スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩人よ、俄然堂々とあれ 終局

良い天気、良い気候な日に限って缶詰だったりする・・・。諸行無常を感じますなぁ。今日の空には二度と会えないだなぁ・・・。なんで空は青いのか、皆様ご存知でしょうか。光には7色もあるのに、なんで青・・・!考えたら真っ赤な空とか真緑の空って嫌ですもんね。そういう理由かな。よかった、空は青くて。
こんにちは、黒猫です。

まだ堂々とあるつもりかっちゅー話なんですが、まぁそれも今宵で終わりかなって・・・!それについてはきっと読み進めて頂ければいつかは分かる事なんですが、それすらも面倒という人のために結論から先に書かさせていただきますと、要は面倒くさくなってきたってことですねヽ(´ー`)ノ
いや、その理由は最低って、尤もであると思います。そうやって鍛錬を簡単に投げ出してしまうようでは、この先様々な問題で苦労する事は目に見えております。しかし、如何せんどれだけ何を言ってもゲームは苦しみながらやるもんじゃあございません。ならば楽しい内でやめておくのが良いのではないかと、無い知恵を振り絞り考え導き出した答にございます。
故に、ここにモンスターハンターを繰り返す日々に終止符を打たせていただきますが、ハンターとしての誇りを投げ出すわけではございません。ならばこの投げ出しも、戦略的撤退の文字をなぞるものであると信じております故、何卒、何卒俄然堂々と「俺はハンター」と名乗らせていただきたく思う次第でございます(ノ∀`)

と、結果から述べた訳ではありますが、じゃあ何があったのかと。今度はそこにね、焦点を当てていく事になるんですけれども、前回の記事の中で「次はハンマー」と目標を掲げ、昔の自分を越える事に躍起になっていたのです。では、如何にその声高々に掲げた決意とそれがどのように失速、崩壊の一途を辿っていったのかをご紹介していきましょう。ご紹介っておかしいけど。
09102701.jpg
NON閃光では昔の自分に勝てなかったよ・・・!ちなみに武器はスイ【凶】なんですけれども、それでもハンマーでレウスっていうのは相性は良いですよね。被弾少なく狩れますし。走り回られて全く追いつけないとかもありましたけど、後は運で縮まるよ多分。ていうか、運以外に縮まる要素が無いよ、腕前的に

09102702.jpgさて、次のティガレックスですがこれがもう超問題。いや、もう恐ろしく戦い方が分からないっていうか、喰らっては回復@∞でね、いつも攻めて行くんですが、G級はそんなに甘くなかったですからね。ほとんど立ち上がり攻められて終了のパターンばっかりですからね。流石に5分で2乙頂いた日にはリタイアするっきゃなくね・・・?
うん、やっぱぶっつけで行くには厳しい感じなんだと、遅ればせながら学習してとりあえず少しでも練習していこうかなと。
レウスはまぁ大体このレベルで安定でいっか☆って事で、手軽に練習できそうなのが、その後に控えてるナルガも一緒に体験できる武神じゃね・・・?っていうね。ナルガとティガを倒してリタイアを繰り返す。これで?おいらも?俄然堂々とできる?みたいな?


09102703.jpg
武神でちょっくら一暴れしてみたんですが、ナルガは結構戦えるぞっていうのをなんか掴みましたよね。なんだろう、凄いリズムを掴めたっていうか、凄い掌でコロコロと転がしてやったぜっていう印象を持ちますよね。それこそハンマーの醍醐味を味わったっていうのが凄いスッキリくる表現かもしれません。
とにかくなんか凄い気持ちよく戦えてた訳ですよ!ここまではもう「これ操作本当に自分でやってんのかー!?」くらいの勢いでしたからね。自分が想像してたよりも全然上手く戦えて、もうこれは勢いに乗ってるなって。完全にビックウェーブに乗っちゃったなって思ったわけですよ。あれ?もうティガとかそんな小さい事言わないでラージャンまで倒せるんじゃね?くらいのアレでしたからね。最初の1体倒しただけで浮かれすぎですけれども、いやいや、なるって。絶対にそうなるもの。確実に降りてきてましたからね
さて、いよいよティガレックス。まぁ、練習の武神ではありますけれども。そりゃ前の「モンスターハンター」から何が変わったって何も変わってませんよ?リタイアの直後にきてますからね。まぁ、そりゃ今考えればあまりに無謀というか、仮にナルガでビックウェーブに乗ったとしても、ボードの上に立ち続ける術を知らなければ、そらいくらバッチリ立てても落ちてしまう訳で・・・。


09102704.jpg
大っきらい!(ノД`)・゜・。

ビックリするわ。ご登場2分でお陀仏するおいらの下手さ以上に、ティガレックスのその誰にもどうしようもできなさそうな恐いくらいの勢いにビックリするわ・・・。
いや、なんでしょうね・・・。もともと練習する気が無いとか平気で言える人なんで、もうなんかここまで清々しい位に吹っ飛ばされると、色々な意味でなんだか達成感が湧き上がってきますよね。いや、なにひとつとして達成してないので、それは幻の感情だって事は分かってるんですけどね。

たかだか2回飛ばされたくらいでなんだっていうんだ・・・。何回も何回も、地面に伏せられたとしても、苦汁をなめさせられても、ネコタクで運ばれて床ずれみたいなの出来ちゃっても!諦めず、立ち向かい続ければきっと道は開けるさ。可能性が1%で残ってるなら、それを掴むために努力すべきなんだ。
と、他人は言うでしょうね。他人は思うでしょうね。
辛いもん・・・。黒猫さんの脆くて小さいひびだらけのギザギザハートはあっという間に砕けちゃったもの。確かにティガレックスに勝てないのは武器でも防具でもスキルでも、そのどれのせいでもありません。腕が無いのが悪いんです。分かってます。でも、そんなに俺が悪いのか・・・?
もうティガレックスの顔も見たくない・・・。もう疲れたよ、パトラッシュ。ララバイララバイおやすみよォォ(ノД`)・゜・。

