毒霧を浴び、尻尾にあたって、刃翼の元に伏せていること

こんにちは、黒猫です。

ねぇ知ってる?メガテン日記で文字をいっぱい打っているから、P3日記では手抜きしたいんだよ。

いや、うん、まぁなんていうか、大量のSSを使ってる時点でアレも手抜きっちゃ手抜きなんですけどね。頼りすぎて見る気になれないっていう。もっとうこう、効果的な使い方をしたいものです。
まぁそれはともかく、ちょっくらイベントクエストに行って参りました。また随分と知らないクエストが増えてましたね。その中で「水没林のフロントライン」そして「激走!白兎獣と狩人」に行ってみました。

水没林のフロントライン」は渓流の長い一日系のクエストですね。大型5連。今のところ砂原バージョンもありますが、恐らく3種類の中では一番戦いやすいメンバーで構成されてると思います。渓流は金銀夫妻、砂原はベリオ亜種がなぁ・・・。ま、体力は低めに設定されてるみたいですから、サクサクとまではいかないまでも、時間切れってことはなさそうです。多分。

激走!白兎獣と狩人」は前情報一切無く、とにかくウルクススが出てくるだけのクエストだと思ってましたけど、まさかあんなのが登場するとは・・・!勿論、クエスト名に激走ってあるくらいなので激走っていうか並走してきました。めっちゃ和やかな気持ちになるわー。

んな訳で以下動画。
※音量注意!(開始4秒無音)










時間切れはしなかっただろ!
いや、ちょっと長めのブランクってヤツですか?正直ナルガをナメてましたよね・・・。吃驚するくらいR1が押せないんですよ。別にそんな超反射を必要ともしてるわけじゃないのにね。
うーん、まぁどうせイベクエはクリアマーク付かないんだし、クリアしなくてもいいかー。行ったっていうそういう事実が大事なんだと思います。当たって砕ける、これもまた人生には必要なことです。
いつか、気が向いて腕前がクリアするまでのラインに到達したらリベンジすることにしようそうしよう!

真・女神転生3 NOCTURNE マニアクス今更プレイ日記 その5

こんにちは、黒マネカタです。

前回、まさかのマントラ軍本営への不法侵入罪で逮捕。その後の裁判で裁判員たちを容赦なくフルボッコにし、無罪を勝ち取った音尾一行。
その後スタイリッシュなデビルハンター・ダンテと相対し、ゲームは違えど主人公同士の熱い魂のぶつかり合い。ダンテマジカッコイイ。そういや新田は無事でした。

というわけで、マントラ軍のヘッドであるというゴズテンノウへと会いに行くわけですですけれども、そのためには随分と長い道のりを歩かされることとなったようで、エレベーター使ったのであっという間でした。そんな私はFF7初プレイでは階段を延々と登り続けておりました。

日本語でおk

うおぉぉ、ゴズテンノウでけぇぇぇ!
あのよく分からんことを喋ってたマネカタは所謂巫女なんですかね。ニヒロの先生とマントラのマネカタってことなんですかね。ということは先生も訳分からん日本語と言えるのかどうかも微妙な文字列をズラズラと並べるようになっているのかもしれません。あぁ、英語の先生とかそんな感じですよねー。
おい、その名で呼ぶのをやめろ。
どこから見ていたのか、決闘裁判で振るった力を見事だとお褒め頂きました。そもそも罪を背負ったことによって決闘裁判を経て、勝ち取った無罪という判決こそが褒美のようなものだと思ってたんですが、無罪の上にゴズテンノウからもご褒美なんて頂いちゃっていいんですか。どれほど上がったのかはともかく、仲魔枠が増えたのはデカいですね!戦闘中でも交代が出来るわけですから、ストックは多ければ大きいほどあらゆる局面に対応が出来るというものです。多分。
さて、この褒美は随分と甘い汁なわけです。これがもっと欲しいだろ、と。このあまぁーい汁をもっと吸いたければその力をマントラのために使っちゃいなよYOU!とお誘いのお言葉。こういうね、選択肢が終りの結果を変えていくわけなんですよ。んで、一応目指しているエンドがあるんですけど、この選択肢が重要なのか分からんなぁ。ゴズテンノウとキャッキャウフフエンドとかあんのかなー。それはそれでちょっと楽しそうだけど、どう考えてもハッピーなエンドではなさそうだ。ついでにハッピーなエンドなど存在するんだろうか、このゲーム。
とりあえずあの人が出てくるまではフワフワした態度で生きていくこととしよう。あの人が出てきてから自分の意思を決めていくこととしよう。
いや、そんなねぇよ
新田が心配してたのはこれです。前回消えかけていくメッセージウィンドウの中で「こんな所で時間くってるヒマはないんだ」と言ってたのはこれなんです。ニヒロに攻め入れば、当然先生も狙われることとなります。巫女ってのがどんな力を秘めているのか知りませんが、少なくとも巫女って言うくらいなんだからなんらかの役割を持っているはずですよ。その巫女を早々見逃してくれるわけは無い、だからそんなヒマはないと言ってたわけです。先生をを助けたいわけですね、新田は。

よし一緒に行くかニヒロ機構へ!

・・・の前に、気になるお話がひとつ。変な坊さんがいるらしいです。なんですか、噂悪魔かなんかですか。やめろよ、現実になるんだからそういうの。こうやって話してる間にもひょっこり後ろとかにいたらどうす・・・

SHIN_Megamitensei3_411.jpg
ギャアァァァァァァ
こいつらイキナリだから大嫌い!何が死の救いだっつーの!死が救いとか、どこの運送屋手伝いだお前はー!この子は僕が救うんだハァハァでもしてろ!
てなわけで、マタドール・ダンテときてメノラーが引き合わせる魔人戦3回目はだいそうじょうです。本来、ストーリーを真っ直ぐ進めていれば出会う事のない相手ではあるんですが、うっかり探索なんかしちゃったもんだから戦闘に・・・。一度「危ない感じがするけど、この場にとどまりますか?」みたいな選択肢が出て「いいえ」を全力で選んだんですが、「逃げられそうに無い!」とかって結局この空間に押し込められましたからね。ドラクエの選択肢かって・・・いや、ドラクエは最終的には(強制的とはいえ)自分で選ぶわけだからな、ドラクエなんて優しい方じゃないか。
しかしこのだいそうじょうで一番恐いのがハマムドでしょうね。覚えてる限りではなんか自分のターン数を増やす行動をしてきた気がするんですが、まぁこのデータのだいそうじょうさんは随分お優しい方だったみたいで、そんなんハマもムドもしないし、自分の行動を増やしたりもしない慎ましやかな坊さんでした。

おや・・・?モムノフの様子が・・・。

おめでとう!モムノフはアラハバキに進化した!

その他に弱いってもう弱点オンパなんじゃねーか!返せよ!俺のモムノフ返せよ!しかもよく見てみたら力とか下がってるじゃねぇかァァァ!特定のポイントでしか使えねー!かっこいかりー!直前の状態とか悪魔全書に登録してないし・・・。まぁ、しょうがない。なんか素材にはなるのかもしれないし・・・。モムノフ・・・あぁもむのむ・・・。


はい、そんなこんなでニヒロ機構にやってまいりました。以前はベリスに「帰れー」って言われて入れなかった場所ですが、鬼がちゃっかりいるところを見ると、もうマントラが攻め込んだ後のようですね。
あー、それ完全にやってないフラグってやつだわ。パワー馬鹿ばっかりだからなぁ、マントラは。物事を深く考えたり、冷静に見つめるって事をしない、もう分かりやすいタイプのダメな連中ですよ。そもそも貴重な情報を集めてこれる力があるのに、それを使うべき現場の連中がダメすぎるだろ!諜報の悪魔たちが可哀相・・・ッ!


<スーパー録画ミス>


で、この赤い光のさしてる台座にあの鬼が言ってたキーラってやつをはめ込むんですねー!ここに至るまでになんかおっさんがいて、「あの時アマラ経絡に落ちてなかったら、お前をここに送り込んでしまうとこだったぜ☆」とかって随分と手前の失敗を正当化しようとしてきたり、「氷川(M字)のところにいく力は俺には無い、だからお前が行って来て、たしかみてみろ!」とか相変わらずの人使いっぷりを見せておりましたが、全部消えました。だからM字が絡んでくるとこういう事になるんだよー!誰だよ!あのM字をニヒロの総司令とか言ったヤツは!出てこいよ!ぶっ以下略
まぁそんな訳でね、キーラ集めはなんかパズルの様なものを解き明かしつつって感じでした。パズルっていうにはアレではありますが、移動を強いる上にエンカウントが止まらないのでそこだけが厄介ですねー。赤のキーラのところではベリスと戦い、緑のキーラのところではキウンが邪魔してきやがりました。このキウンがまたムド持ちで厄介そうだったんですが、本体より先にニセモノと戦っていたおかげでそれを知ることが出来ていました。更には偶然にも仲魔に招き入れていたディーステトラジャのおかげで難なく撃破することが出来ました。もうここまでくると若干攻略見た感がありますが、それ以前に初プレイだけど既見だしー。そういうの関係ないしー。

君はあの時のM字の中年か。
・・・ハゲ散らかっているとはな


クソめんどくさい道のりを経て、ここまでわざわざ来たのがあのおっさんの頼みだからってのはシャクだ。だけどそもそもお前に会うためにここに来たってのはもっとシャクだ!自惚れんな!その前髪ペロンってなってるとこから逆剥いてやろうか!
そして始まるマガツヒ談義。知ってる?っていうから知らない、って答えたら、お前死んでるよって言われた。こだますら返せなくしてやろうか。
M字が言うには、マガツヒは大きな意味で「力」なんだそうです。音尾くんがトウキョウで眼を覚ます直前、大きな光に「コトワリを作れない」だかなんだか言われたのを覚えてませんか。あのコトワリというのは世界をどのようにするべきなのか、どういう世界を作りたいのかという思想のようなもので、それを実現するための力がマガツヒ。そもそもこのトウキョウもコトワリによって「新しい世界を作り出すため」の世界なんですね。ちなみにこのM字もM字のクセにコトワリを持っていて、静寂な世界である「シジマ」を目指してるようです。そうか、お前のまだ元気な毛根たちを静寂化させてやろうか。
そんな御偉大な思想に反対するマントラはとんでもない!と言って、なんか厨二っぽい技を繰り出していく。園村さんでも出てくるの?
突然ニヒロ機構から飛び出すマガツヒの塊。それはイケブクロの上空で拡散して降り注ぎ、なんか形容しがたいけど変な感じになっちゃいました。どうやらイケブクロのマガツヒは消え失せ、もう力の無い場所へとなってしまうようです。即ち、マントラがゆっくりと死んでいく・・・。
なんかこのシステムは先生の力で動いてるってのをいきなり自慢げに語りだしたけどこのM字。じゃあお前何もしてないじゃん。「ないとめあしすてむかっこわらい!」って叫んだだけじゃん。
図星だからって主人公にそんな事言っていいと思うなよ・・・!いいか、世界の全ては大抵の場合主人公の手の内にあるってことを教えてやるぜ!だたそのお別れの言葉は不覚にもちょっとカッコイイって思っちゃったじゃねーか!くそ、パンツ一丁のトラが目の前にいるのに!

オセ戦でございます。小生意気にもテトラカーンなどを使ってまいりますが、攻撃で簡単に剥がせます。まぁ、ターンアイコンは全て消費してしまうんですけれどぅえぇぇぇぇ!?

ぱたり

もう疲れたよ・・・パトラッシュ・・・

パ、パトったー!初パトがまさかのテトラカーン跳ね返しー!よく考えたら前ターンで気合使ってたな、このバカ主人公!つまんねぇパトりかたしやがってコンチクショウ・・・!

うるせーバカ!お前が帰れ!
あー、そうなん。どうでもいいわ。いいんじゃん、吸い取られれば。テトラカーンで跳ね返してナイトメアで吸い返せばいいんじゃん?
もっと、こうさ・・・。強敵との対決でさ。やるかやられるか微妙なところでの鬩ぎ合いでパトりたかった。それか先制ハマムド。単なる俺のミスじゃん、これ。メガテンだから、とかじゃないじゃん。恐らく次の目的地はイケブクロでゴズテンノウの所でしょうか。とりあえず次の目的地で一悶着ある辺りから次回やっていきまーす。

テトラカーンに対して気合入れて殴るとかダメ絶対。

技術的な問題もあるとは思うんだ

こんにちは、黒猫です。

俺の俺による俺のための記事みたいなもんなんですが、折角なんで乗っけておこうじゃないかというお話。
前回のP3記事では、動画ダメだの画像ダメだの言っておりましたが、なんか時と場合によっては大丈夫なのかもしれないというお話。実はそれを確認するために撮ったのが終焉だったんですけど、そいつぁプレイ内容はともかく結構なモンだったんですよねー。でも今回は何故かそういう感じにならなかった。何故なのかしら・・・。

あとCFWがないとPSPもS端子により録画になるわけなんですが、上記にもあるように、時と場合でいい感じになってくれれば完全にPS3をS端子でやっつけた方が綺麗だなぁ・・・っていう。ていうかPSP側は比べちゃうとギリギリなラインだわぁ。

以下比較。あんまり考えて作ってないのでアレですけどね。お互い実サイズより70%-60%程度の大きさ。
貼るには大きいし、フルスクリーンでは見られたもんじゃないけど、まぁいっか☆


エンコしたら結局一緒じゃね?とか、思ってても言ってはダメ絶対。ローカルだと大分違うんだって・・・。
まぁ多少前回言ってた画角っていうか視野角っていうか、その辺がね、言いたかったことが分かっていただけるような気はします。

単独版PS3
単独版PSP

真・女神転生3 NOCTURNE マニアクス今更プレイ日記 その4

こんにちは、猫修羅です。

前回、ギンザ大地下道名物ともされる「イソラ狩り」にまんまと手を出し、全く持って抜け出すことかなわなくなりましたけれども、いやはや、今しがたようやく戻ってこれました。
とりあえず、全員の強化という意味では一応の決着を迎えたといって良いでしょう。ギンザ大地下道にたどり着いた頃は、イソラもそこそこの強敵であったのにもかかわらず、終わってみればハイピクシーとカハク以外はすっかりパーティのメンツも変わり、音尾くんに至っては8レベルも上昇している始末。なんかもうこれで当分は安定な気がするんです。とかって油断してるとハマムドであっさり持っていかれそうで恐い・・・!

で、

物語としてはギンザ大地下道を通って、ゴズテンノウに会いたいわけです。しかしゴズテンノウはマントラ軍と呼ばれるニヒロ機構と敵対している団体の親方です。そして、大地下道に隠れ住んでいる「マネカタ」たちにとってマントラ軍は捕まってはならない敵であり、そのためにマントラ軍の本拠地であるイケブクロへ通じる扉にガッチリ鍵をかけています。
この鍵を開けてもらうために、音尾くんは「オサツ」を探しているのですが、前回記事で「皆目見当も付かないぜ☆」と書いておりましたね。すまん、ありゃ嘘だ
実はギンザへの入り口3つめがありまして、そこから入るとあの憎たらしいロキの部屋だと思われる場所に出れるんですよね。普段は見張りがいるんですが、オサツフラグによってどいてくれてました。てな訳でなんなくオサツをゲットです。どいていた見張りはどうしたかって?いや、あいつは戻ってきませんでしたよ。現世に・・・な。

そしてオサツを欲しがってたガラクタボーイ、凄い勢いで「金をくれ!約束だろ!?」。まぁオサツがお金という見識を全く持ってないとはいえ、そうまでしてオサツを欲しがられるとちょっと、なんか、アレだわ・・・。
勿論ガラクタも約束を守って、門番への手紙を書いてくれました。・・・実はこいつゼルダ姫なんじゃなかろうか。実はイケブクロは火山になっていて、門番はその内「狐の面が欲しい」と言わないだろうな・・・。
しかしあれだけ絶対に通さないと言っていた門番はイケブクロ方面からはすっかり開けてくれるところを見ると、恐らく手紙には「この悪魔(音尾くん)はパシれるから通してやれって」とか書かれてるんでしょうね・・・。やっぱり狐の面を要求してくるに違いない!お前にキータンは渡さないんだから!

ウズメ姐さんの御御足。

ていうかモブから「長い地下通路」とは聞いていたんですが、本気で長い。そして雑魚敵の編成がとにかく数押し。普通だったらこれを抜けた先は雪国で、メガンテとザラキの恐怖に怯えながら祠を目指す感じになると思う。けど考えてみたら圧倒的にそっちの方が鬼畜だった。
通常攻撃に頼ると敵がなかなか死なないからHPがどんどん減っていくし、スキルに頼るとMPが消えていく。どんどんなくなる傷薬とチャクラドロップ。こんなことなら地下道のジャンクショップでチャクラドロップ買い込んでおけばよかった・・・!

お?

いやいや、いきなり何事かと思ったらなんの前情報もなしに戦えって?こっちは結構疲労してるんですから、ちょっと勘弁してもらっていいですか。あの、必ず回復したらまた戻ってきますんで、今はどうか見逃してくだ

聞けよォォォ!

あぁ、そうなの・・・。凄いね・・・。メノラーあげるから回復しに戻っていい?あぁ、メノラーあげたら回復しに戻れないのか。それは困ってしまうな。
マタドールさんじゃないっすかー。どの口が最強の戦士だって?正直強いって言う印象があまりないんですが、でもこれはメガテン。そして何より俺は覚えている。こいつがどんだけ強いかってことを・・・!遂にパトる時が来てしまうかもしれませんが、あれだけレベルを上げたのにそうも簡単にパトってたまるかよ!かかってこいよ!

まずは赤のカポーテという命中&回避を1ターンでMAXにするというチート技を披露。これって仲魔にした時にも使ってくれるんかなー。とりあえず音尾くんがフォッグブレスを使ってマタドールの命中回避を下げて、アクアンズがスクカジャでこちらの命中回避を上げていけばイーブン。くるかどうかも分からないデカジャが恐いのでMAXまではかけませんけれど、まぁモムノフの攻撃がしっかり当たるならそれでいいんです。
そしてある程度HPを減らしたところに挑発気合血のアンダルシアという極悪コンボ。血のアンダルシアは強い暴れまくりみたいなもんなんですが、いやぁこれはキツイ。キツイ・・・が、矛盾の王の暴れまくり程ではない!ウズメ姐さんが逝ってしまわれたが、これは勝てる!モムノフかかれー!
ゲッチュ

引き合うって言うか、勝手に引きずり込まれただけなんだけどなー。
このメノラー争奪戦第一回戦を見て、淑女はアマラ深界にまで全てのメノラーを集めて持ってきてくれと仰る。いつまで経っても子ども扱いかよ。


そんなこんな、長い長いギンザ大地下道を抜け切ることが出来ましたー!見事全てのチャクラドロップを使いきり、もう色々とギリギリの戦いではありましたけれども!抜けた先は「ゾウシガヤ霊園」って・・・。全然晴れやかな気持ちにならないじゃない。ちなみに余談ですが、雑司ヶ谷霊園にはジョン万次郎さんが眠ってます。このゾウシガヤ霊園は知りませんけどね。ははは、ただの泥に決まってんだろ!何言ってんだ音尾!その妄想力に乾杯だわ!

つーこってとっとこイケブクロへ。途中モブが「話しかけてまわってると殴られる」って教えてくれたので、極力話しかけないようにしたいと思います。
ここの邪教の館で遂に悪魔全書が解禁となりました。ボッタクリかっていうくらいには搾り取られますが、今後の悪魔合体がより楽しくなってきそうですね。とりあえずジャックフロストの静天の会心はちょっと誰かに持たせたい気がするなぁ・・・。スキル変化で思いっきり消されちゃったんですよね。でもどうなんだろ、いらないのかな。
あとついでにウズメ姐さんとカハクを合体させてあの頃の僕らのアイドル、キクリヒメが誕生しました。足長い。攻撃スキルは今後覚えなければ一切持っておりませんが、ディアラマを使えるのは大きいハズ。ついでにちょっと○×ゲームをしてカジャ系も持たせておきました。少なくとも死に難くなるラクカジャは必携ですね。

そして遂に見えてきたマントラ軍の本営。よし、もう悩んでても仕方ありません。ここは突撃してとっととゴズテンノウに会いに行きましょう!たのも・・・

え?

お、おう・・・

・・・

入れない入れない!

