FC2ブログ

ペルソナ4 今更プレイ日記 その27

ペルソナ4 今更プレイ日記 その27

雨の夜、午前零時
「マヨナカテレビ」に
誰かが映る

・前回のあらすじ
1週目おしまい。


という事で2週目でございます。2週目はイベントを拾ったり、コミュを中心にやっていきたかったので難易度をビギナーにしておきました。まぁこれが笑いが込み上げるほどゆとりだったので思わず自分ルールで全書使用禁止を下すほどでございました。
個人的にこの2週目で楽しかったことと言えば、一条がまさかチエチャンのことが好きってことですよ。そういえば日曜に誘われたときにチエチャンとばったりあったらキョドってたな、一条。そういうことだったのか・・・。ごめんな、隣で。その告白絡みは海老原あいのコミュ関係なんですが、お前ダッサイとか言うな!キャワイイだろジャージ!スカートの下に吐くジャージより万倍もマシだろうが!いくら寒いったってあんな芋い行動しなくてもいいじゃない!もう高校生じゃなくなっちゃったからどうでもいいけど。なんでも履けば。

あとは男疑惑の絶えない直斗ですが、実はチエチャンのように恋人になれるルートがあるんですね。その中でいつも一人称が「僕」なんですが、我儘ぶっぱで「わたし」と言ってくれたり(声優さんスゲーと思った)、薬師寺さんが正しい行動のはずなのになんか変態に思えてしまったりしておりました。しかし女子の制服着ても女装してる男にしか見えない不思議。やっぱりクマの着ぐるみの中から美女登場の初期設定のままで良かったんや!って言いすぎると直斗は俺の嫁派からお叱りを受けそうですが、ポリゴンの方はキャワイイと思うんですよね。黒髪ショートとかドストライク。正直みったんとか目じゃないレベル。でもイラストがやっぱりおとry

つーことで2週目もアメノサギリを倒してですね、コミュMAXの人たちと挨拶を交わしたところで、1週目と同じ明日の準備のために帰ろうという選択肢があるんですが、これ「いいえ」を選んだらまた街中をフラフラできるんですよ。それだけなのかなーと思わせておいて、実はジュネスのエレベーターを調べると最後の寄り道に行けるんです。ここから真エンディングの道が開かれるのです!こんなの初見・ノーヒントじゃ気が付かないわ!だってフードコートには陽介とクマがいるから、それで終わりなのかなって思っちゃうじゃん!マジアトラスさん鬼畜!

フードコートでこの1年間を振り返る音尾くん。すると続々と登場する特捜隊メンバー!なんだ、みんな考えてることは同じだったのか。1週目はすぐに家に帰ったけど。
いや、改めてそういう風に言われるとやっぱ寂しい気持ちになりますねぇ・・・。いくらゲームとは言っても。まぁチエチャンは推理っていうか思いつきで喋ってただけのところありますけどね。後半なんかヒットだしたりしてたけど。そこガッツリとカットしてたわ。ごめん。
で、改めて思えば特捜隊創業当時のメンバーである音尾・花村・里中・天城の中で、最初にマヨナカテレビのことを言い出したのはチエチャンでした。じゃあチエチャンはどこで聞いたのっていうと、女子の間では試してる人が多くて、そこで風のうわさで聞いたそうな。
確かにマヨナカテレビなんてどっから出てきた話なんですかね。すべての始まりであり、最大の謎であるわけです。テレビの中はまだ霧だらけのあのままなわけですしね。
更にはテレビに入る力ってやつも、陽介以下特捜隊メンバーは音尾くんと一緒に入ったか、生田目に入れられたか。その後ペルソナ能力を得てテレビに自由に入れるようになったわけです。しかし、音尾くんは違います。最初にテレビに入れるようになって、改めて2度目陽介と一緒にテレビの中に入った際にペルソナが発現しています。みんなとは順序が違うんですね。更には生田目や足立もそうですね。生田目は菜々子誘拐のとき、足立は追い詰められたときに初めてテレビに入っていますから、発現するのはその時ですし、生田目に至ってはペルソナが発言していません。即ち、音尾忍・生田目太郎・足立透の3名はペルソナとは違う切欠でテレビに入れるようになったわけです。