ティガレックスに怯える事なく眠れるような、そんな子守唄を聞きたいよ・・・。
スポンサーサイト

狩人よ、まだまだ堂々とあれ

あまりに寒い・・・。今日の寒さは本当に異常としか思えませんねぇ・・・。なんといってもまだ10月。家の中ではちょっとした長袖で暮らしていけるはずの時期なのに、いきなりガッツリ着込まないと寒死するような気温ですからね。いやもうこういう日の翌日は大体おいらは風邪に似た症状を出す運命・・・。
熱鼻喉にルルが効くをがぶ飲み。
こんにちは、黒猫です。

さて、まだまだ堂々とあれっていう事で、まだまだ「モンスターハンター」に傾倒しております。このモンスターハンターはですね、個人的には結構合ってるしれないクエストですよ。当然出てくるモンスターはほっとんどが苦手とするモンスターですけどね。とはいえ、こう武神みたいに「もう全然クリアできねーよ、もうだりーよ面倒くせーよ」とかいう風に全くクリア出来ない訳でもなく、でもクリアできるのはギリギリであると。良い感じに実力相応なクエストなんじゃないかと考え始めた訳です。まぁちょっぴりおこがましいですけどね・・・!ヽ(´ー`)ノ
そんな訳で、とりあえずはこのモンスターハンターをちょっとこう、真ん中に据えてですね。やっていこうかなと思うんですよ。武神クリアよりはよっぽど現実的。武神はもう二度とクリアできない気しかしないものね。
そんな訳で、とりあえずモンスターハンターで俺は頑張っていこうと思うよっていうね。とりあえず、平均のクリアタイムを調べようと思ったんですが、「モンスターハンター」って凄い調べにくくないかい・・・?地道に足を使って調査をするしかないのだろうか・・・。とりあえず、レウスは大体5分以内がベストっぽい?残りは6-7分で片付くと考えれば大体全体を通じて20~25分辺り。そこに待ち時間やらをを含めて30分以内がまぁ平均っぽい感じ・・・?うん、無理
当然クリアをする事だけを考えれば既に完了してる訳ですから、ちょっとばかりタイムに気を使い始めるのは、なんか欲の表れっぽいですよね。こんなに時間を気にするのは大名訓練@太刀以来なんじゃなかろうか・・・!
とりあえず、前回大剣でのチャレンジが残り7分半だったので、これをちょっとずつ上回っていければ良いのかなー。うわー、すげー途中で投げ出しそーうヽ(´ー`)ノ

そんな訳で!早速行って来ました「モンスターハンター」。得物はもうとっかえひっかえでこのクエストに抜群に相性の良い武器を探せば良いじゃないって子とで、ランスにて挑戦。更に!ないと生きていけないとすら自らが認める「回避性能」を外した装備で・・・!ぶっちゃけレウスとティガの攻撃はそれがあっても避けられないですからね。ラージャンもイマイチよく分かってないですからね。だったらガ性じゃね?っていう感じ?ただ、ランスの動きっていうかそういうのも回避性能ありきでずっとやってましたからね・・・。もうどうなる事やら・・・と思ったら

09102501のコピー
記録後退ヽ(´ー`)ノ
しかも華麗に2乙。っていうか、レウスが強すぎたもの。レウスが完全にラスボスでしたからね。4回くらいレウスで2乙してリタイアしてますからね。これはレウスとラージャンによって葬られてますが、いやレウスとかレイアもですけど、とりあえずリオス科がランスで全くもって倒し方が分からなーい。ボコボコ被弾するし、とはいえゴリ押しでわりとどうにでもなるような相手でもあるので、なんかあんまり「レウスを詰めてみた」っていう感じのをなかなか目にかけない感じがします。確かに、伝統と格式ある相手であり、尚且つ強敵でもある事は確かですが、クセがない分戦いやすいですからね。躓く事は少ないのかもしれませんけれども、ここまで活路が見出せないとなると、ランスは違うのかな・・・。レウスで12分くらいかかってるもなぁ。ティガより時間かかってるものなぁ。
後はナルガかな・・・。あれは完全に回避性能だけが頼りな生き物なので、飛び掛かりとか必死に避けようとしてましたからね。なんかガードのタイミングが分からないというか、ガードありきのリズムが全然分からなくて、時間だけが過ぎていった感じであると。ラージャンとティガはアレだ。回避あっても亀戦法なので、むしろガ性あった方が戦いやすかったって感じですなぁ。

さて、ちょっと頑張って自分の初モンスターハンタークリア時の記事を探し当てたんですけれども、この時は恐らくリオソウル系に身を固めた高級耳栓+見切り+斬れ味装備かな?武器はジャガーノートと。オトモありで閃光投げまくり1乙残り4:58でクリアであると・・・。あれ、槍より乙ってないし早いぞ・・・!成長してねぇなぁヽ(´ー`)ノ
という訳でね、次はこのハンマーっていう鈍器でね!この昔の自分を超えていきたいと思いますよ!装備は勿論変えて行きますけれども・・・!ただし、ちょっとティガの戦い方を方々で確認してからが良いかな・・・(;´艸`)

溜め3アタック!→食らう!メッチャ痛い(ノД`)・゜・。→回復!を繰り返す!イヤッホゥ!戦略もクソもありません、超ゴリ押し。

約1年半前のおいら。今と言ってる事が変わってヌェェェェ!ヽ(´ー`)ノ

狩人よ、とりあえず堂々とあれ

発表が終わった後は文化祭て・・・。その、文化祭とかではしゃいでる余裕がこの時期僕にはもうそんなに無いんですけど!ヽ(´ー`)ノ
さようなら内定!こんにちは5年生!そんな心持で黒猫さんは日々を生きています。俗に諦めとも言うようですが、逃げ道がある事が分かるだけで人生有意義!学生でまだ就職には遠いみなさんはこんな大人にならないように!
こんにちは、黒猫です。

