FC2ブログ

今宵「ぶるる」通巻4号

09030501.jpg
ぶるるをゆっくりやっつけたい」と思ったけど、なんだか早くに今宵ぶるる4回目ェ!ということで、今回はFREEですよ。中身はなんら変わりませんが。FREEなんですよ。いつも無料ですが、今回は無料なんですよ。Vol.3ですが、FREE版は後にも先にもコレだけですよ!
こんにちは、黒猫です。

こう、様々なブログで「今訓練所が熱いッ!」という事みたいになってましてですね、こういう情報(?)ってのはやっぱり鮮度が命、編集部としてもこれを逃すわけには行かないだろうと。ビッグウェーブ来てるぞと。今乗らずしてどうするんだという事で、夜なべして表紙モドキを完成させたわけですけども。しかしまたデカイ。次はもうちっとコンパクトにせなばなぁ。重くてしょうがないもの。
如何せん訓練所でぶるるを作ろうにも、基本あっこ大闘技場か普通のフィールド。なので、いっそもう全部ひっくるめてみました。もう全部管轄内みたいなことになってますが、妄想大爆発はいつものことなので、暖かい気持ちで、初めてこどもが何かにチャレンジするのを見守る母親のような心で見てくださると助かります。以前も、今後も。

という訳で、覚悟の上続きからどうぞ!

09030502.jpg
闘技場・訓練所といえばこの方でしょう。全ハンターが彼のお世話になりながらも、その素性は全く不明というみんなのヒーロー且つアイドルである「教官」です。
普段、狩りをしている姿を目にする事はありませんが、ご本人の話では「我輩のこの装備は仕事着なのだ!普段、狩りの仕事をする時はキチンとしたギルドの装備を身につけて戦っているに決まっているだろう!」とのことです。実際想像してみると、この顔であの装備は似合わなさそうですね。教官はずっと教官のままでいてもらいたいものです。
今回特別に取材をOKしていただいたのですが、どうやら訓練には機材を持ち込む事をギルド側からNGを出されていたために、カメラを持ち込む事ができなかったんですが、教官の計らいで定点カメラでの画像をお送りする事になります。

09030503.jpg
女性の教官もいるらしいのですが、存在は伝説なんだそうです。それはいる事になるの・・・?


09030504.jpg
こちらが闘技場の控え室になります。種類問わず、全ての闘技場でこちらのデザインは統一されています。
また、訓練のためとはいえモンスターを放しているため、人里はなれた荒野に多く訓練所直轄の闘技場が存在しています。
そもそも、闘技場そのものが私営によるものが禁止されており、個人所有の闘技場は基本的にギルドによる検査・許可が無い限りは使用できない事になっています。これもデザイン統一の理由のひとつですね。

また、闘技場はモンスターの住み心地の良い環境作りが配慮されており、稀に野生モンスターが住み着いてしまうような事があるのだそうです。
こういった場合、主にハンターによって解決される場合がほとんどであり「娯楽のために、わざわざハンターを呼ぶなんてどうかしている。本当に困っている人のところへハンターが派遣されない」などという社会現象も引き起こしています。
実際、近年は時期が時期なだけにハンター稼業を休止し、農業やデスクワーク、学業に専念、はたまた転職などが盛んであり、純粋にハンター一筋という人が少なくなっている事がハンターズギルド発表の統計で分かっています。
こういった事態を避けるべく、ギルド側も闘技場管理の徹底、殆ど使われていない闘技場の廃止・解体を検討しているようです。

09030510.jpg
今回お邪魔した闘技場も、野生の鳥竜種によって占拠されていました。この闘技場は近々ハンターを呼び、鳥竜種を駆逐する事になっているようなのですが、このような小さな闘技場は現在では殆ど使用目的が無く、大型モンスターも住み着けるような広さを持たないため、このような小型の種が繁栄してしまうことがあるのだそう。
こういった闘技場は、やはり目下の廃止・解体目的であり、近隣の村々からも廃止するべきという声が上がっています。


