FC2ブログ

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 その7

こんにちは、黒猫です。

前回、7つめの扉を攻略していく的なことを書いておりました。スマンありゃウソだった。あれは6つめで、今回が7つめ。正真正銘ラストの扉です。恐らく。
そんな小粋なジョークを挟みつつ、紆余曲折しながらも宣言通りタナトスを作ってまいりました。ここだけどは覚えてます、オルフェウスと合体させることでメサイアが誕生します。
まぁ確認してみてみたら必要レベル90とかとんでもないことになってたので恐らく作らないで終わりそうですけどね・・・。数字的にはも少しっぽいですからね。軽く本気出してもいいんですが、そうなると遅々として進まなくなるので自重しておきます。

で、

今回、最後の扉への突入メンバーは妹・天田少年、そして恐ろしく久しぶりに登場のゆかりッチ。少し前までは全員平均的にレベル上げしてたんですが、いつしかすっかり美鶴先輩と天田少年贔屓になってしまい、気がつけばアイギスゆかりッチのレベル差がとんでもないことに・・・。ちなみに最後の扉の敵の平均レベルは70以上なので、恐らくボス戦ではあっという間に成仏してしまうでしょう。でも、女の子にだって負けられない戦いってものがあるに違いない!
そうと分かれば早速最初のボスのお出ましだ!まずは風花さんのお話を敵の目の前で悠長に聞くところから始まります。
今まで散々見てきたキタローのようなもの。それについて、とうとう自分の中にある可能性について話そうとしてくれています。そうか、やおっぱり気配のようなものだけを見てる風花でももういい加減分かってしまうんだな。よし、もう言ってやれ。プレイヤーももう分かってるから、言ってくれ。

言えよ!

シャドウもそう突っ込んでおります。
しかしこのボスが結構強力なんです。アイギスと同レベルの82であるメティス渾身のブレイブザッパーが93ダメージ・・・。耐性があるのは明らかですが、弱点が分かってダウンさせろにしても全員が打撃しかしないということは、恐らくは弱点なし或いは火弱点ということでしょうか。でも、そんな耐性なんかよりももっと恐ろしい攻撃を彼奴らは持っていたのです。

ムドオンアイギス弱点1moreムドオンSony Computer Entertainment

よーし、気を取り直して!アイギスのアクセを闇無効のものに変更します。もともとは天田少年がつけていたんですが、ホムンクルスはガチ貴重なのでここいらで消費するわけには行かないのです。すまんな、天田少ねゆかりッチー!
そんな恐ろしい被ダメ久々に見たわ・・・。流石に圧倒的レベル差があったんじゃゆかりッチはまるで活躍できないでしょうね・・・。だって道中使ってたガルダインが与ダメ50とかだったもん。そりゃしょうがない、彼女のせいじゃない。
ていうか気がついたらアイギスだけで戦ってましたからね。予想通り目玉野郎は火が弱点。見切り持ちでしたが構わずマハラギダインを撒きながら、危なくなったらディアラマで回復。なんと安定することでしょう。メティスも結局運次第ですからね。攻撃も打撃主体なので勝手にドンドンHP使っちゃいますし。死んでオルギア解除作戦もそこまで有効とは思えず、結局目玉がいなくなるまではアイギス1人、円盤だけになったら全員を生き返らせておしまいっと。レベルって偉大。

更に奥へと進みまして2回目のボス。武者系3匹となかなかカッコイイ構成ですが、その前にやっぱり風花さんのお話タイム。思わせぶりなことを言っておりますが、まぁきっと会えるんでしょうね。いそんなことよりも目の前のボスに集中していこう!さっきのボスが相当手強い相手でしたからね、この武者3匹も一体どんな恐ろしい技を使ってくるやら・・・天田少年貫禄の勝利ポーズ
いや、なんか打撃主体の連中で弱かったですなぁ。絶対に出てくる順番が違うと思ってしまったもの。いや、適正レベルであればその印象は大分違うのかもしれませんけど。あとゆかりッチ外して美鶴先輩入れたのもあったと思うけど。


はてさて、そんなボス戦を終えて遂にやってきました最後の扉、その最奥でございます。一体そこに何が隠されているのか、この場所はどんな場所でどんな意味が・・・なに、またそのパターンなの風花ちゃん。その現場に出てきてから「そうだ!」とか思い出すのやめてもらっていいかな。伝えることはちゃんとラウンジで伝えよう?それくらいはしっかりやろう?
そして解き明かされる謎。っていうか風花の口から出てくるのかーそうかー。タルタロスがポーンと出来たから、その反対側には大きな穴ができて、その穴が時の狭間であると。10年前に発覚していたのですが、どうやらタルタロス消滅と共に消え、こちらが手を出さなければ無害の存在と判断されていたようです。そして二次的に生じたこの地形にシャドウなどの存在はないだろうと・・・。何もかもが間違ってますけど。消えてない上にシャドウいるけど!教えて妹ちゃん!いや、まぁそれが何かってのを知るためのモノでもありますしね。

