FC2ブログ

ペルソナ3FES -Episode Aegis- 今更プレイ日記 その8

こんにちは、黒猫です。

前回、遂に仲間割れを起こしてしまったSEESメンバー。それぞれが思う“真の鍵”の使い道を巡る、妥協点のない戦い。それを演出するのは闘技場。まさに血で血を洗う、欲望渦巻く戦いへとその身を投じていくアイギスたちなのであったとかないとか。
ま、流石に殺してでもってのは冗談ですけれども、真剣勝負である以上はそれ相応の代償が伴うのだそうです。ていうかいくらペルソナ使いだからってアイギスの銃弾まともに喰らったらさ・・・ガッキー先輩みたいになっちゃうんじゃ・・・。

生まれ:闘技場

おぉー、扉の向こうはなかなか物々しい感じになっておりました。
そして初戦の相手は真田・天田組。川原とかで夕陽バックにやってもいいですけどね。なんて青春の1ページ。そういや風花の存在はサッパリ忘れておりましたが、これから風花さんはほぼ名前を呼ぶ係と化すので忘れても一向に問題ないと思います。
一応、ゲームのシステム上の都合ではありますが風花はこちらについてバックアップをしてくれます。ていうか大丈夫ですか、先輩。そんな気前よく情報係をこっちへ寄越して。OPじゃかっこよくアイギスと戦ってたけどさぁ・・・。
悪いが・・・マハラクンダも覚えてないお前に・・・負ける要素は無い!

勿論ガチ戦闘です。まぁ正しくは怪我って言うより破損だと思うんですけどね。大体アイギス破損させたらお前らで治せんのか、あん?とりあえずスカアハ先生やっちまってくだせー
おい、アンタそんなの使えないだろ!
RPGの不思議といえばコレですよ・・・。なんで敵が味方になった途端能力値がガクッと下がるのか。チャージてあんた・・・。ていうか、真田先輩物理スキル覚えないっていうか全部忘れちゃうじゃないですか・・・。しかし真田先輩の「ペルソナ!」はかっこよかったなぁ。本編では召喚時に「ペルソナ」って言って召喚してくれるのが(たしか)アイギスだけなんですが、後日談では多分敵になればみんながそう言って召喚してくれるっぽいでなぁ。
で、サクッと倒して戦闘明けにいきなり消える敗者の2人。そのまま闘技場上部にある松明のようなところに炎としてなんかアレがコレで・・・そうなのかー。

謀ったなー!

別に火は燃えてないからね。燃焼という現象によって火が生じてるわけで、燃えてるのは木であったりするような何かだからね。いくら妹ちゃんでも俺は揚げ足を取っていくよ、きっちり取っていくよ。
でもまさかそんな風に謀られるとは思ってなかったアイちゃん、すっかりスネてしまいました。これにメティスも少なからずショックを受けますが、嫌われようともアイギスを守るという確固たる意思を持っているようです。一体彼女を何がそんなに駆り立てるんでしょうかね。

ほんでもって2戦目。2戦目はお前ら全員頭冷やせバカ派の順平・コロマル組。なんだかんだ順平はコロマル含めで全員と戦いで得た絆云々置いても単純に仲が良いですから、今の状況は本当に辛いんだと思うんですよね。
そしてそして、信念を持つゆかりッチと揺らぐアイギス。これではアイギスに勝ち目は無いと。でもゆかりッチもそれは同じで、こんな全員がバラバラの状態で過去に戻ったとしても、キタロー以上のことをやってキタローを救い出すなんてことは到底出来ないと。本当に順平が一番大人なんだけど。
でも譲れないものがあるってことも分かってる順平。お互いがマジで、それでも道がぶつかるんなら、仕方ねえ時もあるさ。ですってよ!キャージュンペイサーン!
ぃよっし、順平は敵って感じというよりは、覚悟を確かめてやるみたいなそういうカッコイイポジションなのでふんじばるのも申し訳ない気がするんですが、負けたらゲームオーバーだものな!やってやんず!
順平よ、お前もか

