FC2ブログ

いいか!これはマグロで、これがカツオだ!

こんにちは、黒猫です。

さてさて、先日の事。また先日かっつーアレですけどね。もう書くのが常に遅くて申し訳ない☆先日使いって事でご勘弁賜りたく思います(ノ∀`) 更に今宵は文章8割。ご注意ください。
ポンチさんにふわーっと誘われて、オトト少尉さんとポンチさんに遊んでいただきましたよ!最近よく見るパターンですけれども。いやいや、ありがとうございます
当然、このメンバーであれば狩りに赴く以外にないんですけれども、集会所に集まったメンバーはも全員見慣れた(?)普通の装備なのです。ここのところはトカゲ症候群のせいでトカゲが普通みたいに危うくなってましたが、そうなのこれが普通なの。どこからともなく「あれ、ゲネポスじゃない」みたいな台詞がおいらが準備中に聞こえてきたりもしてましたが、トカゲっていうのはよっぽどの事がない限り着ないですもんね。タキシードを普段着にしてる人なんていないですものね。
それはともかく、何に行くかっていう話が出てる中でなかなか誰も決めようとしないこの状況。普段であれば黒猫さんは「なんでも行きますよー」とか言って怠惰な態度を前面に出すんですが、その日は違った・・・!
オトト少尉さんが集会所から飛び出して、ポンチさんと2人きり。きっとマガティガになるだろうとジリジリしてたんですがそういう感じでもなく、なんだか言い知れぬ雰囲気が集会所を包み込むのです。
貼る者と貼られる者の静かなる戦い・・・。マガティガを八の貼りか、それとも山紫水明の地をヒラメ貼りか。
別段おいらはキリンが好きな訳でもないんですけど、PT戦だと山紫水明に行きたがります。キリン戦はわりと事件が起きやすくてネタが拾いやすいんですよねー(ノ∀`*)
そう思って「じゃあおいらが・・・」とカウンターのお姉さんに歩み寄ると、ポンチさんがものすごい勢いで止めてくる。そ、そんな山紫水明駄目なの!?いや、前回トカゲの時にあらよっと吹き飛ばして早々にBC遊びからリタイアさせたり、ガードから回避したり、追い掛け回したりと散々な目に合わせてしまいましたが、いやなにそんな恐いもんじゃないですもんね。実際恐いのはキリンじゃなくて悪ノリした黒猫さんの予感ムンムンですが。
とはいえ、おいらだって決めたからにはキリンを貼りたいんですが、残念なことに雷電しか出てないと。雷電は鬱陶しいので嫌いです。エリアの適度な狭さがキリンの縦横無尽っぷりを奪ってるような気さえしますからね。木の向こうで面白いことでも起きて御覧なさい(`・ω・´)

なんだかんだと嫌がっておりましたポンチさんではありますが、オトト少尉さんも乗り気でございました多分。民主主義的最後の手段である多数決には勝てず、山紫水明にガチ装備で突撃です!黒猫さんはアレ、剣ピア+ザザミで行ったら雷耐性が大変な事になってました。これがあんな事態を招くなんて思いもよらず・・・。
BCに降り立った我々はやっぱり遊びだすんですが、今回のおいらの武器は対人戦最強の呼び声高いガンランス。更にそのガンランスの中でも最も砲撃の射程の長い放射型という念の入れよう。もう黒猫さんに死角などないッ!
ポンチさんは人を怯ます程度の力しか持たない弓、オトト少尉さんは当たれば強いけど出が遅いハンマー。これはもう勝ったな・・・!キリンにとかじゃなくて
そしてやっぱり遊びだす僕たちッ!あっさりとポンチさんを落としてやろうと思ったんですが、これがまぁウロウロ動き回って矢をペシペシ撃ってくる訳です。更には全員が壁を背にして本気を出すもんだから、一向に落とせない訳で・・。オトト少尉さんにも追いかけられて、その動きは更に加速。これはもう機動力では2人に勝てないので、とりあえず漁夫の利作戦に出たんですが、結局誰が落としたのか、ポンチさんやっぱり一番に脱落
残った2人の睨み合いが続きますが、やはり落とされないように立ち回る2人。ここはおいらが譲歩するしかないと思いまして「早く来い」と体力をあっという間に半分にされてるポンチさん尻目に崖っぷちでガード体制。そこをオトト少尉さんがスタンプや打ち上げを試みるも、流石ガード性能のあるガンス!ものともしないぜ!ヽ(´ー`*)ノ
痺れを切らしたオトト少尉さんはグルグル回ってこちらのスタミナを奪いにかかります。なんて姑息な手段を!そしてスタミナがなくなり、次のホームランで確実に落とされると思った瞬間、オトト少尉さんは無情にも崖から転落・・・。なにこのデジャヴ
BCではしゃいだ後は、シビレ罠に長々とかかってみたり、雷でしゅんころされたりしてました。もう段々乙った時の第一声が「どんまい」とかじゃなくて「ざまぁ!」になってきましたこのメンバー。これで心置きなく謝らないでいられます

