FC2ブログ

笛道-厳- 上位の洗礼を浴びるように受ける

ダメ出しを喰らってから、ゼミ発表の資料作りが全く終わりません!(ノД`)・゜・。
タイムリミットは恐らく明日の14時まで。それまでに出来上がらなかった場合は「全然できてねーじゃねーか!」と怒られて後日改めてか、トンズラこいて「逃げてんじゃねーよ!」と怒られて後日改めてのいずれか・・・。
怒られない道は無いのか(´・ω・`)
こんにちは、黒猫です。

という訳で、メチャメチャ久しぶりに帰ってきました。笛道が。ゴリ子が。最早誰も覚えていないであろう、そして思い出したくも無いであろうあの笛道がこの度遂にプチ復活!完全じゃなくて、プチね。プチ。
この笛道もゴールが無さそうであるとかなりの問題児扱いしてきたんですが、一応のところウカム討伐までは頑張りたいな・・・って思ってた時期もありましたけど、実際問題今宵の記事の内容を見る限りではそんな事は到底無理だろうなぁと思わずにはいられない事受け合い。大体笛じゃない武器でアイテムも何もかも惜しみなくやってみたって結構普通に3乙して戻ってきますからね。安定はやっぱ双剣かなーと思いますし?以前ウカムを笛で倒したような記事を書いた気がするんですが、その時もかなりギリギリだったと記憶しています。2乙残り5分とかそんなレベルだったかなー。
ていうか、まず前回の笛道はどこまでだったんだろうかというのが大問題ですよね。じゅんぐりと遡ってみても一向に姿を表さない笛道だったんですが、なんとか見つけたそれは村上位ヒプノックを討伐したところで終わっておりました。確かに村シェンは辛かった印象があるなぁ・・・。
とりあえず、ヒプノックが終わってるという事は村は上位に進出できているので、先に楽そうな村から片付けていこうかな。若干防御に不安を隠せないですけれども・・・。ていうかいつまで例の装備のままなんだろうかヽ(´ー`)ノ
若干この防御力は不安を隠せないよ!当たらなければとかそういう事を言える腕前も無いよ!

052_20091021112802.jpg
笛道にタッチしてない間に、「笛は吹くもの」という概念が復活、根をはっておりました故にこの体たらく。まぁホラ、アレですよね。イノシシとはいえ上位モンスターですからね。そりゃ易々とは狩らせてくれないですよ。なんといって親玉1頭と小物3頭ですからね。元就も言ってましたもん。矢も3本集まれば折れないだろうって。イノシシに限っては1頭だけでも十分な強度を誇っているような気もしますけどね。束になったら矢からミサイルかなんかに進化しそうな勢いですけどね。

053_20091021112802.jpgで、このブルファンゴ討伐を終えてから、ハンター日誌を除いてみると見事にほぼ3ヶ月ぶりのプレイであるという驚愕の事実が・・・!
そっかぁ、3ヶ月かぁ・・・。そら3ヶ月もほったらかしで笛に触ってなければブルファンゴだって苦戦しますもの。あんな特攻イノシシミサイルなんかに太刀打ちできる訳が無いもの。
そもそも、笛道復活の理由はですね。こう、ちょっと長い間電車に乗ってるという機会が火曜日にあったんですね。普段電車に乗らない人間にとって小一時間電車に揺られるというのはあまりに非日常的であるような気がしてならなくて、この1時間ずーっと揺られてるだけなのかと考えるとゾッとしない訳ですけれども・・・。
確かにipodから流れる音楽に身を委ねていても良いんですが、そうするとやけに手持ち無沙汰。周りを見れば本を読んだり携帯をいじったりしてるんですが、現在おいらの携帯電話のバッテリーは恐ろしく短命であり、そんな1時間もネットに繋いだりアプリで遊んでたら、確実に1個以上は減りますからね。その後も暫くは充電できなさそうな環境で、それはマズイなと思ったわけです。いい加減バッテリー替えたいよ!
そこで登場したのがPSP。そこでやってたのがイノシシ狩りだったのですね。1時間でイノシシ狩りだけかい?って言われると、そこにはまた様々な言葉だけでは語りつくす事の出来ない星の数ほどの理由と理屈が転がっているんですけれども、まぁまぁ、そんな事は景気良く外に投げ出しましてですね、今宵の笛道メインディッシュの方に移らさせて頂きたく思いますよヽ(´ー`*)ノ

