FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 その11

前回までのあらすじ

アリーシャは空気


LAST GAME

改めて、ラスボス戦行くぞー!ってことでですね、災厄の始まった土地であるカムランを目指して参ります。イズチが立地的に近いらしいのでまずはそこから。物語の始まりの時は敵が出ない=ジイジの領域であったアロダイトの森にすっかり強力な憑魔が出るようになったんですが、なんかもう察し・・・って感じなんですけど大丈夫ですかね。ご年配の方に無理させるといい結果にならないからなぁ。急ぎましょう急ぎましょう。
イズチではハイランド軍がばったばったと倒れておりました。なんでこんなことに。住人の方々はジイジの施した結界によって難を逃れているみたいですが、ジイジはというとカムランへ殺到している人々の整理に向かわれた模様です。

押さないでくださーい!

ママンがいた。押し寄せる大量の人間にやられたようですが、とにかく今はこの場所に結界をはらないといけない。しかしそれには命を引き換える必要がある。折角お母さんに会えて、自分があなたの息子ですよと言うチャンスだというのに、決してそれはしないミクリオ。繋がれるかどうか分からない希望のために命を捨てられるほどの情熱。必ずヘルダルフを討ち倒してみせまっしょい!
道中、サイモンの幻覚攻撃でやたらと広い砂漠のような空間をひたすらにさまよい続けるという新手の拷問のようなシーンもありましたが本当に彷徨って敵をバッサバサなぎ倒してるだけで終了となりました。もう一種の悟りのようなものを開いていると思われる導師スレイに猪口才な手など通用しないのだよ!
もう幻覚は効かないと悟ったサイモンは実力行使できますが流石のスレイくんがやられるような攻撃はやってきません。もう可哀想になってくる。
抗えば苦しむ、ありのまま(憑魔)生きる道を選ばないのか。その結果がデゼルであって、復讐という答えがヘルダルフの目指すそれと同じではないかとおっしゃる。故に、仲間であったデゼルも否定することになるんだぞ。いやまぁ・・・結局は自己満足ですよね。どんな大義名分があろうと、自己の信じる道を行くのであれば全てその身も蓋もないものに集約されちゃうと思う。それはそうと、

お前探す気はないだろ

見つかれば見つけるくらいの感じだろ!カバンの中も机の中も探してないのに、見つかりにくいものだからとか言うんだろ!いやだって他の方法を調べてる描写とかないし、葛藤するシーンもほとんどないじゃないですかー!
でもいいんです。どんな物語であろうと、楽しむと決めたので楽しみますよ!いいじゃないですか、大いに悩まず労することもなく世界を救うための答えが見つかったとあれば、こんな簡単なことはございません。おあつらえ向きに方法も分かってるし手段もあるしね!よし、んじゃいっちょ世界救いますか

そのために暗殺を厭わない。この人が一番危険人物。
自然の摂理に抗うことは生きることなんだ!野生動物たちはみんな死んでないだけなんだ
ジイジを取り込むことも、これまた自然の摂理。ていうかやっぱりですよ、やっぱりジイジダメだったじゃん・・・。んもー、ご年配は大人しくしていて頂かないと、若人の心が押しつぶされそうになってるじゃないですかー!
でも家族であるジイジをヘルダルフのせいとはいえ、その手にかけて嗚咽をもらして泣いても穢れないっていうスレイとミクリオの心が強靭すぎて全然共感できないんだけど。もはや穢れってなんだっけ?もういい、ここまできたら全ての疑問は忘れよう。穢れ?しらねーよ。とりあえずお前をぶっ叩く