なに、バカなの?扉の向こうから声がしたと思ったら、明らかになんか襲われてます感出して最終的に声が聞こえなくなっちゃったんだよ?入れねーよ、入りたくねーよそんなとこ!いくら音尾くんが修羅レベル上げしてきたからっても、出来ることと出来ないことあるよ!まだ少年ですよ、少年。悪魔っても半分は人間なんだから、そんな恐い選択をさせてあげたくない!
・・・けど入らないと物語りも進まないみたいですし、入ろっか☆

なんだ、貴様とか言ってたの新田かー。久しぶりー東京以来じゃん。助けてやりたいんだけど、敵から目を逸らすと・・・
ス、スライムー!
じゃなかった、新田ー。そしてピンク色の魂みたいなものを引きずり出されちゃう新田。さようなら、新田。お前のことは忘れない。せめてスライムは拾っていってやるからな・・・。
でもハイレグマスター・トールさんは音尾くんのことも見逃してくれる気はちっともないようで、なんか不法侵入で逮捕するって仰る。やめろ!ゲーム世界の主人公はみんな不法侵入が許されているじゃないか!このゲームはなんだ、モンスターの死骸や人々とのふれあいからラヴを集めるゲームなのかよ、違うだろ!主人公として正しいことをしたのに、なんで・・・なんで投獄されなくちゃいけないんだ・・・ッ!

よし、まずはお前をぶちのめして力を示してみせようか。

ということで、すっかり投獄されてしまいました。どうやらここを抜け出すために必要なのは看守が投げてきたご飯を投げ返す事ではなく、治療画面でグルグル回って吐き倒すわけでもなく、無線でとある周波数に合わせるわけでもなく、決闘裁判で無実を証明することであると。
戦って勝てば無実。負ければ有罪、死刑ってか。やってやろうじゃねーか。看守についていかないで反対方向に行ったら対戦相手のことを全部教えてくれたヤツがいたわ。400マッカでこの情報はおいしい。早速火炎弱点のキクリヒメを外して、編成を組み立てよう。

オルトロス裁判員さようならー。
ヤクシニー裁判員さようならー。
本当は大ボスっぽい感じなんだけどレベルのせいで台無しのトールさんさようならー。

すっかりストレート勝ちです。
負けた途端語りだすトール。ゴズテンノウはなんか強い者だけのユートピアを築きたいらしい。ユートピアw 殺人事件でもおきるの?w そりゃポートピアでんがなーw
なんやねんユートピアって・・・もう住人全員がピーター・アーツとかミルコ・クロコップとかそんなんになるってことでしょ?恐ろしいくらいに暑苦しいユートピアっすなぁ。
トールも音尾くんの力を認め、ゴズテンノウに会えと。そして無実となり、マントラ軍本営も顔パスで通れるようになりました。やはり力(レベル)こそ正義!

おや?

早速ゴズテンノウに会おうとマントラ軍本営に入ろうとすると・・・

き・・・

きたァァァァァァ!

やべぇぇぇぇ超テンション上がってきたァァァ!
落ちてくる!超着地する!そして超嬉しい!超ダンテとの戦闘開始です。バカいうな、いくらダンテだからってここはDMCじゃないんだ、メガテンなんだ。主人公は音尾、これは音尾の物語だ!
リベリオンかっけー。
エボニー&アイボリーかっけー。
すっげー楽しいです。マジですか、嬉しいです。
ピザでも食ってろ、ピザでもォォォ!
このダンテ、ガンスリンガーだとー!?ただこのトゥーサムタイム、ガチで攻撃モーションスタイリッシュ。
と、まぁ随分とテンションにだけ身を任せてしまいましたが、そうなんです。このマニアクスをやりたかった理由はダンテが出てくるからです。カプコンのスタイリッシュアクションゲームであるデビルメイクライから出張してきてくれた訳ですが、このダンテのキャラデザをメガテン絵師である方がやってらっしゃるわけです(厳密にはDMC3のダンテ・バージルの魔人化のキャラデザらしい)。その辺の繋がりからまさかのダンテ出演ということなんですね。DMCばりのゴテゴテなダンテじゃなくて、メガテンの雰囲気にしっかり落とし込んだダンテですが、それでもやっぱりカッコイイ。服装的にはDMC2な感じ?
ちなみにこの自己紹介をしてくれるまで会話文では「謎の男」なのに、戦闘で思い切り「ダンテ」とバレるおっちょこちょいなところもあります。悪魔狩りしていくかー。
どうやら老紳士の依頼とやらで「魔人」を倒して回っているようです。メノラーは引き合う、か。あのじいさんは暗躍しまくりだな!ダンテすらも利用するとか、恐ろしいじいさんですじゃ。
また会いたいなーダンテー。パトるならダンテ戦がいいっす!

と、いうことで今回はこのダンテ戦まででございます。次回はもうゴズテンノウと会う辺りから書き出すんじゃなかろうかと思います。どうせダンテと別れた後は本営をエレベーターで昇っていくだけですからね。


SHIN_Megamitensei3_394.jpg
バイバイ

ハプルポッカ・大好きー!ver.きたよー

こんにちは、黒猫です。

MHP3rd_248.jpg今日は「MHP3rd HDver」の発売日でございます!
・・・と言っても、別に内容が大きく変更されたわけでも続編でもなく、単純に画像が綺麗になりましたって話ですからね。別段湧き上がるような興奮はなく、更に言ってしまえば黒猫さんのキャプチャ環境だと最大にして唯一のウリであるHD画質ってのをお届けできません。(動画でも画像でも)
動画にすれば動きの強いアクションゲームですから、S端子で捕らえきることは難しく。
画像にすればインターレース様のおかげでバッコシ二重化しているものしかなく。
まぁそういう形でお届けするんであればPSPの方が手軽に綺麗ではあります。もうCFWのPSPゴミみたいになってるけど・・・。HDMIのキャプチャ環境を構築したいものです。

そんな訳ですんで、とりあえずプレイしてるところどうこうよりは、開封式をちょろっと書いていく感じでひとつ穏便に済ませましょうよ。お互いのためにも。


P8250173.jpg
左がPSP版のMHP3rd。右がPS3版のMHP3rd。パッケージの絵が変わったりはしていませんが、「PSP REMASTER」の文字が大きく写ってますね。このプロジェクトの名のもと、モーハン以外にも色々なPSPゲームがHD化されていくようです。もじぴったんがHD化とか胸が熱くなりますね
後は3D対応と言うこと。マイルームの設備はちっとも3D対応ではないのでいらない仕様ではありますけれども、ご自宅がそういった環境であれば試してみてはいかがでしょうか。レイアのブレスとかが目の前に飛んでくるような錯覚!思わず瞑ってしまう眼!その一瞬の隙を突かれて被弾・そして乙!3D素晴らしい。


P8250175.jpg
中身。ちなみに下敷きにはiPadが使用されています。マルチタスクの力です。
説明書は結構分厚いですよ。一応PS3上でも見れる説明書があるみたいですが、セーブデータの取り扱い方とかその辺りは見ておいて損はないでしょう。実際黒猫さんが始めてプレイした時はよく分からなかったですからね!なんとも面倒くさい仕様なんですが、まぁそれは追々お話して参りましょうか。


P8250176.jpg
ディスクを入れるとメニューがずらーっと出てきます。普通であれば円盤アイコンをポチッと押せばゲーム開始なんですが、MHP3rdはゲームのインストールから始まり、アドパのインストールやPシリーズのOP、モンスターの生態などの得点映像が入っていて、それらはこの時点で選ぶことになります。
とりあえずインストールしないと遊ぶことが出来ないのでインストールしましょうか。容量は1174MBですって。待ってると長いですが、なんかやってるとあっという間。そんなもんだ。


P8250181.jpg
インストールが終われば、次回からはこの画面へと移行するようですね。そのままゲームを始めるか、アドパを使ってゲームをするかをこの時点で選択するようです。
しかーし、狩人の諸姉・諸兄の方々はこの時点ですぐに始めてはいけません。PSPに入っているMHP3rdのセーブデータをPS3に持ってこなければいけません。そうしなければニューゲームですよ!


P8250183.jpg
やり方はゲーム上では出来ないのでまずはゲームを終了していただいて、PSPとPS3をUSBケーブルで繋げます。そしてPS3上でPSPセーブデータの管理を選び、そこからPS3上へとセーブデータをコピー。

面倒くさい共有の仕方だなぁ

なんて思ってはダメ!PSP繋げておけば勝手に読み込んでくれるようなハイテクな感じなのかなとか思ったのは俺だけでいい・・・!
つまり、PS3で遊んだデータを持ち出すには、今度はPSPにコピーしてやらないといけない訳です。わー、とっても鬱陶しい!
いやもう純粋に据え置きとして遊んでもいいとは思うんですけどね。今からモンハンを始めてみようかなっていう方々は。持ち出して遊ぶ可能性があるなら、PSP版だけでいいとは思います。

こっから画像は無いんですが、個人的な所見をば・・・。
画質自体は向上しています、勿論。公式サイトにもあるようにキャラクターやモンスターのグラフィック、背景やらなんやらは非常に綺麗ですねー。単純なPSP画面引き伸ばしでないからこそ、迫力はあります。
ただ画角というのか視野角というのか、それは丸っきりPSP版と同じです。本当に(綺麗になってるけど)そのままPSP版の映像がテレビ画面に張り付いた感じなので、それに伴ってゲーム中の文字は大きく写ってますね。ただこれは綺麗になってますし、個人的には文字が大きいのが嬉しいっていうおじいちゃん体質なので、全然OK。
しかしこれで気になるのがまずアイテムや武器のアイコン。これも直せば良かったのに、と思うくらいにはギッザギザです。なんでこれだけただの引き伸ばしなんすか!アイコンはHDじゃダメですか!クエスト受注の際の、☆いくつの場面もそんな感じになってます。HDになれなかった者たちよ・・・!
あとアレ、画角が同じってことなのでフィールドの名前の表示とかアイテムカーソルとか体力・スタミナゲージもそのまま大きくなって登場してきますから、やっぱ折角の大画面なのに若干の手狭感は否めませんね。そこは手直しっていうか、相応の大きさに描写しなおして欲しかったなぁ。技術的なことはなんも分からないけど、そういうのって無理なんだろうか。でも技術大国を謳う日本でしょ?世界最小とかそういう感じの大好きなSONYさんでしょ?やれたよ、君らなら十分にやれたはずだろう・・・

そういったダメっぽい部分にどうしても引っ張られがちではありますけれども、いやいやこんなもんだと思います。そもそもPSPをそのままHD化ってことなら、そういうことなんだと思いますもの。
そう考えればこのHD化では十分に新鮮な気持ちになるといいますか、モチベが上がるといいますか。画質どうこうってより、テレビで腰据えてやれるってのが大きいポイントですねー。何よりPSPにP3のカセット入れっぱなしじゃなくていいわけですからね。・・・すげぇなんの疑いも無く「カセット」って打ち込んでた。ディスクね、ディスク。UMDか。

ってなことで、これからMHP3rd本気出そうかと思ったけど、黒猫さんの要である画像が直撮じゃないとダメってなったからどうしよう・・・。でも考えてみたらPSPでも結局そうなんだから多少頑張ることにします。

真・女神転生3 NOCTURNE マニアクス今更プレイ日記 その3

こんにちは、黒猫です。

前回、おっさんの中途半端なバックアップのおかげでなんとかアマラ経絡を抜けてギンザへとやってきた音尾くんと愉快かな悪魔たち一行ではございます。今回はそのギンザからスタート・・・なんですが、今回は多分「その3」っていうか、「その2.3」くらいの内容しかないです。でも書くんです。そうでもしないと更新できないんだ・・・。詰まっちゃったんだなぁ、これが。読まなくても良さそうではありますが、多少のストーリー進行はございます。ご興味ある方は是非。

つーわけで、ギンザですよ。銀座といえば山の手の奥様方がお買い物をするようなオシャレな街じゃござーせんか。金持ち共がザギンでシースーですか。グロマー食べ放題ですか。格差社会の現実ですなぁ。でも銀座には伊東屋という大きな文房具屋さんがあるんで、いつかは勇気を振り絞って行ってみたい街ではあります。
しかーし!もうそんなオシャレで金持ちの欲望渦巻く土地ではないんです!もう東京じゃない、トウキョウなんです。銀座じゃなくてギンザなんです。東京都庁じゃないニヒロ機構が治めてるんです。
んで、前回はそのニヒロ機構には人間の男が関わってるらしく、それがM字じゃねーかとおっさんは睨んでるわけです。それを調べてきてね、と主人公に発言権がないことをいいことにズケズケとお願いされてしまうわけですよ。

仕方ないので色々聞き込みをしてみれば、どうやらその人間の男ってのは何を隠そうニヒロ機構のトップみたいですね。更には人間の巫女・・・もうこれM字と先生で決定じゃないの!うわー叩き潰してやりたいわー。まぁ先生はなんだかんだ音尾くんのことを気にかけてくれたりして良い先生ですからね?アレですけど、あのM字だけはマジで許せないわ。もうとっとと捕まえて簀巻きにしておっさんに渡してしまおうぜ。とりあえず本部に乗り込むにはどうすればいいと思います、BARのママさん?

男は度胸、なんでも試してみるものかー

要は無策で突っ込めってことですね!そういう頭の悪い感じ結構得意!
そんなママと会話してる音尾くんの後ろでパンツ一丁のロキさんが黄昏てらしたので話でもしようかと思ったらミルク飲んだら静かに消えなみたいな、完全に邪険に扱われたのでもうこいつとは二度と喋らねー。でも運命とは残酷なもんでいとも簡単にロキさんから話しかけられていくー。っていうかBARの中に部屋があるってことはロキはBARの従業員なの?バーテンなの?クビになっちまえ。

てうかニヒロ機構の本部の場所はどこなのかしらと更に情報を集めてみれば、どうやらギンザの南西に位置するシオドメにあるらしいです。汐留といえば日テレとソフバン本社なんかが有名じゃないですか。今はなんか「くまのプーさん」が映画になるってんで、100エーカーの森が再現されてるのも汐留(日テレホールらしい)ですよ。ちなみに100エーカーの森は東京ドーム8.7個分くらいの面積なんだそうです。日テレホールすげー!
が、しかし・・・。ここは既に東京ではなくトウキョウで、汐留はシオドメに。もうそんな催し物をやってる場合ではございません。

殺伐としたこのトウキョウという街ですが、シオドメまで歩いていきましょう。でかい羊みたいな雑魚がクソ強くてどうしようかと思ったよ!暴れまくってマハブフ撒いて、やっと倒したと思ったら新手で更に2体とか本気すぎる。
しかしそんな激しい戦いを潜り抜けたら、ジャックフロストのディアがメディアにパワーアップするという奇跡。奇跡じゃないかもしれないけど、ここで全体回復は結構オイシイ気がします。まだ音尾くんも回復覚えられるマガタマないからなぁ。全く、可愛さだけじゃなくて実力までメキメキとつけやがって。

このモブは必要だったのかどうか。

折角のモブの案内だったんですが、入った途端門番ベリスに追い出されてしまいました。まぁ確かにアポとか取ってないもんなぁ。でも巫女の方だったら多分顔見知りなんで、上手くいけば通して貰えそうな気がする。まぁM字には容赦しないつもりではいるけどな!
しかしこうなるとどうしたものか・・・。そういやBARのママがまた何かあったら戻っておいで、とか言ってたような気がする。分からなくなったらすぐに聞かないで多少はググった方が印象も良い気がしますが、この世界はまだその辺のインフラが整ってないですからね。少なくともこのトウキョウではグーグル先生=ママ。

子どもをからかいやがって・・・!

入れると思ったの?ねぇ思ってたの?と辱めを受けながらも、入りたければゴズテンノウという人(?)に会えとのお達しが。ゴズテンノウは覚えてるな。最後アレになっちゃうアレだ。ゴズテンノウはニヒロ機構と対立をしている人(?)で、上手く取り入ることができればなんらかの暴力的手段をもってしてニヒロ機構への入り口を開けてくれるんじゃないかとママは言います。
しかしわざわざ敵対勢力の方へ向かって、ゴタゴタに便乗して潜入とか後々どう考えても面倒くさいことになるくらいであれば、出来たらニヒロ機構の人達の口添えとかそういったものの方がよかったんじゃなかろうか。どっかで「ニヒロ機構に入ーれて!」って言えばそれでよかったような気もするんだ。
んで、そのゴズテンノウのところに向かうにはギンザ大地下道を通っていく必要があると。ふむふむ、橋を渡ってその先とか随分とザックリした場所説明でしたが、あんまり外を歩き回るの嫌なんですよねー。あの羊が、羊が恐いよぉッ!



やってきました「ハルミ倉庫」。晴海といえば晴海ふ頭。それ以上は知らない!本当に倉庫とかあるのかな。そんなイメージはないけれど。
この倉庫からギンザ大地下道へと進むことが出来るそうです。やけに物々しい梯子を使って降り立ってみれば、そこは立派なギンザ大地下道。まぁ随分と立派な施設のような場所ですね。ギンザどころか、世界中に繋がっててもよさそうなくらいには、ガッチリとした地下施設ですよ。あの病院の地下のような。
しかしそんなガッツリした場所であっても、多少の生活感というものがございまして、どうやら人が住んでるみたいですね。音尾公臣の建もの探訪がはっじまるよー。

そんな脅えなくても!

よく見て!こんな目鼻の整った、顔立ちのいい少年がマホトラだかなんだかの悪魔なわけないでしょ!どう見たってキリッとしたいい主人公でしょ!やっぱりそういう部分では人生経験豊富な方のほうが分かるってなもんですね。眼が違いますよ、眼が。
そして一気に興味をなくされていく音尾くん。って思ったら凄い勢いで食いつかれた。ギンザって恐い。
しかしこのジャクショップにもマガタマが売っているようで、全て買い揃えれば12000マッカ。手持ちは11953マッカ・・・。真田先輩御用達のマッスルドリンコなんていらねーやーい!と、売って買ってで残金153マッカになりました。やったね!アンクはディアとかっていう回復スキル、ヒフミはザンっていう衝撃属性スキル、カムドはヒートウェイブとか最初にもらったマロガレのパワーアップ版みたいな感じですか。確か竜巻がアホほど強かった気がするので、ヒフミ優先でいいかなー。回復は仲魔に任せておきたいところ。


ヒャッハー!


色々うろついて脱出口が見つかったと思ったら、門番マネカタに引き止められてしまいました。まぁ少なくともこの門番を張り倒して扉を開ければその先はマントラ軍本拠地ってことでいいんでしょうけど、流石にそんな非人道的な真似は半分くらい悪魔になってもできない音尾くん。ここは素直にもう少し情報を集めてみますか。
ちなみに、さっきはジャンクショップの人が濃いキャラすぎて説明のタイミングを逃してしまいましたが、このマネカタというのは厳密には人ではありません。どういう存在かってのはまだ説明されてないんですが、今はこの世界の悪魔たちに奴隷のような扱いを受けている存在で、ここに彼らは隠れ住んでいるってことのようです。
んで、情報を集めるためにえっちらおっちらやっていると、なんかサインポールが立っておる・・・。え、なに床屋さん?マネカタは髪の毛が伸びるのか・・・。まぁ音尾くんもちょっと天パ気味なのか髪の毛ハネちゃってるからなー。少し整えてもらって行っちゃおっか!ちわーす、カットお願いしまーす。

あらやだ音尾くん有名人?

このフードっぽいのを深く被った彼は人間の使っていたものを集める趣味があるらしい。どんな荒廃した世界でも、趣味を持つって事は素晴らしいですね。収集的な趣味って割となんでもできるような感じだし。場所は恐ろしくとりそうだけど。
そんな彼が言うにはいつも門番に上手く言ってそっち方面にも色々物の回収に行ってるそうで、つまりはいつものように門番に口聞きして音尾くんも向こうへ連れて行ってやろうか?という話。そりゃ是非お願いしますよー、なぁんて世の中簡単には問屋が卸しません。交換条件として、彼の望むものを持ってこいとの。
それは「オサツ」。人間の描いた小さな絵画、つまりは紙幣ですね。確かに芸術的にどうかは分かりませんけど、技術的には大層なものです。そして何より生きていく上でどうしても必要で、時には命よりも重くなる事だって人によってはあるんです。
ていうかもともと人間の音尾くんはなんで財布とか携帯とか全部落としてきちゃったの・・・。それさえ持ってればわざわざこんなお使いしなくても済んだのに。まさか、あの坊ちゃんまさか・・・!
まぁ、そうしないと物語が進まないんならやっていきま・・・す、か・・・?待て、神は言っている。ここで先に進むべきではないと!

いそら-がり【イソラ狩り】

イソラしか出てこないところでイソラを倒し続けて経験値やアイテムをたくさん入手すること。

ギンザ大地下道は序盤のレベル上げポイント・・・。色んな意味でメガテン3詰んだ
とりあえず今の仲魔たち全員が育ちきるまで篭ってても怒られないって信じてる、俺は信じてる!悪いね、ヘボパトリストで・・・。レベル上げだけは・・・一流のところを見せてやるぜ!

