちゃ寝・・・もうメタボ一直線ですねッヽ(´ー`*)ノ
そんなお正月メタボ予備軍の黒猫も2009年に目標を掲げておこうかと思うのです。まぁ叶わなくともそれを目印に生きていけば良いじゃないって事で、見た後に鼻で笑ってもらえればね・・・。
まずはアレですよね、内定を取ること。むしろ目標っていうか2009年を無事に過ごす為のマスト条件でもある訳ですが、なんといっても過程が面倒くさくてこの不景気ですよ。こんな頭の悪い黒猫を雇ってくれるところがあるのかどうかですよ。どうしよう、元旦からもう不安。元旦くらい忘れたいこの気持ち!!
2つ目は2010年付近にまた目標をこのブログで掲げること。まだやるんかとか言うけども、アレだしね。3とか出るんだからまだまだ出来そうじゃないの!その頃は社会人になってるんだろうか・・・(ぶり返し)ていうか社会人になってガッツリゲームできる余裕があるかどうかですよ。時間的にも体力的にも。まずは精神的余裕が欲しいのぅ・・・。
そして最後に、日本語を美しく使うこと。ていうかもう言葉遣いとか本当に悪いんですよ。このブログをね、見てもらえれば一目瞭然とは思うんですけれども。
このけしからん日本語のお陰でよそ様においらのコメントを残すことがはばかれるといいますか。このブログだけならどんなに頭の悪い記事を垂れ流そうと、許される範囲じゃないですか。でもね、これをねコメントという形でよそ様のブログに残して御覧なさい!… … … 危なぁぁぁい!
そしてそういった事態から脱出し、更なる躍進をリアルでもする為にもやはりここは正しくも美しい日本語を習得せねばなるまいと思うわけです。とりあえずもじぴったんで語彙増やそうか(笑)
あとアレだ、美味しいカルボナーラを作れるようになるってのも目標に加えておこう。語るには憚れるほどヒドイ事件だったね・・・。

そんなこんなで、2009年は皆々様躍進の年となるよう各々それなりに気張りましょう。そして、黒猫もなんだかんだ頑張っていきたいと思っておりますので、この頭の悪いブログと綴り人の黒猫でございますけれども、どうかよろしくお願いいたします。
明日からきっと通常更新DA☆
ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない


Twitter

…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

終焉の終焉 MHX でも獣竜種も滅せよ ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う ジンオウガ滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ 次世代エネルギーの幕開け ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 お守りはもう掘る時代じゃない いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ 辛酸2リットルの刑 イメージ的には最初からレツアーク 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい 2016年最初はシャガル 白いし、なんとなく縁起良さそう でもウイルス撒くんだったわこいつ ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ やはりィガは強かった、それでいい 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 幻の素材、溶岩塊  とにかく顎 エリアルとブシドーは救済 タマミツネの物凄い神感 どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい 供物はジンオウガ そこはかとなく感じるワンダと巨像感 ハンタと巨象 猿と象の絶望的なダイヤグラム エリアルで跳ぶ。相手はしぬ でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 ガルルガさんの地位向上に祝杯 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 己を責めぬスタイル 猫には厳しい躾を 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる ※ただし根拠はない 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 泥雪舞う季節 ゲリョスの存在感 ナバルデウスの一本釣り 体力150の安心感 モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 水中の覇者ルドロス ポポの親玉=ポポ玉 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た タマミツネの凄いヌルヌル感 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 モンスターでもそっから出てきたらいい 円盤石発掘 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ハチミツがないと明日が見えない 過去作品連動システム モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 重銃強いよ重銃! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い 双剣強いよ双剣! 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。