FC2ブログ

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その9

前回までのあらすじ

青天の霹靂の如くデゼル離脱。
僕たちはもう聞けない、嬲りあえ罵り合え下衆共を・・・。


LOAD GAME

喪に服す夜。
パーティメンバーとも別れ、一人ひとりがデゼルについて考えたり、受け止めたりするお時間です。むしろその時間は俺にこそ必要だったような気もする。

ミボはデゼルの出来事から真実を知りたいと願うようになりました。もともとはスレイにくっ付いてくるだけ、スレイがYESならミクリオもYESみたいなやつでしたが、今では自分の意見もしっかり持って、導師スレイの使命云々ではなく、もう親友同士のことじゃないかと。デゼルはミボに決意させましたね。

エドナ嬢、死が救いになる人もいる・・・などと言いますが、それはデゼルのことではないし、デゼルはそれによって救われたのではなく、旅の間で救われていったのではないかと。素直になると雨でも降りそうなのでやめていただきたい。こういうのはズルい女だと俺は思うね!

兄さんだ!
兄さん実はデゼルとお知り合いだったようで。デゼルがまだ幼かった頃に助けてあげたという過去があって、その時に見た兄さんの戦い方をデゼルが真似ていたのではないかと・・・。デゼル・・・。
兄さんはチャラけたムード80%ですが、登場人物の中ではかなりの重みある言葉を発してくれます。スレイがもっとガチガチに落ち込むような感じだったら、この一言で結構救われるような気もします。
あ、レギュラーメンバーになるんすね!

次の日

何か邪な理由を疑われる兄さん。いやそりゃ散々やってくれたからな!
ペンドラゴの前で語っていたのは「2人の決着をつけないといけない奴」がいるっていう話。一人はエドナの兄。そしてもう一人がマオテラス。
大陸全体を加護するというとんでもないパワーを持ったマオテラスですが、そのマオテラスが姿を消した途端に災禍の顕主は現れた。つまりはマオテラスが憑魔になってヘルダルフと癒着した結果災禍の顕主の誕生に結びついたんじゃないかとザビーダ兄さん考えました。
まぁそれが正解にしろ不正解にしろ、とにかく災禍の顕主に会わないといけない。でもあの野郎の放ってる領域を渡るにはデゼルの存在が・・・あぁ、兄さんそういうことですね!
個人的にはデゼルがいなくなってしまったことが非常に辛いので兄さんのような一見何も考えてませんスチャラパーなキャラは心の傷を癒してくれそうなので大歓迎なんですが、もうスレイが全く話を聞いてないので全然前に進みません。とりあえずデゼルに怒ってもらいました
夜では気丈に振舞ってもう会えないなんて実感ないわって笑っていたロゼですが、ここにきて涙を見せます。ロゼの涙、そしてデゼルの言葉でスレイも目を覚まします。そう、立ち止まってる場合じゃないのです。デゼルの存在も全て含めて、答えを導き出して災禍の顕主に立ち向かわなければならないのですから!

で、

とりあえずザビーダ兄さんはデゼルと同じように戦ってくれます。モーションは違うけどね!あと特性とかも大分変わってきてます。弱点は寒さ仰るとおり
そんな茶番も挟みつつ初めてヘルダルフと遭遇した場所へと向かってみるもののそこには姿もなければ気配も領域もない。どこに行ったのか情報もないまま途方に暮れかけようとしたとき、兄さんが強い穢れを感じたことがあったと!あの割愛した風の試練のところで!なんでウチの仲間たちは誰も気がつかなかったんですかね、まったく!

まんまといらっしゃった

さて、物語上瘴気が強すぎて進めない箇所がいくつかあってそのせいで寄り道もできずに一本道ゲーと化していたんですが、どうやらこのヘルダルフの野郎のせいだったみたいです。なんてヤツだこの野郎。まぁそれよりも重要なのは我々の仮説でもあります「ヘルダルフとマオテラスの究極合体説」をどう確認するか。天族の方々をもってしても見えないものを、どう確認するの?というユーザーの疑問を代わりにロゼが投げかけてくれますが、そこは爽やかに「戦ってみる」の一本。なんて分かりやすくて若人向き。そんな、だってそれがゲームってもんじゃないですか・・・。戦う、レベルが上がる、ラスボスも一捻り。それが欲望なんて言われた日には俺はどうすればいいんですか。大人しくディスガイアでもやってろってことですか!
いやもうメンドクセーよ、このままやっちまえスレイ!と手に握るコントローラーへの力具合もやや強くなってきたところでライラストップ入ります。そういえばなんか答えを出せとか言われてたけど、大体の世の中自分の意にそぐわない奴を悪として成敗することで歴史が刻まれてきてるんだよ。それが不正解だなんて言わせないよ、もう俺は倒すもんここで倒うわーなにをするだー!
秘奥義までぶち込んでおいて冷静にここはまだ討つべき時じゃない、などと・・・!ま、ライラと2人だけではどうにもできず、あっさりと拘束されちゃうスレイ。そして悪あがきを続けているとロゼが死んじゃうっていう感じになったけど、ここはロゼの人間離れした体術をもってサイモンを拘束。これで形勢逆転かと思われましたがサイモンごとぶち抜くヘルダルフさん悪の鑑やでぇ。