この場所にも勿論あります、上映会場に繋がる扉。美鶴先輩曰く風花・妹・アイギスの過去は見なくてもいいから上映されないとのことでしたが、それ以外の誰かとなると果たして・・・?いやいや、ゆかりッチもそんなん言い出したらゲーム上における大半の会話イベントがなくなってしまうからね!そういう仲間との議論とかで結構もってると子あるから、ここは我慢しておくれよ。
メティスが言うには、この扉にその原因があるとかないとか。つまりは、戦闘になる可能性もあると。いやぁ、どうやらこれで決着じゃなさそうな香りがプンプンしますが、早速扉を開けて上映してもらいますか。その原因とやらを。


おめめが恐いよ、アイちゃん。
どうやらここはアイギスが以前語っていた「彼を追いかける夢」のような、そんなものみたいですね。後姿を見て懸命に追いかけるも、全然追いつかないわけです。そして最後には転んでしまい、見失ってしまう。
キタローを守るということを生きる証と決めたアイギスは、その彼を失ってしまったことで生きる意味を見失ってしまっていたんですね。こんなに悲しいのは自分が心を得たからなわけですが、あまりの辛さにその心すらをも手放してしまいたいと考えるようになってしまったのです。ゲーム冒頭ではそういった夢を何度も見ていたが、いつからかそんな苦しみもなくなって、眠ることも出来なくなって、などと語られておりましたが、それは果たして・・・
さて、今上映されたのは今までと違ってペルソナに目覚めた切欠の時ではありません。では何か。なんかゆかりッチが半ばキレ気味に答えを教えてくれます。
そしてそのワイルドの目覚めが今回の事件と何が関係あるんだ、という疑問が当然浮かび上がってきますが、大事なことはそれじゃないんです。そう、大事なのは「キタローがいなくなってしまったこと」。その想いこそが、今回の事件の原因だったのです。
そしてその想いはバケモノとなって彼らを襲いに来るようです。メティスよく知ってるなー

よぉ、久々

そして懐かしい召喚ポージングを取って戦闘開始です。全体的に真っ黒ですが、その外見は全くもってキタローそのもの。戦いでは片手剣を使い、ペルソナを駆使して勝負を挑んできますがこれまた結構トリッキーな展開で、まず召喚してきたのは元アイギスのペルソナであったアテナ。次に天田少年のカーラ・ネミ。最後に美鶴先輩のアルテミシア。とパーティメンバーのペルオナを次々に使ってくるのです。当然順平がいればトリスメギストス使ってくるし、真田先輩がいればカエサル使われます。
まぁ氷属性最強スキルのニブルヘイムとか平気で使ってきますが、こっちには最大の武器、レベルがありますからね。もうそんなものは関係ないんです。敵が1体しかいないなら余裕ってなもんです。悪いが敵になったヤツに気を使うほど甘くないんでね・・・!黒猫さんはゲームにおいてはどんな事情があっても裏切って敵になったヤツは容赦なくボコボコにできてしまうタイプ。口では「辛いわー。やるせないわー。心が痛むわー」とか言ってるけど、行動に現れない勘違いされやすい可哀相なタイプ。

で、

倒した後、若干グロいっていうか、気持ち悪い感じになりつつも彼の面影を見たりなんかするようなムービーが入り、ヤツの身体は大量の青い蝶となって拡散して消えてしまいました。
それはあまりにもシャドウで、そのシャドウがペルソナを使っていたことに驚きを隠せない順平ですが、ここでメティス先生による猿でも分かるペルソナ講座。
似たような台詞ズッコケ刑事も喋ってたなぁ。まぁあんまりにも長台詞だったんでP4日記ではバッサリいきましたど、つまりはそういうことだ。ペルソナを使うには自分の負の部分と向き合わないといけないんだ。
で、ついでにもうひとつつまり今回の事件の原因はみんなのペルソナにあったわけです。キタローが死んじゃった現実ってものを今ひとつ受け止め切れてない彼らの想いがペルソナを通じて、この時の狭間に影響を与えてしまったと。

グダグダと話してきましたが、原因はさっきのヤツでそれを倒したんだからもう外に戻れるんだろ、っつーことで寮に戻ろうとしたその時、メティス以外の全員の手に謎の輝きが。なんだなんだ、みんな聖爪術でも手に入れたのか。
いや勿論聖爪術なんかじゃなくて、それぞれが手にしたのは鍵です。8つの鍵。OPでも鍵は結構な存在感を放っていた重要なファクターなんですが、ここにきて漸くイゴールさんの台詞が理解できることとなりました。
その鍵を使えば外に出られるし、あるいはもうひとつの扉、キタローの部屋の扉を使えば過去へ戻れるといいます。この空間から外に出れば時の狭間は消えてしまうので、過去の扉を開ければ今までの上映会ではなく、本当の過去に戻れるらしいです。ちなみにこの時点ではっていうか、ゲームを通じて過去に戻れるモノ最大の問題点であるような気がする“過去の自分”については一切触れられません。過去に戻るとそこにはその時点の自分がいるのか?はたまたその時点の自分は今の自分と置き換わるのか。過去に戻る選択肢ってのは、つまりはキタローを助けることができるかもしれない選択肢ですが、その部分は結構重要な気がするんだけどなー。ま、とりあえずそういう込み入った話はラウンジのソファーにでも腰掛けてジックリと・・・

全然違うじゃないかーッ!