そこでふと思い出したように取り出したのはエンディング手前で菜々子が持ってた手紙、黒猫さんが「怖い」といったあの手紙です。差出人は留置所の足立でした。後始末のために、何か少しでも情報をと思ったようですけれども、中身は「(マヨナカテレビのことを)町に来てすぐに、誰かから教わった気がする」「でもそれが誰だったか…思い出せないんだ」だそうです。いやこれ情報っていうか、ますます混乱するだけじゃないか?まぁでも初対面でいきなり「はじめまして!マヨナカテレビって知ってます?」なんてのもおかしな話ではあるか・・・。ってことは、そのマヨナカテレビを足立に教えた奴が怪しいってことなのか?っていうか、これ以上の黒幕ってなんだろう・・・。恐らく人外な予感しかしないんだけど。

ふむふむ、なるほどな。確かにそうなのかもしれない。テレビの中の世界があるからテレビに入れる力があるんだろうし、テレビの世界があるからマヨナカテレビなんてものがあるわけだ。当然、それには絶対になんらかの下地があるだろうな。テレビの中の世界ってのがないのにテレビに入れるなんてそれはただの手品が軟体人間だよなぁ。いや後者はブラウン管で中身抜いたときに限りますけれどもね。
町に来てすぐに音尾くんに起こったことねぇ・・・。なんかあったっけ。堂島さんに会ってガソスタ寄って・・・?とりあえず、最初に出会った人に話を聞きに行くことになりましたよ!

ですよねぇ。うんうん、ガソスタ寄ったのも覚えてる。
・・・?あぁ、そういえば車酔いとかなんとか・・・。ちょ、まさかガソスタ店員?あのガソスタ店員?最初に「疑っていくわー」とか言いつつ2回くらい話しかけて「こいつが犯人とかねーよw」って颯爽と切り捨てたアイツが?マジかよ、そのスタイル貫き通しておけば「黒猫さんマジ冴えてる!」ってなったのに!勿体ない!
イゴールさん、いらしてたんですね。お、闇の衣を取り払う光の玉ですね!
自分がじかに見て、考えた末のものが真実か・・・。見るだけじゃなくて考えることが重要か。なるほど。よし、じゃあイゴールさんもこう言ってることですし、ちょっくらガソスタまで行ってきますかね。雨なのに傘もささずガソスタに!

そりゃ客じゃないなら帰って欲しいのも分かるんですけど、まぁまぁお話ししましょうよ。
・・・挨拶きっかけ?やっぱり、お前が黒幕だったんだな!さいしょにおもってたとーりだぜー。
こっからちょっとしたイベントに突入!なんか見た目どう見ても怪しいんだけど!目とか赤いもの!しかも天パだよね、この雨だとクルックルになんない?大丈夫?
きっかけねぇ・・・なんかありましたっけ。2回もガソスタイベント見たのにちっとも覚えてないわ。会話したくらいじゃ・・・そういや握手してたなー!
なーるほど、この方法で足立と生田目にもテレビに入る力を与えたってことか。それぞれ「希望」(新天地だ!新しい友達出来るかな!な音尾くん)、「虚無」(うわーマジ田舎の所轄とかないわーマジないわ、な足立)、「絶望」(山野アナとは会えないし、仕事はクビになるし、もう嫌だ・・・。な生田目)の役割をもって力を与えた・・・ねぇ。まぁそういう難しい話は各人ゲームをやるように。んで、それぞれの役割が役割をもって人の未来っていうか可能性みたいなのを示すための大がかりな仕掛けがあの1年間だったってことでいいのかな、多分。
しかし音尾くんはそんな簡単に役割を終えるつもりはないぜ。ていうか役割なんかぶち壊していくぜ?なんたってこのゲームの主人公だからだ!

うおーっと、イザナミここで出てくるぅー!