09030508.jpg
こちらは最近出来た新しい闘技場である「水上闘技場」になります。元々は個人の改築などによって、出来たモデルであり、昨今ではギルドも精力的に広めようとしているようです。
訓練所としての機能だけでなく、水辺の近くにあることから、ただそこにいるだけで落ち着くような空間の作り方。小さな滝によるマイナスイオン。抜けるような快晴の多いこの地区ならではのロケーションと言えるでしょう。
現在の時期は、モンスターも活動的でないため一般解放がなされており、リーズナブルな価格で中に入る事ができます。
まだ検討中ではありますが、夏場には水の中で安全に遊べるようなシステムを構築しているようで、簡易的にではありますが、おおよその部分を策で囲っているようです。

09030509.jpg
しかし、構造的な欠陥もあるようで、雨天でも使えるようにと無理矢理に屋根を作ったやめ、壁に大きなヒビを確認できました。
早急に修理をしていくつもり、との事ですがやはり安全に訓練や娯楽ができるという事が重要であるため、このような事が引き金に事故などが起きない事を祈るばかりです。


09030505.jpg
こちらは、先ほど登場していただいた教官のいる訓練所直轄の「大闘技場」になります。
ここから数多くのハンターが巣立って行き、名を上げていく。そう思うと体が震える思いがしますね。
この訓練所では、行動を逐一見てもらう事により、評価すべき点や修正すべき点などを教えてもらうことが出来ます。

こちらの訓練所では、ハンター登録をしていない一般の人でも利用できるとの事で、我々取材班もチャレンジすることになりました。
勇気あるチャレンジャーは新人のAD。あんじゅです。彼女、本当はハンターになりたかったんだとか。お手並み拝見です。
(訓練とはいえ、大変危険です。こどもやお年寄りの方、また怪我などをされている方は利用できません)

09030506.jpg
全てのハンターの登竜門といわれる「イャンクック」が相手のようです。このイャンクックは、こちらの訓練所で雛の頃から育てられており、とても人懐こいのですが、彼の嫌いな臭いを防具に吹きかける事で、襲うようにしているのだそうです。
また、野生の種とは違い力も弱く、足の爪などもしっかりと斬っているので、命に関わるような怪我はないのだと話していただきました。支給された防具はどうみても上半身インナーのようにも見えますが。

09030507.jpg
結局、あんじゅは一太刀も入れられぬまま力尽きてしまいました。センス0、ハンターにならなくて良かったな。
「ヘッドギアの上からでもやっぱり強烈な一撃でした。脳震盪でも起こすんじゃないかなってくらいでしたね。あと、やっぱり剣と盾は重かったです。あんなものをブンブン振り回すハンターはやっぱり凄い。私はハンターは向いてなさそうです。」
と彼女は後に語ってくれました。安全面に気を配っている、とのお言葉通りちょっと足を擦りむいた自業自得の怪我だけで、彼女は病院に行く事もなく取材班と再び合流することが出来たのでした。

日々訓練所で汗を流し、己を高めていくハンター達。最後に教官はこのように語ってくれました。
「ハンターは一日にして成らず!そしてハンターにゴールはないと思え!貴様らがどんなに強い武器を作ろうと、飛竜を倒そうと、貴様がゴールと思わぬ限りまだ天辺はあるぞ!ハンターのゴールは剣を、銃を握れなくなった時だ!その時は我輩のところへ来い!熱い抱擁をしてやろう!そしてハンターでない方々!当訓練所はいつでも見学・体験のプランを組んであなたを待ってます!この雑誌についてるクーポン券をお持ちの方は20%OFFとさせて頂きますので、是非ともご来場ください!我輩の連絡先は・・・」

-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ねー、という訳でぶるる闘技場編としてお送りしたわけですけども。流石に訓練所は観光できなかったもの・・・。なんでね、意味FREEみたいな感じでよかったと思います。ホントに。
訓練所で頑張っている皆さんには、ホントね、辛いと思うんですが頑張って欲しいです。ピアスゲットとか、TAとか、コイン集めとか。黒猫は二度とごめんくらいに思ってますヽ(´ー`)ノ

そんなこんなで今宵はぶるるのみの記事と相成りました!お楽しみいただけたでしょうか・・・?一応予定ではあと2つほどやっちゃおうと考えてますが、そちらは今度こそゆっくりやっつけていこうかと思います。
面白かったにしろ、面白くなかったにしろ、今後もずっとこういう感じ!ヽ(´ー`)ノ アデュー!

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/380-7074a723

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い