お次はラオ戦だったかな。ポンチさんとおいらに猫の解体術が出たのとオトト少尉さんに需要があるって事で赴いた気がします。ここではおいら、天鱗を剥ぎ取りで2枚。報酬で1枚頂きましたよ!現在のラオ天鱗ストックが3枚。これはありがたいなぁ・・・。正直紅玉の方が目先の必要性があるんですけどね!ヽ(´ー`)ノ
これも黒猫さんが頑張ったからではあるんですが、途中途中なんだか矢が飛んで来るわけですよ。どう考えてもポンチさんが故意でやってるとしか思えないんですよ!エリア1からずっとですからね。どっからその執念は湧いてくるの?おいらが反撃してるからだけども!報復は報復しか・・・ッ
んで、エリア4でラオの背中に乗ると仰る。エリア4でもへちこへちこされてたおいらはとある作戦を考えます。ラオの背中に乗るには、条件としてラオの背中よりも高い位置から飛び降りる必要があります。そう、エリア4にあるあの歩道橋ですね。あの歩道橋から飛び降りる場合、空中にいるハンターは例えどんな小さな攻撃であっても吹き飛ばれてしまう事は皆さんもご存知でしょう。
黒猫さんの武器は弓。そう、ここは最大の仕返しとばかりに橋から飛び降りた瞬間に狙い打ってやろうと思ったのです。しかーし!チャンスは極めて一瞬です。飛び降りるのを見てからでは間に合わないので、自分の勘と薄れ行く経験を元にして射撃するのです。そのためには精神統一が必要でしょう。狩りの最中もただひたすらに〝黙って〟ラオと真面目に交戦するフリをする黒猫さん。この時点でポンチさんは大いに戒められてたようなんですけどね。まぁそれも作戦のひとつだよね・・・!
こうやって黙ることによって「あれもしかしてこの人怒ってる?あれだけのことで?やっべ、マジやっべ」ってなってる訳ですよ。多分。更に真面目にラオを攻撃。そうする事で、ポンチさんからのアタックはまず無くなります。これでも無くならない様だったら、ちょっと「真面目にやれやァァwww」って戒めてた気がします。自分の作戦を遂行するために・・・!
そして時は来た。歩道橋に意気揚々と陣取るポンチさん。想定しとけって話なんですが、想定外でオトト少尉さんと重なってしまっていて、このままではオトト少尉さんにも被害が出そうだったんですが、きっと戯れと許してくれるに違いないと、あんまり気にする事をやめたんだ・・・。
飛んだ瞬間、もしくは飛ぶちょっと前でも邪魔は可能なので、とりあえずまず歩道橋をラオが通り過ぎる手前から撃ってみたんですが、飛び降りる気配無し。ラオが通り過ぎてからオトト少尉さんが見事にダイブ成功。このままポンチさんも行くかと思われたんですが、見事失敗ヽ(´ー`)ノ
結局かなりの時間黙って精神統一して前フリしてたのに吹き飛ばせないとか・・・。でも良いんです、ポンチさんが失敗したから☆ あれでポンチさんが背中に見事乗って「誰がそんなヘボ矢に当たるか!」みたいな展開になったらたぶん嫌いになってたと思うわー(ノ∀`*)