って事でですね、まぁ若干のモーハンネタを引っさげてまいりました。まずひとつは、ちょろっとっていう感じですが、なんとなくソロリストがボチボチと更新されています・・・。
最早ソロリストも懐かしいといいますか。まだまだ時間は40年もありますからね。ゆっくりで問題ないと思いますので、本当にボチボチとやっております。
本家の志乃さんとこでは自分の記録を塗り替えるという過去の己との戦いを激しく繰り広げられているようで、いやいやおいらも一応は双剣でバビッとやらせて貰いましたけど、もう2度とクリアできないだろうなってクエストばっかりですからね。武神とか双獅とか二色とか・・・。今思えばよく心眼無しでグラビとか立ち向かったよ・・・!ま、残り1秒だってもクリアできれば官軍ですからね。それが出来れば話は簡単なんですけどね。なんでこのゲーム判定勝ちとかないの
まぁこれからも気が向いたら少しずつ埋めて行こうかなーと思いますよヽ(´ー`)ノ 折角やらせて頂いてるわけですしね!

さてさて、そんなプチ近況をお知らせしたところでですね、まぁ色々なブログを巡っているとハンターの諸姉・諸兄の皆々様は色々な事に取り組んでらっしゃる。舞台は変わっても同じハンター。その全てって訳にはなかなか難しいものですが、感銘を受けたり、何かの参考にさせて頂いたりと。不肖黒猫の心に様々な事が響き渡っていくのです
そら黒猫さんの腕前なんて高が知れてるわけです。あまりに低くてもう巻き上げられる砂埃とか水しぶきで全身泥まみれですよ。でもそんなのがお似合い。でも走ってりゃその泥も乾くさと拭おうともせずに走る走る俺たち。いや、走ってんのはおいらだけですけどね。足が遅いくて誰にも抜かれていきますけどね。まだスタート地点から30mくらいですからね。途中で緊張してトイレとか行っちゃってるから。
一緒に走ろうぜ!」とか言って、言いだしっぺの奴がもうずっと先に行ってる感覚ですよね。マラソンの悲しい性ですよね。置いてかれた方はそいつの残像と心の中の思い出と孤独をかみ締めてただただ必死に走るしかありませんからね。
そういう訳で、最後尾の守護神黒猫さんはこうなったら1人で好き放題やってやろうと。1週遅れになりつつも、抜かれた1位の人とゴールテープ切って「俺が2位だボケェェェ!」とか言ってやるくらい自由にやっていこうかなと。その後の後続をボコボコ足引っ掛けてやろうかなくらい自由で行こうかとね、思うんですよ。いや、内実1週少なくしか走って無いですけどね。まぁまぁ、人間「10週走れ!」って言われて10週走るのは誰でも出来るんですよ。そこでアスリートタイプは「俺は私は12週走ろう」とかって、自分に枷をかけて、更に上を行こうとするんです。12週走った上で10週走る人よりも早くにゴールしたりするんです。アスリートだから
でも、黒猫は違うの。ただただ10週走る?バカいうな。じゃあ12週?とんでもない。9週で終わって如何にも「10週走りましたけど?はぁ?」っていう堂々とした態度をとると。人よりも遅く走ろうが、最終的になんか有耶無耶にできればそれでいいの。最後に「・・・まぁ、黒猫も・・・やったって事でいいか」みたいな、そんなんで満足できるの。
だからこそ、10分でクリアできる人と並んで45分でクリアしても「内部的には俺は3回クリアしてるからね」みたいなね、なんかそういう体でこれからも精進します。そういう方向で。(`・ω・´)

そーんな訳でっていうかこれどういう訳なんだろうね!違うの違うの、こういうのは考えちゃ駄目なの。感じるの。「あぁ、黒猫ってかわいそうな人なんだな・・・」っていうね、そういう感じですよね。うるさいよ
そんなこんな、じゃあ何をしようかったらもうなんか狩りに出かけようぜっていう話ですよ。ここでようやく狩りの話が出てきますよ!いやぁ、これだけ壮大でマラソンという人生に似ていますなテーマでお話した前置きがあるからには、これから展開していく狩りのお話もそれはそれは大きいものであろうというのが、なんだか流れとして当然な気もしますが、9週走って10週した顔する狩人の書く内容ですからね。察しがつくね!

さて、出かけたクエストはお久しぶりな「モンスターハンター」。リオレウス・ティガレックス・ナルガクルガ・ラージャンの4種のモンスターが代わる代わる現れる、村上位最高峰のクエストであり、かくいうおいらもクリアした回数は覚えてる、僅か2回です。
いや、確かにそんなにやる意義を感じないっていうかですね。まぁもしかしたら武神へのステップになるのかもしれません。合わせて「誇りを賭けた試練」をやっていくみたいな?そういう使い方も出来るとは思うんですが、何せ練習・修行・特訓・研修の言葉が嫌いな黒猫さんですから、基本的にそんな目的で行くような事はまず無いッ!(`・ω・´)
なので、モンスターハンターというクエストも黒猫から忘れられていく・・・そんな運命の一途を辿っていたところを、このような機会で拾い上げてきました。
前は何でクリアしたかなぁ・・・と思い返してみれば、多分ハンマーともうひとつは・・・なんだろうね。多分ガンスだったような気がしますが、言わばどれもアイテムや罠をしこたま使った結果です。ここでソロリストが活きてきますが、どうもこのソロリストをやると1人でやる時は「オトモ無し・縛りあり」が自然と出てきちゃうんですよ。意識して無いのに、それが染み付いちゃうんですよ。終いにはPTでも持って行かないですからね。いや、それは粉塵持って行ってるからっていう列記とした理由があるんですけれども・・・!
なので、一応今回は縛りありで自分の力を試してみようかなって・・・。ほらー、見てみってこの黒猫さんの向上心!煌いてる、煌いてるよ向上心が。
煌く向上心を持ち、今回挑む装備がこちらーでござーいます。