という訳で、「旧密林に走る稲妻」でございます。フルフルですね。
初めてこのクエストに挑んだ時はヘビィボウガンで、あの5WAYに幾度となくこの身を焦がされたものです・・・。なんていうか、あれはガンナー殺しだと思うんだよ。
久々に笛でフルフルというのもかなり恐い気ィしかしないんですが、それでもなんとなく体が覚えていると信じたい。フルフル装備を作るために結構下位のフルフルは連戦しましたからね。その杵柄がこの右手と左手に少しでも残っていれば・・・!
以下動画。



よし、そういう事だ(`・ω・´)シャキーン
いや、もうね。なんかね。動画の尺で大体の事が分かりますよね。こんな編集してる暇があるなら、ぶっちゃけ発表準備を進めた方が良かったですからね。完全に。
しかし!この敗戦を糧としなければいけません。人は敗北から勝利するための何かを学び、勝利からそれ以上のことを学ぶのです。ここで学ぶ事を放棄してしまえば、永遠に勝利は訪れないと言っても過言ではありません。そう、明日のヒーローになるために僕たちは学んでいくのです。明日のヒーローとアクエリアスヒーローってなんか似てる・・・!

足りなかったのは一体なんなのか。おいらの腕前だったのか武器の攻撃力なのか防具の防御力なのかスキルなのか。多分圧倒的に腕前が足りなかったんですが、それ以上にやっぱり防御力じゃね?っておいら凄くそう思う。
だってさーだってさー。「当たらなければどうという事はない」なんて台詞もありますけれども、それ裏を返せば「当たったら終わり」っていう事ですもんね。ひとつの失敗も許されないなんてそんなの面白くない。失敗が何かを生むかもしれないじゃないですか。
だったら「当たってもどうという事はない」を目指したい。屈強な防御力を手に入れて喰らっても喰らっても立ち上がり笛を振り続けるような・・・。そういう人に私はなりたい。
要はゴリ押しって事なんですけどね。
防御力は現在177程度。集会所も村も上位は解放されてるので、せめて上位装備にしておきたいところです。ギアノスUでもフル装備で200オーバーしますからね。そう考えるとやっぱちょっと薄い装備である事は否めません・・・。
腕前がなければ装備に頼れば良いのに。上手い人もいれば黒猫のような人もいる。だからこそ神は強き装備を与え、弱き者を救うのです。ただし装備を手に入れるまでには試練を与えますけどね。そこが結構神の嫌なところ。神は試練を乗り越えられる者にしか与えないって言いますけどね。だったらもうOKでいいだろ・・・(´・ω・`)
まぁ、じわじわ防具を作っていくか、フルフル立ち回りを完璧にするか・・・。現実的なのは前者ですよねーヽ(´ー`)ノ

続きから頂いた拍手コメのお返事です。


・10月15日 7時23分頃>
拍手ありがとうございます。お返事遅れてしまって申し訳ありません。

初めまして。いやいや、ご無理なさらずと言うか、普通で良いと思うんですよ!ヽ(´ー`*)ノ
何より、自分はそんなスーパーナントカみたいな存在とは遠くかけ離れた存在ですからね。スーパーマンどころかスーパーマーケットにもなれないような小さい存在ですもの。
まぁその辺り。駄目猫である事は重々お分かり頂けたかなと。この返信の遅さからもそれが手に取るように分かるかと思いますので、もうそんなテンションにならない事でしょう・・・!

こちらからもよろしくお願いします!


・10月19日 19時28分頃>
拍手ありがとうございます。

こんばんは!こちらこそ、ありがとうございました!
そうですね。見た目は中途半端に大人、中身は子ども!みたいな感じを自負しておりますので、そういう感じであったと言われればそうであるとしか言えません・・・!
しかし、しかしながら個人的にはもの凄く憧れますもの!楽しそうだし、いやちょっとでも相当楽しいんですけどね。個人的には・・・!
是非とも大事に使ってやってください。その道具を慈しむ心が更なる腕前UPへとry

こちらからも、是非またよろしくお願いします!


・10月20日 16時55分頃>
拍手ありがとうございます。

べ、別に拍手を返すためにこの記事を書いた訳じゃないんだからね!
という事でですね、拍手というあまりキャッチボールのできないツールを用いてはしゃぐのは卑怯であると僕は思うので、もうビシッとやってやろうと思います。覚悟しとけ・・・!恥ずかしい事をまったく・・・!

卒論頑張りまーす。ありがとうございます(=´▽`)ゞ

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/588-f893b857

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い