本気過ぎわろりん

ただやられてるだけのスレイじゃないぜ!(上の画像直後ゲームオーバーになったけどな)
この本気の攻撃の前に魔方陣のようなものを顔面の前に張って長い事かの有名なインディグネイションの詠唱を始めます。神の雷を敵さんに使われるし味方陣営雷の天族いないから誰も使えるはずもないしでこの辺のモヤモヤ感が凄いんですが、とりあえずその詠唱中に死ぬ気でボコボコ殴ると詠唱中断となって神衣して銃を放つ、っていう流れです。これ4回やります。やる度に味方が減っていくという・・・
最後はロゼを逃がしてヘルダルフとの一騎打ち。トドメに獅子戦吼を打ち合って打ち勝つ。

マオテラス・・・。白い輝きを放つドラゴン・・・みたいな見た目。もしこれがドラゴンだったらもうマオテラス助からないってことになってしまうから、ドラゴンではない多分。
もう動けないヘルダルフに、「永遠の孤独は今終わった」と言って剣を突き立てるスレイ。こういう形でしか終わらせられなかったことに少し情けなさを覚えながらも、彼は語った通りマオテラスと共に眠りにつくのだ。みんな、ありがとう

なんでみんな生きてるんですかね!

こうして世界は平和になりました。おしまい。

以下オマケ程度なんですが、物語になりますので多少記しておくことにします。本筋とは関係ないのが上2つ、関係ありそうでほとんどなかったに等しいのが一番下なのでもうサラッと終わりにしてございます。

1.エドナのお兄さん「アイゼン」
兄のこととなるとこれほどまでに弱さを出すエドナ。本編では見られなかったですね。エドナが共に旅をしてくれる交換条件となっていた兄のアイゼンをドラゴンからもとに戻す方法に関するイベントですが、本編では見られなかったという記述どおり、任意のサブイベントです。ウソだろ・・・。
しかもアイゼン絡みのイベントは本当にこれだけ、後はドラゴンと化したアイゼンと戦い、倒し、墓を作り、ありがとうっていうだけのイベント。エドナは大人だから全てを理解してくれたからよかったものの、一歩間違えれば大規模な一揆が勃発するところでしたよ、これは!

2.ダークかめにん
小さな戦争。なんかよく分からないけど熱い展開。嫌いじゃないです!
ダークかめにんとは戦うんですが、これの秘奥義がなかなかにフザケてて好きなんですよね。カスミチョウチョウウオハゼマガレイときてくるくるーっと回って殺劇吹こう剣。いや剣でもないし。ちなみに喰らうとモレなくこうなるので威力はめっちゃ高いです。ただ単体攻撃しかしてこないので狙われているキャラがフリーランでウロウロしてるだけで他の仲間が倒してくれます。
そして、何故かめにんがダークかめにんを追うのか。何をやらかしたのかが明らかになります!な、なんだってー!?
くだらねぇー!

3.アフターエピソード
アリーシャの正装という名の衣替えイベントのひとつだと思ってる。エピソードというほどの中身はないです。
アリ「私は仲間だよ」→ロゼ「仲間じゃないよ」→アリ「仲間として生きたーい!」
シナリオや、シナリオが彼女を殺したんや・・・!

おしまい。
・所感

★全体

まぁ普通。粗を探すと多いと思いますし、何も考えてなくても疑問が浮かぶところはありますし。でも途中で投げたくなるほどではなかったかなと。まぁ今からやるくらいならヴェスペリアをオススメしますけどね!
とりあえず人が死にすぎる。命がなくなるという意味でも、存在感という意味でも・・・。
あと色々回収もされない説明されないなのでそういうのは気にならないっていう人はやってみてもいいと思います。
そういえば歴代キャラってジェイドソフィだけ?闘技場がないから・・・多分それくらいのはず。そう考えると少ないですよね、記念作品ならバンバン出せばキャラゲーとしての道もあるのに。エターニア至高っていう古い人間なのでなんでもかんでも比べちゃうんですけど、前2作品のキャラがおなじみ闘技場だったり召喚だったりで結構登場して盛り上がったんですけどね・・・。あとラスボスの必殺技に対抗する手段がソース不明の拾いものの銃っていうのも盛り上がりに欠けますよね。エターニアの極光で跳ね返すやつ、名前はもう覚えてないけど盛り上がるよね、あれね!
・・・エターニアの話になっちゃったので以上。