ここまでミボ、兄さん、お嬢様空気

するとここに来てヘルダルフ、スレイに仲間になれと。世界の半分でもくれるんならともかく、対した条件の提示もなく急に主役から悪者に転職なんかできません。
しかし、穢れは何もしなくても生まれる。それを浄化できるのはごく限られた者のみ。これが本当に自然なのか?とヘルダルフ。まぁ・・・確かに考え方によってはそれが異常とも思えます。凄いな、そういう穿った見方したことなかった。勉強になります。
とはいえ、スレイくんも立場上ヘルダルフの門下生になることはできません。かといってここで雌雄を決することもできませんとハッキリお断りしたらショックだったのか何もせずに立ち去っていくヘルダルフ。
兄さんは空気になっていた間にマオテラスとの繋がりを確信したそうですが、でもやっぱり見えなかったじゃないですか。一体マオテラスはどこに・・・まぁスケールの大きい話になってきましたよ。
マオテラスは大地そのものを器としている。そしてヘルダルフともつながっている。器にしてても実体はどっかにあるわけで(各地の加護の人たちのスケール大きい版みたいな)、でもそれがどこだか分からない。なんだろう、進んでないなお前たち・・・。
で、とりあえずメーヴィンに心当たりがあるんじゃないかってことでメーヴィンを探すことに。あの放浪おっさん、各地に行けば大体固定の場所で姿が見れるんですけど、実は福数人いるとかじゃなかろうな・・・。実はあの時であったメーヴィンはメーヴィンの中でも一番弱いメーヴィンとかにならんだろうな!それはそれで良くないな!

長い長い荒地を抜けると、ようやく見つかりましたメーヴィンおじさん
マオテラスのことなんか分かった?なにも分からないと。なるほど、振り出しどころか1マスも進んでないからガッカリもないね・・・ん?ライラが何か言い出したぞ、そんな物騒な言葉持ってきてどうしたどうした。
兄さんも何か知ってるご様子。本当に知ってることを小出しにしていく2人だな!兄さんも途中加入のくせに重要なこと知りすぎてる節がありませんかね!お嬢様もですよ、事前に打ち合わせしましょーよ!ミボとスレイとロゼがバカみたいじゃないの!
まぁ禁忌を侵すっていうくらいですから、結構な覚悟になるんでしょうけど、とりあえず冒険家メーヴィンとしてのアドバイスは「大地の記憶」を集めて来いってことでした。大事そうだったのにここまであんまり手に入らないって思ってたけど、ついにここで今までサボってた分のツケを支払わされることになったか・・・!
大地の記憶は各地に点々とあるんですが、所謂サブイベント扱いのものをクリアしていくことで手に入るようになってます。なもんで、今まで通り駆け抜けてきた町やダンジョンをもう一度・・・往くと・・・。いいでしょう、やってやろうじゃないか!

カットビング

はい、苦労して集めてきました大地の記憶。一応ですね、加護を復活させてればセーブポンイト経由でダンジョンや町にぱっと行けるようになってるんですが、何故だかお金がかかる。一定額ではなく所持金に対する割合で。お金を落とすモンスター以上に謎システム。飛空挺的な乗り物の復活が望まれます。
で、
それを両手に抱えてメーヴィンの元へ戻ります。すると刻遺の語り部についてメーヴィンによるレクチャー。つまりは傍観者。見てるだけ。何もしないで見てるだけよと、そういうことですか。
そして真のパワーを使って災厄の始まりを見せてくれるそうです。ほほーん、原点を見ていくのは大事だよね。よしよし、心して上映会に望もうではないか・・・なるほど、ペルソナ2のシアターモードシステムを導入しているらしい。