09102401.jpg
んまー、久しぶりね今宵の装備さーん。
って事でチョイスは大剣です。一番無難な感じに見えて、あの四つん這い系に対して全く戦い方が分からないという脆さも見え隠れどころか全力で表舞台で手ェ振ってますからね。じゃあどれなら良いのって言うのはどれだけ聞いたって吐かないよ・・・!無い袖は振れないんだよッ!(ノД`)・゜・。
とはいえ、10週走ったっていうのは1週くらいじゃ説得力が出ないので、こういった事も多分必要かなって思うんですよね。黒猫さんレベルだとこの武器だと上手いとかそういうのも無いですからね。何使っても低空飛行で高度上がらないですからね。
スキルに関してはかなり王道じゃないかと。回避性能は無いともう生きていけない体にされてしまったので、これは外せないし外さない・・・!抜刀術はデンプシーをこの世から抹殺しようとするスキルっぽいので、デンプシー至上主義一派の黒猫さんとしてはあまり好ましいスキルじゃありませんが、使えるものは使って何が悪いんだという開き直り一直線。いや、ホントは抜刀術好きよ・・・。砥石高速はもうデフォスキルでよくね?

さて、いざ戦ってみればですね・・・。もう、なんていうか、その、予想通りっていうか・・・!BCから出てからは超グダグダ。50分間ただただ古の秘薬を調合して飲むお仕事だものッ(`・ω・´)
特にティガね。いや、ナルガも相当でしたけれどもそれ以上にティガが酷かったですからね。やっぱあの生き物は・・・いや、あんなの生き物だって認めないよおいらは。兵器だよ、兵器。ハンターズギルドが作らせたメタルギアかなんかだよアレは・・・!証拠に右前足から3つミサイルとか飛ばしてきますからね。よく戦ったよ、そんな化け物相手に(ノД`)・゜・。
んで結果はクリアでございます。時間的には7分ちょっとくらいしか残ってませんでしたけどね。ティガとナルガで絶対に時間取ってるんですよ!長かったもんね、多分ナルガとティガで30分くらい戦ってますからね。だからってレウスとラージャンが早いって訳じゃないんですが、まぁその2匹はいいところでもう安定してるんでいいんですよ。早くは無いけど、ティガとかよりは早いよっていう。

09102402.jpg
バジャーンとちゃんとしたタイムーって事でね、、まぁこの画だけ見れば「黒猫はよく頑張ったんじゃないの」っていうお言葉をいただけるであろうと。最悪時間がとかそういったね、あのー、そういうのもあるとは思いますけれども。まぁご尤もですけどね!ヽ(´ー`)ノ
とはいえ無乙。無乙ってだけでなんか頑張ったオーラが溢れ出てるとは思いませんか。勿論それも喰らったらすぐに体力全回復が功を奏しましたからね。僕ってとっても秘薬ジャンキー

しかし、これで良いのかと言われればそうじゃない・・・。まだまだこれは8週くらいかな。息切れ方が足りねーだろ!とツッコまれたらもうどうしようもないですからね。もう1週は走れる努力はしないといけないような気がする・・・!
自らの過去を振り返り、明日の己の糧とする。この戦いを戒めとして、おいらはもう1週走れるようになりたいと思う・・・!いつでも振り返れるようになんか動画とかにしてみた。なんだろう、いつしか昔にガンスでナルガ2頭行ってみた!とかいうクソハズイ動画を晒した過去を激しく思い出すんですが、なんかそういう路線ですよね、完全にね。しかも40分くらいありますからね。こんなもん自分で見直すだけでも拷問ですからね。40分て誰が見るん・・・?
これを見て「あ、俺の私の方が上手いわ」っていうアレな感じで皆様が気持ちよくなられるのなら、この動画も、そしておいらも本望です(`・ω・´)

続きから見られる方はどんぞ。

+ Read More

笛道-厳- 上位の洗礼を浴びるように受ける

ダメ出しを喰らってから、ゼミ発表の資料作りが全く終わりません!(ノД`)・゜・。
タイムリミットは恐らく明日の14時まで。それまでに出来上がらなかった場合は「全然できてねーじゃねーか!」と怒られて後日改めてか、トンズラこいて「逃げてんじゃねーよ!」と怒られて後日改めてのいずれか・・・。
怒られない道は無いのか(´・ω・`)
こんにちは、黒猫です。

という訳で、メチャメチャ久しぶりに帰ってきました。笛道が。ゴリ子が。最早誰も覚えていないであろう、そして思い出したくも無いであろうあの笛道がこの度遂にプチ復活!完全じゃなくて、プチね。プチ。
この笛道もゴールが無さそうであるとかなりの問題児扱いしてきたんですが、一応のところウカム討伐までは頑張りたいな・・・って思ってた時期もありましたけど、実際問題今宵の記事の内容を見る限りではそんな事は到底無理だろうなぁと思わずにはいられない事受け合い。大体笛じゃない武器でアイテムも何もかも惜しみなくやってみたって結構普通に3乙して戻ってきますからね。安定はやっぱ双剣かなーと思いますし?以前ウカムを笛で倒したような記事を書いた気がするんですが、その時もかなりギリギリだったと記憶しています。2乙残り5分とかそんなレベルだったかなー。
ていうか、まず前回の笛道はどこまでだったんだろうかというのが大問題ですよね。じゅんぐりと遡ってみても一向に姿を表さない笛道だったんですが、なんとか見つけたそれは村上位ヒプノックを討伐したところで終わっておりました。確かに村シェンは辛かった印象があるなぁ・・・。
とりあえず、ヒプノックが終わってるという事は村は上位に進出できているので、先に楽そうな村から片付けていこうかな。若干防御に不安を隠せないですけれども・・・。ていうかいつまで例の装備のままなんだろうかヽ(´ー`)ノ
若干この防御力は不安を隠せないよ!当たらなければとかそういう事を言える腕前も無いよ!