さて、そしてその日のメーンイベントと言っても過言ではないでしょう。ここに来てようやくお馴染みマガティガになります。ポンチさんと言えばマガティガであるとね・・・。流石に慣れてきたね、ティガにも。嫌いだけど。
そこでですよ。何を言い出すかと思ったら「裸尚且つ太刀で行こう!」とポンチさん。いやいや、裸はやめよう・・・?もうあの惨劇を繰り返してはいけないと思うんですよ。しかもおいら太刀まったく使えないの。最近ぶちぶちやってるキャラも太刀で行くぜーと張り切ったけど、村☆5で諦めてライト使い始めるくらいヘタレなんだってば!大体ガードできない近接武器でアイツに挑んで勝利を収められるのはポンチさんくらいですよ。おいらには自分を包み隠してくれる盾という存在がないとあっという間なんですよ!
と散々抵抗しましたが無駄に終わり、おいらは黒刀Gを背負って。ポンチさんが麻痺太刀だったかな。オトト少尉さんが一万ガバスでマガティガに裸で3人の侍が挑んでいきましたが、見事に玉砕。黒猫さんも華麗に1ゴール決めてますヽ(´ー`)ノ
当然リベンジになるんですが、ここでも裸という事に変化はないんですけれども流石に黒猫に太刀を使わせてはいけないという事に気がついたんでしょうね。太刀縛りの縄が解かれ、晴れて自由の身に!もうデッカイ盾がいるよー!って嬉々として装備を変更したら「盾はダメ」とか言われましたからね。でもオトト少尉さんの片手剣は検問突破してました。俺にだけ優しくない・・・ッ。
ここで何かが吹っ切れたのか、笛とか持ち始めますおいら。麻痺笛ですよ。まぁ笛はいつの間にか馴染みの大変ある武器になったので、多少は使えるような気がするんですが如何せん裸ですからね。ガードが出来ないとなれば戦いに参加するのはあまりにナンセンス吹き専で頑張ってました。この音色に酔いしれろで頑張ってました。

10021601.jpg
おー、クリアー。メッチャテンション上がりましたよね、この瞬間は!(*´艸`)
落とし穴中にポンチさんの麻痺が炸裂し、オトト少尉さんのマグロが唸りましたよね。おいらは落とし穴だろうが閃光中だろうがひたすら吹いてましたけどね。なんとなく思い出したように殴ってただけですけどね!
とはいえあまりに真剣に戦ってましたからね。あんまり面白いことは起きませんでしたけども、大変実りのあるクエストであったと思っております。
それよりも何よりも、集会所出る前にちょっと「カツオのタタキ」の話になったんですね。そこでおいらが「あー、その背中のヤツを」って言ったらお2人からふっつーに。極めて普通に。なんならちょっとこの常識の無い猫に説法でも・・・ていうくらいの勢いで

「 「これはマグロでしょ?」 」

って言われましたからね。なにその普通の注意!なんならおいらが大真面目にマグロとカツオを間違えてますくらいのこの勢い!いや確かに「その背中のー」なんて言われてもお情けで軽くふわっと乗っかるスルーするかくらいしかできませんよ。それは分かってるんですよ。言ってもどう見たってそりゃカツオになんか見えませんよ!もう間違えてるって思われても仕方ないですよ!でも、それでもさぁ・・・、こう、なんか・・・もうスルーしてくれれば良かったんだよ!ヽ(´ー`)ノ

