スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その6

前回までのあらすじ

 戦争のない世界を。穢れなき世界を。


LOAD GAME

 戦争のない世の中を実現させるべく、ローランス帝国へと進軍するスレイ一行。新しく迎えたロゼとデゼルと森の中を駆け抜けていきます。ふむ、どうあれデゼルの戦い方は凄いカッコイイ。ちょっとミボやライラとの神衣化と比べると使い勝手がよくないけど、デゼルはメインでパーティに入れていいと思う。何よりHP高いし。
ローランスにつくと検問やってました。なんか導師を探してるみたいです。導師・・・導師ねぇ・・あ、スレイじゃん。先の戦いで圧倒的な力を見せ付けられたため、騎士団としては悪魔的な戦力として。教会としては異端者として。その取締りを図ろうとしているようです。この子は本当にどこに行ったら安寧で暮らせるのだろうか。あぁ、これが導師としての辛い宿命的なやつのひとつなのかもしれない。
と、散々検問前に脅されたのですが実際にもほとんどスルー。何事もなく入場です。もう手荷物検査とかいってカバンの中開いて見せるだけでOKみたいな。そのポーチ的な中に危険物仕込んでたらもう終わりじゃね?みたいなザルのような手荷物検査を通り抜けまして、町に入りましたら凄いマユゲの人出てきた。日本語しゃべれ

多分両方患ってます

本来門前の検問でやらないといけないような問答を行い、ロゼは相変わらずセキレイの羽モードで仕事できましたとウソ吹いてセルゲイの詰問ヲクリア。続いてスレイ、お前の番だ。なにをちゃっかりスルーしようとしてるんだお前は。
こっからはパーティ全員参加ドリフ披露のミニコーナーだったのでサクッと要点だけお伝えしますと、ロゼと結ばれました。スレイはあれだな、フローラを選ぶタイプだな・・・。

セルゲイを抜けて町散策。エリクシールの販売が開始されたり、ガッツリ割愛されていますが探検家のメーヴィン(ロゼと知り合いだよ!)とここでもお目見えしたり、残酷な殺人事件が起きていたり、この町ではなかなかやる事が多そうですなぁ。最後のやつは多分金田一とか呼ばないとダメだと思う。殺され方がコナンより金田一。
そんな物騒な事件も起きています、当然加護する天族はいません。じゃあ加護復活させないと・・・ライラさん急にそんなこと言われても!
あくまで災禍の顕主をどうにかすればいいのであって、そこまでヒドイ穢れじゃないのであれば加護復活などしなくても問題なし・・・ってのは何かの暗示かね。別にできないワケではないとすれば、今後そういう町も出てくるよって事かな。結果よければ全てよし、方法などどうでもよいのだぁー!ってヤツですね。いいですよ、そういう面倒じゃないスタイル嫌いじゃない。
でも前情報で引継ぎのゲレードショップにはこの加護が密接に関係しているらしいので、一応2週目も考慮に入れるとなると加護する・しないがもし選択制であるならば是非するを選びたい。グレードショップ、単純に戦闘で貰えてるグレードとは違うんだろうか・・・。うーん、グレードショップ・・・ここにはないだろうな、分かってるよ!
教会で相当怪しかったスレイの後をコソコソつけてた団長殿。とりあえず表へ出ろい!と言われて早速バトルスタートです。セルゲイはテイルズ王道の主人公キャラみたいな技で爪竜連牙斬獅子戦吼などでこちらのハートをギュンギュン言わせます。ちなみに爪竜連牙斬の不穏な噂もフレンが断ち切ってきれてますので大丈夫でしょう・・・多分。
そして散々獅子戦吼をぶち込んだ後でスレイに頼みごとしてくるこの団長も肝が据わっておる。で、どういったことかと申しますと教会には教皇マシドラと教会No2の枢機卿の存在がございます。枢機卿は幼い皇帝の・・・摂政的なやつ。すると教皇は行方不明。国も教会も実権を握ったこやつ、アヤシイ。なんか枢機卿がなんかやったんじゃねーかと騎士団も刺客を差し向けるんですが一向に戻ってこないらしいです。これはアヤシイ。ていうかそんな調査を導師にお願いしないで下さい。我々イズナの杜前スレイ便利軒じゃねーんだから。
とりあえず教会に忍び込む必要があるみたいなので、首都でもありますペンドラコへ向かいます。道中、それはそれは険しい道のりで様々な遺跡や、なんか紫色の強風吹き荒れる場所で全く前に進めない場所などを乗り越えてようやくたどり着きます。(時計回りに入れるところ入っていったら最後の最後が当たりだった)

