テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その6

前回までのあらすじ

 戦争のない世界を。穢れなき世界を。


LOAD GAME

 戦争のない世の中を実現させるべく、ローランス帝国へと進軍するスレイ一行。新しく迎えたロゼとデゼルと森の中を駆け抜けていきます。ふむ、どうあれデゼルの戦い方は凄いカッコイイ。ちょっとミボやライラとの神衣化と比べると使い勝手がよくないけど、デゼルはメインでパーティに入れていいと思う。何よりHP高いし。
ローランスにつくと検問やってました。なんか導師を探してるみたいです。導師・・・導師ねぇ・・あ、スレイじゃん。先の戦いで圧倒的な力を見せ付けられたため、騎士団としては悪魔的な戦力として。教会としては異端者として。その取締りを図ろうとしているようです。この子は本当にどこに行ったら安寧で暮らせるのだろうか。あぁ、これが導師としての辛い宿命的なやつのひとつなのかもしれない。
と、散々検問前に脅されたのですが実際にもほとんどスルー。何事もなく入場です。もう手荷物検査とかいってカバンの中開いて見せるだけでOKみたいな。そのポーチ的な中に危険物仕込んでたらもう終わりじゃね?みたいなザルのような手荷物検査を通り抜けまして、町に入りましたら凄いマユゲの人出てきた。日本語しゃべれ

多分両方患ってます

本来門前の検問でやらないといけないような問答を行い、ロゼは相変わらずセキレイの羽モードで仕事できましたとウソ吹いてセルゲイの詰問ヲクリア。続いてスレイ、お前の番だ。なにをちゃっかりスルーしようとしてるんだお前は。
こっからはパーティ全員参加ドリフ披露のミニコーナーだったのでサクッと要点だけお伝えしますと、ロゼと結ばれました。スレイはあれだな、フローラを選ぶタイプだな・・・。

セルゲイを抜けて町散策。エリクシールの販売が開始されたり、ガッツリ割愛されていますが探検家のメーヴィン(ロゼと知り合いだよ!)とここでもお目見えしたり、残酷な殺人事件が起きていたり、この町ではなかなかやる事が多そうですなぁ。最後のやつは多分金田一とか呼ばないとダメだと思う。殺され方がコナンより金田一。
そんな物騒な事件も起きています、当然加護する天族はいません。じゃあ加護復活させないと・・・ライラさん急にそんなこと言われても!
あくまで災禍の顕主をどうにかすればいいのであって、そこまでヒドイ穢れじゃないのであれば加護復活などしなくても問題なし・・・ってのは何かの暗示かね。別にできないワケではないとすれば、今後そういう町も出てくるよって事かな。結果よければ全てよし、方法などどうでもよいのだぁー!ってヤツですね。いいですよ、そういう面倒じゃないスタイル嫌いじゃない。
でも前情報で引継ぎのゲレードショップにはこの加護が密接に関係しているらしいので、一応2週目も考慮に入れるとなると加護する・しないがもし選択制であるならば是非するを選びたい。グレードショップ、単純に戦闘で貰えてるグレードとは違うんだろうか・・・。うーん、グレードショップ・・・ここにはないだろうな、分かってるよ!
教会で相当怪しかったスレイの後をコソコソつけてた団長殿。とりあえず表へ出ろい!と言われて早速バトルスタートです。セルゲイはテイルズ王道の主人公キャラみたいな技で爪竜連牙斬獅子戦吼などでこちらのハートをギュンギュン言わせます。ちなみに爪竜連牙斬の不穏な噂もフレンが断ち切ってきれてますので大丈夫でしょう・・・多分。
そして散々獅子戦吼をぶち込んだ後でスレイに頼みごとしてくるこの団長も肝が据わっておる。で、どういったことかと申しますと教会には教皇マシドラと教会No2の枢機卿の存在がございます。枢機卿は幼い皇帝の・・・摂政的なやつ。すると教皇は行方不明。国も教会も実権を握ったこやつ、アヤシイ。なんか枢機卿がなんかやったんじゃねーかと騎士団も刺客を差し向けるんですが一向に戻ってこないらしいです。これはアヤシイ。ていうかそんな調査を導師にお願いしないで下さい。我々イズナの杜前スレイ便利軒じゃねーんだから。
とりあえず教会に忍び込む必要があるみたいなので、首都でもありますペンドラコへ向かいます。道中、それはそれは険しい道のりで様々な遺跡や、なんか紫色の強風吹き荒れる場所で全く前に進めない場所などを乗り越えてようやくたどり着きます。(時計回りに入れるところ入っていったら最後の最後が当たりだった)

なんかトカゲと戯れてた。マジか、枢機卿の種族を超えた雇用の均等化ってやつにバンザイだな。こういう心の広さみたいなものがきっと枢機卿という立場に彼だか彼女だか知らんけど、押し上げたにちがいない。いやなんだかんだ言ってきっと良いヤツなんじゃないか?いやもう完全に根拠のない勘なんですが・・・まぁ何は兎も角雨も降ってるんで話が長いんなら中に入ってやってもらっていいですかね。

そういえばその1でもご紹介した会話選択なんですが、どうやらストーリー進行忘れちゃった場合の救済みたいなもんでした。サブイベもここに収められてます。あらすじにも載らないサブイベ情報、自分で覚えているなりメモを取らないといけない時代から比べたら随分と媚びてきました。でもそれがいい、もう2~3日もすればどこまでやってたかなんて忘れますからね。ありがとうバンナム、このおかげで今日も世界が救える。