052_20091021112802.jpg
笛道にタッチしてない間に、「笛は吹くもの」という概念が復活、根をはっておりました故にこの体たらく。まぁホラ、アレですよね。イノシシとはいえ上位モンスターですからね。そりゃ易々とは狩らせてくれないですよ。なんといって親玉1頭と小物3頭ですからね。元就も言ってましたもん。矢も3本集まれば折れないだろうって。イノシシに限っては1頭だけでも十分な強度を誇っているような気もしますけどね。束になったら矢からミサイルかなんかに進化しそうな勢いですけどね。

053_20091021112802.jpgで、このブルファンゴ討伐を終えてから、ハンター日誌を除いてみると見事にほぼ3ヶ月ぶりのプレイであるという驚愕の事実が・・・!
そっかぁ、3ヶ月かぁ・・・。そら3ヶ月もほったらかしで笛に触ってなければブルファンゴだって苦戦しますもの。あんな特攻イノシシミサイルなんかに太刀打ちできる訳が無いもの。
そもそも、笛道復活の理由はですね。こう、ちょっと長い間電車に乗ってるという機会が火曜日にあったんですね。普段電車に乗らない人間にとって小一時間電車に揺られるというのはあまりに非日常的であるような気がしてならなくて、この1時間ずーっと揺られてるだけなのかと考えるとゾッとしない訳ですけれども・・・。
確かにipodから流れる音楽に身を委ねていても良いんですが、そうするとやけに手持ち無沙汰。周りを見れば本を読んだり携帯をいじったりしてるんですが、現在おいらの携帯電話のバッテリーは恐ろしく短命であり、そんな1時間もネットに繋いだりアプリで遊んでたら、確実に1個以上は減りますからね。その後も暫くは充電できなさそうな環境で、それはマズイなと思ったわけです。いい加減バッテリー替えたいよ!
そこで登場したのがPSP。そこでやってたのがイノシシ狩りだったのですね。1時間でイノシシ狩りだけかい?って言われると、そこにはまた様々な言葉だけでは語りつくす事の出来ない星の数ほどの理由と理屈が転がっているんですけれども、まぁまぁ、そんな事は景気良く外に投げ出しましてですね、今宵の笛道メインディッシュの方に移らさせて頂きたく思いますよヽ(´ー`*)ノ

という訳で、「旧密林に走る稲妻」でございます。フルフルですね。
初めてこのクエストに挑んだ時はヘビィボウガンで、あの5WAYに幾度となくこの身を焦がされたものです・・・。なんていうか、あれはガンナー殺しだと思うんだよ。
久々に笛でフルフルというのもかなり恐い気ィしかしないんですが、それでもなんとなく体が覚えていると信じたい。フルフル装備を作るために結構下位のフルフルは連戦しましたからね。その杵柄がこの右手と左手に少しでも残っていれば・・・!
以下動画。



よし、そういう事だ(`・ω・´)シャキーン
いや、もうね。なんかね。動画の尺で大体の事が分かりますよね。こんな編集してる暇があるなら、ぶっちゃけ発表準備を進めた方が良かったですからね。完全に。
しかし!この敗戦を糧としなければいけません。人は敗北から勝利するための何かを学び、勝利からそれ以上のことを学ぶのです。ここで学ぶ事を放棄してしまえば、永遠に勝利は訪れないと言っても過言ではありません。そう、明日のヒーローになるために僕たちは学んでいくのです。明日のヒーローとアクエリアスヒーローってなんか似てる・・・!

足りなかったのは一体なんなのか。おいらの腕前だったのか武器の攻撃力なのか防具の防御力なのかスキルなのか。多分圧倒的に腕前が足りなかったんですが、それ以上にやっぱり防御力じゃね?っておいら凄くそう思う。
だってさーだってさー。「当たらなければどうという事はない」なんて台詞もありますけれども、それ裏を返せば「当たったら終わり」っていう事ですもんね。ひとつの失敗も許されないなんてそんなの面白くない。失敗が何かを生むかもしれないじゃないですか。
だったら「当たってもどうという事はない」を目指したい。屈強な防御力を手に入れて喰らっても喰らっても立ち上がり笛を振り続けるような・・・。そういう人に私はなりたい。
要はゴリ押しって事なんですけどね。
防御力は現在177程度。集会所も村も上位は解放されてるので、せめて上位装備にしておきたいところです。ギアノスUでもフル装備で200オーバーしますからね。そう考えるとやっぱちょっと薄い装備である事は否めません・・・。
腕前がなければ装備に頼れば良いのに。上手い人もいれば黒猫のような人もいる。だからこそ神は強き装備を与え、弱き者を救うのです。ただし装備を手に入れるまでには試練を与えますけどね。そこが結構神の嫌なところ。神は試練を乗り越えられる者にしか与えないって言いますけどね。だったらもうOKでいいだろ・・・(´・ω・`)
まぁ、じわじわ防具を作っていくか、フルフル立ち回りを完璧にするか・・・。現実的なのは前者ですよねーヽ(´ー`)ノ

続きから頂いた拍手コメのお返事です。

+ Read More

パソコンの裏側に潜む災厄の数々

久々に酔っ払っております!キャホォォ!という事で、今日は台風のせいでお仕事がお休みになっちゃったメンバーで風の強い昼間から遊びに出かけてました。電車動いてなかったせいで近場でダラダラ喋って飯食って飲んで騒いでってだけですが。そしてなくなるお仕事がなかったのはおいらだけでしたが。寂しくなんてないよ・・・!
こんにちは、黒猫です。