そうなんだーそうですかーだっふんだー相変わらず悪者は話が長い
イザナミが消え、駆けてきたのは創業時のメンバーってのがいい演出な気がした。しかし、アメノサギリ討伐ですべてが終わったわけじゃないのです。真の敵は、イザナミ。天パのイザナミ。

化けてたっていうか、まんまアレで帽子と制服着てただけだったよ?流石に目の色は普通だったんだろうけど。
そうだなぁ。まぁ終わることにこしたことはないとはいえ、これが終わったら音尾くんは帰っちゃうからね。寂しくなるよね。でも、帰っても心のつながりはそう簡単には消えないって。みんな、心の中にいるだろ!よっしゃー!気合も入ったところでイザナミを倒しに行きますか!頼むぜ、クマ吉

そういやここのダンジョンって一番最初に忍くんが夢の中で見たあそこと同じなんですよね。どっからかいつの間にか刀を取り出してたところ。しかしここのダンジョンの音楽が凄い綺麗でよい。
まぁ特に面白い訳でもないので、とっととイザナミのいる場所にやってきましたけれども。まぁここまでで最後の最後にガッツリとレベルも上げました。ペルソナも強力なものを用意したつもりです。いたぶってやんよ・・・いたぶってやんよー!

イザナミ先生によるマヨナカテレビのネタバレ
・確かにアレは人の心をここ(霧の世界)に引き込むための装置である
・しかしマヨナカテレビに何を映すか決めているのは人間たち自身である
・抑圧された心とそれを覗き見てみたい周囲の心。見せたい存在・見たい存在、それぞれが呼応する“窓”

つまり、見たい相手がテレビの中にいればそりゃ鮮明に見えるわけです。ユッキーの例で言えば、最初はボンヤリだったのが、チエチャンが「あれは雪子に違いない」っていうから、陽介と忍くんが意識してマヨナカテレビを見る。するとユッキーはテレビの中に放り込まれていて、鮮明な逆ナン映像が見えたと・・・これで合ってると思われる。
まぁそんな霧の中の世界をマヨナカテレビによって求めだしたのは人間自身であると。見たいものだけが見える世界、だからイザナミはそれを作ろうって活動してるらしいです。お勤めご苦労様です。でもその人間はキャパ以上の他人を理解しようとする、比較でしか自分を定義できないってのは興味深いお話でした。確固たる自分を持つのって難しいし、比較で定義ってのは、いわゆる相対評価でしょ?もう学校とか、そういう部分で定着してしまっているからなぁ・・・。
でもさ、だからってこんな天パに未来を決めてほしいか?欲しくないね!どうせお前アレだろ、みんながシャドウになったらみんなを天パにするつもりだろ!んで自分だけストパーあてるんだろ!許さない、天パは天パで魅力になるようにすりゃいいだろうがー!うおー!ストレートかパーマかは、自らの手で決めるんだー!

でけぇ・・・

おい、もうこのフレーミングは完全に陽介主人公だろ!陽介が一生喋ってるじゃねーか!
イケメン陽介と、忍くんのドアップでアニメーション終了。よっしゃ、やってうやろうぜ!陽介よろしく頼む!あのな、なんか「行くぜみんな!」とか結構張り切って言ってるみたいだけど・・・