なんかトカゲと戯れてた。マジか、枢機卿の種族を超えた雇用の均等化ってやつにバンザイだな。こういう心の広さみたいなものがきっと枢機卿という立場に彼だか彼女だか知らんけど、押し上げたにちがいない。いやなんだかんだ言ってきっと良いヤツなんじゃないか?いやもう完全に根拠のない勘なんですが・・・まぁ何は兎も角雨も降ってるんで話が長いんなら中に入ってやってもらっていいですかね。

そういえばその1でもご紹介した会話選択なんですが、どうやらストーリー進行忘れちゃった場合の救済みたいなもんでした。サブイベもここに収められてます。あらすじにも載らないサブイベ情報、自分で覚えているなりメモを取らないといけない時代から比べたら随分と媚びてきました。でもそれがいい、もう2~3日もすればどこまでやってたかなんて忘れますからね。ありがとうバンナム、このおかげで今日も世界が救える。

さてはて、教皇様探すためにもまずは枢機卿に会いに行きましょうか。会うっても早々簡単には会えませんので許可が必要になるわけですがその辺りの手続きは全部セルゲイにやってもらいました。騎士団って脳筋ばっかりのイメージですけど、なかなかそういう事務的なことも手早くやってくれるセルゲイ株価上昇中。
なんか弟さんが枢機卿の懐に潜り込んでからすっかり連絡が取れなくなっちゃってお兄ちゃん心配じゃないの?とスタッフの方々に心配されているようですが、鋼の精神と覚悟でまずはスレイ一行に休みなさいと促すセルゲイ。なんだこいつカッコイイな。もうセルゲイの物語で構わんよ。でもなんか爪竜連牙の呪いにかかりそうで怖い。

サラッとヘルダルフの正体も分かりつつ・・・

宿屋でご飯タイム。こういうシーンがあると妙に安心するんですが、こいつら他の人に見えてないってことは完全に一人でにスプーンが宙を動き、中身が減っていくっていう怪奇現象が起きてるんですよね?一応霊力を注げば物質も見えなくなると以前ミボが言ってましたが、それにしたってスレイとロゼの2人で6人前注文してるわけですよ。どんだけ食うねん!ってきっと思われてるんだろうな・・・。だって部屋もその分取るわけでしょ?金のかかる旅だな、おい。
そんな怪奇なお食事会の中で「風の傭兵団」のお話に。なんかとんでもないパワーを持った方々だったようです。桶狭間の織田信長だって2000人くらいだったんですよ?そのホトトギス、多分天族か憑魔ですな。
そらそんだけの戦力持ってれば裏で危険視されて当然だと思いますけどね。おっとここでロゼのGPSが動き出した

こんな雨の中傘もささないで散歩なんて認めないよ!

どうやら戦争を起こした人を殺してくれ、とお仕事の依頼があったようです。恐ろしい世の中ですね。そして犯人は教皇。じゃあサクッとやっちゃいますか!って感じじゃないみたいですが、とりあえず色々見て判断していくよーってことで、なんか暗殺ハードルの低さが怖いんですけど。なにがもちろん、なのか全く分かんない。
さぁさぁ、もう夜も更けてきたし絶対お前らびっしょびしょだから早く宿に戻って明日教会行くからね!

マオテラス様ってのがなんか凄いヤツみたいです。四天王の頂点らしいです。ふんふん。
あとなんか「導師の秘力」に纏わる巨大な碑文があるんですが古代語且つ暗号で書かれており流石に読めず、これの内容を知っているのは歴代教皇のみらしいです。ていうか天族に感謝を忘れたクサレ人間どもが本物をご丁寧に保存しているとも疑わしい限りです。早速嘘発見器にかけてみましょう。よし、大丈夫そうです

枢機卿急に出てきた

教皇のこと、なにか知らない?って聞いたらなんか本人の意思で逃げ出したそうです。ふーん本当かなー怪しいなーっていじめてたらキレだしたので退散です。
枢機卿フォートンのいう事が本当であるとすれば、教皇はどこかで生きているわけで。でも騎士団が1年探して見つからなかったのをスレイ一行が果たして探せるものなんですかね。いや探せるんだよ、なんたってスレイは主人公だからな!
ついでにセルゲイに獅子戦吼を教えてもらい、急に同門扱いで馴れ馴れしくなりました。セルゲイなら悪い気はしないな。とりあえず教皇がいると専らの噂で高まるゴドジンなる村へ向かいましょうか。
なんか途中きゃっ!ってなってちょっと滑っただけなんだけどここぞとばかりにミボがミドナをいじっていくスタイル。確実に逆襲されるのに、ミボの勇気には感服です。ていうか楽しんでるな、ミボめ・・・!だからお前はミボなんだー!