昨日は志乃さんにお誘いを受けまして、P2Gの方でMickさんとノノさん、そして幹事志乃さんに遊んでいただきましたよーヽ(´ー`*)ノ
いやねぇ、これがクエストに行くまでが長かったというか、様々な波乱万丈があったんですねこれが。
おいらは途中参加だったので、イマイチ把握できてなかったんですがどうやらノノさんとMickさんの間でエスタってたようでそこでひとつてんやわんや。
おいらも颯爽とKaiに入ろうとしたら、Kaiが全く立ち上がらないという事態に陥り、なんかもう慌ててないのが志乃さんだけという・・・!
Mickさんが一度PCごと再起動をかけるとその間、おいらはなんとなくハッとKaiが立ち上がらない原因を突き止めたような気がしたんですよね。その事をなんとなーく伝えてみると、ノノさんが「右手はコブシにしておく」とか怖い事言い出すの・・・。いやいや、出来るようになるかもしれないのに何故に天誅準備万端なんでしょうか。
まぁその原因ってのも、なんか英語版を入れなさいよーみたいな事をお2人に言われるもんですから?それも含めてちょっと調べてみようかなーと思ったら、ネットに接続できないんですよね。いや、事情があってスカイプとKai立ち上げるパソコンが別個なんでこれが可能なんですが、ひとつのパソコンがスカイプが出来る。ひとつのパソコンはネットすら繋がらない。もうこれ考えられるのひとつじゃね?完全にLANケーブルが・・・ ・・・ ・・・繋がってなかったわヽ(´ー`)ノ
結果、原因も見事己の腕一本で突き止めて解決をしたというのに、大バッシングの黒猫さん。「いっそ繋がってガッカリ」とか言われる始末ですからね。繋がらなかったら繋がらないで何か絶対に言われる訳ですからね。それじゃあおいらは八方塞じゃないか・・・!
とはいえ無事にお2人と合流できた辺りでMickさんが戻ってこられたんですが、どうしてもノノさんとのエスタが解消されず・・・。

いやもう事件ったらそれだけじゃないですからね!おいらは3クエストに同行させていただいたんですが、結局全員でクエストクリアできたのは1回だけでしたからね(ノД`)・゜・。
09100802.jpg1回目の「誇りを賭けた試練」はクローディアに苦戦しつつもなんとかクリアできたんですが、その次の「異常震域」ではまどーずさんの自動更新にひっかっかって強制再起動喰らって孤立。ラストクエストとなった「バサルモスな季節」では全員のKaiが落ちて1人でチケットを納品してクリア。
いやぁ、最高潮にgdgdだったね!ヽ(´ー`)ノ いやいや、これも良い意味でですよ、ホント。
終わりには「解散の挨拶」を巡って屁理屈に屁理屈を上重ねていくような感じになっておりましたが、なんだかんだ最後はやっぱ志乃さんがビシッと締めるって事でね。流石だもなぁ。もうおいらは「宴も酣ですが...」から始まる挨拶しか思いつかないもの(`・ω・´)

つーことで、志乃さん、ノノさん、Mickさん遊んで頂いてありがとうございましたーヽ(´ー`*)ノ
またいつでも誘ってやって下さいませ!

大人の冷静な行動力と情熱の間

台風18号。自然の猛威を改めて考えさせる大型の台風でございました。いやはや、それにしても地元の電車のヘタレっぷりには驚きますね!ちょっと強い風吹いただけで運転見合わせますからね。ましてや台風の影響でもう車庫からも出てきて無いんじゃなかろうかっていうくらいですからね。
こんにちは、黒猫です。

さて、過ぎ去りし10月6日にはその前の日に引き続きでポンチさんとAzuさんに遊んでいただきました。記憶はもうあやふやどころかryって感じなので、いつの間にかちょっとした箇条書きのメモが手元にあるのでこれを元に書いていきたいと思いますが、何分状態が状態なので時系列とか整理できるかは不明。そしてなによりSSがほっとんどないのは何故なんだろー(;´Д`)

「湿地帯の捕食者たち」
まず、ポンチさんリクエストの「湿地帯の捕食者たち」へと行ってまいりました。行ってきたっても、クエスト内での行動はあんまり覚えてないんですけれども、とりあえず出発前っていうかクエストはこれ!っていう発表があった際に、おいらは迂闊にも本心をポロッと零してしまうのです。「めんどくさー」っていうね!冷静に考えれば普通は思ってても言わないこんな事(`・ω・´)
そしたら「面倒くさいって言わないで!」って普通に叱られたYO。ご、ごめんなさい・・・。

「火山の三柱」
ヴォルガノスを苦戦の末に終了させ、さて次は将軍亜種かと頂上へ一足先に駆け出していると、笛を吹いてくれてたポンチさんに「もう走ってるし・・・!」とこの笛の音が聞けんのかァァ!というアレな勢いで迫ってこられたんですが、いやいやまずはペイントをササッとした方が良いかなーって思うじゃないですか。初期位置からの移動先まで覚えて無いですからね。そんな高性能な脳みそ積んで無いですからね。
そしてまさかのAzuさんの「待ってますねー」ですからね。いやいや、待つ必要性が無いですもんね!笛を思う存分吹かせたら、追ってきてくれていいですからね!ヽ(´ー`)ノ

「マガジン 暴虐の轟竜」
無乙クリアー。それ以外にお伝えするべき情報は無いと思う・・・!
あ、でも久しぶりにおいらは太刀とか握ってました。殴っては喰らい殴っては喰らいの骨を断たせて肉を切る作戦でしたけどね。ていうか、攻撃→次の攻撃をガードがスムーズにできる武器じゃないとティガが全く倒せないんですけど・・・!(;´Д`)

「武神闘宴」
集会所に行くとAzuさんがミズハ装備。それを見て久しく着てないーとポンチさんもミズハにお着替え。おいらはいつもであればガード強化装備で行くんですが、そっちは匠が無いのが唯一にして最大の欠点なので、ここはひとつ匠をつけてアイテム強化装備で行ってみる事にしたんですね。
集会所には魔女的な帽子をつけたカラフルなカラーバリエーションを持つミズハ装備2人がババーンと立ち塞がってるんですが、これは果たして空気を読んでおいらもミズハ装備を着てくるべきなのか否か・・・。うーん・・・。

