FC2ブログ

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その5

前回までのあらすじ

 ミボ爆誕(マーリンドに到着しました)


LOAD GAME

 いや、なんかさぁ・・・。このプレイ日記全然進まないんですよ。なんですかね、もう5回目だっていうのに序盤も序盤。もうプレイと内容が全然紐づいてないんですもん。一体何が原因・・・あぁ、そうかそうなんだ
というわけで疫病の町マーリンド。ここでアリーシャがお仕事があるっていうんで、そちらをお手伝いしながら導師としてのお仕事をしていきましょうか。
わんころもっちが苦手なミボ、戦闘でも恥ずかしげもなく背を向けて大逃走大会ですコノヤロウ。
街中に蔓延る憑魔を倒しつつ、情報を集めるべく町の人々に話を聞いていますが、もうそりゃこんなモンがあれば病気にもなるってもんです。なんだこれ、気持ち悪い。

なんかドラゴンおるよ、この町!

なんだ序盤で随分な派手な町を出してきたじゃないかぁ。件の霊峰でボロッカスにやられたけど、こいつはパピー。ドラゴンの一歩前くらいのヤツですからね。すっごい頑張って戦闘ランクもイージーに下げて、武具屋やら敵からのドロップで最強の装備に身を固めれば今すぐにでも倒・・・ですよね!

なに言ってんだ、お前

このマーリンド、こんな疫病に塗れる以前は芸術とかで栄えていた場所なんだそうです。これにはミボもやや興奮気味。それ由来?の美術館、お化けでも出そうな寂れた場所なんですが誘われるようにその中へ入っていくと裸の男像で盛り上がる女子たち。ミケランジェロに色めき立つ中学美術部部室かここは。なお男子の興味はまったく別のところにある模様。こいつらはにはブレずにずっと遺跡オタクでいて欲しいね・・・。
奥地でデュラハンみたいなボスを倒すとそこからなんかマスコットみたいなゴリゴリに狙ってきてる小動物みたいなキャラクター登場。あぁ、これエドナの傘にぶら下がっているやつだ。関西弁で喋る謎の生き物。なんだろう、嫌い。いつかブタザルみたいに気にならなくなるんでしょうか。ていうかもうブタザルでいいでしょ、この子たち。そんなブタザル、もといノルミンと呼ばれる天族の一種の力を借りてドラゴンパピーを倒しました(ド割愛)
ドラゴンパピーはある天族でした。とっても反省しているみたいだったので優しくアリーシャを差し向けてみました。天族に謙させたら右に出るものはいませんからね。上手く天族の自尊心を擽りながら、自らの希望は通していく。王族ならではの怖いもの知らずな我々パーティの兵器と呼んでもいい。と、思ったらなんか逆に心配されていくスタイル

で、

割愛した部分に傭兵団の存在があったんですが、 その辺りも巻き込んでなんか近くで戦争があるそうです。これまた早い段階で戦争きましたね!もうテイルズったら戦争ですもんね!いつも人と何かの物語なのに、人は人でずっと醜い争いを続けている・・・。因果なものです。戦争、早くなくなるといいですね・・・導師もその目で確かめ、なんだってー
まさかスレイの目がそんなことになっているだなんて思いもよらなかった・・・!ただの眩暈だけなのかと思ってたのに。これが従士契約の代償、いやいや流石に重すぎる。五感を塞いでアリーシャと天族を会話させてたとかなんか関係があるのかしら。とりあえずアリーシャ離脱するんだろうなぁっていうおぼろげな予想。

面通しもありつつ・・・

そんな戦争ですがうっかりマーリンドの外に出たらこの間の合コンには来てなかった人登場。団長殿だそうで、なんかアリーシャがニセ導師を使って国政に逆らっている罪で拘束された模様。ただしスレイがこの戦争でハイランドが勝利するように力添えすればその容疑も晴れるであろう、と。大人の汚さを存分に知るRPG
まぁいいでしょう。この導師スレイ、目の前の人間も救えなくて、世界再生なんてやれるかよ。アリーシャ姫のためなら例え火の中水の中草の中森の中土の中雲の中アリーシャのスカートの中、どこへでも馳せ参じ・・・邪魔だ、マカンコウサッポー!スカート云々のところでドン引きされてた。
で、
スレイの圧倒的超人的パゥワーによってローランス(相手国だよ!)の兵士どもを赤子のちぎっては投げるがの如く次々に退け、その悪魔のような力に慄く兵士たち。はっはっは、私をあまり怒らせないほうがいい