どうしてこうなった
さて、悠長にもしていられないハズが悠長に今後の話し合い。つまりは鍵の使い道ですね。現在に、つまり4月1日に戻るのか。はたまた不定ではありますが過去に戻るのか。
天田少年と真田先輩は現在派。命を賭して救ってもらったこと、命を賭すことを選択したキタローの気持ちを無駄にすることになるかもしれないと。無理矢理にでも受け入れて現在を生きることがキタローへの応え方なんじゃないかとお2人。
ゆかりッチも散々「昔のことなんかどうでもいい」「前を向くだけ」と言っておりました。そりゃ当然現在派かと思いきや、超未練たらたらで、しかもよりによってニュクスとの決戦前に戻りたいとおっしゃる!お、落ち着け。忘れちゃった?アレ、ハルマゲドンで9999ダメ叩き出したチートみたいなアレで倒したんだよ?
確かに過去に戻るって言う選択肢は全然あるんですよ。その1年間を全て台無しにするとかそういう理屈じゃなくて、単純に主人公を助けたい。可能性に縋りたいと思うのがコレRPGキャラのお約束ですし、その数パーセントを掴み取るのが王道ってものでしょ。
でもなんだろう、そういった熱意を持ってるのはゆかりッチだけで、立ち位置的に恐ろしく嫌なキャラに見えてしまうのがもうなんか可哀相。
真田先輩はハートが強すぎてお話にならない。
また、人間っぽさで言えば順平もそうですね。アイツのことは助けたいけど、ニュクスともいっぺん戦うのは流石に恐いっていう感情。かなり悪く言えばゆかりッチの言う通りです。そして全員その通りです。
熱くない、全然熱くない・・・もっと熱くなれよ!主人公助けに行ってやろうよ!ドライよな、みんな!いいけど、それでもいいけど!

でも意見がまとまらないんじゃ鍵は合わさらない。全ての鍵を合わせた時に扉は開くのですから、結局はひとつしか道がないわけです。どうしても欲しい。どうしても助けたい。そう願うゆかりッチ・・・。欲しいものは、そう

 そう、関係ないね
=ア殺してでも奪い取る
 譲ってくれ、頼む!

まさかの仲間割れ発生です。メティスはこれを聞いても極めて冷静にアイギスを守ると言いますが、別に仲間内でモメるのはいいけど、少しはアイギスのことも考えなさいよバカどもーッ!とアイギスのことでヒートアップ。まぁ皆はなんとなくなんでキタローが死んじゃったのかっていう答えを持ってるからなぁ。厳密には知らなくても、天田少年が言ってたようなことが共有されてるんだと思うし、今回の件とはあんまりに状況が違うし、そういう発送にならなくても仕方がないと思うんだ。
ていうかアイギスはどうしたいの?過去に行って守るべき人を守りに行きたいのか、守るべき人が守ってくれた人たちと生きたいのか。
グダグダ言ってたら、ほらゆかりッチがキレちゃったじゃない。ヒロインっぽく本編では終盤辺りまで立ち振る舞ってたのにね、なんかいきなり機会娘に心とやらが覚醒した途端に色々もっていかれちゃったわけですから、そのお怒りも分かるってなものです。

で、ちょっと整理してみると「現在派・真田組(真田先輩・天田少年)」と「過去派・ゆかり組(ゆかりッチ・美鶴先輩)」が真っ向対立しています。美鶴先輩は父親を亡くしたときにゆかりッチに支えてもらったため、何があっても彼女を助けるという思いを貫いた結果になっているので、過去か現在とか関係ないです。
順平は中立って訳でもなく、まず頭に血が上ってるのをどうにかしろと。こんな大問題を「奪って、使われて」なんてされた方は今後どうするんだよ!というなんか大人な意見。ちなみにコロマルも順平についてます。
アイギスはふわふわ状態。ていうか仲間同士で戦うなんて君たち正気なの?くらいには思ってます。これを守るって言うメティスとコンビを組んでるので、実質4組が微妙なところもあるけど対立しているって言う状況ですね。

さて、ころ・・・倒してでも奪い取るのは喧嘩じゃありません。決闘です、決闘。なんでか知りませんけど、そんなことをするのにお誂え向きな場所をメティスは知ってるらしいです。この子は本当に時の狭間のことは何でも知ってるね!

どこ、ここ!?

いやはや、しかし大変なことになってきましたね。仲間同士が割れてしまうなんて、いくらなんだって悲しい出来事過ぎます。ゲーム的にこのままで終わってしまうバッドエンドは考えられないにしろ、もうちょっと有意義な解決方法はないもんなんですかねー。高校生っても、まだまだ考えの至らないお子様ってなことなのかもしれません。
ちょっとここは大人の方にご意見いただきましょう。どうですか、親友の手によってこれからの世界というものを託された彼らのものの考え方というのは?

P4_TA02.jpg
そうかーメンドくせー考え方かー。
足立さん、ありがとうございました!それではまた次回、さようならー。

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/847-320b0ac9

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い