まぁ実際おのオサツがどこで手に入るのか皆目見当もつかないからここでレベル上げしてるっていうのもあります。ある程度歩き回っても安全になるまでここに引きこもること、仕方ないと思います。

+ Read More

真・女神転生3 NOCTURNE マニアクス今更プレイ日記 その2

こんにちは、黒猫です。

前回は東京がトウキョウになって、シブヤまでたどり着いてデカラビアが可愛かったところでセーブ致しましたね。
どうやらフォルネウス討伐の時点でハイピクシーってるのは些かレベル過多な傾向にあるようですなぁ。膨大なスキル量の中からレベルを1つ上げてそれらを覚えていくっていうのを考えると、序盤でバカみたいに上げすぎるのも考え物ではあるんですが、でもレベルはあっても困らないですからね。スキルが微妙だったらレベルを上げればいいじゃないって彼の女王様も申しておりました。

これからもレベルは自重しないぜ宣言をしたところで早速シブヤで情報を収集していきましょう。ヤバイ儀式の楽しめる邪教の館や、爆発しろ、あと一撃で倒せるってところでモウリョウが自ら話しかけてきて仲魔になったり・・・多分コレ「嘘だよヴァーカ!」とかって攻撃されるパターンもあるんだろうなぁ。
邪教の館もいいけど、ヒーホー君のお店もね!ジャックフロスト可愛すぎんだろ・・・。しかもこの店マガタマ売ってるんですね。イヨマンテとシラヌイ。イヨマンテはとりあえず困ったらこれ付けとけってくらい有用なマガタマみたいですからね。お金も十分にありますし、勿論これはふたつとも買ってヒーホー君に貢献します。

この先、ディスコになっております。

シブヤって言えばディスコだよネー。中に入ってみればそこには計算する女の子の人影が。期待する音尾くんを見つけると、こちたに歩み寄ってきて、窓から差し込む光によってその姿が明らかになりました。
むしろ彼女の今後のことを思うと泣いたり大声を出して悪夢から目覚めようとする姿を少しだけ垣間見せて欲しかったような気がしなくもない。何が起きたの?と聞かれますが、正直こっちとしても割と把握できてないのが現状ですよねー。一応受胎が起きたってことだけ伝えておきましたが、それを知ってだからどうなるってこともない現状。僕たちは、世界を知らなすぎるんだ・・・。あと妖は音尾くんの雑誌ではない、悪い大人に押し付けられたんだ本当なんだ。
姿はちょっとアレだけど、一応音尾くんが無事でよかった。だからこそ他にも新田とか先生とか無事な人がいるかもしれない。それを探すと言う千晶さん。そうだな、きっと主要キャラだから生きてるよな。

1人で探すんかーい

なに、彼女は1人で戦える力でもあるの?サマナーなの?ペルソナ使いなの?ここから少しでも一緒に行きましょうってのがRPGのお約束じゃないのかよー!病院の時は「探す」とか言ってまんじりともせずに病院のソファで妖ってたくせに、あの時よりももっと危機的状況になった途端その勇気溢れる行動力!主人公やれば!
しかしそこは鋼のハートを持つ本当の主人公である音尾くん、千晶さんの後を追ったり心配したりもせずに一心不乱にディスコ内にいる思念体たちに話を聞きます。ギンザにある組織に人間の男が関与ねぇ。そもそもギンザの組織を知らない音尾くんにいきなりそんな話されてもなんのこっちゃ分かりませんが。
そんな思念体しかいないディスコに一匹、悪魔「ネコマタ」の姿が。なんか「いいこと」したらギンザの組織名を教えてくれるそうです。別に知らなくてもギンザに直接行けば何もかも解決するような気もしますけれども、まぁ「いいこと」なんていうのはな、お前にはまだ早い!
反省させたらアッサリと組織の名前を教えてくれましたよ!「ニヒロ機構」なる組織がギンザにあって、その組織には人間の男が携わっていると・・・。現状で考えれば、妖のおっさんか、M字か、新田か・・・ってな具合でしょうか。個人的には新田でいいと思うんですよね。ポクテを食べなくなったトポステみたいになればいいと思う。

ディスコでの情報収集を終えて外に出るとなんか一匹増えてる。クー・フーリンの幼体がおるじゃない!名前なんだっけなー。ター坊だっけ?
ターミナル部屋に人間の男・・・また人間の男?千晶さんいたし新田かね。それとも病院のターミナルにいたターミナル好き症候群になってしまったおっさんか・・・。いずれにせよ次に進むためにはターミナルへ赴く必要がありそうですが、その前に邪教の館へ行っておきます。
邪教の館は悪魔と悪魔を合体させて新しい悪魔を作り出す場所のことです。ペルソナ的に言えばベルベットルーム。モンスターファーム的に言えばモンスター工房。DQM的に言えば星ふりのほこら。そんなところでしょう。雰囲気はどれとも似てないけど。
折角来たので、合体していこうジャックフロストー!コダマとシキガミを使って誕生だー!ブフ使いもいなかったことですしね。これは正解な気がします。

ター坊(仮名)が言ってた通り、ターミナルには人間の男がいました。おっさんでした。
どうやらあの変なオブジェはただの飾りと行動記録マッスィーンという役割だけでなく、とある通路のようなものを使ってオブジェ同士で繋がってるらしいです。LANみたいなもんだね。そしてその通路というのが「アマラ経絡」というらしいんですが、その名前はおっさんがつけたのか、昔からある名前なのか。後者なら知りえた過程が不明瞭だし、前者だったら病院で分かれてから長い時間をかけて考えていたに違いない。
そしてもうひとつ、ギンザの組織と人間の男の話。この組織に咬んでるっていう人間の男をおっさんはM字だとにらんでいるようです。何故だかその組織の調査を音尾くんに頼むおっさん。純粋に思う、なんでやねんと。
まぁこのオブジェを使えるのはおっさんだけですからね・・・。こいつを使ってギンザに飛ばしてくれると言いますし、折角なんで一発ビシッとワープさせて貰いましょうか。本当に調査するかどうかは向こうに飛んでからでも遅くはないでしょう。

おいィ?

なにあっさり転送失敗とか言ってんだアンタ。バックアップは可愛いせーぶつか女の子じゃなきゃ許さないんだから!でもそういう役回りを凄いこう、熱い男がやってもいいと思うんですよ。「敵は4体!しまっていくぞオラァ!」みたいなね。戦闘要員よりも燃えちゃってるくらいがなんだったらいいと思う。そしてこのゲームバックアップねーから!
敵は随分目新しくなり、マリンカリンだのラクカジャだのなんだのの補助技オンパに加えて単純火力もかなり上昇してますね。病院で稼いだ分のレベルはもう通用しないということか・・・。しかも誰に話しかけても仲魔になってくれないし。ここの敵は仲魔になってくれないんでしたっけ。
奥に進んでいくと先へ進むための階段への道が閉ざされてしまいました。このアマラ経絡、状態が常に不安定でそういう現象も起きやすいらしいです。そんな時でもおっさんが謎の技術で扉を開けてくれたりしてたんですが、ここにきて遂に通信障害まで発生!おっさーん!通信できなくても扉は開けていってくれー!・・・ってのも出来ず、通信の安定する場所でちょくちょく連絡を取るんですが、そこもすぐに不安定になっていく。っていうかこれよく見たら不安定っていうか言いたいこと全部分かるよね。
通信障害に一抹の疑問を感じながら、アマラ経絡もいよいよ終わりに近づいてきた感じ。思念体によれば今は壁だけどここからギンザにいけるよ、とのこと。じゃあこれはおっさんに奮起してもらうしかない訳ですが、さっきからちーっとも働かない。多少強引でもなんかやっていただきたい。結局こっちで全部動き回るハメになってるじゃないか・・・。

そして発見するボスらしきなにか。マガツヒ?知らんけど独り占めにしてやろうかー!って意地悪を言ったら怒っちゃった
なんか1体だけかと思ったら途端スゲー増えやがった!そうだそうだ、こんなボスだったそういえば!
アギ使いなのでジャックフロストが若干足を引っ張りますが、まぁ近くにセーブポイントもあったので最悪パトってもすぐに復帰できるので、気楽なモンです。一応試せる魔法は試しましたが全体的に魔法よりも打撃の方が通るわけですね。初めて音尾くんの突撃が役に立つ!
2体倒したところで・・・なんとスペクターたちが がったいして… スペクターがあらわれた!
本戦闘とは全く関係ありませんがジャックフロスト可愛い
本戦闘とは全く関係ありませんがハイピクシーえらい美人

関係のないまま脱出路確保
ヒャッハー!出口だ出口ー!出口から差し込む光明が音尾くんの未来を明るく照らし出

どこだここー!?

覗き穴というにはあまりに大きすぎやしませんか。音尾くんの中での覗き穴の定義があまりに広すぎて、もう彼はすっかりトウキョウの住人になってしまったんだなぁという事を痛感させられますね・・・。
ともあれ、覗き穴がそこにある以上、覗き見るモノがその先に待っているというものです。覗き穴、それは少し背徳感ある人間の性に訴える究極の魅惑。さぁ、今こそ心を悪魔にして覗くのです!
そこには謎の舞台、そして緞帳が上がると舞台上にいるのは・・・あぁ、裏世界にいた老人じゃないですか。ていうかこっちの存在に気がついてるとかますます「覗き穴」としての意味がないなぁ。まったくロマンがない。
車椅子を押す淑女によればここはアマラの果て、簡単に言えば魔界と呼ばれるような場所なんだそうです。

おいその名で呼ぶな俺が恥ずかしいから

とりあえず今の音尾くんの力ではこの魔界の地を進み行くことはできないだろうから、今はギンザに向かいなさいとのこと。だったら来させんじゃねーよ。
でもなんかお土産もらいました。「その燭台・・・ロウソク立ては」って言い直したのはなに、こいつ燭台って知らないだろうなっていう優しい気遣いなの?うわぁ抉られるわぁ・・・。ナメられたもんだぜ!音尾くんはもう高校生ですよ?そんな、燭台くらい知ってるに決まってるじゃない!そういう優しさは時に人を傷つけたりだってするんだぞチクショー!

あぁ、随分心に傷を作っちまったよ・・・

つーことで、ギンザにやってまいりました。ニヒロ機構なる組織がある街なんですが、どうやらギンザに拠点があるだけでなく、ギンザそのものを統治しているようですね。まさにニヒロ機構の街なわけか。そんなニヒロ機構の邪教の館でイケニエ合体が解禁されましたー。言わば三身合体、今後強い悪魔を作り出すにはイケニエ合体も使って行かなければならないでしょう。イケニエも強くなければならないということは、ますます音尾くんのレベルも上がっていく・・・。いやぁ時間がかかっちゃうなぁ!
あと新しいあくまでリリムアプサラスを仲魔にすることができました。それぞれ失敗やらなんやらも繰り返して2000マッカ以上と数個のアイテムを持っていかれましたが、まぁ最終的に仲間になればそれもまた先行投資の・・・ような・・・もので・・・ッ!断るんならもっと早い段階で断るべきだろ!散々音尾くんを弄んで貢がせた挙句「信用できない」とか、悪魔だろこいつら・・・ッ!

真・女神転生3 NOCTURNE マニアクス今更プレイ日記 その1

こんにちは、二度生まれる悪魔、黒猫です。

SHIN_Megamitensei3_000.jpg
というわけで、またまたRPGです。またまたアトラスゲーです。真・女神転生3でございます!
また3からなんて中途半端な…ってな感じですが、3は前作からの繋がりがあんまりないって事なので、楽しめる気がします。
メガテン3といえば、何本か作品が出てるんですが、今回は「ノクターンマニアクス」バージョンです。どこにも売ってねぇのでわざわざ友達に無理言って借りましたよ、これ。
調べてみれば生産限定で発売当初から品薄だったみたいですねー。とはいえ、そんな面倒臭いことを(友達が)してでも、人様に迷惑をかけてでも、このバージョンを遊ぶ理由が勿論ございます!完全版なのは勿論、みんな大好きあの人が登場するんですよ!アトラスで…悪魔…あー、分かっちゃうかなー。まぁその人が出てくるまではお楽しみということで、早速ゲームをプレイしていきますかー!

難易度はアレ、1週目だからノーマルでやっていこう。借り物のくせにがっつり周回回ろうっていう魂胆ですからね。
そしてゲームを始めた途端、白靄のかかった場面で女性に話しかけられていくー。今の世界はもうダメだと。生まれ変わる必要があるんだそうです。生まれ変わるということは、今の世界を殺してしまうこと。それは今の世界に棲む人々も死んでしまう・・・。
でも主人公の命は留めておきたいと願う女性。そりゃ主人公死んじゃったらゲームが終わってしまいますものね。女性だけでなく、ゲームに携わる全ての人々の願いだと思う。

そのためにはあなたの名前が必要なの

やっべー、また考えて無かったわー。とりあえずもう苗字の音尾は決定だとして、問題は名前か・・・。また漫画かなんかから取ろうかなーと想いを馳せてみるものの、フラッシュバックするのは横文字な名前ばかり。リクルートとか。
そして15分くらい色々な文献(漫画)を眺めつつ、下した答え「音尾 公臣」ですよっと。まったくデフォネームがないゲームはここが一番大変なんだわー。
と思ったら今度は呼び名を決めろとか・・・!いいよ、下の名前でいいよと思ったら漢字使えないんかーい!えー?あだ名みたいなもんってことか・・・。
マサ?いやいや、トミーズじゃないんだから。
オトマサ?・・・お客様の中にセンスはいらっしゃいませんか!

さらばセンス

どうだろう、なんか自信ないッス。
すると今度は女性の名前を決めろと仰る。ポジション的には結構重要どころか、ヒロインか。こちらは「高尾 祐子」というデフォネームがあるのでこのままで決行します。ちょっと苗字が被っちまったなぁ。まぁ今更そんな微妙な後悔などしても仕方がない!よし、夢から醒めていこう。

で、
電車を乗り継いでやってきましたのは東京、代々木公園駅でございます。実際有り得そうな駅名だから逆に架空の駅かと思いきや本当にありますからね。千代田線だっけ?その近くにある代々木公園といえばアレですよね、アレ。あの、シュバァァってなって、ドゥバァァってなるアレの感じ。行った事ないから知らない
ボケてる間に音尾くんの携帯電話にメールが・・・。音尾くん携帯ピンクかー。まぁ照明の関係でそう見えるだけで、普通にシルバーなのかもしれない。ていうか今となってはシルバーって主流のカラーじゃなくなりましたよね。今はもう白に取って代わってしまった気がします。
そんなメールを送ってきた友人の名前は新田勇。新田か。新田って言う名前はなんかどっかの工業高校で4番っぽい良い響きを持ってますよね。商業だったかもしれない。
そういやこいつらの目的について逐一脱線しいたおかげでちっとも触れておりませんが、学校でお世話になってる先生が入院してしまったので、そのお見舞いに行こうっていう話です。しかもその先生はどうやらとびきり美人だかなんだか生徒からの人気も高く、新田もオシャレしてこいよと既に出発して目的地付近にいる音尾くんに言っております。まぁあんまりにダッさい服着た友達連れて行くのもアレですものね・・・違う、こいつの目的はなにか違う。
しかし今の季節が謎ですなぁ。音尾くんはトップスは青いラインの入ったシャレオツなジャージ。そのインナーに深い緑のパーカーと結構重ねてますが、下は短パンですからね。暑いんだか寒いんだか・・・!この後の便宜上の短パンとかだったら黒猫さん怒るよ!
しかしまぁ、既に構内からして客がまったくいない状況ですよ。若干恐いなぁ、なんて思いつつも駅員さんとしばしのトークタイム。どうやら先日代々木公園内で、死者の出る暴動事件があったらしいです。そのために近くに住んでるヤジウマは沢山いるけれど、この駅にわざわざ降りたり乗車したりする人はいないんだそうな。みんな代々木八幡とか使ってるんかー。

呼び名こうやって使われるのか・・・!

しかし自販機から出てきたのは謎の飲み物。しかも買ったくせにすぐに飲まないのはRPG主人公の悪いクセだと僕は思います。だって普通コンビニまで我慢できないくらい喉が渇いたから自販機って使うんじゃない?少なくとも駅のはさ。駅の周りに何もないくらいの田舎ならアレですが、ここ東京ですからね。大都会コンクリートジャングルですからね。コンビニなんかない訳ない。

はてさて、とりあえず代々木公園で待ち合わせみたいなので向かってみようとすればなんか警官に止められちまったよ。駅員に聞いた例の暴動事件とやらが関係してるんでしょうね。そりゃ死人まで出たってんじゃ入れないわ。街の人に話を聞いてみれば暴動の原因はサイバース社が代々木公園の緑をぶっ壊してなんかやるぜー!っていうのに反対した住民がどうとかこうとか。きっとあんまり関係ないんだろうな、これ。
でもこんな事をしてても仕方がないぜ!とりあえず新田の待ってる代々木公園はすぐそこ、立ち入り禁止線まで行ってみようと入ってみれば、そこには長髪でうろこ模様のジャケットを着たおっさん。別に何も聞いてないのに突然ベラベラ喋りだし、挙句の果てに先の暴動は闇の勢力の争いィ?直感で分かる、この人危ないなって。
どうしよ、ヤバイ。逃げたいけど完全にこっちに向かって喋ってるもん、この人。誰か、誰か助けてくれ。そうだ新田、新田メール寄越せ。俺に携帯を見るという逃げ道をくれ。

ダディヤーナさんから連絡きたわー!

危険回避かと思ったけれど、なんかお前遅いから新田と先行くわっていう電話でした。そういうのさ、出発する前に1回連絡して欲しいよね。目的地に着いてからってのは若干音尾くん可哀相って思うんだ。遅刻したコイツが悪いけど。
おっさん何他人の電話の内容聞いてんだよ。音尾くん一言くらいしか喋ってねーぞ・・・。
すると?どうやら先生の入院している新宿衛生病院には何かあるらしいです。オカルト的な話ではありますが、とりあえずこの代々木公園で起きた出来事と何か関係がある。何も知らないならこいつを読んで見ろと渡されたのがいかにもアヤシイ雑誌、月刊「妖」。特にガイア教とミロク経典なるものの特集は読んで損はないらしいですよ、奥さん。
貰うものを貰ったらすぐに退散するのが音尾一族。さっさと怪しいおさんからは離れて早速先生と学友の待つ新宿衛生病院に向かうとしましょうか。途中、なんかFF9でも似たようなことを話すモブがいたなぁ、なんていう懐かしさにも囚われながら、たどり着いた新宿衛生病院には誰もいませんでした。
患者も医師も受付も・・・そんな病院の中にいて、感想が「不気味」だけの千晶さん流石ッス。とりあえず新田がスタコラと先生を探しに行ったそうですが戻ってこないので、先生を探しに行った新田を探しに行くことに。いやアイツも子どもじゃないんだから・・・。
また、音尾くんの持っていた雑誌に興味を持つ千晶さん。お前アレだろ、どうせ労力が惜しいとかってここから動かないんだろ。暇つぶしに読む?と渡そうとすると、この有様。まぁくだらないってのは否定は出来ないかもしれない。

・・・完全に読んでますやん!

誰もいない、物音もしない静かな新宿衛生病院。少しだけ傾いた日の光が、院内を照らし出す。張り詰めた空気と、病院というシチュエーションに、僕の足は少しだけ重かった。
とかなんとかしてる内に新田発見伝。お前頭の上にスライム乗っかってるぞ
でもなんかオシャレでイケメンな空気出してヤがるな・・・。しかし誰もいない病院を1人で回るなんて勇気あるな。もしそうだとしたら君たち一巻の終わりなんだからね。でもなんだろう、この誰もいなくなってしまった病院というよりは、入院してる先生が行きそうな場所を知ってるお前が恐いわ。え、誰もいない病院ってヤバくないの?どんな常識なの?東京って詰めたい人が多いって言うけど、ここまでとは思わなかったわ。

ロビーに戻ってきたら「くだらない」と言ってた千晶さんがすっかり妖の虜になっていた件について。
なんかガイア教っていう悪魔崇拝の教団が、ミロク経典の予言を信じているというお話。そこには混沌がやってくるぜヒャッハー!なんて内容が書かれていて、その混沌がなんのことであるかまでは分からないと。
新田「いやそんなことより探してきた俺をほめてよ」
千晶「お黙り!
そして、そのガイア教とミロク経典の謎を解く手掛かりが新宿東の某病院・・・ってここじゃね?あまりにあからさまにここじゃね?だからあのおっさんは妖を寄越してきたのか。まぁ何にしろ、この病院は昔から変な噂が絶えないような病院だったみたいです。人体実験だの、カルトの息だの。
それよりも忘れちゃいけないのが先生の捜索じゃない!妖とかそんな真偽の議論の余地無しな話なんかより、いなくなった先生を探すべきじゃね!ていうかこの子達病院関係者が病院に全くいないのに、なんで頑なに先生が院内にいると思ってるんでしょーね!しかも病院の地下を探して来いとか新田に言われるし。新田お前本当、友達無くすぞ
流石に千晶さんもご心配のご様子、ならば3人で手分けして・・・

おいお前

ソファーに座って雑誌を読むことが先生を探すことになるの?先生は雑誌のページとページの間にいるとでも思っているの?何この子、歩くことも出来ないの?言う事だけ言って、協調性などありはしないの?これだから東京モンは・・・。


病院の地下といえば霊安室とかなんだろうけど、地下施設て・・・。
ちょっと静岡の表世界みたいな雰囲気の病院を探索していると、なにやら物音のする部屋が・・・。まさかと思い扉を開け放つと、そこには社長椅子に腰掛けた人物が一人。音尾くんの存在に気がつくと、ゆっくりとこちらを振り向き・・・「困ったものだ」と言い放ちました。

一番の困りごとは頭皮じゃね?