ガバスを作りたいだっけ、ファミ通女王でチケットを集めてその中で「ポンチさんにナルガを練習させてあげたい」っていう想いがオトト少尉さんに湧き上がる訳で・・・。それにはもうおいらも便乗していくしかない訳で・・・。
いやいやそんなのいらないとポンチさんは、少しでもおいら達に嫌がらせをしようと思いついたのが「ハンターズフェスタ」だったのです。
とりあえずこのクエストってだけでおいらは相当なダメージなんですけれども、出てくるモンスターは3頭。ハンターも丁度3人。1人1匹でやれば良いじゃない、黒猫さんは太刀で!と。アホかと。アホかって思うでしょ?黒猫さん太刀使えないのに、ガルルガ大嫌いなのにそれにブッキングさせてですよ。終いには心眼装備でアトランティカ背負ってくる黒猫さんがアホかって言うんですよ!なんなの、正直で純粋すぎる!心が清らか超まぶしい!それはまるで小川のせせらぎの様に穏やかで、大自然のように包み込み、母の愛のように大きく、k(以下は滅却されました)
まぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁ、百歩譲ってその条件を飲んだとしてですよ。おいらは双剣データしかないので比較にならんのですが、ハンターズフェスタに全力で40分かかる狩人なんですよ。ヘタレなんですよ。内訳でガルルガに一番時間かかってるんですよ!20分かかってるんですよ!2人がBCで20分待ちぼうけが出来るってんならおいらもやりますけどね?流石にそれは出来ないじゃないですかっていうか悪いじゃないですか。んで、「もう絶対無理だってー20分かかるってー」って駄々こねまくったら、オトト少尉さんが助けに来てくれました(ノ∀`*) これが仲間のあるべき姿ですよね。始まっておいらが必死になってガルルガと戦ってるのに、いきなり闘技場に出てきて棒立ちで乙っていくなんていう戯れはもう仲間じゃないですもんね。かなり面白かったけどね!ヽ(´ー`*)ノ 絶対にそうなるって分かってたハズなのにポンチさんったら・・・ッ!
オトト少尉さんの手伝いもあって、なんとか10分針で討伐されたガルルガさん。本当にあの紫色の鳥っこだけは嫌いな上に慣れることが無い・・・ッ。
続くティガもおいらも一応お手伝いと称して戦ってみたんですが、ほとんどオトト少尉さんが倒してましたからね。おいらの時は勝手に乙ったりその辺りウロウロしてただけで何もしてない様に見えてたポンチさんもティガとなったらしっかり戦ってましたからね。
そしてお待ちかねのナルガクルガ。おいらとオトト少尉さんは高台で見物です。オトト少尉さんの的確なアドバイス(と少しのちょっかい)とおいらの全力のただのちょっかいの中ポンチさんは極めて奮闘しておりました。オトト少尉さんはボウガンだったので、たまに撃ったりしてたんですが、おいらは決して抜刀することなく、一太刀も浴びせることなくナルガは沈んでいきました・・・。でも粉塵は飲んだりしてたんだよ!閃光もナルガが来る前にちゃんと投げたよ!(`・ω・´)

そして最後のクエストになりました。装備を見ればもう何に行ったのかすぐに分かりますね。

10021602.jpg
まぁ書いちゃってるけども。なにこのテンプレ三姉妹みたいなの・・・。何ってもう外見は髪型以外武器まで一緒ですからね。ポンチさんに至っては防具から武器から作ってもらいましたからね。でもなんだかんだこの装備はあると便利とても。
これはおいらが「重紅殻」が欲しくて行ってもらったんですよね。なんとなくボウガン生産リストを流してたら、ディスティアーレが重紅殻@2で作れるんですよ。使うかったら微妙ではあるんですが、少なくとも素材を揃えておく事は何も悪いことじゃないじゃない。重銃はカホウを愛しちゃってるからなぁ、他のは使いにくい(ノ∀`)
そんな訳で極めて分かりやすいこの拡散パーティ。拡散弾Lv3はカラ骨小+カクサンデメキンだと思い込んでいたりもしてましたが、最終的にオトト少尉さんに通常弾を分けて貰うなんて事態になってましたからね。準備不足で申し訳ないですもの・・・。なんとなく幾度か麻痺とかにさせてましたが、拡散パーティじゃなんとも意味の無い麻痺効果。いやいや、ちゃんと麻痺するんだよって事をね、証明できて良かったですよ。若干疑われ気味でしたからね。危うく嘘つきで終わるところでしたからね!ヽ(´ー`)ノ
そしてこうして手伝って貰ってですよ。挙句ポンチさんに装備を作って貰ってですよ。重紅殻が1個も出ないなんて事があって良いんですかね!良いんですかね!
おいらは忘れてたんですよ!物欲センサーなんて言葉、忘れてたんですよ!でもオトト少尉さんが「物欲センサーで・・・」とか言うから意識しちゃって見つかってこのザマですよ・・・ッ!討伐じゃないと報酬に乗らないのかな?いやいや、ばんなそかな。

重紅殻は出ませんでしたが、大変楽しい狩りの時間でございました。ありがとうございましたー!ヽ(´ー`*)ノ


続きから頂いた拍手コメのお返事です。


・2月14日 20時19分頃>
拍手ありがとうございます。

え、ちょ、何の事ですかもう・・・。あんな辛く険しい事をまして他人にやらせるようなそんな事はしませんよ多分!(ノ∀`)
イーオスーツはだってもう脱げ脱げって凄かったんですよ。もうそれしないとやらないみたいな感じだったか、やるからお前もやれだったかは若干ボンヤリになってきてますけどね。それはうん、しょうがない!ヽ(´ー`)ノ