-*-*-*-*-*-*-まとめ-*-*-*-*-*-*-
カムラン。
北の大国とローランスの国境に位置すると思われる軍事的戦略上重要な村。ローランス軍がここを抑え、村人たちもかなり窮屈な想いをしていた。尚、導師ミケルはラブコメ禁止の模様。
天族への敬意を忘れたハイランド軍はマオテラスを祭る神殿さえも砦のように扱い、マオテラスの穢れも強くなっていくために村の加護は少しずつ薄れてっいた。
しかしハイランドの襲撃。北の大国との戦争に全力を注ぎたいヘルダルフ将軍は村を捨て、兵を撤収させることを決定。当然守るものがないのでローランスやりたい放題。もう山賊と何も変わらないけど、これて現実なのよね・・・。
ミューズ(導師の妹)が神殿に助けを求めるために行き、それを導師が追います。お嬢様の悪い癖出てます。と思ったらロゼさんナイスフォロー!いやもうだって顔もよく見えないのにそんなのにどうやって気がつけって言うんですか!後出しのミステリーほど興醒めするものもないのに!そういうのこっちサイドで気がつきたいなのに!ズルいよ、お前らみんな既プレイだろ!
ミューズの叫び声に駆け出す導師。ミューズの赤子はもう虫の息。マオテラスも憑魔となってしまい、赤子も間もなく・・・そしてブチ切れ導師。自らの命を使って(なのか赤子を奉じたのか)ヘルダルフに「永遠の孤独」の呪いをかけたのでした。
呪いを受けたヘルダルフは槍に貫かれても死なない。そんな姿を見て逃げ出す敵味方陣営。呪いによって憑魔にさせられたのでした。

ジイジ!
まだ生きていた赤子(ミューズのお友達セレンの子)を拾い上げるジイジ。まさか。そして神殿から戻ってきたミューズは自分の子をジイジに預けます。そして穢れを封じなければならないと。イズチに穢れが流れないように、自ら人柱になると・・・。
そしてジイジは決意するのです。セレンの子とミューズの子が導師と陪神となるように育てる。勿論、確定になるものではないですがね。か、母さぁぁーん!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

スレイはカムランの生き残り。ミクリオはもともと人間の子だったけど奉じられて天族になったと。さっきの呪いの部分で導師が命を使ったのか赤子を使ったのか良く分からなかったんですけど、多分ミューズがジイジに預けた時点で天族決定っぽいので赤子を使ったんでしょうねぇ・・・。とんでもねぇ導師だなオイ。
とりあえずマオテラスはミューズによってカムラン近くに封じられているわけです。そしてスレイも答えが決まった。よし、ここまで協力してくれたメーヴィンおじさんにも答えを聞いてもらいましょうかね!

アンサー

悪い奴だけど、それも救わなきゃ導師やってらんないっしょ!っていうスレイさんの博愛主義
救うには孤独を終わらせてやること。エドナも言ってたけど、ヘルダルフにとっては命を絶つということになるかもしれない。そんなことスレイにできるのかと、メーヴィンとまさかの戦闘!決意を示してみろ的な熱い展開になってきましたね、コレね!
メーヴィンは銀のトレーとか石つぶてとかボトルとかっていう技を繰り出してくるんですが、なんだろうね、ドラクエの盗賊みたいな技だね!あとちゃんと秘奥義もあります。
が、倒れないメーヴィン。刻にとり遺されたという言葉、つまり不死身の存在であるメーヴィンを倒すにはデゼルの時のように撃ち込まないといけないと。そしてそれを使ってメーヴィンを倒すということは、ヘルダルフにも同じことをしなければいけないと。なんか仲間の命を天秤とか言ってるから、やっぱアレやると死んじゃうだよな・・・。つまりは有限の弾丸でラスボス倒さないといけないのに、ここで1発消費しろとか言ってるこのおっさんの方が俺には信じられないんだけど。
そして仲間たちも全員覚悟できすぎ。いや君たちはいいかもしれないけど、もう俺はデゼルのように仲間を失うのはゴメンなんだけど!最近のゲームは本当に人が死にすぎなの!死なないと何も分からない子達が主人公とかやってて辟易するわ!
しかしもうやるしかないってことでミボでやってやるわー!って急に倒れるメーヴィンおじさん。どしたの、ギックリにでもなっちゃったの?
あぁ、禁忌を侵すと・・・ってことか。そうか、全てこうなると分かってた上でライラは頼んだし、メーヴィンもそれを了承してくれたのか・・・。仲間じゃなくてメーヴィンが命を落とすなんてなぁ、もうやるせないゲームだよ。誰も、本当に誰も救えない。

さ、カムランへ向けて出発しますか。

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/934-7d6f6504

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い