わぁラスボスっぽいの出てきた

この穢れそのもので出来上がったような憑魔、ヘルダルフ。これが所謂「災禍の顕主」だそうで。その圧倒的パワーの前に天族の皆様との通信が途絶える。そして周囲の兵士たちも穢れに飲み込まれスレイに一斉に襲い掛かる!神衣化も当然できず、ボロボロの体で受け太刀するのが精一杯のスレイ!どうするスレイ!明日はどっちだスレイ!
そしたら暗殺ギルドの人が助けに来てくれました。まぁハッピーちゃんだこと。そのままスレイは担がれて崖下の川へと転落していくのでした。これは恐らくヘルダルフがライオンのような格好をしていることから千尋の谷に我が子を突き落とす的なオマージュに違いありません。恐らくヘルダルフとスレイには血縁関係があるものと私は睨みましたよ!答えが分かる頃にはこれを書いた事も覚えてないから予想を立てる意味がないのだけれどもね!

あ、セキレイの羽の人じゃん

そりゃあこんなところ見られたら明日の教室中で噂になっちゃいますからね。ということで、暗殺ギルド「風の骨」は「セキレイの羽」のもうひとつの顔なのでした。恐らく漏れなく全員暗殺者兼商人。ロゼはこのチームの頭領たる存在なのです。そんな頭領をえっちらおっちら担いで移動しているとなんか敗残兵狩りの子供たちとか登場しますがなんか良く分からないまま去っていきました。闇雲に殺したりしないんだよアピールのためだけに雇われたエキストラだったんでしょうか。
まぁまぁ、スレイ一行もうほうほうの体ですので、ここはひとつ風の骨アジトで身体を休めましょうということで一夜を明かします。その頃にはすっかりスレイも元気になって、という感じなんですがどうやらロゼには霊応力があるそうなんです。そんな描写は一切なかったような気がしたんですが、まぁ天族の方々がそう仰るんですから間違いないんでしょうね。
その割には全然見えてないないじゃないか、いやいやとりあえずアリーシャにやってみた方法を試してみようじゃないかとやってみたらエドナ大明神のいらん戯れによってスレイくんまさかの顔面グーパン。ちなみに良いキリモミ回転で2メーターは吹っ飛んでたと思う。そんな笑って済ませられるようなぶっ飛び方ではなかった

はてさてこのアジト、中に遺跡がありましてですね。この遺跡を暇つぶしに暴いていこうじゃないかと。途中、ロックなお兄さん「デゼル」に声をかけられたりしましたが、なんやかんや言ってどうせすぐ後で仲間になるんです、今はスルーでいいでしょう。(ひどい)
そんなことより遺跡内部。一緒についてきたロゼ(ちなみについてくるにも理由があって、導師の存在が世界にマイナスの影響を及ぼすんじゃなかろうかだったらサクッと一発あの世行きを企んでるっていうお前ムラサキか引っ込むやつに変えてやんぞみたいなポジションの人)のワクワク好奇心レバーは倒すしボタンは押すし作戦によって部屋に閉じ込められ、時限付きっぽい毒ガス部屋からの脱出を迫られたり敵がボタボタ降ってきたりと散々。ここにきてトラブルメーカー加入ですかぁ・・・?
そんなロゼも奥地で憑魔に襲われたってんなら大変です。急いで駆けつけて、すったもんだしてたらあたしも戦うー言うて、お待たせ言うてもう神衣になってんの

そんな憑魔もやっつけて、ついでにデゼルにも仲間になってもらいました。彼が仲間になってくれる理由はロゼにあるようなんですが、彼の口から出た言葉は「復讐」。昔、恐らく今の風の骨のことだと思うんですが、「風の傭兵団」というところに所属していたデゼル。ある憑魔のせいで犯罪者扱いされ、風の傭兵団はなくなって陰の存在としてでしか動けなくなってしまったという。その憑魔を殺すべく、その手伝いもしてもらうべく、スレイ御一行に仲間入り。復讐などといかにも速攻で穢れてしまいそうな重い気持ちを持っているデゼルですが、それでも穢れなかったのはロゼのおかげなのではないか、このままロゼと離してしまったらそれこそ憑魔になってしまうのではないか。だったら傍に置いておこうで満場一致。なんかエドナが恐ろしいことを語り始めたのだけれど、もうこれ絶対何かのフラグじゃん・・・!

さぁ相手国であったローランスに行こう!ってところで今宵はこれまで。
・・・なんかロゼもわんこって言ってたからこの世界では犬をわんこと呼ぶのが正式なのかと一瞬血迷ったけどアリーシャが「ミボ様は犬が苦手なんですね」って言ってたから違うなって・・・。わんこ・・・。にゃんこの登場はよ・・・。

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/929-cd184e95

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い