一番不毛なのはその頭皮じゃね?

この前髪ふさふさの少年に同胞とかないわー。なに、あの戦いはM字ハゲ対ふさふさの戦いだったの?そっちの軍勢にはベジータとかマルチェロとかいたの?
え、なに、前髪が?前髪が刈り取られてしまうー!やめてー!
見るもの何もかも憎い、そんな時期もありますからね・・・。ってことであの最初に語りかけてきた人でもあるし、高校生3人組の恩師でもありそうな祐子先生ご登場。主人公が悪い人に絡まれてるところをいい人っぽいのが助けてくれるという図法かと思いきや、先生はまさかのM字派。困ったM字と困った巫女。どちらも頭文字はM・・・か・・・。
いや知らねーけど!一人でハゲ散らかってろ!

(※本編とはなんも関係ないけど録画してたデータがM字とトークしてる部分の辺りで若干の破損が見られるらしく、コマ送りで何度もフリーズを喰らっていました。僕はM字が大嫌いです。)

M字ハゲとの攻防をなんとか乗り切り、祐子先生は音尾くんに屋上へ来るようにと伝えてその姿を消してしまいます。多分あの始めの時のことを喋ってくれるんだろうなー。言うだけ言って行ってしまった先生、どうせなら一緒に屋上へ行けばいいのに。なんて、新田に見つかったら煩そうだ。ここは素直にバラバラに向かうとしましょうかね。エレベーターはっと・・・

誰だ!

そりゃ誰もいない病院の地下にいれば誰でも気になるだろうけど!でもジャパンのホスピタルのアンダーフロアにパツキンのボーイがいる方が気になるだろうが!そして絶対地下はアンダーフロアじゃない!
気がつけば今は忙しいからダメですよ坊ちゃんみたいな台詞を老婆が言って消えていきましたとさ。でも今は子どもと老婆よりも祐子先生に言われたとおり屋上へ向かいましょう。あんまり寄り道してると内申点に響きそうですからね。先生の言うことをしっかり聞く素直な短パンと書いてもらうためにも急いで向かいましょう。

さて屋上。そこには既に祐子先生がいらっしゃいました。まずは悪魔にやられなくてよかったと。そういえばあの時M字がバフォメット召喚してたなー。
そして、これから起こることを教えてくれました。今あるこの世界はなくなってしまって、新しく生まれ変わる。東京受胎・・・世界の転生・・・。病院にいなかった人たちはみな命を落としてしまうんだそうです。なんで病院にいると大丈夫なのかって言う説明は一切なく、もはや先生を信じろくらいの勢いで押し切られてますが、多分病院にいれば大丈夫なんでしょう。爆心地だからかな。
とりあえず病院にいる音尾くんはこの受胎を生き残ることが出来るけど、もしかしたらそれは死んでしまうこということよりも辛い・・・ってそれくらいならせめて選択権とかを与えてあげてよ!すぐに病院から逃げ出すとか!まぁでも死ぬ選択はP3でもう十分だなー。ここは生き残って、受胎した後の世界を牛耳ればいいかー。先生めっちゃ胸張ってる
会いに来て・・・そう言った途端、世界は大きくその姿を変えていくぅ!一瞬に空は暗くなり、なんか黒いもやもやが宙に漂いだします。そしてそれは一気に広域に広がっていき、東京だけが切り取られる形となって、謎の青い光を中心に丸まりだします。東京の外はみんな終わっちゃいました。俺の地元がー。


お前に音尾くんの何が分かるっていうんだ!

なんか心に何もないと世界を創造できないんだそうです。主人公なのに・・・。冒険の中で、音尾くんは心の中に何をかを得て、世界を創造できる人間になれるのでしょうか。それはまだまだ誰にも分かりません!
そんな心に何もないヤツーバカにされた直後、ふと場面が切り替わってそこに現れた病院の地下で見た子どもと老婆。なんか坊ちゃんがただのニンゲンである音尾くんに力をプレゼントしてくれるらしいです。なになに、どんな・・・って、なんで押さえつけるの?なんで痛いの?なんでウネウネしたの落っことすの?なんギャアァァァァ

聞いてない、老婆それ聞いてないよ。
マガタマとか良いけど、なんでいきなりこんなスタイリッシュな格好になっちゃったの。音尾くんのダークグリーンのパーカーが?オシャレなジャージは?なんで短パンだけ残ったの?ストーカーマジ犯罪。
で、
力を手に入れた音尾くんなので、もう立派に戦える悪魔になりました。悪魔なので当然武器や防具なんてものはありません。アクセサリー?甘えんな!音尾にあるのはマガタマだけなんだ!マガタマが唯一のアクセサリー!このマガタマを付け替えることで様々なスキルを取得したり、耐性がついたり、能力に補正がかかったりするわけですね。今つけてるのはマロガレという。子どもに無理矢理喰わされたヤツです。
しかし周りを見回してみるとここは先刻までの病院と同じ場所のようです。どっかにワープさせられたりとはなし。フラフラ歩き回ってみると、そこにはあの怪しいおっさんがいるじゃないですか。どこかの病院らしいって、生き残ってるってことはあの時病院にもう入っていたんじゃないの・・・?あ、そうです。あの時の公園の・・・ってなんで小僧呼ばわりされなきゃいけねーんだ。あんた何でも知ってるな。
どうやらこの状況の主犯は何を隠そうあのM字ハゲ。そういやこのおっさんの後ろの機械はM字んとこにもあったもんな。M字ハゲを完全なるハゲにしてやるためにも、今はこの病院を調べて外へ出ることが先だな。でもおっさんは戦えないらしいんで音尾くんがこき使われることになりました。いつの間にこんなに仲良くなったの君たち。

ってなんかいきなり静岡の裏世界みたいになったー!

悪魔の力・・・アレっすか、バールみたいなので悪魔ボコボコにして最後とどめに踏みつければいいんですか。よーし、見せてやるぜ!これが悪魔の力だー!ごめんなさーい!
ノーマルなのにいきなりガキパトするとこだったよ!こんなん恐くてハードとか絶対出来ないよ!ついでにその後のコダマ*2戦でもかなり厳しい戦いを強いられる音尾くん。ていうかこの時はまだコマンドカーソル左右に動かせることを認識できておらず、戦闘中にアイテム使えるようになるのはもう少ししてからなのかなって思ってた。辛い。

何度も死に掛けましたけどね

裏世界を抜けるとそこは普通の病院でした。分院で人間を見ただの、分院にいくにはゲートパスが必要だの、こっちは本院なわけか。そういやまだ受胎する前は分院に行ってたんじゃなかったっけ?いや全く覚えてないですけどね。とりあえずゲートパスってのを探しますか。なんで病院にそんなもんが必要なのかはわかりませんけれど、きっと何か重要なアレやらコレやらがあるんでしょう。何せこの病院は全ての終わりと始まりだからなぁ。最初のダンジョンってだけでは終わらないでしょう。

するとゲートパスを入手する前にそのゲートに来てしまいまして、そこでピクシーを発見。来た!ピクシー来た!これで勝つる!
そうですね、ガキでパトりそうになったりしてますからね。全然強くないです。もう姿だけイカつくなっただけで中身は完全にただの高校生です。本当にごめんなさい。でもコンゴトモヨロシク
ピクシー情報によればゲートパスはガキどもが持ってるようです。なんでガキがそんなもん持ってるのかどうかはともかく。やっちまってくださいピクシー先生!
という訳でピクシーのジオでふんじばって見事にゲートパスをゲット。多分コレで話しかけて悪魔たちを仲魔にできるようになったはずです。このゲームにおける仲魔は基本的に直談判。騙されたり泣きを見たりしながら、主人公と共に成長していくRPG。

マガツヒ?知らん知らん。

ほいじゃま、早速話しかけていきますか。最初のターゲットはコダマです。
話しかけるコマンドを選ぶと、大体の悪魔が「金くれ」とか「アイテムくれ」とせがんで来るのであれば要求を呑み、なければ無いよ!って素直に言ったりしながらコミュニケーションを取り、最終的に仲魔になってくれたりくれなかったりします。
で、
本院に行くと出現する悪魔も少しだけ変わりつつ、なんかデカいマンタみたいなのがチラチラ見える。なんじゃアイツはと聞き込みをしてみればなんだ、フォルネウスかー。イメージ的にはブフを使ってきますね。イメージっていうか、ペルソナの知識と記憶だと。
とりあえずボス戦も近そうなので色々と補強していきましょうか。まずはシキガミを仲魔にしてこれでパーティ枠が埋まりました。更にはピクシーさんが宝玉をくれちゃうー!

おや・・・?ピクシーのようすが・・・

BBBBBBBBB・・・

わー、ロックな感じになってしまったかー。
まぁハイピクシーも嫌いじゃないけど、ビジュアルはピクシーの方が好きですなぁ。せめて髪の毛をツンツンにするのやめようぜ。アリミノのフリーズみたいな髪型になっちゃってるもん。これがどこまで伝わる表現なのかは知らないけど、そっくりだと思うんだ。

おうよ、フォルネウスはこの音尾公臣様がぶっ倒してやんぜー。あぁ?無理だろって?おいおい、冗談キツいぜ思念ボーイ。こちとら主人公様よ?この世で一番強い存在であるべき主人公の音尾だよ?負けるわけが無い、絶対にフォルネウスに勝利して、お前の全財産巻き上げてやるからな!覚悟しとけよ!

うるせー金のために犠牲になれ。

ジオー!タルンダー!攻げ・・・はぁ?
レベル上げ過ぎちゃったかなー。物凄いあっさり倒してしまったなー。まぁ最初のボスだし、こんなもんでしょうかね。倒したことでワダツミのマガタマ入手。どうやら氷系のスキルの習得ができるようですね。ついでに電撃弱点を背負うと。
よーし、このまま病院を後に・・・できないな、そういえばまだ全財産巻き上げてなかったわ。オラオラ!約束通り金の用意は出来てるんやろな!チッ、端マネーやのぅ・・・。


・・・まぁ金を巻き上げるという恥ずかしい行為は先刻してきたばかりですけれども。
さて、病院を抜けて早速老婆と子どもとの再会でありますけれども、この世界についてほんの少しだけレクチャーしてくれます。この世界の真ん中にある青白い光はカグツチ。これがなんか、凄い、うん、なんか凄いらしいです。世界を作るも壊すも音尾次第!って言われて老婆と子どもは消えていきました。なんでアトラスのヒントをくれるキャラはみんな難しい言い回しとかばっかりなんだ。いや、老婆と子どもに関してはヒント出してるわけじゃないけれど。

チラリズム!


老婆と子どもコンビのありがたいお話の後はこの東京・・・いえ、トウキョウの世界を歩き回るわけですが、そういえばピクシーはヨヨギ公園までの約束だったんですよね。お別れなんて・・・寂しいッ!ていうか変化した時は「ですわ」みたいなキャラだったのに、なにその無邪気な感じ!もしかしてここに来る頃はまだピクシーであるのが適正な感じ?いやそれにしてもやっぱお別れなんて辛すぎるずっと一緒がいいよ、一緒が!うわーい
という茶番をアレしつつ。もうピクシーは最後まで連れまわすことが確定しているのでね!思わず連打でお別れしちゃうとこでしたけどね!デフォがお別れの「はい」になってるとか鬼畜。当たり前と思われるかもしれませんが、「はい」にすればガチでお別れなんだそうです。

泉の聖女?マジかイカすかー。インキュバスのお前が言うんならそりゃいい女なんだろうな!どれどれ、早速見学しに行くとしましょう。
・・・なんとまぁ寒そうな格好をしてらっしゃる。もうなんのためのローブなの、それ。まぁいいや。とりあえずこの泉でマッカを支払って回復できるようですね。泉でお姉さんなんて、てっきりグロかと思ってしまう64ゼルダ脳。


んでもって色々あってやってきましたシブヤです。すっかりニューヨークのようになっておりますが、あのシブヤです。シブヤなのでハチ公がいますし、デカラビアさんがフォルネウスと待ち合わせてます。デカラビアがチクショウ可愛いなぁ!ミックスレイドしとけお前らもー!

シブヤに到着したところで、今宵はコレまで!

・・・長ぇ

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 おまけ

こんにちは、黒猫です。

もう既に完結しておりますP3Fですが、その完結を迎えた記事である“その9”の続きに、当時お世話になったペルソナを列挙していたんですが、その中で・・・

『どこかで刈り取る者と対決する機会があったら、彼が恐ろしく役に立つと信じて止みません。』

と書いていたんですね。
刈り取る者といえばP3Fの中で雑魚として出現するシャドウの中で最も強いとされています。即死スキルに各種ガードキルとダイン系、メギドラに加えてレベル99なのでこちらが対等なレベルにならない限りはひたすら補正がかかります。
本編ではモナドへの扉をこじ開けるために70台後半くらいでヒーヒー言いながら倒した記憶があります。そして、勿論アイギス編にも登場するんですが、今まで遭遇したことがない&倒す必要性が皆無ということでずーっとスルーしてエンディングを迎えてしまったんですが、いやいや刈り取られる心配がなくなるまでは学園生活に戻るなんてとんでもない!
ということで、じゃあ真理の雷が強いところを見せていこうぜってね、刈り取る者をフルボッコにするオマケです。


いやいや、そんなんいちいち文字に起こしてたら大変ですから!ということで多少編集しつつの刈り取る者戦。本来は大体7分くらいは戦ってたと思います。
しかし真理の雷は使えるなー。アイギスの次が刈り取る者でないことが条件とはいえ、確実にボッコボコに殴れるのはデカイと思いませんか。そして天田少年の死にっぷりたるや・・・。まぁ弱点だから仕方ないけどさー。

つーことで刈り取る者も倒しましたよっと。これでアイギス編で倒してない強敵ってのはいないはず。本当は本編でベスと戦うのがあるんですが、ありゃ運ゲーだなのでもう良しということにしよう!
いよいよをもってP3F終了ってことでいいね!

+ Read More

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 その9

こんにちは、黒猫です。

今回でP3FES日記は終了となります。多分。
そんな訳で最終戦を目前に控え、アトラスさんからの優しさで準備をしろとのことなんですけれどもね・・・。実際決闘イベントの時点でラスボスを倒せる程度の力は備わってたわけですよ。確か最低ラインが75くらいだったハズ。あの時点で既に82ありましたからね。恐らくは平気かなーと。
そういえば、その7の冒頭で出てきた「メサイア」の件。あの時は

『〔…〕メサイアが誕生します。
まぁ確認してみてみたら必要レベル90とかとんでもないことになってたので恐らく作らないで終わりそうですけどね・・・。〔…〕そうなると遅々として進まなくなるので自重しておきます。』

と、申しておりました。うん、既に最後の扉から得られる経験値の平均が700程度。レベルアップに必要な経験値が3万アッパーですから、ドラクエのようなレベル上げを○連打したらダメなゲームでやるのは流石のレベル上げ至上主義の黒猫さんをもってしても厳しい戦い・・・

P3F_EP_Aegis_624.jpg
を制していくぅー!
いやぁ、気がついたら出来てたわー。レベル上げとか楽しすぎて全然止まらなかったですものね。なんだろう、こう戦闘があんまりにも複雑すぎると雑魚戦が面倒くさいからレベル上げが億劫になってしまうし、かといって単調すぎても普段の戦闘が面白くない。そんな風にならない上手いトコを突いてるのがP3Fの戦闘だと思います。仲間はAIですし、コマンドも記憶にしておけばなんかどんな敵に対しても大体大丈夫な攻撃ってのがひとつはある。
で、このメサイア受胎したんですよ。メサイアは最強の防具とかを産みだすんですが、それには更にここから4つレベルを上げなくてはいけません。
いや、4つは流石にないな。4つも上げてたらなんかもう映画2本か3本見られるくらいの時間が過ぎ去ってしまいそうだもの。もういい加減にしましょうか。本当の戦いは・・・


P3F_EP_Aegis_625.jpg
全能の真球を生み出すまでセーブ&ロードを繰り返すことだァァ!
万能属性以外全ての攻撃を無効化する、まさに最強のアクセサリー・・・。まぁセーブロードは20回程度で済んだので楽なもんです。ていうかレベル的にはこんなもん無くても恐らくラスボスなんかは余裕でしょうねぇ。
すでにレベル94。お金もすでに700万円を超える始末。しかも換金アイテムを一切売ってないのでそれまで合わせたら総資産1千万円越えてますからね。高校生がもっていい金額じゃねーぞ・・・!いやぁ、ここまで交番縛りをしてきた甲斐があったというものです。メイド服や各々の私服なんかの特別装備を売らない交番なんかただの交番。

さぁ、下準備が済んだのでいよいよラスボス戦に向かうとしましょう!
例の扉の先にはあの時、あの決戦の時と同じ場所の光景が広がっておりました。ポロニアンモールと同じ、全員の共有する過去であれば実際のものと同じように触れることが出来ると。うん?メティスは知らないだろって?そんなんポロニアンモールだって知らなかったけど扉は開いただろう?何を今更疑問に思うこともあるまいて、ははは。

お久しぶりねキタローどーん

と思ったらこうなってたでござるの巻

どうなったか、というと。キタローは自分自身の命を使ってニュクスを封じてるわけです。きっと封印の扉の先はBARかなんかなんでしょうね。
つまり、人として死んではしまったけれども、命がなくなったわけではない。そしてこの封印こそが彼の見つけた“命のこたえ”。でもこうなったこと、キタローは後悔していないのでしょうとメティスはいいます。最後の最後、卒業式に屋上で出会う約束も果たせた訳で・・・って、メティスは本編プレイ済みなん?そして気になるこっち側発言
で、ニュクスってのはぽっと出てきた訳じゃないんですよ。そもそもニュクスは死そのもの、概念とも呼べるものなので命あるところに必ず出てくるようなもんなんです。つまり、キタローが封印する前にも存在していたわけだし、もし本編のようなことが起きるのであれば、以前にも起きたとしても不思議じゃないのにそんな事は起こっていない・・・。そう、ニュクスは「みんな死んじゃえばいんだー」なんて思想を持って姿を現したわけではなく、ずっと近くにいただけなんですね。そしてそれをあえてキタローが封印した理由、ニュクスが悪さをしないためのものでなければ、それは・・・

おっとー!なんかとんでもないもんが出てきたぞー!
そしてキタローをアイアンクローしていくぅー!え、ていうかいきなり何なんすか、こいつー。

風花「これ・・・シャドウじゃない。これは・・・生きてる人間の・・・」
妹娘「やっぱり、彼の封印の目的はニュクスを押さえ込むためじゃない。触れさせないための封印だったんです」
美鶴「どういうことだ!?」
風花「あの怪物は、シャドウじゃないんです。あれは普通に生きてる沢山の人達から漏れ出した、悪意の塊・・・。みんな、ニュクスに触れたがってる」
真田「バカな・・・」
アイ「私も去年、死を知りたいと願いました。きっと街の人も、触れてみたいと心のどこかで思ってる・・・。命と物を分かつものは、実はたった一つ。死ぬということ・・・。それだけですから
岳羽「わかる気がする。生きてく意味が見えなくて、ちょっと誰かの死に触れてみたい。そんな自覚の無い悪意が、あんな大きなバケモノを産むほど渦巻いてる。それが、今の世の中ってことなのかもね」
順平「(バケモノがこっち攻撃してきて)なんだよ!

という長いムービーの中の会話シーンでしたー。
ははは、大丈夫さ妹ちゃん。このゲームで大事なのは体格じゃない、レベルだ
ま、そりゃ当然だな!この怪物誕生の小さな一端とは言え、メンバーが担ってる部分もあるんだし、責任は取らないといけないわなぁ!4月1日から新しい自分になっていくために、この勝負は負けられないぜー!