黒猫「読むかボケェェェ!」

ポンチさん「そこは読めよ」

まぁそのせいなのかどうかは分かりませんが、ガード強化を外したばっかりに、グラビのビームでこんがりと焼き上げていただきましたヽ(´ー`*)ノ いや、やっぱりなぎ払いビームはズルイわぁ。
とはいえ、こちらも無事にクリアでございます。


と、クエストの内容はこんな感じでしたね・・・。うん。
ちょっと恐かったのは、クエストとかよりもAzuさんの行動力ですよね。いや、何を行動したってのはアレなんですが、もうとにかくビビリました。そしてAzuさんとポンチさんのタッグがあまりに強力過ぎてもう正直太刀打ちできませんでしたからね(ノ∀`)
とはいえ、おいらはあくまでも!泥臭いと言われようとも!自分の信念を貫き通してみせるんだ!いや、貫き通さずにはいられない、そうしなければならない事情があるんだ!なんか死亡フラグ一歩手前みたいだけど。

と、とにかく!遊んで頂いてありがとうございましたー!ヽ(´ー`*)ノ

敵に挑む前にしなければならない1か2の準備

2010年度版の手帳やリフィルが出回るようになってまいりました。こういう時季モノが出てくると、もうすぐ今年も終わるなぁという感じがしますね。今年が終わる頃には・・・。
あー、2006年水曜どうてちょうが欲しいぜーヽ(´ー`)ノ あのサイコロの柄のやつ、マジシブイ。
こんにちは、黒猫です。

もう超ポポロ面白い!って事でね、何か切欠が無いとこのままモーハンがフェードアウトしそうなところでした。危ない危ない(;´艸`)
という訳で、昨日はポンチさんとAzuさんに遊んでいただきましたよ!遊んでた内容としては8割がた雑談でしたけどね。ていうかクエスト1回しか行って無いですからね。もうこのお誘いの導入部分が「ゲームやってないけど」っていうアレでしたからね。いや、何一つとして問題は無いですけどね!ヽ(´ー`*)ノ

で、その1回のクエストというのが「武神闘宴」でございます。多分これは前回のリベンジと言うべきものなのでしょう。あまりに痛い敗戦を喫した我々、おいらも物凄い誰かさんの攻撃をガードしてしまったが故に手痛い1乙を謙譲してしまうという若干のトラウマがあったものの、行くっきゃないよねって事でやっていく訳であります。
構成は前回とほとんど変わらずで片手・槍・そして笛。鈍器の時点で前回のトラウマが蘇りそうなんですが、今回はね、多少頭を使った狩りをおいらは展開していきたいと思ってますから。
まずは鈍器が近くにいる時は頭から颯爽と離れる事。お互いが気を使ってしまうと結局ダメージ量が少なくなってしまいますからね。ここはひとつビシッと笛にお譲りして、自分は違うところをチクチクやっていくと。このように考えております。
もうひとつは鬱憤を溜めない事。何かあったらとりあえず突進で飛ばしておけば世の中みんな平和。正直何も考えないで突進とか多用しすぎてました、本当に申し訳ないorz

09100701.jpgいざ本番ッ!で、ナルガはまぁまぁ普通に倒せたと思います。おいらも尻尾が避けられないって事は無かったですしね。若干の鬼門と化したティガレックス。こちらは、あぁ死ぬなっていう場面が幾度かあったものの、ポンチさんの笛効果やAzuさんの粉塵に助けられつつ無事にクリアしました。そしてここからが大きな壁になっていくんですが、正直黒グラとクローディアは大丈夫なのかな・・・って。なんだかんだ言いつつ、この2匹はきっと大丈夫なんだなって思うんです。
実際、黒グラは全員無言になってめっちゃ本気で立ち回ってたのはありましたけれども!それでも一度ビームに焼き払われて、そこを重ねられそうになったところを絶妙なタイミングで粉塵に助けていただいたりっていうのはありましたが、それほど大事にはならず・・・。いや、個人的には死を覚悟したので大事ですけどね
しかし、最後の敵が最大の壁となって我々の前に立ちふさがる事になるのです・・・!
ここまで誰も乙って無いこの状況。いわばノリにノッている訳です。調子も鰻上り、観客のボルテージは最高潮、舞台は整っているのです
しかーし!前回もこのラージャンで幕を閉じられているの揺ぎ無い事実であり、若干の緊張感も抱かなければならないところです。
しかし、ここまで起きた事をよーっく思い出してみても、なんかそこまで面白い事も起きず。言わば全員が本気で取り組んでいたのかなっていうのはあると思うんです。いや、勿論それが良いってことはわかります。でも、きっと誰かがどこかでポロッと乙ると自然と空気って変わるものなんじゃないかなとも思うんですよね。
そう思ってたんですけどね・・・!ヽ(´ー`)ノ
いや、なんだろう。すごいアッサリ終わった気がします。クリアで終了ですよ。もしかしたらアッサリでないのかもしれないけれども、個人的には「あ、これはクリアできるな」っていう瞬間があったんですよね。それがあったからこそのアッサリなのかもしれませんが、どういう訳かその確信を持てたんですよねぇ・・・。いや、実際は手に汗握る展開でしたけどね(`・ω・´)