次、ゴドジン。
スポンサーサイト

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その5

前回までのあらすじ

 ミボ爆誕(マーリンドに到着しました)


LOAD GAME

 いや、なんかさぁ・・・。このプレイ日記全然進まないんですよ。なんですかね、もう5回目だっていうのに序盤も序盤。もうプレイと内容が全然紐づいてないんですもん。一体何が原因・・・あぁ、そうかそうなんだ
というわけで疫病の町マーリンド。ここでアリーシャがお仕事があるっていうんで、そちらをお手伝いしながら導師としてのお仕事をしていきましょうか。
わんころもっちが苦手なミボ、戦闘でも恥ずかしげもなく背を向けて大逃走大会ですコノヤロウ。
街中に蔓延る憑魔を倒しつつ、情報を集めるべく町の人々に話を聞いていますが、もうそりゃこんなモンがあれば病気にもなるってもんです。なんだこれ、気持ち悪い。

なんかドラゴンおるよ、この町!

なんだ序盤で随分な派手な町を出してきたじゃないかぁ。件の霊峰でボロッカスにやられたけど、こいつはパピー。ドラゴンの一歩前くらいのヤツですからね。すっごい頑張って戦闘ランクもイージーに下げて、武具屋やら敵からのドロップで最強の装備に身を固めれば今すぐにでも倒・・・ですよね!

なに言ってんだ、お前

このマーリンド、こんな疫病に塗れる以前は芸術とかで栄えていた場所なんだそうです。これにはミボもやや興奮気味。それ由来?の美術館、お化けでも出そうな寂れた場所なんですが誘われるようにその中へ入っていくと裸の男像で盛り上がる女子たち。ミケランジェロに色めき立つ中学美術部部室かここは。なお男子の興味はまったく別のところにある模様。こいつらはにはブレずにずっと遺跡オタクでいて欲しいね・・・。
奥地でデュラハンみたいなボスを倒すとそこからなんかマスコットみたいなゴリゴリに狙ってきてる小動物みたいなキャラクター登場。あぁ、これエドナの傘にぶら下がっているやつだ。関西弁で喋る謎の生き物。なんだろう、嫌い。いつかブタザルみたいに気にならなくなるんでしょうか。ていうかもうブタザルでいいでしょ、この子たち。そんなブタザル、もといノルミンと呼ばれる天族の一種の力を借りてドラゴンパピーを倒しました(ド割愛)
ドラゴンパピーはある天族でした。とっても反省しているみたいだったので優しくアリーシャを差し向けてみました。天族に謙させたら右に出るものはいませんからね。上手く天族の自尊心を擽りながら、自らの希望は通していく。王族ならではの怖いもの知らずな我々パーティの兵器と呼んでもいい。と、思ったらなんか逆に心配されていくスタイル

で、

割愛した部分に傭兵団の存在があったんですが、 その辺りも巻き込んでなんか近くで戦争があるそうです。これまた早い段階で戦争きましたね!もうテイルズったら戦争ですもんね!いつも人と何かの物語なのに、人は人でずっと醜い争いを続けている・・・。因果なものです。戦争、早くなくなるといいですね・・・導師もその目で確かめ、なんだってー
まさかスレイの目がそんなことになっているだなんて思いもよらなかった・・・!ただの眩暈だけなのかと思ってたのに。これが従士契約の代償、いやいや流石に重すぎる。五感を塞いでアリーシャと天族を会話させてたとかなんか関係があるのかしら。とりあえずアリーシャ離脱するんだろうなぁっていうおぼろげな予想。

面通しもありつつ・・・

そんな戦争ですがうっかりマーリンドの外に出たらこの間の合コンには来てなかった人登場。団長殿だそうで、なんかアリーシャがニセ導師を使って国政に逆らっている罪で拘束された模様。ただしスレイがこの戦争でハイランドが勝利するように力添えすればその容疑も晴れるであろう、と。大人の汚さを存分に知るRPG
まぁいいでしょう。この導師スレイ、目の前の人間も救えなくて、世界再生なんてやれるかよ。アリーシャ姫のためなら例え火の中水の中草の中森の中土の中雲の中アリーシャのスカートの中、どこへでも馳せ参じ・・・邪魔だ、マカンコウサッポー!スカート云々のところでドン引きされてた。
で、
スレイの圧倒的超人的パゥワーによってローランス(相手国だよ!)の兵士どもを赤子のちぎっては投げるがの如く次々に退け、その悪魔のような力に慄く兵士たち。はっはっは、私をあまり怒らせないほうがいい