★シナリオ

まぁ・・・お察し・・・って感じ。


★戦闘

テイルズで最も大事な部分といっても差し支えない。
1.カメラワークが本気でクソ。
2.AIがFC版ドラクエ4クリフト以下。
3.状態異常になるとアップルグミ等を受け付けない謎仕様。
4.神衣してるだけで全てが終わる。
5.っていうかボスのほとんどが神衣化前提ステで通常状態だと1発2発でもっていかれる。
6.つまりは神衣ゲー。
7.神衣ゲーなのでスレイとロゼは完全固定。これではTOSラタと同じ・・・
8.いや、同じじゃない。Zは残り2枠は4人の中から。Sラタは最終的には前作キャラ+魔物だからね。
9.結局戦闘において天族って設定いるの?

結論:神衣なんてなくてよかった。


★魅力的なキャラクターたち

・・・ていうか今回ってサブイベが分かりやすかったので今までと(ていうかエクシリアと)違ってかなり回収してきたつもりなんですが、各キャラクターを掘り下げるイベントってほとんどなかったですね。かといってシナリオ中にそういうのがあるかと言われるとない。レジェンディアみたいにキャラクタークエストみたいにメインシナリオとは別で語られる・・・とかもない。

・スレイ
世間知らずの少年。結局誰も救えないまま永い眠りにつきました。
ていうかね、ただ、本当にただひとつだけスレイを許せなくて望むことはただひとつ、エドナのお兄ちゃんを救ってあげて欲しかった!
それ約束だったはずだし、パッケージに描かれていることもあって重要なのかと思ったら最後まで何も起きなかった上に最終的に殺して終わりとかひでぇよ!しかもサブイベントだし!
ここまで不条理に足掻かない主人公もない。しかもその不条理を足掻かず最後くらい覆す主人公特権があってもよかったのに、それもなかったなど・・・。

・アリーシャ
なんというヒロイン詐欺。とはいえアリーシャが悪いわけじゃない。シナリオに捨てられたんだ・・・!
心から天族を敬い、多少の霊能力・才能はあり、国の王女であり、スレイとは趣味もあう。もう誰がどう考えてもメインヒロインであるのにも関わらず序盤で離脱、その後暫く空気のような存在となって終盤でちょっとだけ復帰。その後すぐ抜けてスレイにフラれた挙句、決戦に向かうことも告げられずに健気に公務をしつつ帰ってこない人の帰りを待つ。その後はロゼに「仲間じゃないよ」とまで言われ、「みんなと仲間になりたい」と叫んで後日談が終わるなどなど、かわいい子はイジめちゃうとかそういうレベルじゃない。俺が拾ってやる。

・ミクリオ
スレイとの熱き友情活劇には欠かせない人物。今プレイ日記の注目キャラでしたが、途中完全に忘れてました。
お母さんの存在やそれに纏わるお話が同じ場所にいたスレイよりも語られますし、何気に元人間という(あんまり活かされてない)という設定持ちで、更には唯一神器を手に入れる描写があった天族ということもあって主人公ミクリオでよかったんじゃないかと思う。
また、EDで遠い未来を思わせる描写の中で唯一しっかりと姿が描かれています。もう主人公でry

・ライラ
ダジャレお姉さんというイメージに終始。結局誓約で喋れないことの内容がなんなのか良く分からなかったのと、誓約って何をどうしたら誓約して力がもらえるのかも分からずと。他にも誓約キャラだとメーヴィンとサイモンがおりましたが、彼らをつっついても語られず。要は以前旅をした導師のことだったりその道中で見聞きした重要な情報ってことなんでしょう。完全既プレイになっちゃうものね!でも天族であるライラとサイモン。人間であるメーヴィン(ロゼにも以前から見えてたから間違いない)どの種族でも誓約ができるんなら他にも誰か浄化の力貰えばもっとスムーズに物事進んだんじゃなかろうか。ライラとは一体なんだったのか。