そうだな、根底にある部分ってのはみんな同じだったはずなのに、いざそのチャンスが巡ってきた時、各々の物の考え方とかが出てきてしまうのかもしれないな。アイギスとしては、自分の答えは決まってないものの、でもやっぱり傷つけあって決めるって言うことだけが今はとにかく納得が出来ないし、なにより既に4人(正確には3人+1匹)と戦ってしまったことが心苦しいわけです。
だから戦うことから逃げてしまいたいと。いやいや、待ってくださいよ姉さーん。
ここでメティスが自分のことについて漸く語ってくれました。何度かメティスに「お前は何者なんだ」と問いかけていたわけですけれども、その答えはずっと無言かはぐらかすか。しかしその理由はいたって簡単で、メティス自身が自分について何も知らないからなんですね。
さっきもちょろっと出てきたように、メティスが目を覚ましたのはこの闘技場で、そのとき自分の中に確固たるものとしてあったのは「姉妹がいる」ことと「その姉妹がもうすぐ死んでしまうかもしれない」ということ。当初、それは時の狭間があるせいだと思っていたメティスは、その発生原因だと思われるSEEメンバーを消そうとしました。しかし、本当の死の原因は“ワイルド”の力。キタローもこの力に目覚めて命を落としているんだし、アイギスもきっとそうなってしまう。何よりその目覚める切欠は天田少年がボッコボコにされていたからで、自分で切欠を作ってしまったことを深く後悔しているんですね。
でも、死んでもそれでも構わないくらいのアイギスの言葉を聴いて、泣きながら「死んじゃヤダ!」。鍵を無くしても、自分の命をあげると。だから私を一人で残していかないで・・・なんて、まるでキタローを失ったアイギスのように、泣きじゃくるメティス。
それを見て、まるで自分と一緒だと思ったアイギスは心をお姉ちゃんモードへと切り替えます。鍵を渡して、命を失っても・・・なんて生きることから逃げてたのかもしれないと自らを反省し、ひとつの覚悟を決めるのです。

反省メティスあら可愛らしい

さて、最後の戦いに備えてアイテムでも補充しましょうか。こんな具合に
よーし、頑張るぞー。

ほぅ、既プレイか。
ということで3戦目、最後の刺客となりました岳羽・桐条組です。目的は決まったか?ときかれましたが、別に命まで奪ってないんですよ、美鶴先輩。葬るなんてそんな、もしもの時のために地返しの玉も買い込んで来たんで!
そうだな、大切で譲れないものは絶対にあるよな。っていうかそれ順平の受け売りじゃね?いや、気合はいってるのはよろしいけれども!
女の戦いになっていく予感がするぜ・・・!張り合いが出てきたとか、なんかドロドロのメロドラマな展開になっていく予感。しかし譲れないもののための戦いですから、ここは全身全霊で相手をするのが礼儀ってものだなぁ!
怪我どころじゃない辺り、天田少年とは覚悟の違いが見て取れます。
えぇー!?
なんてこったー!?
君ら・・・遂に覚えるはずの無い物理スキルを・・・!しかも美鶴先輩に至ってはニブルヘイムまで使ってくる始末!いや、それ普段温存でもしてんの?ちゃんと使おう?美鶴先輩はもうテンタラフーとかいらねぇからニブルヘイム覚えてください。

いや、ここまでの3組で一番苦戦したのなんだかんだ真田・天田組だったな・・・。どれもあっという間といえばあっという間だったんですが、ディアラハンとハマオンはズルい。あと真田先輩は「ペルソナ!」がなー。くどいようだけどカッコよかったなー。結局・・・使ってあげることができなんだ・・・。すまない・・・。