お前ら2人で戦ってもらうから

まぁビギナーだしいけるだろー。相棒と2人でさ、こう相棒らしさを見せつけたかったわけ。音尾くんの嫁を戦わせるとか、そういう危ないことはさせたくないんだ。
やる事といえばランダマイザしてガルダインするくらいなんですけども、なんか途中でダメージを食らわなくなりやがってあの天パ。どういうことだーと思ったら、なんかイベント戦闘だったみたいですね。そしてあのイゴールさんに頂いた光の玉を使って闇の衣を剥がしていく!
なんか剥がしたら余計闇っぽくなったんだけどマジでー!気持ち悪い気持ち悪い!いや、大きさ的にはお前の方が何倍も上だよ!よかったな!
ていうか、大きさってよりも音尾くんのペルソナが強すぎるんだ・・・。ヨシツネの八艘飛びが強すぎる。ていうか物理スキルなんかこれだけでいいだろっていうレベル。ダメージそのものは小ダメージなんですが、なんと8回攻撃なんですよこれ。ランダマイザ+タルカジャで恐ろしいダメージを叩きこむことができるわけです。そら2人でも余裕ですぜ。防御面でもランダマイザ+陽介のマハスクカジャでこやつら攻撃を避ける避ける。なんか2人揃って避けるのが気持ちよくなってくるくらいに避ける!
んで、HPが無くなってきたころになんだか「幾千の呪言」なる技を使ってくるイザナミ。するといきなり音尾くんを庇う陽介!ブラックホールから無数の手が伸びているみたいななんかアレに吸い込まれていく陽介!相棒ォォォ!ついでに音尾くんも持っていかれましたけどね。

そこは何もない場所で、音尾くんだけが倒れていました。意識も絶え絶え、死を覚悟したその時・・・陽介の、相棒の声が聞こえたきがしたのです。

音尾・・・まだ、終われないだろ?

そうだな・・・。こんなところで終わってたんじゃしょうがない。まだやるべきことが、できる事が残ってる。

まだいけるさ・・・そうだろ、相棒。

当たり前だ。まだいけるさ、3週目にいくさ!
うおォォォ!999ダメを食らってもひよらないHP1でも食いしばる!今の音尾忍の根性値をナメてはいけない!そして解き放たれるは「幾万の真言」。なるほど、これはイザナミとイザナギのあの話がちゃんと元ネタになってるわけですね。
見せてやるぜ、主人公の力ってやつを!その前にイケメンっぷりも十分に見ておけ。
イザナギさんが白ランになっておる!

おしまい

そうです、人間とは可能性の生き物なのです。進化的にはドンつきかもしれませんが、可能な限りの進歩は見せてみせましょう。
晴れたー!テレビの中の霧も晴れたってよー!そして褒めていくスタイル。天パも最後はストレートになって良かったね・・・!

いや、あるよ。まだマギー姉さんと戦ってないもん。
神を退けちゃったかー。そりゃ新しい世界ができてもおかしくはないな。旅の真の終着点、アルカナ通りってことですね。じゃあ霧の晴れた人の心の世界とやらを見てみますか
クマセンター、ユッキー若干距離を取りつつ、綺麗だな。黒猫さん、心の俳句。

そして1週目と同じくして帰ることになる音尾くん。真エンドですから、多少変わっておりまして。ジュネスのアイドルとして君臨するはずだったクマは向こうの世界に帰ることになりました。あの場所を守る、それがクマが存在する理由であるとしたそうです。じゃあクマとは永遠の別れなのかと思いきや、向こうの世界がある限りペルソナは消えることなく残るようで、テレビの世界へ行くことも可能。いつでも会えるんじゃーん
電車に乗って去っていく音尾くん。スタッフロールが終わると、ちょっとだけアニメーションの追加です。そこでクマが色々語ってくれますが、それはもうゲームをやればいいと思う。わりとベタなことですが、ここまでやると結構心に響くものがあるわけですよ。これまで見てからエンディングの歌聞くと、歌詞が入り込んでくるというものです。
ありがとう、特捜隊



・・・まだあるよ3週目ー!流石にもうちょこっとだけですけれども、ハードでやった3週目のお話は主にマギー戦が中心になっております。
2週目以降、マギーコミュMAX、全ての強敵シャドウの撃破(あの2回目のやつ)で「群青色の招待状」というアイテムが貰えるんですが、これで麗しのマーガレットと対戦できるわけです。の前に、色々と前作も絡んでくる会話があるわけで・・・。エリザベスと前の客人の少年。この時点でハム子はイレギュラーだってことがry エリザベスってのはP3でのベルベットルームの住人ですね。マーガレットと同じような髪の色の色と金色の瞳、青の服でございました。好奇心の塊のような御人でしたけれども。んで前の客人がその主人公であるキタローですね。この辺前作知らないとガチでちんぷんかんぷん。
構成ペルソナはこんな感じでした。メモッてたのはわりと頻繁にペルソナ入れ替えを慎重且つ迅速に行うためだったと思われる。