・エドナ
約束を果たされなかったすげぇ可哀想な子。
恐らく彼女の中で最も執着していたのは兄のこと。兄を浄化できる方法を探すという言葉を信じて(こいつなら・・・っていう可能性を感じて)ついて来てくれたのにも関わらず、あの男調べる気配まるでなし。一応本筋の中で「殺すことも救いになる」という言葉、行動がいくつも出てきます。それを通じてスレイはそれもひとつと覚悟したんでしょうけど、まず大前提で調べてないですからね。戦争で出てきたドラゴンも倒してやったー!とかって変化する前の天族のこと一言として言及してなかったはず。つまり少なくともドラゴンを殺してもなんとも思わないようにあの時点でなっていた。エドナの兄も同じ・・・。いやもう、本当に可哀想。

・デゼル
死んだ理由がまったく分かりません!
この人が一番謎めいていてまるで語られることなく怒涛の展開を持ってこの世から消えていかれました。目が見えないこととか、疫病神(サイモンと同じ)という業についてとか。そういう謎を全部墓に持っていく。恐らくこれをもって死も救いということをスレイがどこかで感じれるようになる、とかそういうことなんだと思うんですが、それが結構ヘヴィそうな謎を持ってるデゼルが担う必要ってどこにあるの?ザビーダでよかったんじゃね?あぁ、でもザビーダは銃持ってるのか・・・。もはや人と天族がセットじゃないと戦闘に参加できないというシステムに殺されたと言っても過言じゃないはず。俺が拾ってやる。

・ロゼ
もうお前も導師でいいだろう感。アリーシャと違ってスレイに負担をかけません!神衣化もできちゃいます!結局導師になるけどアリーシャに負担かけられません!もうお前が最初から導師やれ。
暗殺家業をこなしながらも全くもって穢れません。純粋であるが故に穢れを生まないそうです。なんか似たような感じで世のため民のためと悪いことやって精神ぶっ壊れて浄化できない程に穢れた人いたんですけどそれはいいんですかね・・・。いいんです、なんたってヒロインなんで!なんか人殺しは許せないとか言ってたイベントがあったけど、いいんですヒロインなんで!
そういえばテイルズではないですが、かの有名な蛇の方にこんな台詞があります。

『人を殺してショックを受けないのは、異常者だけだ 罪悪感のない殺人は新たな殺戮を生む。』

・・・。
でもいいんです、ヒロインなんで!(白目)

・ザビーダ
最終兵器銃を持ってくる運び屋の兄さん。それ以上でもそれ以下でもない。
結局マオテラスとの因縁とはなんだったのか。


★その他大勢さん

・ヘルダルフ
寂しがり屋。因果応報。ふんじばりました。
こいつを「救いたい」とか言うくらいならエドナのお兄さんを「救いたい」って言って欲しかった。

・サイモン
この子も良く分かんない。何故ヘルダルフにつくのか、っていうのはデゼルと同じ業を背負っているからでそれが原因でなんかあったんだろうなっていうのは理解できます。ただその業がどういう形で彼女をそういう風にしてしまう要因となったのかまでは語られません。結局悪い奴だったので、誓約のせいで殺すことができないという弱点を徹底的に突っついてふんじばりました。

・マルトラン
何故ヘルダルフに(以下は省略されました)
あとミスリルソード、使わないんだったら返してください。ふんじばりました。正直結構ラストの方までミスリルソードでどんでん返し→ラスボス、みたいな流れがあるんじゃないかと。