さて、全てのペアを倒したことで8つの鍵を手に入れたアイギス。これが融合し、遂に真の鍵を手に入れました。ドラクエで言うところの最後の鍵みたいなもんだね!
そして、真の鍵を手に入れたので仲間たちも無事に復帰。買い込んだ地返しの玉を使う必要もなさそうです。けれどやっぱり諦められないのが人間ってなもので、ゆかりッチが真の鍵を奪い取ろうと仕掛けてきます。機械の力に勝てると思ったか小娘がー!
え、なにそんな設定あんの。
そうだな、ゆかりッチにだって心に秘めた想いがあるよなぁ。すげぇ切ない・・・。まぁ本当にゆかりッチが過去に戻りたいと思う理由にこれ以上のものはないですし、それに理屈なんかないですよね。むしろ孤立無援のようなゆかりッチの後日談での立ち回りですが、心境としては一番理解が得られるもののハズなんですよねー。いや台本が全然ゆかりッチに優しくないだけで。
泣き崩れるゆかりッチにそっと近づく美鶴先輩。過去を忘れて前を向くこと、忘れるなんてことは本当は出来ない。結局、それは向き合うことをやめて逃げてるだけで、傷口を見て見ぬフリをしているだけ。それでは傷が癒えるることは絶対にない。そんな事を言えば、早速ゆかりッチも噛み付いてきます。多少時間が解決してくれることはあると思うけどね。人間ってうまいこと辛いことって忘れたりできるようになってるんですよね。まぁそうやって忘れていってしまうことに嫌悪を覚えて落ち込んだりもするわけですが。
でもなぁ、そんな時に支えてくれるのが仲間なんじゃなかろうか。それが絆なんじゃなかろうか。別れが辛くて悲しいのは1人だけじゃなくてみんなのものなのだから、みんなで乗り越えていけばいいじゃない!

だから、見に行こう

本編最後、キタローはベルベットルームから“何かを見て決心”しました。それが一体なんだったのか、そしてどうなってしまったのか。過去を見れる扉を使って、見に行こうぜ。
でも上映会の扉は全部消えて・・・あぁ、なるほど。寮の中のアレか。全員の意思反映でポロニアンモールに繋がったっていうご都合だったのだから、あの時を見たいと望めば、そうなるってことね。
みんなでやいのやいのと話していたら、急にその輪の中から離脱してしまうメティス。どうした、また誰か子ども扱いしたりしたかい?姉さんに相談してみ、そいつ撃ち抜いてくれるから。
ば、ばかたれー!今までずっと付き添ってくれてたじゃない!どの扉の中だってずっとパーティーにいたメティスを、ここで連れて行かないとか言うアホみたいな選択肢がこの世の中に存在し得る訳がないだろぉー!いい、いいんだ!一緒に行く理由が欲しかったら、俺が教えてやろう!可愛らしいから一緒に来るんだ!あとオルギアパネェっす!
お姉ちゃん!
お前もな。

人はそれをご都合主義というけれど、まぁゲームがご都合主義じゃなかったら結構なストレスですけどねー・・・って、ひとつ残しにも理由をつけていくー!確かに上映会が終わった扉は全部消えてるんですよね。役目がなくなった扉は消えるわけだから、今回の原因であるキタローの姿をしたシャドウを倒したのだから、もう戦いはないハズ。この決闘は勝手に始めたことだし。でもポロニアンモールへ続く扉は消えていない・・・ということ。ということは、俺たちの戦いはこれからだ!っていうパターンか。
いいじゃないの、どんな強敵かは分からんけど。見せてやろうじゃないの、絆の力ってやつを!

扉を越えた先は、扉でした

あの時に戻りたいと願って扉をくぐった先には、もうひとつの扉。すなわち、準備を整えてから突撃するがいいというアトラスさんからの優しさ・・・。まぁそりゃ仲間割れイベントから一気にラスボスって流石に乱暴だもの。
んじゃ、リーダーらしく最後まではりきっていきますか


ゆかりッチシャワー
の前にシャワーでも浴びていこかー。


次回、最終回ッ!

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/848-0abf9abf

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い