というわけで、全ての人達の悪意の塊「エレボス」との最終決戦です。でっかいなぁ。
レベル差があるとはいえ、一応相応の警戒を持って望むこととしましょうか。アイギスはこの時のために大量交換しておいたマジックミラーをまくお仕事。物理主体だったら諦めですが、もし万が一セクシーダンスとか使われても跳ね返せますしね。いやこんな悪意の塊のセクシーダンスなんか見たくないけど。
メティスは自身最大火力(らしい)ブレイブザッパーを選択していくようです。自分で操作してたらチャージから複数回ヒットにかけてアカシャアーツかなぁ・・・。ていうかメティスは本当にチャージ使わない子だな!
天田少年は勇敢にも通常攻撃ッ!え、もうマッドアサルトなんかよりも普通に攻撃した方が強いってことなんだよな、AIが選んでるってことは・・・。マジかー。
美鶴先輩はコントレからのブフダイン。コントレしてる割には微妙なダメージですが、単純に魔法スキルに強いんだと思います。メティスや天田少年がガルダインだのジオダインだのをチョイスしないのはそういうことだと思われる。
んで、エレボスの攻撃はまんまとマハラギダインとか使ってくるー!ざまァァァ!やっぱりマジックミラーを使い続けるお仕事だな、アイギスは。
順調にダメージを与え続けると、突如現れるあまりに禍々しい光の玉・・・。多分数ターン後に爆発して超ダメージとかでしょう。そんでもって攻撃を加えれば解除か、もしくはその間に倒してしまうか・・・。恐いのでとりあえずデビルスマイルでマカラカーン効果を消された後にチャージ+利剣乱舞を叩き込みますと、流石にスカアハ先生の攻撃は痛かったのか、光を手放してくれました。どうやらこの光を拡散させた直後は動けなくなってしまい、更には防御能力も低下するようですね。美鶴先輩のブフダインがとんでもないダメージ出してます。
流石に女王の4桁ダインを喰らっては、エレボスも立ち上がることは出来まいて・・・。

救ったのはキタローだけどな。(ハルマゲドン的な意味で)
エレボスを倒したものの、結局は人々の「死に触れたい」と願ったりするような、気持ちが変わらない限りはエレボスという怪物はまた現れることとなる。でも、人の気持ちは変わります。機械から人になったアイギスが言うんだ、間違いない
そしてゆかりッチの謝罪。まぁ、色々あったけど、笑って許してくれるでしょうよ。だって今ならその気持ちが分かるんだもの。そうやってみんな自分の間違いとかに気がついていけるんだって。まぁ別に戻るのは決戦直前じゃなくても良いんじゃないの?とかそういうのツッコミはご法度だ。
少なくとも、キタローが何を見て何をしたか、それを知ることが出来たってことは、近づいたってことだと思うよ!ぃよーし、帰るか!現在へ!

死亡フラグのようなものをぶっ立てていくー。

命がもつ、生きてる実感。今までは“”だけだと思っていたアイギスですが、もうひとつ“”というものに気がつくことができました。アイギスの命のこたえ、それは絆を得ること・・・?
現代への扉、開きますッ。


イゴールさん、いらしてたんですね。

え、いや、知り合いっていうか・・・。なん、なんでベルベットルームにみんないるんですかね!いや、メティスもなんでちゃっかり最初からそっち側にいるんだよ!そっちでもこっちでもどっちでもいいわァァ!
キタローを守るというアイギスの交わした約束。それは、あの怪物を消すための努力をすれば、また彼を守ることに繋がるんじゃないでしょうか。例え人としてはもういなくなってしまっていても、守るという約束をまだ果たすことは出来る。よかったね。
ここでメティスさんのネタ晴らし。っても、勘のいい人なら大昔に気がついてらっしゃると思いますが、キタローが死んでしまってから塞ぎ込みまくって、「機械に戻れたら」とか言うから抜け落ちちゃった心の片割れのようなものです。

「命は全て・・・心の一番深いところで、“海”のようんものを共有しているの。私はたぶん…そこから来たんだと思う。姉さんの心も、ちゃんとその海に通じてる…もう姉さんは“ほんとの命”だよ。

…ただいま、姉さん。

おかえりなさい
ほんとの命ってのが凄い良いです。なんか、ジーンと来るものがありますものね・・・。ただいまですってよ、ただいま。
そして見事に“こたえ”にたどり着いたアイギス。しかし、彼のように“こたえ”を見つけた人は命を落としてしまうのでしょうか。それについての明確な答えはイゴールさんは語ることはありませんでしたが、その境地はとてもスッキリ。全てを乗り越えた今だからこそ、あの時の自分を少し悔います。そうだなぁ、メティスは普通に泣いていたからな。本当に人間らしい部分をメティスは全部持ってたわけで、それはアイギスがキタローやSEES全員から貰ったものなんだよな。
イゴールさんは最後まで意味深。いやそれは爺さんに言ってやれ。

今度こそ、声だけじゃなくて・・・
みんなの想いも、力も・・・

ねえ、そうしたら、きっとさ・・・

あの人・・・
1人で背負わなくてもよくなるよね・・・

今なら、届けられるかも知れないよ・・・


ハッピーエイプリルフール!
いやー、よかったよかった無事解決ですね!なんか画面下の方でみんなが起きてる中1人でぐったりとしているアイギスがとても気にかかるけど、本当によかった!アイギウもほれ、起きなさいな!こんな時にリーダーが寝坊してたんじゃシマらないじゃない!アイギス・・・おい、アイギスー!いや天田少年それはきっとアレだって、あのRPGのお約束みたいなアレだろ、違うって、あの爺さんいっつも訳分からん日本語しか喋らないから!
おおお落ち着け!落ち着いてタイムマシンを探せ!とにかくアイギスを部屋まで運ぶんだ!

じゃあ適当に触るよりも説明書とか読んだ方がいいんじゃない?ていうか夜中っても0時回ったばっかりでしょ?大人だったら何人か起きていても不思議じゃないハズなのに、これだから桐条グループは・・・。

なん・・・だと・・・?

そうだよな、そもそも機械的には1つのペルソナしか搭載してないし、そもそもワイルドが例外なわけだから、その部分の領域も相応の大きさしか持ってないわけだからなぁ。とはいえ?アイギスは機械なわけじゃない。焼ききれてたって治せる・・・わぁ、お約束の記憶系は抹消かー。まぁそもそも心を宿してたわけだからな、記憶云々っていう話じゃないんだろうなぁ。
なんてこった、キタローに続いてアイギスまで・・・

ふぁ~ぁ、よく寝た…☆およよ?どうかしたの?

なんや風花はん、ちゃんと起きてますやん!思考系には電源すらいってないとか、これだから素人は・・・。
とりあえず起きぬけに悲しい別れは命の重さを知り、生きる喜びは今自分のことを思ってくれている誰かが教えてくれるんだとか語り始めるアイギスさん。あれ、やっぱりまだどっかぶっ壊れてるんじゃ・・・。ま、でもこんだけ絆ってので結ばれた仲間たちがいれば間違いなく幸せ者だわなぁ。
そうだなー、これで真のメデタシってやつだな。あと、召喚器の回収も取りやめとなりました。力の象徴をどっかにやって見えなくするのではなく、近くに置いて常に向き合うことが重要であると。向き合って、いつかみんなが変われるようにと。警察とかに見つからないようにね、ホント


そして迎えた4月1日の朝。
それぞれが家に戻るなり、別の場所にある寮へと向かうなりする中、アイギスはラボへと戻っていく日です。31日は全員揃わずだったのに、この差ですからね。みんな大きく成長できたようでなによりですなぁ。
賑やかしは俺に任せておけー!
・・・賑やかしとしてはもうダメだな、全然。
そして遂に迎えの車がやってきます。この車に乗り込めば、みんなとも遂にお別れです。ありがとう、特別課外活動・・・ん、お願いがあるってどうしたアイギス。なになに、ダメ元で言って御覧なさい。
あらあらなるほど。そうだな、もうラボに戻る必要性が一切無いものな、心の整理だってついてるんだし、何より生きていくことってそういうことだもんな!美鶴先輩もそんなこと言わないで職権濫用してくださいよ!学校だってグループ傘下なんだから、いくらでも無茶できるでしょ?ていうか生徒会長という立場よりも発言力強い気がするんだけど。
お、目的地変更そうこなくっちゃな!アイちゃんのお辞儀あら可愛らしい

まぁアイギスは寮暮らしになるでしょうからな・・・。えー、どうしようかなー。
「だぁって、フォローいるでしょ?・・・そのかわりもう敬語はやめ」
友達でしょ?私たち」
「・・・うん、ありがとう!
水を差すようで悪いんだけど、ゆかりッチさぁ、ポリゴン・バストアップとアニメーション髪の長さ違いすぎない?一体何が正しくて何が正義なんだろうか。
分からない、分からないけれど、全ての人々が変わるまで、彼との約束を果たすため、私は今日も生きていく。



P3F_EP_Aegis_790.jpg
あー、なんか安心したらすげーカラオケ行きたい。

-Fin-


ということで、ペルソナ3FES後日談プレイ日記は今宵で終了となります。
色々と思うところもあるでしょうが、そんなんひっくるめて後日談好きですよ、わたし。大団円とはいかないのかもしれないけれど、こうして一応の出来事に結末がしっかりついたんだからそれでいいじゃない。キタローのことは心配するな、エリザベスが助けに行ってくれるから心配ないね!

+ Read More

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 その8

こんにちは、黒猫です。

前回、遂に仲間割れを起こしてしまったSEESメンバー。それぞれが思う“真の鍵”の使い道を巡る、妥協点のない戦い。それを演出するのは闘技場。まさに血で血を洗う、欲望渦巻く戦いへとその身を投じていくアイギスたちなのであったとかないとか。
ま、流石に殺してでもってのは冗談ですけれども、真剣勝負である以上はそれ相応の代償が伴うのだそうです。ていうかいくらペルソナ使いだからってアイギスの銃弾まともに喰らったらさ・・・ガッキー先輩みたいになっちゃうんじゃ・・・。

生まれ:闘技場

おぉー、扉の向こうはなかなか物々しい感じになっておりました。
そして初戦の相手は真田・天田組。川原とかで夕陽バックにやってもいいですけどね。なんて青春の1ページ。そういや風花の存在はサッパリ忘れておりましたが、これから風花さんはほぼ名前を呼ぶ係と化すので忘れても一向に問題ないと思います。
一応、ゲームのシステム上の都合ではありますが風花はこちらについてバックアップをしてくれます。ていうか大丈夫ですか、先輩。そんな気前よく情報係をこっちへ寄越して。OPじゃかっこよくアイギスと戦ってたけどさぁ・・・。
悪いが・・・マハラクンダも覚えてないお前に・・・負ける要素は無い!

勿論ガチ戦闘です。まぁ正しくは怪我って言うより破損だと思うんですけどね。大体アイギス破損させたらお前らで治せんのか、あん?とりあえずスカアハ先生やっちまってくだせー
おい、アンタそんなの使えないだろ!
RPGの不思議といえばコレですよ・・・。なんで敵が味方になった途端能力値がガクッと下がるのか。チャージてあんた・・・。ていうか、真田先輩物理スキル覚えないっていうか全部忘れちゃうじゃないですか・・・。しかし真田先輩の「ペルソナ!」はかっこよかったなぁ。本編では召喚時に「ペルソナ」って言って召喚してくれるのが(たしか)アイギスだけなんですが、後日談では多分敵になればみんながそう言って召喚してくれるっぽいでなぁ。
で、サクッと倒して戦闘明けにいきなり消える敗者の2人。そのまま闘技場上部にある松明のようなところに炎としてなんかアレがコレで・・・そうなのかー。

謀ったなー!

別に火は燃えてないからね。燃焼という現象によって火が生じてるわけで、燃えてるのは木であったりするような何かだからね。いくら妹ちゃんでも俺は揚げ足を取っていくよ、きっちり取っていくよ。
でもまさかそんな風に謀られるとは思ってなかったアイちゃん、すっかりスネてしまいました。これにメティスも少なからずショックを受けますが、嫌われようともアイギスを守るという確固たる意思を持っているようです。一体彼女を何がそんなに駆り立てるんでしょうかね。

ほんでもって2戦目。2戦目はお前ら全員頭冷やせバカ派の順平・コロマル組。なんだかんだ順平はコロマル含めで全員と戦いで得た絆云々置いても単純に仲が良いですから、今の状況は本当に辛いんだと思うんですよね。
そしてそして、信念を持つゆかりッチと揺らぐアイギス。これではアイギスに勝ち目は無いと。でもゆかりッチもそれは同じで、こんな全員がバラバラの状態で過去に戻ったとしても、キタロー以上のことをやってキタローを救い出すなんてことは到底出来ないと。本当に順平が一番大人なんだけど。
でも譲れないものがあるってことも分かってる順平。お互いがマジで、それでも道がぶつかるんなら、仕方ねえ時もあるさ。ですってよ!キャージュンペイサーン!
ぃよっし、順平は敵って感じというよりは、覚悟を確かめてやるみたいなそういうカッコイイポジションなのでふんじばるのも申し訳ない気がするんですが、負けたらゲームオーバーだものな!やってやんず!
順平よ、お前もか

そうだな、根底にある部分ってのはみんな同じだったはずなのに、いざそのチャンスが巡ってきた時、各々の物の考え方とかが出てきてしまうのかもしれないな。アイギスとしては、自分の答えは決まってないものの、でもやっぱり傷つけあって決めるって言うことだけが今はとにかく納得が出来ないし、なにより既に4人(正確には3人+1匹)と戦ってしまったことが心苦しいわけです。
だから戦うことから逃げてしまいたいと。いやいや、待ってくださいよ姉さーん。
ここでメティスが自分のことについて漸く語ってくれました。何度かメティスに「お前は何者なんだ」と問いかけていたわけですけれども、その答えはずっと無言かはぐらかすか。しかしその理由はいたって簡単で、メティス自身が自分について何も知らないからなんですね。
さっきもちょろっと出てきたように、メティスが目を覚ましたのはこの闘技場で、そのとき自分の中に確固たるものとしてあったのは「姉妹がいる」ことと「その姉妹がもうすぐ死んでしまうかもしれない」ということ。当初、それは時の狭間があるせいだと思っていたメティスは、その発生原因だと思われるSEEメンバーを消そうとしました。しかし、本当の死の原因は“ワイルド”の力。キタローもこの力に目覚めて命を落としているんだし、アイギスもきっとそうなってしまう。何よりその目覚める切欠は天田少年がボッコボコにされていたからで、自分で切欠を作ってしまったことを深く後悔しているんですね。
でも、死んでもそれでも構わないくらいのアイギスの言葉を聴いて、泣きながら「死んじゃヤダ!」。鍵を無くしても、自分の命をあげると。だから私を一人で残していかないで・・・なんて、まるでキタローを失ったアイギスのように、泣きじゃくるメティス。
それを見て、まるで自分と一緒だと思ったアイギスは心をお姉ちゃんモードへと切り替えます。鍵を渡して、命を失っても・・・なんて生きることから逃げてたのかもしれないと自らを反省し、ひとつの覚悟を決めるのです。

反省メティスあら可愛らしい

さて、最後の戦いに備えてアイテムでも補充しましょうか。こんな具合に
よーし、頑張るぞー。

ほぅ、既プレイか。
ということで3戦目、最後の刺客となりました岳羽・桐条組です。目的は決まったか?ときかれましたが、別に命まで奪ってないんですよ、美鶴先輩。葬るなんてそんな、もしもの時のために地返しの玉も買い込んで来たんで!
そうだな、大切で譲れないものは絶対にあるよな。っていうかそれ順平の受け売りじゃね?いや、気合はいってるのはよろしいけれども!
女の戦いになっていく予感がするぜ・・・!張り合いが出てきたとか、なんかドロドロのメロドラマな展開になっていく予感。しかし譲れないもののための戦いですから、ここは全身全霊で相手をするのが礼儀ってものだなぁ!
怪我どころじゃない辺り、天田少年とは覚悟の違いが見て取れます。
えぇー!?
なんてこったー!?
君ら・・・遂に覚えるはずの無い物理スキルを・・・!しかも美鶴先輩に至ってはニブルヘイムまで使ってくる始末!いや、それ普段温存でもしてんの?ちゃんと使おう?美鶴先輩はもうテンタラフーとかいらねぇからニブルヘイム覚えてください。

いや、ここまでの3組で一番苦戦したのなんだかんだ真田・天田組だったな・・・。どれもあっという間といえばあっという間だったんですが、ディアラハンとハマオンはズルい。あと真田先輩は「ペルソナ!」がなー。くどいようだけどカッコよかったなー。結局・・・使ってあげることができなんだ・・・。すまない・・・。

さて、全てのペアを倒したことで8つの鍵を手に入れたアイギス。これが融合し、遂に真の鍵を手に入れました。ドラクエで言うところの最後の鍵みたいなもんだね!
そして、真の鍵を手に入れたので仲間たちも無事に復帰。買い込んだ地返しの玉を使う必要もなさそうです。けれどやっぱり諦められないのが人間ってなもので、ゆかりッチが真の鍵を奪い取ろうと仕掛けてきます。機械の力に勝てると思ったか小娘がー!
え、なにそんな設定あんの。
そうだな、ゆかりッチにだって心に秘めた想いがあるよなぁ。すげぇ切ない・・・。まぁ本当にゆかりッチが過去に戻りたいと思う理由にこれ以上のものはないですし、それに理屈なんかないですよね。むしろ孤立無援のようなゆかりッチの後日談での立ち回りですが、心境としては一番理解が得られるもののハズなんですよねー。いや台本が全然ゆかりッチに優しくないだけで。
泣き崩れるゆかりッチにそっと近づく美鶴先輩。過去を忘れて前を向くこと、忘れるなんてことは本当は出来ない。結局、それは向き合うことをやめて逃げてるだけで、傷口を見て見ぬフリをしているだけ。それでは傷が癒えるることは絶対にない。そんな事を言えば、早速ゆかりッチも噛み付いてきます。多少時間が解決してくれることはあると思うけどね。人間ってうまいこと辛いことって忘れたりできるようになってるんですよね。まぁそうやって忘れていってしまうことに嫌悪を覚えて落ち込んだりもするわけですが。
でもなぁ、そんな時に支えてくれるのが仲間なんじゃなかろうか。それが絆なんじゃなかろうか。別れが辛くて悲しいのは1人だけじゃなくてみんなのものなのだから、みんなで乗り越えていけばいいじゃない!

だから、見に行こう

本編最後、キタローはベルベットルームから“何かを見て決心”しました。それが一体なんだったのか、そしてどうなってしまったのか。過去を見れる扉を使って、見に行こうぜ。
でも上映会の扉は全部消えて・・・あぁ、なるほど。寮の中のアレか。全員の意思反映でポロニアンモールに繋がったっていうご都合だったのだから、あの時を見たいと望めば、そうなるってことね。
みんなでやいのやいのと話していたら、急にその輪の中から離脱してしまうメティス。どうした、また誰か子ども扱いしたりしたかい?姉さんに相談してみ、そいつ撃ち抜いてくれるから。
ば、ばかたれー!今までずっと付き添ってくれてたじゃない!どの扉の中だってずっとパーティーにいたメティスを、ここで連れて行かないとか言うアホみたいな選択肢がこの世の中に存在し得る訳がないだろぉー!いい、いいんだ!一緒に行く理由が欲しかったら、俺が教えてやろう!可愛らしいから一緒に来るんだ!あとオルギアパネェっす!
お姉ちゃん!
お前もな。

人はそれをご都合主義というけれど、まぁゲームがご都合主義じゃなかったら結構なストレスですけどねー・・・って、ひとつ残しにも理由をつけていくー!確かに上映会が終わった扉は全部消えてるんですよね。役目がなくなった扉は消えるわけだから、今回の原因であるキタローの姿をしたシャドウを倒したのだから、もう戦いはないハズ。この決闘は勝手に始めたことだし。でもポロニアンモールへ続く扉は消えていない・・・ということ。ということは、俺たちの戦いはこれからだ!っていうパターンか。
いいじゃないの、どんな強敵かは分からんけど。見せてやろうじゃないの、絆の力ってやつを!

扉を越えた先は、扉でした

あの時に戻りたいと願って扉をくぐった先には、もうひとつの扉。すなわち、準備を整えてから突撃するがいいというアトラスさんからの優しさ・・・。まぁそりゃ仲間割れイベントから一気にラスボスって流石に乱暴だもの。
んじゃ、リーダーらしく最後まではりきっていきますか


ゆかりッチシャワー
の前にシャワーでも浴びていこかー。


次回、最終回ッ!