わぁラスボスっぽいの出てきた

この穢れそのもので出来上がったような憑魔、ヘルダルフ。これが所謂「災禍の顕主」だそうで。その圧倒的パワーの前に天族の皆様との通信が途絶える。そして周囲の兵士たちも穢れに飲み込まれスレイに一斉に襲い掛かる!神衣化も当然できず、ボロボロの体で受け太刀するのが精一杯のスレイ!どうするスレイ!明日はどっちだスレイ!
そしたら暗殺ギルドの人が助けに来てくれました。まぁハッピーちゃんだこと。そのままスレイは担がれて崖下の川へと転落していくのでした。これは恐らくヘルダルフがライオンのような格好をしていることから千尋の谷に我が子を突き落とす的なオマージュに違いありません。恐らくヘルダルフとスレイには血縁関係があるものと私は睨みましたよ!答えが分かる頃にはこれを書いた事も覚えてないから予想を立てる意味がないのだけれどもね!

あ、セキレイの羽の人じゃん

そりゃあこんなところ見られたら明日の教室中で噂になっちゃいますからね。ということで、暗殺ギルド「風の骨」は「セキレイの羽」のもうひとつの顔なのでした。恐らく漏れなく全員暗殺者兼商人。ロゼはこのチームの頭領たる存在なのです。そんな頭領をえっちらおっちら担いで移動しているとなんか敗残兵狩りの子供たちとか登場しますがなんか良く分からないまま去っていきました。闇雲に殺したりしないんだよアピールのためだけに雇われたエキストラだったんでしょうか。
まぁまぁ、スレイ一行もうほうほうの体ですので、ここはひとつ風の骨アジトで身体を休めましょうということで一夜を明かします。その頃にはすっかりスレイも元気になって、という感じなんですがどうやらロゼには霊応力があるそうなんです。そんな描写は一切なかったような気がしたんですが、まぁ天族の方々がそう仰るんですから間違いないんでしょうね。
その割には全然見えてないないじゃないか、いやいやとりあえずアリーシャにやってみた方法を試してみようじゃないかとやってみたらエドナ大明神のいらん戯れによってスレイくんまさかの顔面グーパン。ちなみに良いキリモミ回転で2メーターは吹っ飛んでたと思う。そんな笑って済ませられるようなぶっ飛び方ではなかった

はてさてこのアジト、中に遺跡がありましてですね。この遺跡を暇つぶしに暴いていこうじゃないかと。途中、ロックなお兄さん「デゼル」に声をかけられたりしましたが、なんやかんや言ってどうせすぐ後で仲間になるんです、今はスルーでいいでしょう。(ひどい)
そんなことより遺跡内部。一緒についてきたロゼ(ちなみについてくるにも理由があって、導師の存在が世界にマイナスの影響を及ぼすんじゃなかろうかだったらサクッと一発あの世行きを企んでるっていうお前ムラサキか引っ込むやつに変えてやんぞみたいなポジションの人)のワクワク好奇心レバーは倒すしボタンは押すし作戦によって部屋に閉じ込められ、時限付きっぽい毒ガス部屋からの脱出を迫られたり敵がボタボタ降ってきたりと散々。ここにきてトラブルメーカー加入ですかぁ・・・?
そんなロゼも奥地で憑魔に襲われたってんなら大変です。急いで駆けつけて、すったもんだしてたらあたしも戦うー言うて、お待たせ言うてもう神衣になってんの

そんな憑魔もやっつけて、ついでにデゼルにも仲間になってもらいました。彼が仲間になってくれる理由はロゼにあるようなんですが、彼の口から出た言葉は「復讐」。昔、恐らく今の風の骨のことだと思うんですが、「風の傭兵団」というところに所属していたデゼル。ある憑魔のせいで犯罪者扱いされ、風の傭兵団はなくなって陰の存在としてでしか動けなくなってしまったという。その憑魔を殺すべく、その手伝いもしてもらうべく、スレイ御一行に仲間入り。復讐などといかにも速攻で穢れてしまいそうな重い気持ちを持っているデゼルですが、それでも穢れなかったのはロゼのおかげなのではないか、このままロゼと離してしまったらそれこそ憑魔になってしまうのではないか。だったら傍に置いておこうで満場一致。なんかエドナが恐ろしいことを語り始めたのだけれど、もうこれ絶対何かのフラグじゃん・・・!