・セルゲイ
この人と出会って仲良くなってなかったらヘルダルフ倒せてなかった疑惑。

・ルナール
最高に謎。風の骨の一員で何故彼だけが穢れて憑魔になってしまったのか。その1点に尽きる。
また、ルナールが表舞台から姿を消す直前、本プレイ日記では割愛しましたが
「格好つけても人殺しだ、ただの」
「家族ごっこ建前のくせに」
「きめぇんだよ、死ぬほどな」
そう言って消えます。
どんな理由があれ人殺しはそれ以上でもそれ以下でもなく、それを目的として和気藹々と家族ごっこはおかしい(片腹痛いかもしれないし、考えられないかもしれないし)。
キモい、とはロゼも天族に対して怖い、と同義として使ってましたが、ルナールも同じだったんじゃないかな。普通に考えて純粋に人を殺せる連中が怖くない、理解できる訳がないですからね。そうなると実はルナールはかなり普通の人だったんじゃないかなぁ。だからこそ穢れてしまったんじゃないかなぁ。
そう考えれば、ロゼよりは遥かに理解できるキャラクターではあります。

・風の骨
暗殺集団。風の傭兵団がバラけそうになって立ち上がってるので恐らく大量に所属している人間がいるはずなのだけど憑魔になってしまったのはルナールただ1人。上記のようにルナールだけが暗殺(もしくは風の骨という在り方)に疑問や罪悪感を抱いたが故に・・・と逆にマトモだと思うこともできる。デゼルが穢れなかった理由がロゼの存在だったので一概には言えないものの他の連中がロゼをはじめ全員純粋に暗殺している凄い集団。


★総括

1280円のエクシリアのほうが面白かったです!
そんなエクシリア感想文はこちら

Trackback

Trackback URL
http://hiraishin.blog86.fc2.com/tb.php/937-dbde56f3

Comment

Comment Form
公開設定

ブログ内検索
色々

名前はまだない

Author:名前はまだない
…ブログについて…
当ブログは駄ブログです。もとい、ゲームのプレイ日記とかメモとかそれに属する何かをダラダラと垂れ流すだけ、ただそれだけのブログです。
当ブログはリンク・アンリンクフリーです。貼るも剥がすも報告はいりません。ブログ・記事に関係のないコメントやその他不適切なコメントは削除します。ご了承くださいませ。
ネタバレ等に全然考慮してないので、その辺自己責任でお願いします。
記事には画像をもりもり使っていますので、全体的に鈍重です。だらだら表示を待って、だらだら読んでください。


最近の記事
カテゴリ
リンク
相互していただいています。
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
管理MENU
 