さてはて、教皇様探すためにもまずは枢機卿に会いに行きましょうか。会うっても早々簡単には会えませんので許可が必要になるわけですがその辺りの手続きは全部セルゲイにやってもらいました。騎士団って脳筋ばっかりのイメージですけど、なかなかそういう事務的なことも手早くやってくれるセルゲイ株価上昇中。
なんか弟さんが枢機卿の懐に潜り込んでからすっかり連絡が取れなくなっちゃってお兄ちゃん心配じゃないの?とスタッフの方々に心配されているようですが、鋼の精神と覚悟でまずはスレイ一行に休みなさいと促すセルゲイ。なんだこいつカッコイイな。もうセルゲイの物語で構わんよ。でもなんか爪竜連牙の呪いにかかりそうで怖い。

サラッとヘルダルフの正体も分かりつつ・・・

宿屋でご飯タイム。こういうシーンがあると妙に安心するんですが、こいつら他の人に見えてないってことは完全に一人でにスプーンが宙を動き、中身が減っていくっていう怪奇現象が起きてるんですよね?一応霊力を注げば物質も見えなくなると以前ミボが言ってましたが、それにしたってスレイとロゼの2人で6人前注文してるわけですよ。どんだけ食うねん!ってきっと思われてるんだろうな・・・。だって部屋もその分取るわけでしょ?金のかかる旅だな、おい。
そんな怪奇なお食事会の中で「風の傭兵団」のお話に。なんかとんでもないパワーを持った方々だったようです。桶狭間の織田信長だって2000人くらいだったんですよ?そのホトトギス、多分天族か憑魔ですな。
そらそんだけの戦力持ってれば裏で危険視されて当然だと思いますけどね。おっとここでロゼのGPSが動き出した

こんな雨の中傘もささないで散歩なんて認めないよ!

どうやら戦争を起こした人を殺してくれ、とお仕事の依頼があったようです。恐ろしい世の中ですね。そして犯人は教皇。じゃあサクッとやっちゃいますか!って感じじゃないみたいですが、とりあえず色々見て判断していくよーってことで、なんか暗殺ハードルの低さが怖いんですけど。なにがもちろん、なのか全く分かんない。
さぁさぁ、もう夜も更けてきたし絶対お前らびっしょびしょだから早く宿に戻って明日教会行くからね!

マオテラス様ってのがなんか凄いヤツみたいです。四天王の頂点らしいです。ふんふん。
あとなんか「導師の秘力」に纏わる巨大な碑文があるんですが古代語且つ暗号で書かれており流石に読めず、これの内容を知っているのは歴代教皇のみらしいです。ていうか天族に感謝を忘れたクサレ人間どもが本物をご丁寧に保存しているとも疑わしい限りです。早速嘘発見器にかけてみましょう。よし、大丈夫そうです

枢機卿急に出てきた

教皇のこと、なにか知らない?って聞いたらなんか本人の意思で逃げ出したそうです。ふーん本当かなー怪しいなーっていじめてたらキレだしたので退散です。
枢機卿フォートンのいう事が本当であるとすれば、教皇はどこかで生きているわけで。でも騎士団が1年探して見つからなかったのをスレイ一行が果たして探せるものなんですかね。いや探せるんだよ、なんたってスレイは主人公だからな!
ついでにセルゲイに獅子戦吼を教えてもらい、急に同門扱いで馴れ馴れしくなりました。セルゲイなら悪い気はしないな。とりあえず教皇がいると専らの噂で高まるゴドジンなる村へ向かいましょうか。
なんか途中きゃっ!ってなってちょっと滑っただけなんだけどここぞとばかりにミボがミドナをいじっていくスタイル。確実に逆襲されるのに、ミボの勇気には感服です。ていうか楽しんでるな、ミボめ・・・!だからお前はミボなんだー!

次、ゴドジン。

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/930-8dfd2acc

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない


Twitter

…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

発売後すぐ買取500円 MHW 聖剣伝説 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う 終焉の終焉 MHX ジンオウガ滅せよ ていうか獣竜種滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ 辛酸2リットルの刑 いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 2016年最初はシャガル 白いし、なんとなく縁起良さそう ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 幻の素材、溶岩塊  とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい ハンタと巨象 そこはかとなく感じるワンダと巨像感 猿と象の絶望的なダイヤグラム エリアルで跳ぶ。相手はしぬ でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア ガルルガさんの地位向上に祝杯 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 壊れかけの双剣リプレイ 双剣+ウサミミ=最強 アオアシラ系統の扱いの雑さ カメラさんの受難は今作も続く 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる 永遠の練習生 己を責めぬスタイル 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ 通常弾強化妃竜砲は浪漫 これっきりスタイル あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 古株を嘲笑うエリア9湧き 1乙あたりの単価の安さ 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 ゲリョスの存在感 ナバルデウスの一本釣り 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た タマミツネの凄いヌルヌル感 ポポの親玉=ポポ玉 悲哀の双剣 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 ボタン押しっぱ式採取 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 円盤石発掘 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 モンスターでもそっから出てきたらいい 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ハチミツがないと明日が見えない 過去作品連動システム モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 重銃強いよ重銃! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い 双剣強いよ双剣!