さぁ相手国であったローランスに行こう!ってところで今宵はこれまで。
・・・なんかロゼもわんこって言ってたからこの世界では犬をわんこと呼ぶのが正式なのかと一瞬血迷ったけどアリーシャが「ミボ様は犬が苦手なんですね」って言ってたから違うなって・・・。わんこ・・・。にゃんこの登場はよ・・・。

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その4

前回までのあらすじ

 ミクリオが仲間になりたそうにこちらを見ている。


LOAD GAME

 新しく仲間を迎えるたびにぶっ倒れていては先が思いやられて仕方ないんですが、本日もベッドでの上でおはようございます。ミっくんが我々を追いかけてきて仲間になりたそうにこちらを見つめられたのにはライラの根回しがあったからなんだそうです。でもそのおかげで町中の人たちから宿屋に至るまでの間好奇の目で見られていたことは言うまでもない。
そういえばレディレイクの加護の話をですね、進めていかないと。前回の遺跡では器となる清らかな水をゲット。後はかごを与えてくれる天族と、加護を維持していく上で正しく管理・運用をするための人間が必要なんだそうです。その人間についてはアリーシャに考えがあるそうなので、その人物を探しに参りましょう。
とにかく誠実で信仰に厚い人物で、今時珍しいタイプの聖職者の彼であればさぞや・・・

汚い大人ばっかりだ

良いんだろうか、こんな汚い金にまみれた現代社会を映し出すようなリアルな大人に世話を任せていいんだろうか。いや、良くない。邪な心が、邪な行動が、それこそが穢れを生む大きな原因になるに違いない!悔い改めよ!
・・・最初からいい人だったみたいなので彼に管理をお願いしました。さぁ、これであとひとつ。天族を見つけに行きましょう。

天族を見つけに来たはずなのに見つけたのはとんでもないヤツを見つけてしまった。オオオーン!!!じゃねーよ!
とんでもない竜巻のお化けをやっつけると「異形の宝珠」なるものをゲットいたしました。ゼスティリアの成長システムとして、レベルアップではHPが上昇せず、このように強敵を倒すことで手に入るアイテムでHPが成長するわけです。どんなに敵を倒してもパラメーターが成長することのないRPGゲームになんの魅力があるというのでしょうか・・・。いや、他のパラメータは増えるっぽいので、全く成長しないわけではないんですが。多分アリーシャ加入直後にボコボコにされた狼のお化けみたいなのも倒せばこれが手に入るのだと思われます。
で、竜巻のお化けを倒したら人が出てきた。あぁ、スライムに喰われてたのとは訳が違うんだろうけど、蛇状だったものね。きっと丸呑みだったから助かったんだ。よかったね。そして助けたんだから役に立てよと導師スレイ、なかなかの人使いの荒さです。

誰得、おっさん同士の愛の誓い

大分辛苦しました、今のシーンで大分辛苦されました。精神が恐ろしく磨耗しました。美味しいご飯でも食べないとやっていけないです。
それはもうひとつ屋根の下で過ごした間柄ですからね、親密な関係ですよ。友達以上恋人未満的な関係ですよ。モテないからって僻むなよ。そんな僻みばかり繰り返していると、いつか自分の行いを振り返った時にとんでもない返り討ちにあってもだえる羽目になるよ!人の幸せは素直に喜んだほうがいいんだよ!

という訳で国の中枢たる人物から合コンに誘われましたのでやってまいりました。まずはやっぱり自己紹介ですよね。
軍機大臣マティア、多分金持ち。
律令博士シモン、多分金持ち。
大司教ナエタル、多分金持ち。
主催者のバルトロ含めて全員清清しいくらいに悪人面だなお前ら。でも否めない芳しい小物臭。えー、今日のメンバー微妙じゃない?確かに公務員で役職についてるからお金はあるんだろうけど、やっぱそういうのでビジュアル妥協するのも嫌じゃね?ここワリカン?じゃあもう帰っていい?え、それはなに、帰ってよいってこと?なんかいきなり俺のものになれくらいの勢いでガンガンくるのでもう帰らせていただきますー。

男ども、不良に絡まれる

実はとんでもない奴らだった大臣ども。アリーシャの暗殺依頼を出していたそうです。そしてまんまと返り討ち。まぁ殺されはしなかったんですが、全員集合していたので楽に終わったからお礼にここから逃がしてあげるって。厨房から地下道へ逃げ込んだ我々、なんかポッと出で中ボスみたいなの出てきた。
地下道は以前スライムに喰われたおっさんがいたあの辺の遺跡に繋がっているみたいで建築様式やらなんやらが同じなんだそうです。小難しい話はもう勘弁して下さいよぉー。なんで追っ手が差し向けられているっていうのに基本悠長なの子の人たちぃー。
そしてミクリオからも変人扱いである。
おい、ミっくん人のこと言えんのかよ
そういうライラはどないやねん。
ほらもう悠長じゃん
あまりに悠長すぎて外に出たら立ちくらみを覚えちゃうレベルだもの。なんですかね、これが従士を従えた者の代償なんですかね。別に立ちくらみくらいだったらいいんじゃないですかね。美女を召抱えてなんの御咎めもないなんて天族が許しても俺が許さんぞ