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
タグ

MHW チャックスのナーフ 鳥たちよ 明日はジョーさん配信ですね ツィツィって発音しづらい 眩しさに抗うのは狩人 モテ耳を持つハンター 悪いジュラトドスじゃない アーロイさんは異端児 内容は知らない 相棒の方が猫に愛されてる 全然モンハンさせない 肉焼いてこいおじさんの不在 ネルギガンテ 体幹を鍛えて大回転迷惑切斬りに備えよう スタイリッシュ太刀アクション ガンスの時代到来 圧倒的ディアブロスの存在感 新顔への容赦ない洗礼 焦げ肉量産機 体験版はまだ終わらない 俺達のミュージックは潰えた 肉焼きの難しさ ゴリ子は笛道 どうぶつの森 ストパーは偉大 パーマも偉大 みんな違くてみんないい 夕焼けがキレイですね 忍び寄る老い 終焉の終焉 ナルガとティガは多分同郷で仲がいいんだと思う MHX ジンオウガ滅せよ でも獣竜種も滅せよ ごめん獣竜種のみんな と思ったけどジンオウガ牙竜種だった ていうか獣竜種滅せよ お守りはもう掘る時代じゃない ていうか高密度滅龍炭とか作れる謎の技術力 次世代エネルギーの幕開け 辛酸2リットルの刑 後生だから獰猛化は滅んでくださいハゲろ いや武器工房の技術力があれば色々余裕だと思う 最初から大将クラスをぶつけてくる劣悪さ イメージ的には最初からレツアーク まそっぷ! 村おしまいということにしておく 時が流れすぎてるのは気にしない バサルの尻尾を受け継ぐ者 バサルよりは禍々しい でもウイルス撒くんだったわこいつ 白いし、なんとなく縁起良さそう 2016年最初はシャガル ED後のモンスターは雑に扱う なんだかんだティガが一番時間くってる やはりィガは強かった、それでいい ゴア・マガラの影響力の低下なのか・・・ 狂竜化ウイルスの存在感の薄さ 場所も、時も、関係ない!踊るんだ! 全ての村長からの挑戦状を待っている 受注するときにユクモだけいつも村長に話しちゃう 猪の悪魔的なまでの軌道修正能力 天魔竜陣剣の懐かしさ 天魔竜陣剣など誰が知っているというのか  幻の素材、溶岩塊 とにかく顎 タマミツネの物凄い神感 エリアルとブシドーは救済 供物はジンオウガ どうかその泡を空き瓶とかに詰めて持っていきたい そこはかとなく感じるワンダと巨像感 エリアルで跳ぶ。相手はしぬ 猿と象の絶望的なダイヤグラム ハンタと巨象 でも言うほど早く狩れてない 四天王の中でも最弱ポジション 感謝されたいならお前が来いシステム それも実力。そう、実力・・・ まな板の上のラギア 互いを滅するまで猿蟹合戦 振り向き啄みを一生やってればガルルガ最強説 ガルルガさんの地位向上に祝杯 壊れかけの双剣リプレイ アオアシラ系統の扱いの雑さ 双剣+ウサミミ=最強 結果蛇より猿 地上を歩く人間が空中戦だと笑わせる カメラさんの受難は今作も続く 己を責めぬスタイル 永遠の練習生 回避することの面倒くささ 猫には厳しい躾を ※ただし根拠はない 結局打属性ブーメランが未だに最強だと思ってる 蝶のように舞いミツバチのように刺して乙る 宙に舞っている間に突進で真下を駆け抜けていく いいからドーピング(強走薬)だ 放出する系の攻撃というアヤフヤさ これっきりスタイル 通常弾強化妃竜砲は浪漫 あれだけ言っておいて手付かずのニャンター 1乙あたりの単価の安さ 古株を嘲笑うエリア9湧き 猛禽類は果たして鳥なのか ヒプ・ペッコは間違いなく鳥 ガララアジャラの叩く肩はどこにあるのか 毎度起こる深刻な新参者の古株イジメ 夜な夜な森の奥から聞こえる刃物を研ぐ音ってそれただ 泥雪舞う季節 ナバルデウスの一本釣り ゲリョスの存在感 戦争は変わった。ハプルは変わらない。 体力150の安心感 水中の覇者ルドロス モンスターの素材よりも石ころとネンチャク草 ポポの親玉=ポポ玉 タマミツネの凄いヌルヌル感 ライゼクスはランス系だとカモだってどっかで見た 悲哀の双剣 ボタン押しっぱ式採取 特定のROMにのみ起きるバグを引き当てる天才 顔面の造りが★2のそれじゃない ブシドーという名のぬるま湯 スタミナがなくなるまで斬るのをやめないッ! 双剣の貪欲な攻撃的姿勢の末の被弾 ドスゲネポスに対する過剰なまでの畏怖の念 円盤石発掘 モンスターでもそっから出てきたらいい ハチミツがないと明日が見えない モンハンオールスター大狩猟スタイリッシュハンティン 過去作品連動システム 天の声システム廃止 モフれる存在の名はムーファ 円盤石復活の秘密 重銃強いよ重銃! 双剣いい加減にしろ 武士道とは、避けることと見つけたり 双剣強いよ双剣! 半年の放置など気にかけぬ熱いこの想い 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。