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/623-8a1546cf

Comment

TAP | URL | 2010.02.18 21:47
カツオがマグロですって、何それいやらs(ry
「ひどいや姉さん!」

非常に楽しそうですなあという光景を尻目に、
一人こっそりギアノスーツを作ってたなんて言えないっ!
べっ、別にスカイプを導入したのだって関係ないんだからねっ///

最大のネックは繋げられるタイミングですが、
アドパでご一緒出来る時はどうぞよしなにーヽ(´ー`)ノ
ポンチ | URL | 2010.02.19 09:53
こんにちわー。

先日はありがとうございましたー。
出だしがいつも一緒で申し訳ないです(ノ∀`)

キリン戦ですが、明らかにキリンよりもBC遊びに力入れちゃってるじゃないですかw
念入れすぎですよ>砲撃の射程の長い放射型
そして罠にも長時間かかりすぎですからねッ!
上で心行くまで遊び倒して来たんじゃないんかーいww
「ざまぁ」ってゆうのは、真剣に戦っている人には口が裂けても言いません。
アレは邪魔し合いが積み重なった上で「早く乙ればいいのに!」ってゆう・・・?ねぇ・・・?
まぁ黒猫さんの口から「ざまぁ」なんて聞いたことないけど(*ノω`)

ラオ戦は、本当にごめんなさいとしか・・・。
邪魔してやろうなんて、ちょっと位しか思ってなかったんです。
仕返しがすごくて「何コノ負けてたまるか」ってなっちゃいましたw
多分キリンとかのうっぷん晴らしたかったんじゃないかなぁ・・・。
その分ポンチの天鱗までガッツリお持ち帰られたので、くそう。

太刀強要するのはですね、立ち回りのお勉強したいとゆう向上心から来ております!
決して嫌がらせとかではございませんよ!
決して乙っちまえなんて、微塵も思ってませんよヽ(´ー`)ノ
逆にガルルガに殺されたの自分ですからね・・・!アレひどいww

にしても大変楽しい時間を過ごすことができました。
本当にいつもありがとうございます(*´艸`)
今度マグロとカツオ間違えたら全力でスルーするね!

ではまたお時間が合えばよろしくお願いしますー。
黒猫 | URL | 2010.02.20 20:56
>TAPさん
周りの方々が面白い方ばっかりなので、それはもう楽しい狩りの時間を過ごさせて頂いてます(ノ∀`*)
まさかのギアノスーツを・・・!TAPさんがギアノスになられて、4匹が揃う所を考えた場合、一番ダメなのはどう考えてもイーオス・・・ッ!
スカイプ導入おめでとうございますヽ(´ー`*)ノ そうですよね、きっと関係なんて無いですよね。たまたまタイミングが合致しただけですよね!

こちらこそ、ご一緒できました時はよろしくお願いします!


>ポンチさん
こんにちはー。

こちらこそ先日はありがとうございました!
決して放射型を持ち出したのは対人戦を優位にするためだけではないんですよ?(ノ∀`)
コストパフォーマンスに一番優れているのが放射型であると自分は思っていまして、やはりそういった部分を鑑みる事でエコの精神にもry
全然あのシビレ罠が壊れなくてですね・・・!いえいえ、あれは遊んでなんかないですよ!列記とした作戦行動のひとつですからね!どんな作戦であったかは企業秘密ですけれども(`・ω・´)
真剣に邪魔してる人にも「ざまぁ」って言わないであげてください。

ラオ戦はお互いに大人気ないくらいしつこかったですからね・・・。最終的にエゲつない事を考えてたのは何を隠そう黒猫さんですが。
キリン戦の鬱憤はキリン戦で晴らしてくれればよかったんですよ!わざわざラオで・・・ッ。そういう事をするから天鱗が出ないんですからね(*´艸`)

そうですよね。決して嫌がらせなんかじゃないし、決して乙誘導じゃないですよね。分かってます、分かってるけど割り切れない。
あのガルルガは逆に助かったほうが奇跡ですものw

全力でスルーしてください・・・ってもあんまり間違えることは無いと思うんですよ!
こちらこそいつもありがとうございますー(ノ∀`*)

またよろしくお願いします!
Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い