アリーシャがお仕事で疫病蔓延るマーリンドなる町へ向かうというので我々も一緒についていくことに。しかし姫様が直々にそんな危険なところに向かうなんてトンデモな国ですなぁ。これも大臣の策略なんだそうですが、日本の歴史でもそんなのが多かったですね。どうでもいいですね。
で、マーリンドへ向かうためには川を渡らないといけないんですが氾濫で端が流されてしまっているみたいです。なんかもう天族が便利屋みたいな立ち位置なんですが、まぁ導師なんでなんでもありなんでしょうね。人使いの荒さ無限大。

その地の天族とやらをを探しにドラゴンが出ると専らの噂の霊峰へ。突然現れるでかい憑魔!こいつは手ごわい、そうやったジリジリと体力を削られていくとその時!遂に出てきた半裸の男!

ペルソナァー!

ザビーダ兄さん・・・。そう、兄さんなの、あなた。兄さん一撃のもとで憑魔を撃退。っていうか殺しちゃったんですが、なんか浄化の力を持ってないと倒せないっていう設定はどこへいっちゃったんですかね。もう良く分かんないです。そういう設定とかっていうの、確かに後半になるとブレだしたりするの分かるんですがまだこれ序盤ですよ?そんなはじめっから崩していくってもうプレイヤーなめてんの、兄さん。もういいよ、なんか急に気持ち切れちゃった。もう俺このゲーム続けていける自信ないもん。早速このゲーム売りに行く。そういえばこのゲームって売値どれくらいなの?
ザビーダ兄さんが颯爽といなくなり、霊峰をどんぶらこと登ると突如現れるドラゴン。ちなみにこの世界ではドラゴンは伝説上の生き物となっています。タイトルのロゴにもいるくらいですからね、重要なんでしょう。
危ないって時に、新しいキャラエドナさん登場。この台詞を聞いてまさかザビーダ?と思ったのは俺だけでいい。
ちなみにドラゴンに喧嘩売ったら一撃で4桁(8000オーバー)ダメージ食らって一瞬で溶けました。
エドナは丁度良く地の天族、早速協力をお願いしたところあっさり嫌いって断られちゃいました。更に先のドラゴンはエドナのお兄さんってことなので、ここに残るわってどっか行っちゃいました。嘘、一緒に来るって。でもナンパの方法はダメ出しされました。しょうがないじゃない。ついこの間まで山の中で暮らしてたド田舎モンだもの。引っかかったのアリーシャくらいですよ。いやそれはそれでもう奇跡みたいなもんですけど。でもこう、主人公は本当爆ぜればいい。

天族チート過ぎる

エドナ大先生によるミッくんいじり。ミっくんもいい表情。なんだろう、ミドナとは仲良くできる気がする。…ごめんなさい
さぁいよいよマーリンド!ってところで今日はここまで。

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その3

前回までのあらすじ

 ごちゃごちゃ言うな、導師になる。


LOAD GAME

 さて、聖堂で盛大に大暴れした代償に思いっきりぶっ倒れたスレイ。3日倒れると宣言したのち、キッカリ3日間寝込んでからの登板です。いやしかし倒れたのも元を辿れば・・・なんか爽やかに朝の挨拶されてますけれども、この女のせいですからね。俺は許してやってもいいけど、ミクリオはどうかなー許してくれっかなーと思ってたらそんな怒りを察知したのか、少し外に出てお話ししましょうと。なるほど、確かに怒りに身を任せて声を荒げても天族であるミクリオはいいですが、スレイが喋ってるのは他の人から見たらただの変人ですからね。盛大な独り言ですからね。

宿屋の外に出てみるとなんか黒い埃みたいなのがチラチラ舞っていました。なぁに、まさかこれは大気汚染なの?産業革命の代償なの?そりゃこんな空気吸ってれば気分も悪くなるってもんですよ。導師(というかライラを迎えたことで)となったことで穢れを感じることのできるようになったスレイ、空気が悪いってのも強ち間違いではなく、もう、なんかビシビシ感じます。面倒な機能をつけてくれたものです。
ライラ指定の場所に向かう途中、宝箱に敏感に反応したミクリオの言葉に従って周囲を捜索していると鍵のかかった宝箱・・・。盗賊の鍵とかいるんですかね。ストーリー進行上必要なものが入っているとも思えないので、恐らく鍵の存在そのものもサブイベとかで手に入れるられるような感じなんですかねー。そうなると見逃したときの悔しさが半端じゃないのでなるべく目敏く活動していきたいところですね。鍵なんぞかけてこれだけ期待値上げておいて中身アップルグミとかだったら
恐らくスレイであっても心に穢れが生まれると思う。