もうね、正直戦いの現場は本当に本気で戦ってたと思います。ぶっちゃけてドラマは無かった。これは否めない事実だと、おいらは思います。
しかし、実際戦いが始まる前にちょっとしたドラマがあったと言っていいでしょう。そう、古来より人々に付きまとう人間らしいといえば人間らしいひとつの欠陥。それが『忘れ物』です
ハンターの諸姉・諸兄の皆々様も忘れ物のひとつやふたつは経験した事があると思います。そういう時に助けてくれるのは誰でしょうか?そうですね、仲間のハンターです。こうする事で仲間の絆が深まっていき、同時にちゃんとした人がいるんだ、という意識は忘れ物改善に繋がっていくんだろうと思うんです。
ですが、我々3人はそこらのハンターとは訳が違いますよ
ここまでの話の流れならすぐにピンと来るでしょう。誰かが忘れ物したんだなって・・・。
忘れ物したのは1人?バカ言うな
じゃあ2人?とんでもない
3人共だ(`・ω・´)
まぁおいらは忘れ物っていうか補給のし忘れって言った方が正確なんだとは思うんですが、わりと地名的な忘れ方だったので結構焦ってました。砥石が10個しかない・・・!それもBCを出た後に気がついたもんだからさぁ大変。とりあえず「砥石無い」と呟くと、ポンチさんが「あげる」と申し出てくれたんですね。いや、これが仲間ってやつですよ。すると、ポンチさんから極めて不可解な言葉が飛び出すんですね。
砥石ってなんだっけ?
・・・。何を言ってるのかわからねーと思うが、俺も何を言ってるんだかわからなかった・・・!
多分、アイテム欄を見ていつもの砥石のアイコンが見つからなかったんでしょうね。うん、持ってきて無いと
それでも砥石をあげよう!って言うんだから、ポンチさんは凄い人ですよ。結局Azuさんからポンチさんは恵んでもらってましたけどね。そんなAzuさんも10個しか持って来て無いという始まる前から砥石飢饉とはこれ如何に・・・(;´Д`)
その後もAzuさんの秘薬忘れ物騒動はありましたが、ポンチさんの閃光玉でのナイスカバーや黒猫さんの身を切るような慈悲によってそれも回避されたのでした。

09100702.jpg
終わった後、ちょろっと雑談を交えて本日は終了と。そういう運びになりました。ポンチさん、Azuさんありがとうございましたー!ヽ(´ー`)ノ
また遊んでやってくださいねー。

続きから頂いた拍手のお返事です。

+ Read More

〝マガジン〟を名乗る竜

こんにちは、黒猫です。

さて、10月に入りましてMH3も若干ではありますが新しい配信クエストもやってきております。ていうか、10月で新しいの2つだけってのがなぁ・・・。その出し惜しみ感はどうにかならないんですかね(´・ω・`)
そんな訳で、現在新しい配信クエストは「マガジン 凶暴竜調査班!」っていうイビルジョーの捕獲クエストですね。
場所が水没林で非常に戦いやすいし、HR31から受注可能なので、捕獲断固反対主義でないようであれば、早い段階からジョー素材を手に入れられるチャンスかもしれません。
確認こそできませんでしたが、爪が手に入れば護符もパワーアップできますし?いや、どーせ出ないような気もしますけどね。HR51まで我慢しましょうな気がしますけどね!

さて、このマガジョー。HR31からの受注が可能・・・。そして黒猫さんは現在HR60ちょっと。大よそ2倍のHRになっている訳ですが、これソロでも行けるんじゃね?っていう。
ジョーをソロで行った事すら無いんですが、PT戦であれば幾度か行ってますし、乱入で已む無くちょっとだけちょっかい出したりもしてますからね。
折角マテンロウも作った事だし、最近は村でチョロ甘なクエストやってたりしてたってのもあって、ちょっと腕が鳴るってもんじゃございませんか!
そもそもイビルジョー自体はかなりソロ向きなモンスターだと思うんですよね。特にランスなんかは結構戦いやすいんじゃないかなーなんて・・・

思ってた時期が僕にもありました・・・

うん、もう全然そんな事無かったです。無乙クリアこそ出来たんですが、45分以上かかる始末!そしてなによりマガジンって言うからにはチケット的なものがあるハズじゃないですか。これまでの感じからして、雑誌名を冠したクエストでそれ類のアイテムが出ない訳無いはずなのに・・・!出な(悲しいので省略されました)

そんなイビルジョー。ちょっとした動画にしてみました。村の延長でBGM無しでやっちゃったので、あの恐ろしいイビルジョー戦BGMを乗っけられないのは残念ではありますが・・・。いや、ちょっとしたっても15分もあるんですけどね。ていうか45分を15分にすること自体にかなりの無理があるんですけどね。まぁその辺りは雰囲気を楽しんでいただくという事で、久々の動画ですがやっつけです☆



まぁBGMを聞く動画ですね!ヽ(´ー`)ノ
これでイビルジョーはソロで攻略したって事でいいね!

+ Read More

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない


Twitter

…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

終焉の終焉 MHX でも獣竜種も滅せよ ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う ジンオウガ滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ 次世代エネルギーの幕開け ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 お守りはもう掘る時代じゃない いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ 辛酸2リットルの刑 イメージ的には最初からレツアーク 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい 2016年最初はシャガル 白いし、なんとなく縁起良さそう でもウイルス撒くんだったわこいつ ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ やはりィガは強かった、それでいい 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 幻の素材、溶岩塊  とにかく顎 エリアルとブシドーは救済 タマミツネの物凄い神感 どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい 供物はジンオウガ そこはかとなく感じるワンダと巨像感 ハンタと巨象 猿と象の絶望的なダイヤグラム エリアルで跳ぶ。相手はしぬ でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 ガルルガさんの地位向上に祝杯 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 己を責めぬスタイル 猫には厳しい躾を 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる ※ただし根拠はない 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 泥雪舞う季節 ゲリョスの存在感 ナバルデウスの一本釣り 体力150の安心感 モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 水中の覇者ルドロス ポポの親玉=ポポ玉 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た タマミツネの凄いヌルヌル感 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 モンスターでもそっから出てきたらいい 円盤石発掘 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ハチミツがないと明日が見えない 過去作品連動システム モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 重銃強いよ重銃! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い 双剣強いよ双剣! 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。