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 その7

こんにちは、黒猫です。

前回、7つめの扉を攻略していく的なことを書いておりました。スマンありゃウソだった。あれは6つめで、今回が7つめ。正真正銘ラストの扉です。恐らく。
そんな小粋なジョークを挟みつつ、紆余曲折しながらも宣言通りタナトスを作ってまいりました。ここだけどは覚えてます、オルフェウスと合体させることでメサイアが誕生します。
まぁ確認してみてみたら必要レベル90とかとんでもないことになってたので恐らく作らないで終わりそうですけどね・・・。数字的にはも少しっぽいですからね。軽く本気出してもいいんですが、そうなると遅々として進まなくなるので自重しておきます。

で、

今回、最後の扉への突入メンバーは妹・天田少年、そして恐ろしく久しぶりに登場のゆかりッチ。少し前までは全員平均的にレベル上げしてたんですが、いつしかすっかり美鶴先輩と天田少年贔屓になってしまい、気がつけばアイギスゆかりッチのレベル差がとんでもないことに・・・。ちなみに最後の扉の敵の平均レベルは70以上なので、恐らくボス戦ではあっという間に成仏してしまうでしょう。でも、女の子にだって負けられない戦いってものがあるに違いない!
そうと分かれば早速最初のボスのお出ましだ!まずは風花さんのお話を敵の目の前で悠長に聞くところから始まります。
今まで散々見てきたキタローのようなもの。それについて、とうとう自分の中にある可能性について話そうとしてくれています。そうか、やおっぱり気配のようなものだけを見てる風花でももういい加減分かってしまうんだな。よし、もう言ってやれ。プレイヤーももう分かってるから、言ってくれ。

言えよ!

シャドウもそう突っ込んでおります。
しかしこのボスが結構強力なんです。アイギスと同レベルの82であるメティス渾身のブレイブザッパーが93ダメージ・・・。耐性があるのは明らかですが、弱点が分かってダウンさせろにしても全員が打撃しかしないということは、恐らくは弱点なし或いは火弱点ということでしょうか。でも、そんな耐性なんかよりももっと恐ろしい攻撃を彼奴らは持っていたのです。

ムドオンアイギス弱点1moreムドオンSony Computer Entertainment

よーし、気を取り直して!アイギスのアクセを闇無効のものに変更します。もともとは天田少年がつけていたんですが、ホムンクルスはガチ貴重なのでここいらで消費するわけには行かないのです。すまんな、天田少ねゆかりッチー!
そんな恐ろしい被ダメ久々に見たわ・・・。流石に圧倒的レベル差があったんじゃゆかりッチはまるで活躍できないでしょうね・・・。だって道中使ってたガルダインが与ダメ50とかだったもん。そりゃしょうがない、彼女のせいじゃない。
ていうか気がついたらアイギスだけで戦ってましたからね。予想通り目玉野郎は火が弱点。見切り持ちでしたが構わずマハラギダインを撒きながら、危なくなったらディアラマで回復。なんと安定することでしょう。メティスも結局運次第ですからね。攻撃も打撃主体なので勝手にドンドンHP使っちゃいますし。死んでオルギア解除作戦もそこまで有効とは思えず、結局目玉がいなくなるまではアイギス1人、円盤だけになったら全員を生き返らせておしまいっと。レベルって偉大。

更に奥へと進みまして2回目のボス。武者系3匹となかなかカッコイイ構成ですが、その前にやっぱり風花さんのお話タイム。思わせぶりなことを言っておりますが、まぁきっと会えるんでしょうね。いそんなことよりも目の前のボスに集中していこう!さっきのボスが相当手強い相手でしたからね、この武者3匹も一体どんな恐ろしい技を使ってくるやら・・・天田少年貫禄の勝利ポーズ
いや、なんか打撃主体の連中で弱かったですなぁ。絶対に出てくる順番が違うと思ってしまったもの。いや、適正レベルであればその印象は大分違うのかもしれませんけど。あとゆかりッチ外して美鶴先輩入れたのもあったと思うけど。


はてさて、そんなボス戦を終えて遂にやってきました最後の扉、その最奥でございます。一体そこに何が隠されているのか、この場所はどんな場所でどんな意味が・・・なに、またそのパターンなの風花ちゃん。その現場に出てきてから「そうだ!」とか思い出すのやめてもらっていいかな。伝えることはちゃんとラウンジで伝えよう?それくらいはしっかりやろう?
そして解き明かされる謎。っていうか風花の口から出てくるのかーそうかー。タルタロスがポーンと出来たから、その反対側には大きな穴ができて、その穴が時の狭間であると。10年前に発覚していたのですが、どうやらタルタロス消滅と共に消え、こちらが手を出さなければ無害の存在と判断されていたようです。そして二次的に生じたこの地形にシャドウなどの存在はないだろうと・・・。何もかもが間違ってますけど。消えてない上にシャドウいるけど!教えて妹ちゃん!いや、まぁそれが何かってのを知るためのモノでもありますしね。

この場所にも勿論あります、上映会場に繋がる扉。美鶴先輩曰く風花・妹・アイギスの過去は見なくてもいいから上映されないとのことでしたが、それ以外の誰かとなると果たして・・・?いやいや、ゆかりッチもそんなん言い出したらゲーム上における大半の会話イベントがなくなってしまうからね!そういう仲間との議論とかで結構もってると子あるから、ここは我慢しておくれよ。
メティスが言うには、この扉にその原因があるとかないとか。つまりは、戦闘になる可能性もあると。いやぁ、どうやらこれで決着じゃなさそうな香りがプンプンしますが、早速扉を開けて上映してもらいますか。その原因とやらを。


おめめが恐いよ、アイちゃん。
どうやらここはアイギスが以前語っていた「彼を追いかける夢」のような、そんなものみたいですね。後姿を見て懸命に追いかけるも、全然追いつかないわけです。そして最後には転んでしまい、見失ってしまう。
キタローを守るということを生きる証と決めたアイギスは、その彼を失ってしまったことで生きる意味を見失ってしまっていたんですね。こんなに悲しいのは自分が心を得たからなわけですが、あまりの辛さにその心すらをも手放してしまいたいと考えるようになってしまったのです。ゲーム冒頭ではそういった夢を何度も見ていたが、いつからかそんな苦しみもなくなって、眠ることも出来なくなって、などと語られておりましたが、それは果たして・・・
さて、今上映されたのは今までと違ってペルソナに目覚めた切欠の時ではありません。では何か。なんかゆかりッチが半ばキレ気味に答えを教えてくれます。
そしてそのワイルドの目覚めが今回の事件と何が関係あるんだ、という疑問が当然浮かび上がってきますが、大事なことはそれじゃないんです。そう、大事なのは「キタローがいなくなってしまったこと」。その想いこそが、今回の事件の原因だったのです。
そしてその想いはバケモノとなって彼らを襲いに来るようです。メティスよく知ってるなー

よぉ、久々

そして懐かしい召喚ポージングを取って戦闘開始です。全体的に真っ黒ですが、その外見は全くもってキタローそのもの。戦いでは片手剣を使い、ペルソナを駆使して勝負を挑んできますがこれまた結構トリッキーな展開で、まず召喚してきたのは元アイギスのペルソナであったアテナ。次に天田少年のカーラ・ネミ。最後に美鶴先輩のアルテミシア。とパーティメンバーのペルオナを次々に使ってくるのです。当然順平がいればトリスメギストス使ってくるし、真田先輩がいればカエサル使われます。
まぁ氷属性最強スキルのニブルヘイムとか平気で使ってきますが、こっちには最大の武器、レベルがありますからね。もうそんなものは関係ないんです。敵が1体しかいないなら余裕ってなもんです。悪いが敵になったヤツに気を使うほど甘くないんでね・・・!黒猫さんはゲームにおいてはどんな事情があっても裏切って敵になったヤツは容赦なくボコボコにできてしまうタイプ。口では「辛いわー。やるせないわー。心が痛むわー」とか言ってるけど、行動に現れない勘違いされやすい可哀相なタイプ。

で、

倒した後、若干グロいっていうか、気持ち悪い感じになりつつも彼の面影を見たりなんかするようなムービーが入り、ヤツの身体は大量の青い蝶となって拡散して消えてしまいました。
それはあまりにもシャドウで、そのシャドウがペルソナを使っていたことに驚きを隠せない順平ですが、ここでメティス先生による猿でも分かるペルソナ講座。
似たような台詞ズッコケ刑事も喋ってたなぁ。まぁあんまりにも長台詞だったんでP4日記ではバッサリいきましたど、つまりはそういうことだ。ペルソナを使うには自分の負の部分と向き合わないといけないんだ。
で、ついでにもうひとつつまり今回の事件の原因はみんなのペルソナにあったわけです。キタローが死んじゃった現実ってものを今ひとつ受け止め切れてない彼らの想いがペルソナを通じて、この時の狭間に影響を与えてしまったと。

グダグダと話してきましたが、原因はさっきのヤツでそれを倒したんだからもう外に戻れるんだろ、っつーことで寮に戻ろうとしたその時、メティス以外の全員の手に謎の輝きが。なんだなんだ、みんな聖爪術でも手に入れたのか。
いや勿論聖爪術なんかじゃなくて、それぞれが手にしたのは鍵です。8つの鍵。OPでも鍵は結構な存在感を放っていた重要なファクターなんですが、ここにきて漸くイゴールさんの台詞が理解できることとなりました。
その鍵を使えば外に出られるし、あるいはもうひとつの扉、キタローの部屋の扉を使えば過去へ戻れるといいます。この空間から外に出れば時の狭間は消えてしまうので、過去の扉を開ければ今までの上映会ではなく、本当の過去に戻れるらしいです。ちなみにこの時点ではっていうか、ゲームを通じて過去に戻れるモノ最大の問題点であるような気がする“過去の自分”については一切触れられません。過去に戻るとそこにはその時点の自分がいるのか?はたまたその時点の自分は今の自分と置き換わるのか。過去に戻る選択肢ってのは、つまりはキタローを助けることができるかもしれない選択肢ですが、その部分は結構重要な気がするんだけどなー。ま、とりあえずそういう込み入った話はラウンジのソファーにでも腰掛けてジックリと・・・

全然違うじゃないかーッ!

どうしてこうなった
さて、悠長にもしていられないハズが悠長に今後の話し合い。つまりは鍵の使い道ですね。現在に、つまり4月1日に戻るのか。はたまた不定ではありますが過去に戻るのか。
天田少年と真田先輩は現在派。命を賭して救ってもらったこと、命を賭すことを選択したキタローの気持ちを無駄にすることになるかもしれないと。無理矢理にでも受け入れて現在を生きることがキタローへの応え方なんじゃないかとお2人。
ゆかりッチも散々「昔のことなんかどうでもいい」「前を向くだけ」と言っておりました。そりゃ当然現在派かと思いきや、超未練たらたらで、しかもよりによってニュクスとの決戦前に戻りたいとおっしゃる!お、落ち着け。忘れちゃった?アレ、ハルマゲドンで9999ダメ叩き出したチートみたいなアレで倒したんだよ?
確かに過去に戻るって言う選択肢は全然あるんですよ。その1年間を全て台無しにするとかそういう理屈じゃなくて、単純に主人公を助けたい。可能性に縋りたいと思うのがコレRPGキャラのお約束ですし、その数パーセントを掴み取るのが王道ってものでしょ。
でもなんだろう、そういった熱意を持ってるのはゆかりッチだけで、立ち位置的に恐ろしく嫌なキャラに見えてしまうのがもうなんか可哀相。
真田先輩はハートが強すぎてお話にならない。
また、人間っぽさで言えば順平もそうですね。アイツのことは助けたいけど、ニュクスともいっぺん戦うのは流石に恐いっていう感情。かなり悪く言えばゆかりッチの言う通りです。そして全員その通りです。
熱くない、全然熱くない・・・もっと熱くなれよ!主人公助けに行ってやろうよ!ドライよな、みんな!いいけど、それでもいいけど!

でも意見がまとまらないんじゃ鍵は合わさらない。全ての鍵を合わせた時に扉は開くのですから、結局はひとつしか道がないわけです。どうしても欲しい。どうしても助けたい。そう願うゆかりッチ・・・。欲しいものは、そう

 そう、関係ないね
=ア殺してでも奪い取る
 譲ってくれ、頼む!

まさかの仲間割れ発生です。メティスはこれを聞いても極めて冷静にアイギスを守ると言いますが、別に仲間内でモメるのはいいけど、少しはアイギスのことも考えなさいよバカどもーッ!とアイギスのことでヒートアップ。まぁ皆はなんとなくなんでキタローが死んじゃったのかっていう答えを持ってるからなぁ。厳密には知らなくても、天田少年が言ってたようなことが共有されてるんだと思うし、今回の件とはあんまりに状況が違うし、そういう発送にならなくても仕方がないと思うんだ。
ていうかアイギスはどうしたいの?過去に行って守るべき人を守りに行きたいのか、守るべき人が守ってくれた人たちと生きたいのか。
グダグダ言ってたら、ほらゆかりッチがキレちゃったじゃない。ヒロインっぽく本編では終盤辺りまで立ち振る舞ってたのにね、なんかいきなり機会娘に心とやらが覚醒した途端に色々もっていかれちゃったわけですから、そのお怒りも分かるってなものです。

で、ちょっと整理してみると「現在派・真田組(真田先輩・天田少年)」と「過去派・ゆかり組(ゆかりッチ・美鶴先輩)」が真っ向対立しています。美鶴先輩は父親を亡くしたときにゆかりッチに支えてもらったため、何があっても彼女を助けるという思いを貫いた結果になっているので、過去か現在とか関係ないです。
順平は中立って訳でもなく、まず頭に血が上ってるのをどうにかしろと。こんな大問題を「奪って、使われて」なんてされた方は今後どうするんだよ!というなんか大人な意見。ちなみにコロマルも順平についてます。
アイギスはふわふわ状態。ていうか仲間同士で戦うなんて君たち正気なの?くらいには思ってます。これを守るって言うメティスとコンビを組んでるので、実質4組が微妙なところもあるけど対立しているって言う状況ですね。

さて、ころ・・・倒してでも奪い取るのは喧嘩じゃありません。決闘です、決闘。なんでか知りませんけど、そんなことをするのにお誂え向きな場所をメティスは知ってるらしいです。この子は本当に時の狭間のことは何でも知ってるね!

どこ、ここ!?

いやはや、しかし大変なことになってきましたね。仲間同士が割れてしまうなんて、いくらなんだって悲しい出来事過ぎます。ゲーム的にこのままで終わってしまうバッドエンドは考えられないにしろ、もうちょっと有意義な解決方法はないもんなんですかねー。高校生っても、まだまだ考えの至らないお子様ってなことなのかもしれません。
ちょっとここは大人の方にご意見いただきましょう。どうですか、親友の手によってこれからの世界というものを託された彼らのものの考え方というのは?

P4_TA02.jpg
そうかーメンドくせー考え方かー。
足立さん、ありがとうございました!それではまた次回、さようならー。

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 その6

こんにちは、黒猫です。

今回もまた、8時間程度の時間を要してのペルソナ作り・・・と思ったんですが、わりと今のメンバーで属性も揃っていますし、グロウ系スキルのおかげでレベルもグングン伸びているので、わざわざ新しいの作ってまた育成とかしなくてもう神様仏様ペルソナ様も許してくれるんじゃなかろうかという7つめの扉でございます。
なに?そんなのは甘え?ペルソナ作れ?お黙り!パンツ一丁でマントだけ羽織った危ない格好のオーディン様のセクシーダンスが見たいのか!
まぁ、弱点消しとか一切やってないので、そこを強化した方がいいのかもしれませんね。なんとなく、現在のメンバーをチラ見せしておきましょうか。

P3F_EP_Aegis_335.jpg
P3Fは並び替えができないので、自然と古株が上になるんですが、合体を渋り続けていたら遂にクー・フーリンとスカアハの師弟コンビが誕生・・・!まぁクー・フーリンもグロウ系消しちゃったし、今更合体する相手もいないし、かなり扱いには困ってますけどね!マッドアサルトより利剣乱舞のが強いもん。
ティターニアも機を逸してずっとパーティーにいますなぁ。レベルもモリモリ上がっておりますが、まぁ美人さんなので良しとしましょう。一応2属性持ちだし・・・そう思わないと消滅させてしまいそうなんだ。
というわけで実質以下10枠でなんとかやりくりしている訳ですが、いくら特殊合体がないとはいえ、結局特定の合体レシピを自力で探すのはなかなか骨が折れますねー。
どっかでタナトスが作れた気がするので、今はそれを目指したいところです。タナトスが作れれば、メサイアが見える!

で、

早速1回目のボス集団でございます。布陣は妹・美鶴先輩・天田少年の弱点なしパーティー。美鶴先輩はアクセで炎弱点消しているんですけれども、やっぱ安定しますね。少なくともダウンしてしまうのは自分だけですからね。
しかし、8時間もレベル上げしてアイギスで大体10以上上がってるんですが、ここまでやると敵の攻撃とかちーっとも喰らわないですなぁ。恐らく3桁ダメージを貰うのであろうボス戦も2桁で抑えられていますからね。全ッ然ハラハラしねぇ。でも、これでいい。これがいい。この力差、超気持ちいい。

サクッと1回目が終わって2回目はなんか色合い的にベトベトンみたいなマーヤが登場。こいよ!大人気ない、もうラスボスも倒せてしまいそうなレベルになったアイギス相手に勝てると思って・・・なにそれ逆に恐い
とりあえずその最下級スキルでダウンを奪われて、1Moreでバスタアタック(ダウン相手に効果大)で100程度かー。じゃあペルソナ付け替えなくていいか
とか油断してたら倒す頃にはアイちゃんのHPが60くらいになってました。あぶねー。

本日の上映会はお待ちかね(?)、ヒロイン(?)のゆかりッチでございます。
場所は・・・、いつもの寮じゃないどこか別の寮ですかね。確かゆかりッチは10年前の事件で父親を亡くして、母親とはあんなんだったから、以前から寮だったと考えても別におかしい話ではないですな。
そこに通りすがるクラスメイト、呆けるなら部屋に戻ってからすればいいのに・・・。なんの意味があってそんな往来のある場所で・・・ありえん
この制服ってことは高校生で、4年ってことは中学生からずっとあの学校かー。学校の名前てんで覚えてないけど。まぁ寮暮らしってなると、楽しそうではあるけど制約は多そうですもんね。先輩後輩だのって学校よりも面倒くさそうだし・・・。しかし大丈夫、人生の最高値ってないつでも“その時”だ!

・・・。

ま、テキトーにガンバろ
あー、なるほどね。ゆかりッチはお父さんの事件について知りたいから学校にやってきた・・・のか?少しでも桐条の近いところにってことだと思うんだけど、どうなんだろう。少なくとも研究者の情報は学校にいるだけじゃ入ってこないだろうなぁ。諦めて青春を謳歌するのもまた良し、だったと思う。
そんなテンション最低値をなゆかりッチのもとにある一通の手紙が届きます。転送のはんこがいくつも押されているという怪しげな手紙。差出人は岳羽詠一朗、ゆかりッチのお父さんですね。しかしお父さんは10年前のアレでその命を落としているはずですから、今更になって手紙が届くのはおかしいものの、ムーンライトブリッジ開通記念と書かれていて、それは10年前の出来事だったのです。つまりは、10年先に出したお父さんのロマン溢れるお手紙だったのです!手紙の内容は本編へ続く。


戦っていたというか、眺めているだけしかなかったというか・・・。でもそうだな、過去を見るなんて実際には絶対に体験できないことですし、どうせなら会いたいって気持ちは本当にあると思う。特に美鶴先輩も父親を亡くしているという意味では同じような境遇ではあるしね。それ切欠でゆかりッチと友情が芽生えてるし。
こんだけ昔の映像流されて昔の話をしてる場合じゃないとか、扉さんに謝って!