で、ライラの話は導師の目的について。
世界各地にある穢れを取り払う、というのは大きな目的に到達するためのひとつの手段でしかなく、本来の目的は「災禍の顕主」なる穢れを生み出す親玉みたいな存在を倒すことなんだそうです。序盤から目的を提示してくれるのはありがたいですね。どんなに下らないことでも下積みだと思って頑張れる。もちろんまだ倒せないので焦るなとプレイヤーへのライラからのアドバイス
そして災禍の顕主と相見える時に、スレイには答えを持っていて欲しいと。世界各地での穢れを取り払うわけですから、自然と見聞を広めることとなります。その見聞を広めた結果、何か答えを持っていて欲しいと。なんだろう、どういう意味での答えなのかは明言されていないのでよく分かりませんが、結果的に「穢れサイコー!」みたいな答えでもいいのかな。もしかしたら各地でのイベントで発生する選択肢の選び方次第ではカルマ値みたいなのが上昇していってあまりに大きいと…怒られた

君はバカか。と言わんばかりである

ライラはたまに暴走します。そしてこれが暴走するための言いわけです。すっごい真面目な顔していますが、結局やることは都合が悪いことを下手なアレで誤魔化すってだけですからね。まぁ嫌にお堅い人物でなくて良かったです。今のところマジメなのはアリーシャくらいですよ。もうパーティ唯一の良心になるかもしれない。パッケージの人全員が仲間になると仮定しても、ちびっ子がマトモなわけないし、常識があれば半裸になどならないし、残された希望はユーバーもどきくらいなものです。そしてユーバーなんてちっともテイルズじゃない。いやマローネとか言ってる時点でもうそうなんですけれども。早く彼らと出会いたいところですね。

さてさて、アリーシャからの荷物をありがたく頂戴しまして、お礼に伺うと早速変人呼ばわれされましたよ!お礼なんてするんじゃなかった!テレリオ
畜生、文句のひとつでも言ってやりたい。そうか、天族の方々に代弁してもらえばいいんだ。なんせアリーシャには霊応力なるものがないから天族の姿も声も感知することはできない。つまり言いたい放題やりたい放題!言ってやれ言ってやれ、ガンガン言ってけよ、ガンガン。

やべぇ、聞こえてた

悪口ってね・・・聞こえるんですよね・・・。これにはスレイくんもガッカリ

やめろ、人を無賃乗車犯みたいに!
と、聖堂の裏口から侵入する際に消費してしまったジイジのキセル、やっぱり結構値打ちモノみたいです。案外これが消えた黄金キセルなんじゃないだろうか。そら探しても見つかりませんよ、ゴエモンはん。

そういえばねこにんっていなくなっちゃったんっすかね?なんか急にかめにんとか出てきたすけど。別にかめにんでもねこにんでもなんでもいいけど、こやつらから地図を買って冒険を楽にしていこうというスタイルみたいです。とりあえず無礼を働いても万年の心で許してくれるらしいのでゾンザイな扱いをしていこうと思います。あとこれオスなのかメスなのか。そもそも人なのかなんなのか。あぁ、かめにんなのか・・・。めんどくせぇ・・・。
で、そんなかめにんに気を取られながらも情報を集めていると工事中の地下水道でひとり作業員が戻らないそうじゃないですか。リスクマネジメントがなっておらん。どれ、この導師様が確認しにいってやろうじゃないか。こんなこと普通はしないんだぞぉ、導師なんだからさぁ・・・。

喰われてるやつを心配してやれ


もう、なんだろうね。ほんと、他の作業員の方々よくも見逃して帰ってきたわ。まぁ憑魔も人には見えないらしいんですが、見えなくたってこれは異常だと分かるじゃん。だって、もう、いやもう異常じゃん!
とりあえず浄化の力を持たぬミクリオは引っ込んでなさい!と言われたのですごく悔しいです。そうそうだ、ミクリオだってちゃんと戦えるんだぞ!でも浄化の力を持っていないのも事実なのでなんとかなりませんか裏ワザとかチートとかなんでもいいですけど、とライラに相談したら「陪神」なるものになれば良いんだそうです。ライラの配下みたいなもんですね。そしてオープニングのにょろーの正体も判明。そういうことか。
なんか店員さんにお勧めメニューを聞いた時のようにあっさりと返事しましたけどこの子。まんまとそんな簡単に決めるんじゃない、とスレイに怒られます。スレイが上手いこと言ってるんですが、ミクリオ拗ねちゃった