・音尾忍 Lv99
十握剣 神衣 神の籠愛

ルシフェル Lv94
明けの明星 マハラギダイン ゴッドハンド 瞬間回復 武道の心得 不屈の闘志 疾風反射 メシアライザー

トランペッター Lv73
メギドラオン ジオダイン 電撃ハイブースタ マハラクカジャ ランダマイザ ハマオン 勝利の息吹 コンセントレイト

シキオウジ Lv83
ナバスネビュラ マハタルンダ ミドルグロウ マハタルカオート マハスクカオート 物理無効 マハラクカオート アドバイス

ノルン Lv82
マハガルダイン ガルダイン 瞬間回復 ランダマイザ コンセントレイト 疾風ブースタ 疾風ハイブースタ マハスクカオート

だいそうじょう Lv84
ハマオン ディアラハン 回転説法 闇耐性 闇からの大生還 ハイグロウ ハマ成功率UP アギダイン

ヨシツネ Lv86
ブレイブザッパー チャージ ジオダイン ヒートライザ 電撃ハイブースタ ナバスネビュラ 武道の心得 八艘跳び

コウリュウ Lv85
ジオダイン メシアライザー サマリカーム 魔術の素養 電撃ハイブースタ ハイパーカウンタ マハジオダイン コンセントレイト

アティス Lv88
アギダイン アムリタ マハラクカジャ 魔術の素養 マハラギダイン サマリカーム 切なさ乱れ撃ち 不屈の闘志

タムリン Lv79
ジオダイン デスバウンド 不屈の闘志 五月雨斬り チャージ 電撃ハイブースタ マハラクカオート マハタルカオート

フツヌシ Lv85
気絶防御 チャージ マハタルカジャ ブレイブザッパー アリ・ダンス アドバイス 武道の心得 利剣乱舞

キクリヒメ Lv83
メディラマ ポズムディ 闇耐性 中気孔 ディアラハン 神々の加護 ミドルグロウ サマリカーム

ホルス Lv74
ディアラハン 疾風吸収 マハガルダイン アムリタ マハタルカジャ アギダイン マハスクカジャ 疾風ハイブースタ


・花村陽介 Lv89
マルアーク 神衣 チャクラリング

・里中千枝 Lv88
モーセの奇跡 神衣 パワーマッスル

・天城雪子 Lv86
原初の海 神衣 祝福の手


といった感じ。シキオウジは出落ちペルソナで、メインはペッターとルシフェルとヨシツネ。キクリヒメはアイドルでホルスはペットです。残りは雰囲気。
マギー自体はビギナーの時にも倒してるので、なんとなく動きは把握できてます。とはいえダメージがとんでもない事になりそうなので、操作ミスとか捨て身の回復を選択せざるを得ない状況とか・・・。
装備に関してはもう刈り取る者から手に入る最強装備ですなぁ。アクセはそれぞれ音尾くんが全パラ+10、陽介が消費SP50%、チエチャンが力+10、ユッキーが回復スキル回復量UPですかね、恐らく。祝福の手は結構序盤で手に入って、ずーっと使える良いアクセ。メディラマが後半でも使い物になります。

で、戦闘に入ってですよ。いきなり行動パターンが変わった途端にチエチャンのくいしばりが消費されていく!できればとっておきたいのが本音なんですが、まぁアレが飛んでこないうちに倒してしまえばいいことよ!
弱点ピンポイント攻撃を恐れぬ捨て身の回復ゥゥゥ!
一応女性なんだから、お前、寄って集ってボコボコって・・・いや、やるしかないようだ。この人の目はマジだった。だって、八艘飛びとか使うもの!ガードしてたってそりゃ8回も攻撃されれば死ぬわ!タルンダとラクカジャを別ターンでかけておくことが勝利への第一歩・・・!んで主人公である音尾くんは物理無効ペルソナ一択。
でもなんとか勝てましたー。ちょーっと冷や冷やしたところもありましたが、そこはアイテムもフル活用してなんとか乗り切りましたよ!まぁレベルもかなり高かったですしね、当然といえば当然なんですが・・・。