ここでゆかりッチの多少アイギスに嫉妬してますのお時間です。
アイギスはキタローと同じ、ワイルド、つまりペルソナを付け替えることの出来る力、に目覚めました。ゆかりッとはそれを「アイギスはキタローから力を受け継いだ」と思っているようなんですね。確かに、キタローが眠ってしまう最後の言葉を聴いたのはアイギスだけですし、一緒だったのもアイギスだけです。一応後日談では、ゆかりッチとのコミュニティがかなり進んでいる、もしくはMAXまで発展していること前提で進んでますので、これに対してゆかりッチがいい顔をする訳がないんです。そんな複雑な女心、分からんでもない。

ゆかりッチは自分の映像を見たことで、この扉の見せる過去の共通点を確信します。それがペルソナ覚醒の切欠であるという、もうなんか結構前からプレイヤーは気がついてたことですね。この点については真田先輩が一番謎なんですが、あくまで影時間の体験はペルソナに適応する力があるってだけで、発現するとは限らないんですもんね。ずっと影時間を体験していて、美鶴先輩に「戦おうぜ!」って言われたのが切欠にペルソナったのなら間違いではないわけか。
全員の目の前で発現した風花、デフォルト仕様の機械姉妹はそもそも過去を覗く必要がないと・・・。え、まだ扉残ってるけど。もうここからどうやってあの展開になっていくのがちっとも覚えてない。あと風花覚醒のときにはコロマル・天田少年・アイギスはいなかったから厳密には全員じゃないっていう。
細かいことは差し置いても、確かにその見せられている意味ってのは分かりませんね。天田少年お説教とか心の底からキライだろうなぁ。好きな小学生もどうかと思うけどさ。

仲間外れとかやめたげてよ・・・!

でもそんな子に最初に声をかけるのが順平なわけ。これ小学校だったらもうメティスが順平に淡くも可愛い恋を覚えるくらいの展開ですよ、これ。
でもメティスは本編未プレイですからね。過去の話とかされてもサッパリ分かりません。しかもアイギスはメティスに置いていかないと言ったのにも関わらず、会話においては全力で放置プレイ。更には皆もメティスにはどうしても心全開ってならないから、メティスもそれが分かってなんだか話も面白くない。とにかく面白くない。
この状況下でそれを寂しいと思わないヤツなんかいねーよ・・・。あら可愛らしい
そうだな、昔は辛かったな・・・。タルタロスの30云階から先に行けなくなったり、ガッキー先輩が撃たれたり、ゆかりッチのシャワーシーンがあったり、音尾くんが爆発しろだったり・・・辛いことも沢山ありましたね。

SEESメンバーの心に会心の一撃!

人は本当のことを言われると怒り出すからなぁ・・・。まぁ思い出話に花を咲かせるのは別に構わないと思うけどなぁ。いつまでも昔に囚われてて現実見ないってのもよくないけれど。
しかし今日ほどメティスがスネた日もないね、機械なのにね!果たして設計されたものなのかどうかはともかく、確かに機械にあってもなんら有益なものでない機能であることは確かだな!

語るべきことを語らぬからだ・・・
可愛いからだ・・・。あら可愛らしい
まぁな、このガン攻めスタイルでガキンチョって言われても納得はできないよねー。

さてさて、いよいよ残す扉は最後のひとつ。ここら先、果たしてどんな展開が待ち受けているのでしょうか。クライマックスまではもうあと僅かと思わせておいて多分脳みそが考えることをやめるくらいにレベル上げしてしまうので、まだまだクライマックスまで道のりは長そうだ!

P3F_EP_Aegis_377.jpg
冗談も大概にしろ。

俺がお前らを甲子園に連れて行く!熱闘パワフル甲子園プレイ日記

こんにちは、黒猫です。

栄冠ナインがやりたくてたまらなかった。安くなっていた、後悔はない。でもパワプロ13の方が安かった気もする。でも気にしない。だってマネジが育てられるからだ!
ということでDS用ソフトであります、

pawa_eikan_000.jpg
「熱闘パワフル甲子園」を日記付けしていきたいと思います。当初は折角恋嵐も終わったし、なんかまた続き物をRPG以外でやろうかなーと思いまして、これが最有力候補だったんですがなんか記し方がイマイチ定まらないので単発となりました。

さて、栄冠ナインについて多少ご説明させていただけば、これは自分で操作するのではなく采配を楽しむゲームです。別名信頼度ゲー。
自分は高校の野球部監督となって、選手たちに指示を出して勝利まで導いてやるというゲームですね。パワプロは観戦の黒猫さんにピッタリのゲームです。いやどっちにしろド下手でしたが。
今まではパワプロシリーズのひとつのシステムであったんですが、この作品から独立した形に。前評判は普通に面白いけど、独立した割には若干弱いってな具合でしたねー。まぁ従来のシステムでもハマればかなり面白いので、全然買いではあると思うんですよ。

しかしひと夏の甲子園モードのマネージャーが一番可愛いな・・・。

いやいや、そんなものに現を抜かしている場合ではない!私は栄冠ナインモード(栄冠ナインモードじゃなくて“栄冠への道”モードだったんだぜ)で甲子園に行かねばならないのだ!まぁその前にマネージャー育成するんですけどね!
いやぁ、しかしなんだろうな・・・。あの眼鏡の男子マネは嫌いじゃないんだけど、就任してしまった時の絶望感ったらなかったな・・・。今回も多分よほどのことがなければ男子マネの出番はないだろう。

はてさて、マネージャー育成モード「来たれ!マネージャー」でございますけれども、所謂双六でマネージャーの能力を上げたりしながら、ゴールしてそのマネージャーを登録するってな具合ですね。
んで、マネージャーにも一応種類ったら変なんですけどありまして、基本的には髪型で区別され、1人だけメガネの男がいるって具合ですか。詳しい分類はここでチェックだ。

今回はとりあえずポニーテールで作りますか。この時点ではまだひと夏モードのマネジ、真夏ちゃんのショートヘアがあると信じてたけど、全て打ち砕かれた。でもアレですよね、関西弁とか、そういう方言を巧みに使う女子っていいですよね。関西弁は流石に飽和してきたトコありますけど、それでも強いと思うもの。あれ、でも土佐弁のまことは別に・・・謎は深まるばかりである。
いや、まこととかはどうでもいいんですが、本当は宝箱から本を入手して全体能力を一気に底上げしたり、特殊能力を手に入れたりするはずなんですが、初めてなもんで恐ろしく無難な道を歩んでしましましたよ!ゴールすると盛大に高校合格!の文字が登場しますが、能力値は平々凡々。この後本編で初期マネージャーを見るんですが、それと比べても弱いこと!あ、愛があれば・・・!
しかし名前は自動で生成されるとはいえ、峰奈央って物凄く語呂が悪いですなぁ。

で、

1人マネージャー作ったところで、早速本編やっていきますか。舞台は日本一の平野が大部分を占める、千葉県にある避雷針高等学校。
新設野球部に就任した監督の名前は「音尾」。そしてそこに期待の新入部員12人が入ってきた!
そしてなんか作ったのと違うマネージャーがおる。一人でぶつぶつ言っているちょっとアレな子っぽいものの、どうやら彼女が野球部を作った張本人のようです。彼女の名前は朝倉さん。
で、千葉県は参加校が多いので甲子園出場までになんと8試合もこなさないといけないようです。やべぇ、やり直したい。まぁそこを勝ち抜いていくほうが歯ごたえがありますけれども・・・。

で、なんとなく説明をほろほろ聞きながら5月後半に始めての練習試合。相手は浦安大付属高校。
2回に3点を取られ、流石に新設では無理かなーと思っていたら、3回に4点を取り戻すという奇跡!シーソーゲームの末、7-8で敗れてしまいました。課題としてはピッチャーのスタミナがないとどうしようもないですなぁ。3人で回すには、せめて先発がC以上、残りの2人でCかDかって感じですかね。

そして7月・・・。県大会の1回戦が始まります。相手の高校は館山南高校。
両者とも互角の能力値ですが、4回裏に相手捕手の後逸から1点をもぎ取りますが、7回裏に2アウト2塁3塁からレフトへ運ばれ逆転されてしまいます。8回表にも同様に1点を入れられ、そのまま反撃することができずに夏の予選は一回戦敗退・・・ッ!

一回戦敗退した避雷針高校野球部は、そのまま栄冠ナインオリジナルの大会、熱闘大会に出場します。甲子園に行けなかった学校のための大会ですね。大会は能力値や信頼度を上げるために非常に重要になるわけですが、ここでは練習試合の相手でもあった館山南高校にまんまと敗北。ま、まぁまだ1年目だしね・・・!

さて、秋の大会までに練習カードの設定やスローガンの設定などができるようになりまして、いよいよ秋の大会になる頃には総力ランクがEからDになりました。攻撃力高めなチームになっております。
そして1回戦は因縁の相手である館山南高校。てめーらマジボッコボコにしてやんよ!
気がつけば15安打5打点。・・・なんか得点力が微妙っぽいですが、なんとか初勝利を飾ることが出来ました。やったね!
そして今までの目標が「初勝利」だったのがいきなり「目指せ甲子園」に・・・!いやいや、まずはベスト16とかさぁ、そういうのが現実的なんじゃないかな!いや、小さい目標もダメですけどね!
秋大会2回戦の相手は最初の練習試合の相手、浦安大付属。今度は19被安打を浴びちゃって、気がつけば7-3とか館山南と格が違いすぎる。

ちょっと待ったー!

そもそも!そもそも新設の1年目で、部員が1年生しかいない現状で勝とうって言うのが間違ってるんだー!
どこの大きくワインドアップする漫画のヤツだよ!どんだけあふれ出る野球センスの持ち主が集まれば前回甲子園出場校とかに勝てるのかとね!うちの学校全員水谷レベルだから無理だから。フライをボトボト落としていくー!


そして、幾許の月日が流れた・・・


pawa_eikan_004.jpg
いやったー!ついに監督就任後3年目で遂に千葉県勢を制覇することが出来ました!まぁ、最初にいた1年生は既に卒業してしまっておりますが。ふふ・・・ふはははは、私の緻密なID野球に勝てるハズがないのだ!おい、誰だイカれたデブとか言うヤツは。
よーし、この調子で夏の甲子園などばっさばっさと勝利してくれるぅふふぁはははは!

・・・

・・・

・・・

ベスト8!
こちらの総力はC止まりながら、爆発力のある打撃でどうにかここまで上り詰めたものの、総合力Aの相手には流石に勝てませんでした。全員パワーB以上だったし、投手にいたっては148kmMAXの3種類の変化球とかもうお前はプロに行け。
正直、正直ここで確実に甲子園優勝できるなって思ってました。全ての能力がアホほど上がる才能開花や魔物などの切り札もかなり揃っていたし、代打こそ揃ってなかったものの、試合に強い2年生ピッチャーもいて投手層は厚かったと思うんです。それが・・・なんで・・・なんで魔物弱体化したんだチクショー!
落とせよフライ!トンネルしろよゴロ!逸れろよ送球ゥゥゥ!マジでシルバーデビルくらいだった魔物が今作ではもうおおナメクジくらいになってしまったわ・・・。もう僕らの知ってる魔物は勇者に倒されてしまったんや・・・。

まぁとはいえベスト8だって胸を張って帰ってこれる結果ですよね!できればあの優勝旗を持って帰ってきたかったですが、それでも立派な彼らに監督として拍手を送りたいですね。
この結果を受けて、僅か3年でうちの学校も名門ですよ。いやぁ、名門を維持するのは凄い難しいんですよね。特にこの後3年生が抜けた秋の大会で普通に1回戦負けとかあって、そこで一気にランクが下がってしまうので。そこが若干理不尽なところでもありますねぇ。まぁ、この作品が一概にそうであるとは分かりませんが、多分そうなんだろ。

音尾監督率いる避雷針高等学校は甲子園ベスト8で終わってしまいましたが、本当の千葉県勢は・・・習志野だっけ?頑張れ!車のナンバープレートで習志野ナンバーとかかなりの確率で「え、習志野って何県?」って聞かれるだろうけど、習志野頑張っていこう!ていうか高校生全員フェアプレイで頑張っていこう!常に見たときに負けてるチームを応援するタイプだから!



+ Read More

ストームラバー プレイ日記 その5

ストームラバー プレイ日記 その5
悪い人に押し付けられて何故か始まった怒涛の女性向け恋愛ゲーム第2弾。
全力で馬鹿にするプレイ日記。

・前回のあらすじ
ヒゲゲー。


いきなり写生大会から始まるヒゲゲー、今宵を心底ラストにしたいと考えます。
しかし高校生でやるかーんなことー?美術の時間で、とかなら分かるんですけど、全校でしょ?そんなん半分以上の生徒が何もしないと思うわ…。まぁ、このゲームの学校は頭がよいってよりは頭がおかしい人がたくさんいるわけですから、常人にはとても思い付かないような画期的な何かで全校を絵画に集中させるのでしょう。まぁその方法とやら、拝見させて頂こうではないですか。

豪華賞品が貰えると思うほど絵がうまい奴らばっかりかよ、この学校!

しっかし相変わらず群れてるね、君ら…。原黒さんもさ、クラスに女子の友達とかいないの?確かに踝丈のスカートと物を入れる気のないカバン、ウェーブのかかった茶髪と竹刀という出で立ちで人を寄せ付けないとはいえ、毎日毎日男子だけとつるんでるとお母さんとか心配なさると思うんですよ。男見てたってつまんねーとかそういう事じゃなくね。

素人の知った風なのがいっちばん腹立つんだわー。

坊っちゃん全校生徒の絵全部見たんか…。その間の恐ろしい暇、みんなどうやって過ごしてたんだろうね…。
ちなみに豪華賞品とやらは胸くそ悪坊っちゃんのお描きになった絵画でした。なにこの全校生徒とプレイヤーを巻き込んだ壮大な茶番!いい加減にしろ!

夏休みデビュー
しかしなんか「君は今のままで十分さ☆」「んもう、ありがと☆」的な、プレイヤーを地球一周半くらい置いてけぼりでイチャイチャしだしてるんだけど…。
と思ったらなんか別の女に引っ張っていかれたぞ!何度も言うが、ヒゲはどうでもいいがあの名前も覚えてない女に出し抜かれるのはシャクなんだよな!
黙れ。もみあげグーンッてしてやろうか。

急遽出ることになったライブだって任せろ使い回しだ!
別にオメーら目的じゃねーよ自惚れんな引っ込めー。


級長のお姉さんきたー!けど顔があの、ヒゲを狙ってるあの子と同じ顔だよー!
しかしよ、級長は髪の毛赤で眉毛も赤い。姉ちゃんは金髪金瞳。お前ら日本人じゃないだろう…。母ちゃんスウェーデン人とかだろ、絶対。
で、なんか流れで級長宅に遊びに来てしまった原黒さんなんですが…

級長の家1Rなの?

背景がどう見ても級長の部屋。でも台所に立っている級長との会話が成立している…。リビングの絵くらい用意しとけば!
なんか級長の過去とか危うく語られるところだったけど、わりとどうでも良さそうだから語られなくて良かったね!

か、勘違いしないでよね!別にお前のために怒ったんじゃないんだから!
よく分かんないけどジワジワと級長とのフラグが立ちはじめてる気がする…!

あ、エンディングやー。
ってデコチューかよ!スケバン猫子純情派かよ!

と思ってたらバッドエンドきたこれ!

なんかこのバカップル形態が最高に狂っているらしい。まだ10月だし、二股するのもこれ見てからでも遅くないかなと結構ガッツリヒゲに付きまとってみたんだけど、なんかヒゲが運命とか使い出したのが恐かった…。

アポくらい取れって…。来ちゃった♪とか、なんかぁ、重い。
ハンバーグ半分こしたくらいで新婚とか言い出すのマジでやめてくんない!ハンバーグ嫌いになりそうなんだけど!ヒゲは付け合わせのコーンでも食ってヒゲに栄養送ってろ!
原黒さんがプレイヤーからどんどん離れていってしまう…。

なんか誕生日にアンプとか貢ぎだしたぞ、この女…!音楽界のことはちっとも分かんないけど、3万円のアンプって高いのか安いのか。それ以前にアンプってなに?
んで3万円のお返しが歌とか…。もう勝手にしたらいい
お前もなに言ってんの?
なんかさぁ、こいつら微笑ましくないんだけど!ただただ腹立つんだけどぉー!このゲームは潤いがないから駄目と思うんだよ。カレンさんニューヨークから帰ってきてくれんかなぁ。

スケバン天使・原黒猫子

ちょwww メール着信音がヒゲの台詞になってやがるw きめぇwww
バカップルとか消えてなくなれよ…。何が悲しくてゲームの中のバカップルとか見なくちゃいけないんだってもー…。
やってる本人たちは楽しくてしょうがないんでしょうけどね、弁えろよヒゲ風情が。あとやってる本人楽しいっていう文章は今後何度か登場すると思うよ!

なんかここんとこひたすら申谷さんが絡んでくる。こんな露骨に狙ってます宣言してくふのなんているの?意味正々堂々でいいような気もするだけれど、なんだろう、実際こっそりいった方が確率高いんじゃない?原黒さん馬鹿だから特に感情も抱かなそう!

きゅ、級長襲来!なんか入れ違いになったノートを取りにきたらしいんだけど、なんでその次いでで部屋に上がるの?ねぇ、原黒さんはバカなの?バカなのは知ってるけど、あまりにお前、あまりにアレだろだってよぉー!これのどこがリアルな恋愛なのかと…。やっぱりシナリオ書いた奴がトンでるとしか思えぬ。


あの伝説の真ん中に!?

このゲームの最大の違和感は野郎との関係性でテキストが変化したりしないことだよなー。バカップル担ってるのにも関わらず、「好きでもない女と来ない…ってまさかヒゲは私のこと…」とかって独白いりますか?いらねーよ!とんだけ実感のないお付きあいしてんだお前ら!これ以上の進展てなに、結婚でもすんの、あんたら。

ネタ振りしちまってたー!

特にどんな会話だったかは書きませんけど、バカップルっていうよりは夫婦漫才のようでした。なに言ってんだ、こいつら…。

防災訓練時のたかすぃーと原黒さんの会話がこのゲームの中で一番リアルだったかもしれん…。どうでもいいけどやっぱりこの学校は狂っている
どうでもいいけど、なにこの展開。ガチで意味不明なうえに、防災訓練参加したのたかすぃーと原黒さんだけじゃねーか!馬鹿じゃねーの!もうバカって言葉がゲシュタルト崩壊しそう!

バカップル会話がガチで夫婦漫才にしか見えなくってきたよとうとう!
ギップルの出番などいらない会話だなぁ、これ。果てしなくどうでもいい…。何がME TOOだよ。

うーわーえんでぃんぐかー

ていうかもうエンディングでいいだろ。頼むよ、もう無理、無理なんだよ!いい加減気持ち悪い!
そして級長からロックオンされていく!もういい、もういいよ級長は頑張ったから大人しくしててくれ!

なんかフワッと修学旅行始まった…。なんの前触れもなくだったんだけど、そういうのはいらない感じなの?マジで?
・・・あぁ、そんな内容なら別に前触れもなくてよかったな。ていうかそれただの合宿じゃん。合格鉢巻でも頭に巻くの?しかも修学旅行なのに強制参加じゃないのー!?もう意味が分からないよ!普通は強制参加だよね?そのために積み立てとかしてるよね?行かないと学校でレポート書きさせられるよね?
おいヒゲ、お前この修学旅行のために親御さんがどれだけ積み立ててるか知らないだろ。毛根から刈り取るぞ。
あとどうでもいいけどなんで1年もいるの?ここの修学旅行は1年と2年が合同で行く八十神高校システムってことでいいの?
・・・はっ、平然と修学旅行イベントを眺めてたけど男部屋に普通に原黒さんいるよ!ダメだろ、勉強目的とかいう堅苦しいどころの騒ぎじゃない旅行なのに、なんでこういうところだけスッカスカなんだよ!バカじゃねーの!
そして温泉は露天なのに声が響いていたよ!意味が分からないね!まぁ内容については男の裸しか出てこないという超不健康な内容だったので割愛します。あれ、これ前も言った気がする。

と思ったらそこ露天じゃなかったんだー!

とりあえずこの露天風呂イベントで分かったことは、カッター持ち歩く危ない少年が上田次郎並なんだろうなということである。いや、何がとかそういうのはアレ、ツタヤでトリックでも借りて見てみたらよいと思うよ。

最近の高校生ってすごいなー

浮気やー、浮気やでー。やっぱこの女の行動が解せないなぁ。倦怠期とかなら効果あるかもしれないけど、もうバカップルだからね、こいつら。それは逆効果なんじゃなかろうか。


良い店があるから行こうぜーって誘われた先が屋台のラーメン屋とかお前・・・。いや、美味いのは分かるんだけどね、やっぱ設備的なものを考えると店で食う方が美味いとか思うんだよ。屋台はなんかこう、ロケーション込みの味だと思われる。ていうかヒゲはなかなかの思い切った選択だよなぁ。なんかもうヒゲ結構曝け出してきてる気がしますもの。ホラー系映画見る理由とかぶっちゃけすぎる!なに、そういう男子がモテるの?ムッツリよりはいいのか、そうか・・・。と女心を冷静に分析してやろうと思ったけどやっぱり黙れ、このバカップルども。

電話の内容が重複してる件について・・・。しかもその内容がよりにもよって下着文化どうのこうのとか、なにそのガッカリな内容。

ヒゲ1本やるから帰れ。そうだな、ヒゲ。それが問題なんだけどな
お前は何を今更トンチンカンなことを言ってるんだ。
もうやだこの子。目の前で「奪うからね」とかって宣言されてるのにもかかわらず全然言葉が届いてない。こんな不毛な子初めてッ!