なんかやばそうなの出てきた

んで、色々と話はあったんですが長かったので割愛。瞳石を集めて過去の記憶からなんやかんやしようって話だったと思います。
そして、遂に!注目のシステム解放!神衣システム!
バァー!
ドゥヴァァ!
えー・・・
待って、神衣神衣とかってはしゃいでる場合じゃない。拗ねて出て行ったミクリオ坊ちゃんを探さなくていいの?どうせ後々堪り兼ねて出てくるだろうみたいなスタンスってこと?・・・まぁ最悪イズチに帰ってるだろ、まだ近いし。それより美人でも見て心を落ち着かせようじゃないか。
あ、そういえばアリーシャのナイフをずっと持ちっぱなしだったので返却です。危うく延滞料取られるとかだったけど、代々伝わる旧作だったみたいなのできっと7泊8日で借りていたはず。(落ちてたのミクリオが拾っただけ)
話はそれだけでなく、アリーシャの力を借りるべく本題へ。このレディレイクにはイズチのような加護がないため穢れが蔓延って仕方がないのである手段を講じなければいけません。そこで加護をするための天族と宿るための器が必要なのだそうです。
天族は皆目見当もつきませんが器たるものはなんとなくピンとくるものがあるようです。知られた遺跡の奥にある清らかな滝だそうで、ただそれを手に入れて穢れから守りつつ持って帰ってくるにはミクリオ水の天族の協力が必要なそうです。
更に更に、アリーシャに協力してもらうことに。曲がりなりにもこの人姫ですよ。いいんですか政は・・・。で、浄化の力を与えるべくスレイの従士とするそうです。ライラは「ただし」とかってなんかの代償がある雰囲気を匂わせますがその全貌は明らかにしてくれません。なんだろう、夫婦になりますとかそういうことかな。スレイくん的には歓迎。これでアリーシャ正式加入ってことでいいのかな!

従士とかなんだったのか

遺跡の中には器・・・の前に綺麗な弓がありました。
ライラは剣を使って神衣できるように、相性のいい天族ならこの弓を使って神衣システムを発動できるんじゃないかということでした。もういいよ、出てこいよ。なんかムカデがめっちゃ強いもん。なんか火属性だから火属性のライラじゃちょっと厳しいとか言い出したもん。出てきてーはやくー出てきてー出てきたー
導師たる夢はスレイだけのものか?いや違う、お前ら二人の夢だな!そしてイケメン
色々と陪神となるべくの契約の諸々があるそうですが敵前でやや悠長な気がしなくもありません。聖堂でも盛大な悠長を催しておりましたが、今回ばっかりは空気を読みました。お前自分のことだとそれな。なに、それこのプレイ日記をってこと?
さて、神衣onミクリオですが弓による直線的貫通攻撃が特徴のようで、ダメージ表示が沢山ありすぎてもう処理落ちする勢い。こういう通路みたいなところでの戦いに生きてきそうですね。でもちょっとカッコ悪いから「そうきゅうのじゅうにれん!」とか叫ばない方がいいと思う。
この戦いを終えて、アリーシャ遂に天族の姿まで見えるように進化しました。いよいよスレイくんになのかアリーシャになのかそれとも天族になのか分かりませんが代償がどのように現れるのか楽しみですね!(ゲス)

人間1人に対して天族1人。ビックリするくらいパーティの制約がデカい。

ミッくんと契約したから今日もぶっ倒れ。だからここまで。
遅々として進まないTOZ日記、ある程度省略していかないとパートが増えすぎてしまうなぁ。
ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない


Twitter

…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

終焉の終焉 MHX でも獣竜種も滅せよ ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う ジンオウガ滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ 次世代エネルギーの幕開け ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 お守りはもう掘る時代じゃない いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ 辛酸2リットルの刑 イメージ的には最初からレツアーク 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい 2016年最初はシャガル 白いし、なんとなく縁起良さそう でもウイルス撒くんだったわこいつ ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ やはりィガは強かった、それでいい 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 幻の素材、溶岩塊  とにかく顎 エリアルとブシドーは救済 タマミツネの物凄い神感 どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい 供物はジンオウガ そこはかとなく感じるワンダと巨像感 ハンタと巨象 猿と象の絶望的なダイヤグラム エリアルで跳ぶ。相手はしぬ でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 ガルルガさんの地位向上に祝杯 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 己を責めぬスタイル 猫には厳しい躾を 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる ※ただし根拠はない 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 泥雪舞う季節 ゲリョスの存在感 ナバルデウスの一本釣り 体力150の安心感 モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 水中の覇者ルドロス ポポの親玉=ポポ玉 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た タマミツネの凄いヌルヌル感 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 モンスターでもそっから出てきたらいい 円盤石発掘 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ハチミツがないと明日が見えない 過去作品連動システム モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 重銃強いよ重銃! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い 双剣強いよ双剣! 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。