あぁ、ヤツがいなかったら番長もいなかったかもしれないしな。
自分ってのはエリザベスのことなんだけど、これを聞いてしまったら正直言ってキタローのことを一番考えてくれてるのはエリザベスだと思うんだ。その辺は是非P3Fのプレイ日記もやっておりますので、追いかけてみてください。それか実際にプレイされてみてください。
いや、あいつらどうのこうの尤もらしい理由つけて助けに行かなかったですよ。まぁそれから気を取り直して力をあわせてるなら良いんだけども・・・。この辺もP3Fのプレイ日記をry それか実際にry

この台詞が深いよなぁ。自分探しとかやってるヤツに聞かせてやりたいわー。そりゃ自分なんかその辺に落ちてるわけないしな。自分で決めないといけないんだよな。


◆オマケのオマケ
この全能の真球というアクセサリー。説明通りに「万能属性以外」の攻撃を一切無効化してくれるというなんか無敵に近いアクセなんですが、まぁマギー姉さんはこういう甘えが大嫌いなんでしょうね。


P4_4104.jpg
1ターン目から9999ダメージのメギドラオンをぶっぱしてくる!

P4_4105.jpg
2ターン目も9999ダメージのメギドラオン、なるほど、完全に殺しにくるわけだこの人。これを装備した状態で倒すには、2ターンで15000のダメージを与える必要があるわけですが、どう考えても無理ですよねー。


あとイザナミ戦の白ラン着てたイザナギも作ってみた。手持ち枠12を全部使う合体の割にはガッカリペルソナだったよ!この後は各属性のダイン系とブースターを覚えるけど・・・覚えるけどさ・・・。

ペルソナ全書も100%にしたし、3週目になってようやく全コミュMAXにまでたどり着けたので、P4に思い残すことはもう多分ないです!ありがとうP4!RPG成分は十二分に補給されたよ!


ペルソナ4 今更プレイ日記 ~完


いや、なんてことないことなんだけどさ・・・。

長かったー!

30記事以内に収まってよかったー!マジでー!

という心の叫びを吐露していかないと何かが爆発しそうだったんだ、いや本当。でもそれだけの面白さは十分にあるゲームですよ。「ペルソナ」である必要があったかどうかっていう議論はともかくね。
久々に心底惚れたゲーム音楽てんこ盛りでもあったし、こりゃ神作と言われても仕方がない。

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/822-ecb08ddd

Comment

Mick | URL | 2011.06.19 22:40 | Edit
こんばんは、P4日記完結お疲れさまでしたー!
無事にイザナミさんやらマギー姉さんやらの話も出て来て嬉しかったです(*´ω`*)

マギー姉さんトコ行く前に自分もP3Pやって良かったですわ…!
確かにあれはP3やってないと話サパーリですねぇ(ノ∀`)
個人的には終わりまでに黒猫さんが何回リア充爆発しろって言うのかが楽しみになってましたw

てことでP3F日記も引き続き楽しみにしてますー!
じ、次回満月は…!。゚(ノД`)゚。
黒猫 | URL | 2011.06.20 10:43
こんばんは、ありがとうございます!
もう完全に詰め込んだ感じですけどね、そのお方たちは・・・。だからってひとつの記事にするほどでもなかったし、マギーに至っては装備とかで嵩上げしてますからね。

そういう意味ではハム子はカウントに入らないってじっちゃが言ってた!
あくまでオマケとはいえ、前作やってれば深くお話を楽しむことができますもんね!よし、とりあえずP3F買おうぜ!
しかしキタローといい番長といい・・・なんなの、マジでなんなのあのリア充っぷり。イケメンなのに全くモテている描写のない陽介に謝ってもいいレベル。

次回満月はもしかしてのアルカナ運命ですよねー・・・。目押し頑張ってきまーすw
Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い