文化祭でございます。折角もらった休憩ですが、友達のいない原黒さんはなにをしていいのか分からずボケーッとしています。だからあんな変人の集団なんかに構わないで友情を育めばよかったんだ。
しかしそこに突如デカイ声で話しながら通り過ぎていく女子2人。どうやら生徒会でなんかやってるらしい。行く宛もないし、行ってみますかを向かった先には・・・

君ら目線バラバラなんだけど何を見てるの?

そんな気持ちでいたんじゃ、お前の将来も高が知れてるな。
ヒゲそれはホストクラブのやつやー!
しかし執事ってなんなんですかね。個人的にはお茶汲みってよりは、そういう人たちを統括するような人が執事なんだけどなぁ。そんな何人もいるようなイメージじゃないし、想像の中で完璧な執事は西城秀治だと思うんだ。
なに調子に乗ってんだヒゲ。鼻の穴からダージリン突っ込んでやろうか。


じゃあファソラシも使え、バカ。
く、こいつとうとうスノースマイルまで持ち出してきやが・・・と思ったけどスノースマイルは右側だった。そんなんで騙されねーよ!
警察に通報することになるけど、それでも良い?
・・・もうなんでもいいけど、バカップルモードは気持ち悪いか夫婦漫才かの二択だなー。本人たちは心底楽しいんだろうけどね!この第三者に与える不快感のようなものだけは妙にリアル!

2回目のラーメン屋台を「珍しいね」なんて言える原黒さんがすげぇよ。ものこの子だからこの世界は成り立ってるんだと心の底から思うもの。ゲーム内時間的にも1ヶ月くらいの出来事だからね、前回の屋台と今回の屋台。

そういえば級長が潮らしくレシピ本なんか見てたんだけど、気がつけば級長とは親友になってました。
このゲームは親友から恋愛一直線のパターンなんですね。いやいいけど、あまりにも短絡的ではありませんか!「俺ら一生友達だな!」なんて終わり方があってもいいと思うんだ。

なんか知らんけどスキーしに来たら先生とイチャイチャしだしたこのゲーム!
あと一枚絵を用意しようぜ!なにその適当にレイヤー重ねましたみたいな絵!いくら素人だからって騙されないんだからね!

そういうのはウメ速に任せておけばそれで良いのだ。


そして、クリスマスの夜。事件は起こる・・・!
今まで地味めな突っ込みどころの多いイベントばかりでしたが、ここで心躍るイベントがきてしまうー!
現れたのは級長。送ってくれるというヒゲに対して、送ってもらった方が危険だなどと冗談めいて言っているのかと思ったら、「ヒゲじゃ幸せにできねー」発言いただきましたー!これだろ、これが欲しかったんだろー!?
これを受けて「ならどうするってんだ?俺から奪うとか?」などと余裕ぶってるヒゲ。お前言っておくけど俺の好感度は級長の方が上なんだからな。

キャー告白きとぁー!

そしてヒゲが選んでくれよ、だってよ・・・。なにその余裕っぷり、なんか違う気がする。もっとこう、食って掛かって欲しいのが乙女心な気がする。いや、乙女じゃないから完全に想像だけどな!
まぁここに至る前にバッチリセーブしましたし、これは両方のパターンを拝見させて頂きたい所ですなぁ。とりあえず、指令を忠実にこなすという意味で今はヒゲを選んでおくこととしましょう。
うわぁぁぁぁ、ごめんよ級長!俺が、俺が原黒さんだったら確実に級長選んでるんだわー!でも大いなる意思が働いてるんだわー!今度大いなる意志にはキツく言い聞かしておくからね!

で、その後ヒゲとの会話なしで日数経過とかなに考えてんのスタッフ。

この大事な盛り上がりにバカなの?え、これで愛を深めるとかじゃなくて?いや深まりそうにもないけど、確かめることは出来たりするんじゃないの?ふざけんなよ、折角いい感じに修羅場るのかと思ったらこれだよ・・・。すっかり大人しく終わりやがって、もうやだ。このゲーム期待を裏切ってくるからもうやだ。途端にヒゲがどうでもよくなってきた。・・・前からどうでもよかった。

少なくとも俺はつまんない

うっわー・・・級長との親密度が親友から一気に知り合いだよ、これ・・・。正直級長勝手に告白して勝手に自爆して勝手に疎遠になるのやめてもらっていいかな。なにそれ新手のテロなの?

あんな重そうに見えてさわっとしたクリスマスイベントの後の正月イベントは凄いサラリと終了した。サジ加減おかしくないか・・・。
と思ったら年明け級長を発見、行ってみると無言で立ち去られたよ!級長ったらヒドイ!そんな、いきなりの告白テロで失敗したからってそんな露骨に避けることないのに!これだからあのヒゲはロクなことしないんだよ・・・。
でも級長辛いよな・・・。だってクラスメイトだよ?原黒さんとヒゲがクラスメイトだぜ?あまりにも辛すぎるだろこの環境。よく学校これてると思うわ。

今年のっつってんだろ、質問に答えろ


なんかヒゲを掘り下げていくイベント発生。昔はオーケストラ部に所属していて、ピアノを専攻しながら識者を目指していた・・・それどこの千秋先輩ですか、ギャボー。
コンマスとかそれっぽい単語も出てきちゃったー!まぁヒゲの過去なんかどうでもいいですが、そのときにコンマスの肩を小突いて、それでコンマスがフラついたところに楽器が倒れてきて肩を怪我して、バイオリンが弾けなくなってそれに責任感じて退部・・・。一枚絵では肩から血まで出してたけど、楽器が倒れてきてそこまでの怪我するって有り得るの?コントラバスでもあれは軽いからなぁ、ピアノでも落ちてこない限りそんな肩から血なんて・・・。ちょっと強引だな、ここはなー。

びくっ・・・ そ、そんなヒゲさんキライですっ!

なんかよく分からないけどケジメをつけるらしいよ!ふーん、まぁ頑張ってせいぜいアイデンティティであるヒゲぶち抜かれないようにな。

日本語でおk

級長にごめんなさいしてから3回目の会話でようやく話をしてくれる気になったようです。
いやぁ、よかったよ。このまま全然話ができないと思ったらちょっと悲しくて・・・

あれ、原黒さんフラれてね・・・?

いや、切り替え早くて嬉しいけどね。なんかその台詞は間違ってるような気がしたんだ。まぁ、あれから考えたんだけど、って言ってたから文脈的に見れば分かるんだけどね!もうちょっと説明の言葉があってもよかったよね!まぁ、原黒さんバカで何も考えてないから大丈夫だけどさ。
でも仲良しに戻ってよかったわ、マジで!
その後、ヒゲに「とりかえしのつかないことをしてしまったことある?」って聞かれたけど、正直クリスマスに級長をフッてしまったことだって俺は思う。


-*-*-閑話休題-*-*-

(修学旅行からぶっ続けで2時間くらいやってるのに終わらない助けて)

-*-*-閑話休題終わり-*-*-


あー、申谷さん他人のものじゃないと好きにならないタイプかー。不倫じゃないとダメって誰も幸せにならないよなぁ・・・。結局自分のものになった時点で醒めるわけだから、続かないわけだしさー。
それで出会うたびにヒゲとは上手くいってんの?しか言わないわけか。台詞考えるのが面倒だったとか、そういうのじゃなくてちゃんとした理由があってよかったね!

音楽祭とやら、特にヒゲとどうこうというイベントはなしっと・・・。
あとエビフライ食ってた。それだけだ。

ヒゲのオーケストラ部に対するけじめイベント。全員の前で謝罪するヒゲ。でもそれって1年の頃だろ?んで、コンクールに出れなかったことも謝るって事は、当時の3年生にはその謝罪、届いてないよな?
でもなんか、部長さんが凄い爽やかに許してくれたのでヨシとするか。まぁ当事者がいいって言うんだから良いんだろう。

そしてここは校舎内であることをお忘れなきよう・・・。おい、言ってる傍からお前ら神聖な学び舎で何やってるんだ。教育指導の先生を呼んでくるしかないだろ、これ・・・。この学校は狂っている。

おいおい、もうそういうドラマはいらねーから早くエンディングにしてくださいお願いします。
とりあえず新曲が完成したところで、キーボード担当の国分くんかな、が事故って怪我をしたと。今度のライブで新曲をやるけど、それはキーボード有りきで作ってるからもう新曲は無理であると。そもそもキーボード担当でもないヤツがキーボード有りきで曲作るってのもなかなかだと思うんだ。
やべーどうしよーってところで、なんとオケ部の部長が登場!都合よくピアノも弾けてしまうかー。

ププー、断られてやんのー

まぁ当たり前だけどな。クラシックとロックじゃ何もかもが違いすぎるよなぁ。ていうか断り方が「どんな状況でも、俺の心を動かす演奏が出来るはずだろう。」とかって何この人カッコイイ。ギップリャー!

原黒猫子は俺の嫁!

もう勝手にすれば良いと思うよー。もう遂に公共の場でチューするようになってきたからね、この子達ね。


2月も終わる頃、3年生を送るための送別会が開かれることになり、在校生たちはその準備でございます。あぁ。卒業していくのって寂しいなぁ・・・なんてヒゲに話していると、どっからともなく花京院かぶれがやってきて抱きつく。・・・抱きつく?いや、ヒゲ、それは論点おかしくないかな。
まぁ、それでその送別会で坊ちゃんを俺たちだけのサプライズパーティーでアレしちゃおうぜって話。どうでもいいけどカッターも3年生なんじゃなかったっけ?いやこの際ゲーム内で誰かが突っ込んでくれるだろうと思っていたんだけれど、会長がサプライズパーティーにまんまとひっかかってデレる頃になっても誰も疑問を抱かない・・・。俺の勘違いだったんですかね。
って原黒さんが突っ込むのかよ!何でこういう時に級長が機能しないんだよ、まったくもー!そんなんだからクリスマスにフラれんだ、あんた!

保険の先生がブラックコーヒーよりも少し甘い紅茶のが好きな理由。なに言ってんだこの人。


そんで忘れてたけどライブ当日。屋外に設けられたステージで、キーボード不在のままトリを飾るヒゲバンド。しかしキーボードがいないせいで、曲そのものにまとまりがつかない状態だ。俺あんまりキーボードの存在を意識して聴いたことなかったです、ごめんなさい。
客たちが演奏に絶えかねて帰れコールをするなか、突如上空に謎のカゲが!誰だ、誰だ、誰だ!空の彼方に踊るかげ!白いズボンの・・・坊ちゃんなにやってんだー!
ついでに部長さんも一緒だった。なんか感動的に演出してるけど、これイベント主催側にとっては大変なことなんじゃあ・・・。しかもキーボードとピアノって性質一緒なの?鍵盤楽器は鍵ハーしか分からないんだ。ごめん、鍵ハーもよく分からないんだ。
まぁゲームなもんで上手くいくわけだ。観客も手のひら返しでアンコール!アンコール!最後は猫子、世界で一番愛してる君のためにかいた曲を歌うぜー!

・・・ハッ、・・・お、終わった!

多分これ最後に流れてるのがその歌なのかなーと思ったら、男ども全員が歌ってた。生意気にハモったりしてた。もうお前らでバンドでやればいいじゃん


後日談として、あの部長乱入ライブが切欠となってヒゲバンドは随分と名を上げたようです。更にはそこからメジャーデビュー。世の中、ちょろいもんですな。
んでいきなりフライデーされていくぅー!こんなバンビーノなバンドになんでパパラッチがいるんだよ、有り得ないだろ。どんなプロデューサーのとこについたんだ、お前ら・・・。
いや、ねーから!お前編集長にドヤされるぞ!


これにて、恋の嵐終了!もうなんか台詞の使いまわしばっかりでどうしようかと思うところばっかりだったけど、なんとか終わりまでやりきることが出来ましたー。すげー疲れたー。
これで乙女心に一歩でも近づけたんでしょうか。なんか遠ざかってしまったような気しかしないけど。
ともあれ、終わって何より。最後の最後で原黒さんも一枚絵に登場できたし、何よりですなぁ。

原黒猫子の怒涛の転入1年目、恋の物語はこれにて終了!


○おまけ
クリスマスのアレ、逆にヒゲをフッてみた。恐ろしくアッサリ身を引くのね、ヒゲったら・・・。私のこと、本気で愛してなかったんだわあのヒゲ!
級長は級長で知ったような口を・・・!いや、まぁちょっと無理ある展開といえば展開だな。男どもが結構仲良くて、色々イベントの中でも絡んでるんだから、ここでもチキチキ!第一回原黒猫子争奪戦!とかやりゃよかったのになー。あんまりにも山場がなさ過ぎるイベントだわー。

snap492.jpgsnap493.jpg
しかしこの流れには吹いたwww 切り替えはやっ!

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 その5

こんにちは、黒猫です。

いやぁ、今回で5つめの扉となりましたこの後日談編。前回から気が付けば6時間もレベル上げとペルソナ作りに紛争していたんですが、結局目的のペルソナを作りたいってなるとレベルがどうしても必要になって、そのペルソナが作れるようになる頃には次の段階が見えてくるので、またレベルを上げたくなってしまう・・・。
これが人の性、というものなのでしょう。なるほどなー。

さてさて、相変わらず扉の先にある過去の上映会までは一切ストーリーが進行しませんからね、とっとこやっていきましょうか。今回の突入メンバーは妹・美鶴先輩・天田少年でございます。実はスルトさんが受胎したもの(炎属性無効アクセ)を吐き出してくれまして、これを美鶴先輩に与えることで弱点をなくすことに成功。もう使っていくことにしました。でー、アギ使いは手持ちに沢山いるので、順平とかコロマルさんよりは天田少年で回復と火力の底上げをした方がいいかなーってことで、わりと構想が固まりつつありますね。真田先輩?だぁれ、その人。
そういや本編ではまったく作られることのなかったアリスさんが後日談で登場。勝利の息吹と吸魔でかなり長い時間の探索が出来ると思いきや、長居すれば刈り取られるし、外に出れば全回復。我がペルソナ団のマスコットとしてレベルを上げていってもらおうか。最悪ハイグロウ持ちだから素材にもなるしね・・・。

そんな訳でサッサとボスのところまでやってきまして、第一のボス集団。相変わらずバラエティに富んだ顔ぶれですね。しかしこちらのレベルは既に62、この段階では十分すぎるレベルでしょうよ。まぁここは軽くひねってやりますよ。
デビルスマイル?アイギスだけが恐怖になってしまったけれど、まぁまぁまぁ、次のターン動ければすぐに回復でも・・・は?(※亡者の嘆き 恐怖状態の相手を戦闘不能状態とする)

イゴールさんいらしてたんですね・・・。

・・・。

よーし、次は2回目のボスが相手だぞーぅ。切り替えていこう、切り替えていくよ!
UFOもその後姿を見せてくれておりますが、今回のボスは火力が結構厳しい敵で、マハガルダインがかなり強烈ですね。弱点でなくても200オーバー。回復は美鶴先輩に一任したいところですが、単体回復だけだとジリ貧になるのでアイギスも回復をしつつ補助。攻撃は順平とメティスに任せますけれども、順平が疾風弱点なので見切りが発動しないと火力がすげー下がる。勝てないことはないんだけれど、凄い単純作業の積み重ねです。
最後は回復することのなかった美鶴先輩が決めて勝利。面白いボスではなかったですなぁ。

俺が信じるメティスを信じろ

で、今回の上映会は美鶴先輩でございます。美鶴先輩は真田先輩編でも出てきてますから、なんか優遇されている感があるような、余計に過去を見られていて可哀相と申しますか・・・。しかし中学美鶴先輩は微妙でしたからね。微妙って言うか、前髪が完全にジンでしたからね。ジンも美鶴先輩にあこがれてあの前髪にしたんだろうか。
タルタロスが発現したばかりってことは、恐らく美鶴先輩は初等部かな?まぁ高校で大進化パターンってことは初等部美鶴先輩も別に・・・あら可愛らしい
あぁ、なんだろう。こんな可愛らしい美鶴先輩が中学校で前髪カット失敗するっていう未来が待ち受けているなんて、なんだか切なくて胸が苦しく・・・苦し・・・う、うわぁぁぁ!
人の命をなんだと思ってるんだこの研究者め!だから頭が良い奴ってのは嫌いなんだ!でも怒っててもあら可愛らしい
護衛っぽい男がシャドウに変わってしまい、そのシャドウが美鶴先輩のお父様を攻撃しようとしたその時!咄嗟に父親を守ろうと前に出る美鶴先輩!そして発現するペルソナ。自然発現に大喜びする研究者。しょうがないな、ついでに弱った美鶴先輩もみせてやるから・・・。
しかしやったやった!と大はしゃぎする研究者を前に美鶴先輩にペルソナが発現してしまったことで美鶴先輩は先代の犯した、大人が取るべき責任の一端を負わなければいけなくなってしまったと。そんなの可哀相過ぎるだろ、はしゃいでるんじゃない!とお父様
それでも私は構わない、なんてなんて健気なお子様なの美鶴先輩・・・!世界中の娘を持つお父さんたちがこんな風に慕って欲しいと思っているはず。
それより美鶴パパなんか変声してる気がしたけど、どうだったかな。

上映会が終わって、生きていた頃のパパの姿を見て少し感傷に浸ってしまう美鶴先輩。しかしそんな空気も詠み人知らず、順平が空気を打破していくー!
まぁ確かに今は違うな、今はカワイイってよりもお美しいという言葉がよくお似合いになると思います。でも美鶴先輩は綺麗は言われなれてるだろうから、可愛いと褒めた方がクリティカルヒットしそうな気がする。音尾公輝め、うまくやりやがって・・・
そういうのは忘れないで、風花ちゃんよ。
お話の最初の方にも出てきた、地下室から掘り出した年代ものの武器とか書物とかってのを、風花ちゃんは調べていたようですが、その殆どが10年前の事故のものであると。10年前の事故ってので10体のシャドウが飛散してデスが出てきてアイギスが戦ってキタローの中に封印して・・・ってのがあったわけですけれども、その当時の書物の中には次元の狭間のことも書いてあったと風花さん。そうかーそれだけかー。あんまり有益じゃないなー。

そんなこんな、戻ってきてみれば残る扉も2つとなりましたか。上映会の残りはゆかりッチに風花、んでアイギスか。自然にアイちゃんも入れてく順平にポイントをあげちゃうー。本当にイイ奴になっていきますからね、順平は。本編の時とは大違いだからね。いや本編の頃より好きですけどね、順平は。
そしてまだ疑ってたのか、お前は・・・!もういい加減仲間と認めてあげてよ!今までの全ての扉をずーっとレギュラーで頑張ってるんだよ?あのクリティカルや弱点の時にクルッて回って攻撃するのエレガントじゃないの。もっと評価をしてあげてくれよ。言っておくけど真田先輩より役に立ry
そして天田少年がいいところを突いてきやがる。まぁ俺は知ってるけどね、その関係性って言うの。まぁ言わばコインの表と裏?そんな関係ですよね。先にP4やってきたからさー、そういうの全部知ってるんだわー。


P3F_EP_Aegis_328.jpg
さて、残る2つの扉に向けて鼻歌交じりにペルソナ作りと洒落込むぜー。
ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない


Twitter

…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

発売後すぐ買取500円 MHW 聖剣伝説 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う 終焉の終焉 MHX ジンオウガ滅せよ ていうか獣竜種滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ 辛酸2リットルの刑 いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 2016年最初はシャガル 白いし、なんとなく縁起良さそう ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 幻の素材、溶岩塊  とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい ハンタと巨象 そこはかとなく感じるワンダと巨像感 猿と象の絶望的なダイヤグラム エリアルで跳ぶ。相手はしぬ でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア ガルルガさんの地位向上に祝杯 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 壊れかけの双剣リプレイ 双剣+ウサミミ=最強 アオアシラ系統の扱いの雑さ カメラさんの受難は今作も続く 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる 永遠の練習生 己を責めぬスタイル 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ 通常弾強化妃竜砲は浪漫 これっきりスタイル あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 古株を嘲笑うエリア9湧き 1乙あたりの単価の安さ 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 ゲリョスの存在感 ナバルデウスの一本釣り 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た タマミツネの凄いヌルヌル感 ポポの親玉=ポポ玉 悲哀の双剣 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 ボタン押しっぱ式採取 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 円盤石発掘 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 モンスターでもそっから出てきたらいい 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ハチミツがないと明日が見えない 過去作品連動システム モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 重銃強いよ重銃! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い 双剣強いよ双剣!